洗濯機の選び方!一人暮らしで安い洗濯機を購入する時のポイント

これから一人暮らしを始めようと思っているとき、できるだけ初期費用がかからないようにするために安い家電を購入しようと考えますよね。家電の値段は安くはありません。

一人暮らしをする時に必要な家電の一つが洗濯機です。一人暮らしの人が安い洗濯機を購入しようと思ったら、どんな点に注意して選べば良いのでしょうか。形やサイズ、特徴など、選び方のポイントを確認して洗濯機を購入しましょう。

また、一人暮らしの洗濯機選びは、洗濯をする時間帯も考えて選ぶことも大切です。ここでは一人暮らしで安い洗濯機を選びたい時の選び方やポイント、注意点をお伝えします。
自分のライフスタイルに合った洗濯機を選ぶ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【洗濯機の取り外し】蛇口に関する手順や自分でするときの注意点

洗濯機の取り外しでは、蛇口部分の取り外しなどに注意が必要です。自分で取り外しをすると蛇口から水が吹き...

洗濯機のホース交換を業者依頼する時の相場や得するコツと注意点

洗濯機のホース交換は業者に依頼すると高くなるのではと気になりますよね。費用をなるべく抑えたいのであれ...

洗濯機のホースの取り付け方が自分でもできるコツや注意点

洗濯機のホースの取り付け方の手順やポイントがわかれば、自分でも簡単に洗濯機を取り付けることができます...

洗濯機の掃除方法!洗剤入れの掃除のコツや注意点とカビ対策

洗濯機の掃除するけど洗剤入れの掃除はつい忘れがちではありませんか?しかし、洗剤入れの掃除を後回しにし...

洗濯ネットは乾燥機で溶ける?効率よく乾燥させるための使い方

洗濯ネットを乾燥機で使用すると衣類が溶けるのを防ぐことができるのではと思っていませんか?実は、洗濯ネ...

洗濯槽のカビ取りには酸素系漂白剤が効果的!洗い方の手順

洗濯をしていると、キレイに洗ったはずの洗濯物に、黒いゴミのようなものが付着していることはありませんか...

洗濯機はネット購入で取り付け可能か注意点や自分でする方法

洗濯機をネット購入したときに取り付けをしてもらえるかどうかも確認するようにしましょう。ネット購入した...

洗濯機の取り外しを業者に依頼する相場や自分でする方法と注意点

洗濯機の取り外しを業者に依頼すると費用はかかるけど安心です。でも、やり方がわかれば洗濯機の取り外...

洗濯機の蛇口交換の費用の目安や自分で交換するときの注意点

洗濯機の蛇口交換をする際には、費用がどのくらいかかるのか気になりますよね。業者に依頼すればそれな...

洗濯機の故障で水抜きできないときに自分でできる対処法とは

洗濯機が故障してしまうと水抜きができなくなることがあります。洗濯を回している途中である日突然、洗濯機...

洗濯機とパンのサイズの関係と失敗しないための選び方のポイント

洗濯機を置く防水パンのサイズにはあまり種類はありません。洗濯機を新しく購入するなら、今使っている防水...

洗濯機の蛇口からの水漏れの原因や対処法と防止対策とは

洗濯機の蛇口から水漏れを発見したときは焦ってパニックになるかもしれません。でも、まずは慌てずに蛇...

洗濯機の寿命のサイン。音や水の症状と部品の保有期間とは

最近洗濯機の音が大きくなったと感じることはありませんか?我が家では音が大きくなったと感じた頃...

洗濯機は一人暮らしだと、どのくらいの頻度でまわすのか

洗濯ってどのくらいの頻度でしてるの?一人暮らしなら、毎日洗濯機を回すほど汚れ物が出ませんよね...

洗濯機のホースは消耗品!排水ホースの交換のタイミングと手順

洗濯機のホースは洗濯機を設置して、そのままという方も少なくないと思います。しかし、排水ホースは洗濯機...

