洗濯機の選び方!一人暮らしの洗濯機にもドラム式がおすすめです

一人暮らしをするときは、色々な家電を揃えなくてはなりません。洗濯機もそのうちの一つですよね。

一人暮らしの洗濯機にはドラム式の洗濯機がおすすめです。「一人暮らしなのにドラム式?」と思うかもしれませんが、ドラム式の洗濯機には一人暮らしには嬉しい機能もついています。

ここでは、一人暮らしの洗濯機にドラム式がおすすめな理由についてお伝えします。生活スタイルなどを考え、自分に合った洗濯機を選びましょう。

また、洗濯機を選ぶ時のポイントや注意点も併せてお伝えしますので、そちらも確認してみてくださいね。

一人暮らしは洗濯をする時間も限られることが多いです。どんな洗濯機を選んだら良いか悩んでいる人は、これからご紹介する内容をチェックして、後悔しない洗濯機を選びましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機の蛇口からの水漏れ防止策と自分で修理する方法とは

洗濯機の蛇口からの水漏れ防止には、日頃から自分で気を付けるべき対策があります。洗濯機の蛇口から水...

洗濯機の故障で脱水できないときに考えられる原因と対処法とは

洗濯機の故障は脱水ができないことで判明することがあります。洗濯中に突然脱水ができなくなったり、す...

洗濯機の糸くずネットの外し方とお手入れ方法

洗濯機の糸くずネットは洗濯機の必需品ですよね。洗濯物の衣服に付いている糸くずや繊維をしっかりとキャッ...

洗濯機の取り外しで水抜きをするときの方法や気を付けたいこと

洗濯機を取り外しするときは、水抜きをしなければなりません。洗濯機の水抜きをしないまま取り外してし...

洗濯機はネットでも引き取りは可能か依頼やできない場合の対処法

洗濯機はネットでも引き取りをしてくれるのか、購入を検討していると気になるところです。基本的には洗濯機...

洗濯機とパンのサイズの関係と失敗しないための選び方のポイント

洗濯機を置く防水パンのサイズにはあまり種類はありません。洗濯機を新しく購入するなら、今使っている防水...

洗濯機を買い換えるならおすすめはやっぱりドラム式!

洗濯機を買い換える時、まず『縦型』か『ドラム式』かで迷いますよね。今の時代、洗濯機を買い換え...

洗濯機は一人暮らしなら乾燥機付きがオススメな理由と選び方

洗濯機は一人暮らしなら乾燥機付きの洗濯機を選ぶのがオススメです。それは、乾燥機付き洗濯機には一人...

洗濯機のホースの取り付けは自分で設置するポイントや注意点

洗濯機のホースの取り付けについて、一人暮らしだと自分でできないかと試してみたくなりますよね。業者に洗...

洗濯物は除湿機を使うと早く乾く?嫌な臭いを防ぐ乾かし方

湿度の高い季節になると部屋干しの洗濯物が乾きにくくなりますよね。そしてそうなると嫌な臭いが発生するの...

洗濯機は重曹を使ってドラム式でも安心掃除するコツや注意点とは

洗濯機に重曹を使って、ドラム式でもカビ取りや臭い取りの掃除をすることができます。小さいお子さんが...

洗濯機の蛇口交換の費用の目安や自分で交換するときの注意点

洗濯機の蛇口交換をする際には、費用がどのくらいかかるのか気になりますよね。業者に依頼すればそれな...

洗濯機の掃除は分解を自分でする方法や効果とカビ対策とは

洗濯機の掃除は分解して行うことで、いつもの掃除では取り切れなかった汚れや臭いなどもスッキリと取り除く...

洗濯機をネットで設置依頼、購入するときのポイントや注意点

洗濯機はネットで設置も含めて購入することができるのかは、購入する前に一番気になるところです。できれば...

洗濯機の掃除【ドラム式の場合】洗濯槽の掃除法や頻度と予防策

洗濯機の掃除はドラム式洗濯機の場合、縦型洗濯機と違って手間がかかります。なので、臭いやカビが気に...

スポンサーリンク

一人暮らしの洗濯機はドラム式がおすすめ

一人暮らしを始めることになると家電製品が必要になります。洗濯機もその1つになります。一人暮らしなので洗濯機の大きさは小さくてもいいと考える人も多いですが、洗濯機は1度購入すると失敗したと思ってもなかなか買い換えることが難しいです。

洗濯機のサイズは大きいに越したことはありません。容量が大きいと仕事でなかなか洗濯が出来なくてもまとめて洗濯が出来ます。容量が小さいとこまめに洗濯をしないといけなくなるので面倒です。

社会人になるとプライベートの時間が少なくなります。炊事、洗濯、掃除を自分でやらないといけないので、大切な時間を掃除や洗濯に費やすことになるのです。疲れて帰って来た後に洗濯をするのはかなり面倒です。

縦型洗濯機の場合は洗濯物を洗濯機で洗い、洗濯機から取り出し洗濯物を干します。乾いたら畳み、それぞれの場所にしまいます。このように洗濯をしますが、洗濯物を干す作業が面倒です。シャツはハンガーにかけたり、靴下なども小物類はピンチハンバーに吊るさないといけないのです。外に干したり、部屋干しをすることになります。外干しは天候に左右され、花粉などのシーズンは外干しが出来ないなどがあるのです。又部屋干しをすると部屋干しのニオイが気になります。縦型洗濯機の最大のメリットは費用が安いことです。

