洗濯機パンの交換を自分でする注意点や業者に依頼したときの費用

洗濯機パンの交換はパンが破損してしまったり、新しく洗濯機を買い替えたときなど必要になりますよね。できれば自分でお金をかけずに済ませたいと考える人も多いのではないでしょうか。ただし、防水パンが壊れているのに、無理に洗濯機を動かしたり、交換しようとすると水漏れや排水管トラブルの原因にもなりかねません。

ここでは、洗濯機防水パンの交換について、交換が必要な場合や自分で洗濯機防水パンの交換取り付けをする方法と注意点、洗濯機防水パンの交換はどんなときは業者に依頼するべきか費用相場などお伝えしていきましょう。

これで、洗濯機防水パンの交換について理解も深まりますし、交換が必要なときでも困りません。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機が臭い。ドラム式が臭う場合の原因と対処法とは

洗濯機が臭いと感じたら、ドラム式洗濯機の場合でもその臭いの原因を取り除かなければなりません。ドラム式...

洗濯機の掃除【ドラム式の場合】洗濯槽の掃除法や頻度と予防策

洗濯機の掃除はドラム式洗濯機の場合、縦型洗濯機と違って手間がかかります。なので、臭いやカビが気に...

洗濯機の排水ホースの延長方法!女性にもわかりやすく解説

新しいお部屋に引っ越しをして、今まで使っていた洗濯機を設置しても、排水口まで距離がある場合には、延長...

洗濯機【一人暮らし用】ドラム式を選ぶメリットや注意点と相場

洗濯機を一人暮らし用のドラム式に買い換えようか悩んでいるあなた。まずは、ドラム式洗濯機のメリット...

洗濯機の掃除に重曹を使う場合のやり方と注意点について徹底解説

洗濯機の掃除には重曹が良いと聞いたことはあっても、なぜ良いのか、そしてどのように使って掃除するのか詳...

洗濯機の使い方がわからない時の基本的な使用方法とポイント

今まで洗濯をしたことがなかった人は、洗濯機の使い方がよくわからないですよね。最近では、全自動洗濯機が...

洗濯機台の掃除を簡単にキレイする方法とホコリを溜めない予防策

洗濯機の台の掃除は、洗濯機を動かすのも大変だし掃除もしにくいので、つい後回しになりがちです。でも、気...

洗濯機の掃除。洗剤投入口のお手入れのコツやカビ撃退方法

洗濯機の掃除をするときは、洗剤投入口を掃除することも大切です。しかし、やり方がよくわからないとつ...

洗濯機が安い時期はいつ?洗濯機をより安く購入する方法

洗濯機を買い換えようと思っている人の多くは、欲しい洗濯機をなるべく安く購入したいと考えますよね。洗濯...

洗濯機の故障で脱水できないときに考えられる原因と対処法とは

洗濯機の故障は脱水ができないことで判明することがあります。洗濯中に突然脱水ができなくなったり、す...

洗濯機の寿命のサイン。音や水の症状と部品の保有期間とは

最近洗濯機の音が大きくなったと感じることはありませんか?我が家では音が大きくなったと感じた頃...

洗濯機はネット購入で取り付け可能か注意点や自分でする方法

洗濯機をネット購入したときに取り付けをしてもらえるかどうかも確認するようにしましょう。ネット購入した...

洗濯機の寿命!脱水ができなくなった時に確認することとは

洗濯機を回していたら、変な音が…。脱水が!脱水がされない!このベチャベチャの洗濯物、どうした...

洗濯機のホースの取り付け方が自分でもできるコツや注意点

洗濯機のホースの取り付け方の手順やポイントがわかれば、自分でも簡単に洗濯機を取り付けることができます...

洗濯機の故障かも?回らない原因や対処法と手洗いするコツとは

洗濯機の故障なのかと回らないときは疑ってしまいますよね。いつも動いていた洗濯機が突然回らなくなってし...

スポンサーリンク

洗濯機防水パンの交換が必要になる場合とは

洗濯機の防水パンの破損に気がついたあなた。

この場合は交換が必要になります。

破損してしまった原因は、水に強い樹脂や強化プラスチックなどでできた防水パンでも、踏んでしまったり、重い物を上に置いてしまった事などで割れてしまう事があるからです。

その他は、どんな場合に防水パンの交換が必要になるのでしょうか?