スポンサーリンク

一人暮らしで安い洗濯機が欲しい時の選び方

卒業シーズンを終えると、毎年家電量販店は賑わいを増しますよね。
一人暮らしを始める時に揃えたい家電製品の中には「洗濯機」もあるかと思います。

新しいアパート周辺にコインランドリーが点在しているのであれば急いで用意する必要もないかもしれませんが、コインランドリーはコストがかかります。そして持っていって回収してこなければならないという手間もかかります。
なにかとお金のかかる新生活を最小限に抑えたい、そんなあなた必見の洗濯機を少しでも紹介できればなと思っています。

まず、洗濯機にはどのような種類があるのか知っていますか?

一人暮らし、コスト抑えて、で紹介するとすれば「二層式洗濯機」「全自動縦型洗濯機」の二種類です。
二層式洗濯機?と見たことが無い人もいるかも知れませんが、30年前なんかはまだまだ主流で洗浄部分と脱水部分が分かれている洗濯機の事を言います。
今でも家電量販店なんかで1台2台端の方に置いているので見てみて下さい。
こちらの洗濯機は新品でもとても安いです。
(勿論メーカーにもよりますが)
今現在二層式洗濯機の需要は大幅に減っており、洗浄後脱水、すすぎ後脱水、という手間が原因の1つかもしれません。

あとは、一般的によくみる「全自動洗濯機」です。
容量の少ないものから大きいものまで様々なメーカーの洗濯機が並んで入れ目移りしてしまうほどです。

まず、安く済む基本的なお話しは、「容量を抑えること」。
小さい容量になればなるほどコストはかかりません。
次に考えたいのは「省エネ」です。
いくら初期投資が安いからといって電気代や水道代がジャンジャンかかるようであれば維持していくのは大変です。

一人暮らしだから安い洗濯機でいい?でも音は静かな洗濯機を

洗濯機を購入するにあたって、何を1番重要に考えるか大切になってきます。
一人暮らしで、しかもアパートと言えばまず気になるのがわたしなら「音」です。
自分が上の階に住むのか、1番下の階に住むのかも重要ですが、一軒家ではないと直接振動や音が伝わりやすいのは事実なのでそこは選ぶ製品も気をつけたほうが良いと思います。振動、音が大きい洗濯機を気にせず使い続けるとご近所トラブルに巻き込まれるなど良い結果は生まれません。
あと、いくら安いからといってどこのメーカーなのか聞いたことの無い製品を購入すると、使い方が不便だったり、音や振動が気になって洗濯する時間を制限しなければならなくなります。
万が一、音のうるさい洗濯機を購入したとして、洗濯の時間を決めてせざる負えない場合、新社会人は特に慣れない職場環境、仕事のストレスにプラスして洗濯機へのストレスも加わるので生活自体が疲れてしまいますよね。
少しでも、新生活への不安を解消できるよう慎重に選ぶという対策をしていきましょう。
日本は家電大国と言っていいほど品質の良いものが出回っていますので、色々調べて購入すれば自分の生活環境にあった洗濯機を見つけることがきっとできるはずです。
そこで、品質の話しになりますが、勿論静音洗濯機も様々販売されています。
1人暮らしに最適な静音性の優れている洗濯機も販売してますので、色々家電量販店を確認してみることをオススメします。

一人暮らしの安い洗濯機選び・小型洗濯機もおすすめ

先程、比重をどこにおくのか・・・という説明をしましたが、静音性を第一に必要と考えた場合、次は容量の問題が出てくるかと思います。
勿論、1週間に1度しか洗濯をする予定が無いという場合は7Kや10Kの洗濯機を購入するのも1つですが、今回は「安く」が大前提ですので、多少のリスクは伴いますが小さいサイズの洗濯機をオススメします。
メーカーによってもサイズは多少異なりますが一般的には容量が3K~販売しているようです。
諸説ありますが、基本的には一人あたり1日の洗濯の量が約1.5Kとも言われていますので、毎日、もしくは2日に1度洗濯をすることも考えたら3Kの洗濯機で十分対応することが可能ですね。