ドラム式洗濯機のメリットは洗濯から乾燥まできちんとしてくれるので干す手間が省ける、容量が大きいので洗濯機を回す回数が少ない、汚れがしっかり落ちるなど色々なメリットがあります。新社会人になると仕事が終わるのも遅くなることもあります。だからこそドラム式洗濯機がおすすめなのです。スイッチ1つで乾燥まで終わらせてくれるので後は畳むだけなので貴重な時間を洗濯に費やさなくて済みます。一人暮らしの洗濯機はドラム式洗濯機がおすすめです。

一人暮らしの洗濯機選び・ドラム式は乾燥もできる

社会人になることをきっかけに1人暮らしを始める人も多いです。一人暮らしを始めることになると色々な物を買い揃える必要があります。

洗濯機には種類やサイズがたくさんあるのでどれを選んでいいのか迷ってしまいますが1人暮らしでもドラム式洗濯機をおすすめします。

洗濯機は大きく分けると縦型とドラム式があります。

縦型は頑固な汚れも綺麗にしてくれる洗浄力が魅力です。体を動かすことが多く汗をかく仕事をしているなどの場合は縦型がおすすめです。

ドラム式は節水力が高く、少量の水で洗濯をすることが出来るので水道代を安くすることが出来ます。一番魅力的なのは乾燥です。外出前に洗濯機のスイッチを入れて出かけると、帰宅した時に洗濯物が乾いた状態になっているので、干す手間がかかりません。

ドラム式にすると時間に縛られることがなくなります。社会人は朝洗濯する時間はないです。そうなると帰宅後に夜に洗濯をします。縦型洗濯機の場合洗濯後に干すことになるので、洗濯物を干し終わるまで寝ることが出来ないのです。しかしドラム式洗濯機は洗濯物を入れて、スイッチを押すだけでよく朝には乾燥まで終わっているので後は畳むだけなのです。もし部屋干しをするとしても一人暮らしの部屋は狭いので洗濯物を干す場所も限られているので、大きな物を洗濯しようとするとスペースがないので大変です。ドラムなら乾燥までしてくれるのでこのような心配はありません。

ドラム式の洗濯機はこんな人におすすめです

一人暮らしをすることになると洗濯機を購入する時、縦型洗濯機かドラム式洗濯機にするか悩んでしまいます。家電量販店で店員さんの話を聞いたり、カタログを見比べたりすることもあります。

ドラム式洗濯機購入に向いている人とはどのような人なのでしょうか。

  • 翌日着ていかないといけない服がある
  • 花粉症の人
  • 排気ガスが気になる
  • 浴室乾燥機を使っている
  • 節水をしたい
  • 干すのが面倒
  • 干す時間がない、取り込む時間が遅い

このような人はドラム式洗濯機を選ぶようにしましょう。

ドラム式洗濯機は洗濯から乾燥まで全自動でやってくれる洗濯機です。ボタン1つで乾燥してくれるので、すぐに着られる状態になっているので本当い便利です。天気を全く気にすることなく、遅い時間に帰宅してもボタン1つで洗濯が出来ます。夜寝る前に洗濯物をセットしてタイマーを使って設定も出来ますし、帰宅時間に合わせてセットすることも出来ます。又外に干すことがないのでプライバシー保護にもなります。

毛布やシーツなどの寝具などの大物も乾燥までしてくれるので後は畳んでしまうだけなのでとても便利です。

一人暮らしの洗濯機を選ぶときの外せないポイント

一人暮らしを始める人や、洗濯機の買い替えを検討している一人暮らしの人に洗濯機を選ぶポイントを紹介します。

  • 静音性
  • 洗浄力
  • 省エネ

一人暮らしの場合、夜や休日にしか洗濯することが出来ない人もいます。運転音が静かな物も増えてきてますが、それでも脱水時の音はどうしても気になります。取扱説明書に45db以下だと周囲に迷惑をかけることは少ないですが、部屋の作りや設置場所によっては響くこともあります。隣人とトラブルにならないように洗濯機は静音な物を選ぶようにしましょう。

社会人になるとスーツを着る機会も多くなります。ブラウスやYシャツはいつも綺麗にしておきたいと考える人も多いです。白いYシャツやブラウスは汚れや黄ばみが目立ちやすいので洗浄力にはこだわりましょう。

一人暮らしの場合は光熱費をできるだけ節約したいです。基本的いドラム式洗濯機は節水効果が高いですが、電気使用量が縦型洗濯機に比べると高くなるので、結果的に光熱費が高くなる可能性があるのでよく検討しましょう。

一人暮らしでドラム式の洗濯機を購入する時の注意点

一人暮らしの生活で必要になる家電製品の1つに洗濯機があります。洗濯機には縦型洗濯機とドラム式洗濯機があります。洗濯機を購入するときの注意点を紹介します。

洗濯機置場の採寸

洗濯機を設置するためには排水設備が必要になります。洗濯機置き場は事前に採寸しましょう。賃貸の物件では脱衣所などに設置されている事が多い防水パンの幅、奥行のサイズ、収まるサイズを選ぶようにしましょう。

ドラム式の場合は扉が手前に開くので、付近のドアや通路の妨げにならないか調べ、左右どちらに開けても開くか確認します。

運搬経路も確認

洗濯機は大型家電なので、搬入経路が狭いと運搬することが出来ません。エントランスから玄関までの搬入経路、玄関扉から設置場所までを採寸しましょう。

一人暮らしの場合洗濯機の容量は小さくてもいいと思いがちですが、自分で購入することが出来る最大容量にすることをおすすめします。ドラム式洗濯機は乾燥機能もついているので、洗濯機にたくさんの洗濯物を入れて洗濯・乾燥することが出来ません。一人暮らしの場合、洗濯物はまとめ洗いしがちなので大きな容量を購入するようにしましょう。