洗濯機は一人暮らしだと、どのくらいの頻度でまわすのか

洗濯ってどのくらいの頻度でしてるの?

一人暮らしなら、毎日洗濯機を回すほど汚れ物が出ませんよね?

みんなはどのくらいの頻度で、洗濯機を回しているのでしょうか?

汚れ物を貯めときたくないから、洗う量が少なくても毎日回す派?
それとも、溜まったら洗濯機を回す、週に2,3回派?
休みの日に一気に洗う、週に1度派?

もちろん、職種によって洗濯物の質にも違いがありますし、勤務体制によっても、洗濯機の回せない時間帯だと言うこともあります。
また、洗濯物を干す場所も悩みの一つだったりします。

みんなの一人暮らしの洗濯事情と、賢い洗濯方法について御覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機のクリーニング。ドラム式ならプロにお任せしよう

洗濯機のクリーニングはドラム式洗濯機こそ汚れが溜まりやすいので定期的に行う必要があります。徹底的にき...

水通しは洗濯機の掃除をしてから!ドラム式のやり方と水通し方法

産まれたばかりの赤ちゃんの衣類は水通しをしなければなりません。しかし、その前に洗濯機を掃除するこ...

洗濯機のホースからの水漏れの原因や対処法と水漏れ対策

洗濯機のホースからの水漏れに気がついたら焦ってしまいますよね。しかし、気がついたときはどこから水漏れ...

洗濯機の掃除に重曹を使う場合のやり方と注意点について徹底解説

洗濯機の掃除には重曹が良いと聞いたことはあっても、なぜ良いのか、そしてどのように使って掃除するのか詳...

洗濯機パンにカバーをすれば掃除もしやすく見た目もスッキリ

洗濯機パンにカバーをすれば、むき出しで見た目が気になっていた洗濯機のホースも隠すことができます。洗濯...

洗濯機の蛇口からの水漏れの原因や対処法と防止対策とは

洗濯機の蛇口から水漏れを発見したときは焦ってパニックになるかもしれません。でも、まずは慌てずに蛇...

洗濯機の使い方がわからない時の基本的な使用方法とポイント

今まで洗濯をしたことがなかった人は、洗濯機の使い方がよくわからないですよね。最近では、全自動洗濯機が...

洗濯機の掃除を業者に任せるメリットや気になる費用相場と選び方

洗濯機の掃除を業者に頼むと、いつも自分で掃除してても取り切れなかった洗濯槽の汚れや臭いが綺麗になりま...

洗濯機ネットのカビを撃退する方法と安心して使える予防策とは

洗濯機のネットにカビがついてしまうと、せっかく洗った洗濯物にもついてしまう恐れがあります。ですから、...

洗濯機の蛇口の交換方法を自分でするなら必要な物や業者の相場

洗濯機の蛇口の交換方法は自分でも手順通りにやれば簡単にできるものです。ただし、自分でするなら費用...

洗濯機の臭いが洗剤が原因なら対処法や臭いを消し取る方法とは

洗濯機の臭いが洗剤臭いと感じたなら、洗剤の使用量を見直さなくてはなりません。洗剤はたくさん使った...

洗濯機の臭い取り。ドラム式の掃除方法と臭いを予防するコツ

洗濯機の臭い取りについて、ドラム式洗濯機を使っているなら洗濯槽の掃除や排水口の掃除をして臭いの原因を...

洗濯機ネットの簡単な掃除方法とホコリを取りやすくするコツ

洗濯機のネットは掃除をせずにそのままにしているのは洗濯の逆効果です。洗濯で出たごみをネットでせっかく...

洗濯機の容量10kgは何人用?洗濯機の容量を決めるポイント

これから洗濯機の購入を考えている人の中には、一体どのくらいの容量の洗濯機を選べばいいかわからない人も...

洗濯機はネットでも引き取りは可能か依頼やできない場合の対処法

洗濯機はネットでも引き取りをしてくれるのか、購入を検討していると気になるところです。基本的には洗濯機...

スポンサーリンク

洗濯機を回す頻度は?【一人暮らし編】

一人暮らしをしていても、「ため込んでしまうと衛生面で気になるから毎日やっている」という人もいます。

しかし帰宅する時間が遅くて難しい人、毎日そんなに洗濯物が出ないという人、節約してる人など、実際には週に2日か3日位のペースで洗濯をするという人が最も多いようです。