洗濯機を買い替えた時にパンの交換が必要になる

洗濯機を縦型のものからドラム式の洗濯機に買い替えた場合、ドラム式洗濯機はサイズが大きい物が多く、防水パンに設置できない場合があります。

また、メンテナンスがしやすいように高さのある防水パンを設置していると、洗濯機を動かさなくても洗濯機下の掃除がしやすくて便利ですが、洗濯機自体も高くなってしまうので、蛇口が邪魔になって洗濯機が置けなくなってしまう事もあります。

パンの交換をすると洗濯機の下の掃除がしやすくなる

高さのある防水パンを設置すると、洗濯機の下の掃除がしやすくて便利になるとお伝えしたように、排水口の掃除をする時に洗濯機を動かさなくてはいけないなどの不便を感じた時は、防水パンの交換が必要になるでしょう。

洗濯機防水パンの交換は知識があれば自分でもできる

洗濯機の防水パンの交換は、自分でもできます。
自分で交換できると、費用を抑える事ができますよね!

  • 洗濯機を動かす事ができる
  • 排水用のホースをつなぐ知識がある

この2つの条件が当てはまるなら、自分で防水パンを交換する事ができるでしょう。

洗濯機の防水パンの交換方法

洗濯機に合うサイズの防水パンを購入し、洗濯機に取り付けていきます。

簡単に説明すると、洗濯機のホースと防水パンの取り付けに必要な洗濯機トラップ用エルボを排水口につないで、洗濯機の専用蛇口に給水ホースを接続するだけです。

洗濯機のホースは、左右どちらかも出せるので、排水口の位置に合わせましょう。

注意してほしい事は、ホースの取り付けをしっかりと行う事です。
ホースから水漏れしてしまうと、アパートに住んでいる人は階下の人に迷惑をかけてしまう事になってしまいますよ。

洗濯機防水パンの交換にはサイズ選びに注意を

洗濯機の防水パンを交換するために、新しい防水パンを購入する場合の注意点をお伝えします。

防水パンのサイズについて

防水パンが破損した場合ではなく、新しく洗濯機を買い替えて防水パンもまとめて買い替えるという場合は、特にサイズに注意してください。
今までと同じサイズの防水パンだと、新しい洗濯機が大型の場合は設置できない場合もあります。

取扱説明書などに、防水パンのサイズの目安が記載されている場合は、そのサイズの防水パンを購入しましょう。
記載されていない場合は、洗濯機のサイズを測っておきましょう。

パンを交換する時は排水口の位置を確認すること

防水パンのサイズも大事ですが、排水口の位置を確認することも大事です。
排水口が防水パンの真ん中ではなく右左どちらかの脇にある場合は、排水口と洗濯機の排水ホースが離れてしまうことがあります。この場合は接続する為に部品が必要になることもあり、最悪取り付ける事ができない場合もあります。

洗濯機用の蛇口の高さも確認すること

高さのある防水パンを設置すると、洗濯機の高さがかさ上げされるので、洗濯機と蛇口がぶつかり邪魔になってしまったり、基本的に蛇口より低い位置に設置しなくては行けない洗濯機が高い位置になってしまう事があるからです。

それでも、蛇口からホースを伸ばしたり、蛇口を交換する事で対応はできますが、その手間をかけないようにしたいものですよね。

不安があるなら洗濯機防水パンの交換は業者に頼むのがオススメ

洗濯機の防水パンの交換は、意外と簡単に出来そうだから自分でやってみようと思うかもしれませんが、それでもちょっと不安だなと思うなら業者に依頼することがオススメです。
自分で洗濯機のサイズを測って防水パンを購入したとしても、排水口は設置できる位置にあるのか、洗濯機用の蛇口の高さは大丈夫なのかなと色々不安がありませんか?

「購入してきた防水パンと洗濯機のサイズが合わなかったらどうしよう…」
「なんとか設置できたとしても、しっかりと排水ホースが設置されていなく水漏れしてきたら困るな…」

と、このような不安があると思うのです。

そんな時、やはり業作に依頼すると、適切な防水パンを提案してるので安心ですよね!
費用を抑えようと自分で防水パンを交換したいという気持ちもわかりますが、水漏れしてしまった場合、補修でもっと費用がかかってしまう事になってしまうかもしれませんよ。

洗濯機防水パンの交換を業者に依頼したときの費用相場

やはり自分で防水パンの交換は不安なので、業者に依頼するとしても気になるのが費用ですよね。

費用の目安は、防水パンが1万円前後、そして施工費用は1万5千円程度でしょう。
合わせて2万5千円前後です。

見積もりを依頼して、複数の業者を比較してみると良いでしょう。
業者によっては、防水パンの購入と施工が同時の場合は、費用を割引してくれる場合もあります。

しかし、ただ防水パンを交換するだけではなく、排水口の位置を変えなくてはいけない場合は、床下に設置されている排水パイプも位置を変える工事が必要になってしまいますし、洗濯機用の蛇口の高さを変える工事も必要になった場合は、別途追加料金がかかってしまうでしょう。

いずれにしても、見積もりを依頼して業者がおこなってくれるサービスも確認しておくと良いですよ。