一人暮らし用の洗濯機を「安い」を大前提に選ぶ場合

小さいサイズ3Kの洗濯機も種類はたくさんあります。
わたしがオススメできるのは、縦型全自動洗濯機です。
安さから言ったら勿論2層式洗濯機もありますが、脱水部分へ移動させなければならない手間がかかってしまうのであまりオススメできません。
全自動洗濯機の3Kタイプもたくさんでまわっており、メーカーによってはカラーバリエーションもあり少しおしゃれな可愛らしい洗濯機も増えてきているのです。

全自動洗濯機の小さいサイズをオススメする理由はまだまだあります。
小さいがためにコストが安いというのは勿論ですが、大きさも勿論コンパクトになっています。
新社会人、一人暮らしということを想像すると家族住まいのような広い家にすむことは一般的にはあまり考えられないですので、洗濯機を置くスペースも気になるものですよね。コンパクトなだけに洗濯機スペースを最小限に抑えることもできるのでオススメなのです。

一人暮らしの洗濯機・中古の洗濯機は安い

安い、一人暮らしの洗濯機といえば、中古製品ですよね。
都会にいけば、通常の大手家電量販店でもアウトレットコーナーを設けて中古の洗濯機を販売しています。
都心などでは、一人暮らしの若者が多いこともあるせいか、個人の中古家電販売店が点在している地域もあります。
勿論価格は様々で、新品価格の半分以下で販売している事もよくありますが、中古洗濯機の購入を考えているなら注意しておきたいポイントがいくつかあります。

  • 予算を決める。
    洗濯機に予算が取れないからと中古洗濯機の破格の値段のタイプを購入したとします。
    そして、すぐに故障してしまった場合、さらに新しい洗濯機を購入するかしばらくコインランドリーを利用しなくてはいけないため余計に費用がかかってしまうからです。
    予算をもともと決めて、予算より少し少ない位の価格の洗濯機購入をオススメします。
  • 自分で確認する。
    これはとても重要です。
    自分の足で見て回って下さい。直接かけている場所はないか?悪臭など匂いは大丈夫か?など、中古品は誰がどのように使っていたかわからないので、気に入った洗濯機が合った場合でも新品販売時からどのくらいの年月が立っているのか重要です。
    洗濯機も家電製品なので、年月がたつと勿論どんどん劣化してきます。
    いくら見た目が新しそうでもそこは注意してくださいね。

中古洗濯機は基本的には保証期間がありません。
壊れてしまったら、搬出料金、修理料金、再度購入料金等どの方法をとってもお金がかかります。
確かに安いだけあってリスクは伴いますのでしっかり見極めて選んで下さいね.

一人暮らしの洗濯機選でびの注意点

色々お伝えしましたが、結局どのような洗濯機を購入すればよいのでしょうか?

「安い」をメインテーマとして考えて購入する洗濯機としては、3K位の縦型全自動洗濯機です。

資金が少し多めに出せるのであれば新品をオススメしたいと思います。

例え壊れてしまっても、保証期間が必ずあります。家電量販店によっても保証期間は異なることがありますので、購入する時に必ず確認して下さい。
あとは、何軒も家電量販店を回る事です。
家電量販店が何件も近くに点在している場合、価格がにたりよったりの場合が多いのですが、多少異なっている場合もあるので、どこの家電量販店が1番安く、保証はどこの家電量販店が1番長いのかきちんと見極めて下さい。

洗濯機を置くスペースも重要です。
いくら静音性の高いスタイリッシュな破格の新品洗濯機を購入しても、搬入口が入らなかったり置く場所のスペースが足りなかったりと悲惨な状況になりかねません。
搬入口の横の幅、洗濯機スペースの奥行き・高さ・横幅、洗濯機用の蛇口の位置も忘れずに確認してから購入しましょう。

わたしが思うに、自宅は自分にとって1番リラックスできる場所です。せっかくの楽しみな新生活ですので、日々のストレスをためない快適な生活空間にできるよう、あなたの生活に1番似合ったすてきな洗濯機に巡り会えるといいですね。