普段着ているものが「クリーニングか自宅での洗濯か」など、人によって生活スタイルは様々です。

ほとんど洗うものが出なくて週に1回位しか洗濯しない人もいれば、クリーニングとコインランドリーで過ごしている人もいます。

コインランドリーでは離れて放置していると盗まれる事があるので注意しましょう。

洗濯機を回す時の目安

  • 洗濯槽の7割くらいになった頃。
  • 遅くても21時以内には洗濯を終われる日にする。

放置してため込んでしまえば細菌が繁殖してしまい、カビやニオイの元になります。

また、洗濯槽に詰め込みすぎてしまえば衣類などの繊維が傷んだり、汚れ落ちが悪くなります。

なので、洗濯槽の7割位になった頃を目安に洗濯しましょう。
濡れたもの、汚れたものはそのまま放置しない事も大切です。

まとめ洗いをするなら注意点がいくつかあるので気をつけましょう。

洗濯機は毎日回せない。一人暮らしで洗濯頻度が少ない人のまとめ洗いのコツとは

一人暮らしをしていると、そんなに衣類など洗濯物がたまらないという人がいます。

また、仕事などで夜遅くなるから休日にしか洗濯が出来ないという人も多くいます。

しかしまとめ洗いをするには、置いておいたタオルや衣類などに細菌が増えてしまう可能性があるので気をつけないといけません。

菌は1度発生してしまうと、普通に洗ってもなかなか落ちてくれません。
乾いた後にも独特なニオイがしてしまいます。

まとめ洗いをする事の注意点

  • 洗濯するまでの間、濡れたものや汚れたものを放置する事で、菌が繁殖したり汚れが落ちにくくなります。
    濡れたタオルなどは乾くまで干して、通気性がいいランドリー用ボックスに入れましょう。殺菌効果のある酸素系漂白剤などを使用する事をおすすめします。
  • たくさんの量を干すと乾きが遅くなるから生乾きに気をつけましょう。
    干す時に通気が悪ければ乾くのも時間がかかります。
    洗濯が終わったら時間を空けずにすぐに干しましょう。洗濯物同士の隙間を充分に空けて、風通しのいいところで干すようにします。
  • 洗濯槽にたくさん入れてしまう事によって汚れが落ちにくくなります。
    節約のためにと詰め込みすぎてしまえば、充分に行き届かなく洗えません。余裕をもった量にしましょう。

洗濯物をまとめて洗うと、乾かす場所がない!

生活スタイルなどの事情で外に干せないために、部屋干しの人は多いです。

しかし、洗濯物を1度にまとめて洗う場合、乾かす場所に困ってしまいます。

洗濯物の量が多ければその分湿度も上がってしまいます。

また、干す場所が少なければ、洗濯物同士に隙間が少なくなり、乾きも遅くなるので生乾きになって、細菌が繁殖してニオイの原因になってしまいます。

量に気をつけて出来るだけ通気がいい状態で干せるようにしましょう。

通気をよくするための工夫

  • 1度に大量に洗濯物を詰め込みすぎないようにしましょう。
    洗濯槽に詰め込みすぎるのはデメリットがたくさんあります。
  • 部屋干し用の洗剤を使用しましょう。
    乾きが早く菌の繁殖を抑えてくれるものがあります。
  • 部屋干し用の物干し竿などを増やしましょう。
    たくさん干せるもの、スペースを殆ど取らないものなど種類豊富に市販されています。
  • 間を空けて余裕もって干しましょう。
    スペースがある事で通気を確保できますので、余裕をもてる分を洗濯しましょう。
  • 除湿機などを使用する
    衣類乾燥機能が付いているものがお勧めです。
    洗濯後はもちろん、梅雨時期にも活躍できます。

部屋干しするなら、高機能洗剤を

一人暮らしをしている人は、仕事などの生活が原因で洗濯の頻度があまり多く出来ないという人が多いです。

また、洗濯は出来たとしても洗濯物を外に干せなくて部屋干ししている人も多いです。

部屋干しをするには注意がいくつか必要ですが、今回は洗剤についてご紹介します。

  • 炭酸ナトリウム
    炭酸塩とも呼ばれている炭酸ナトリウムが入っているものは洗浄力も除菌力も高いです。
  • 酸素系漂白剤
    酸素系漂白剤は、優しく漂白してくれながらも殺菌効果が期待できます。
  • 硫酸亜鉛
    硫酸亜鉛が入っているものは、干している時の抗菌効果があります。

液体洗剤か粉末洗剤かは、その汚れ具合などによってお勧めが違います。

汚れや部屋干しなどには粉末洗剤の方が効果的ですが、衣類の傷みや色落ちなどが気になるなら液体洗剤の方がいいです。

除菌、抗菌、消臭などの効果があるものを選びましょう。

布団カバーやシーツはどのくらいの頻度で洗っているの?

一人暮らしをしている人が洗濯をする頻度は人それぞれ全然違っていますが、もちろん洗濯をする「もの」によっても違います。

  • 布団カバーやシーツなど
    汚れているような感じがしなくても、少なくても1ヶ月に1度は洗えるようにしましょう。もちろん週に1回位でも大丈夫です。
    布団カバーやシーツなどの大きいものだけコインランドリーでやるという人もいるようです。
  • 衣類など
    アウターは別として、基本的に1度肌に身につけたものは洗濯物に出します。
    目に見える汚れが付いてしまったら、前もって染み抜きなどで汚れを落としておきましょう。
  • タオルなど
    お風呂などで使用したタオルなども1度使用したら洗濯物に出します。
    濡れたままにしておかないで、乾かしておきましょう。

洗濯機を使用するのは、夜遅くならない時間帯に注意して洗濯槽の7割以内を目安にすることがおすすめです。