洗濯機のホース交換を業者依頼する時の相場や得するコツと注意点

洗濯機のホース交換は業者に依頼すると高くなるのではと気になりますよね。費用をなるべく抑えたいのであれば、自分でも交換できるものかどうかを調べてみるといいでしょう。

ここでは、洗濯機のホース交換を業者依頼する場合の費用相場や業者に安く依頼するコツ、洗濯機の排水ホースを交換を自分でする方法や注意点などお伝えしていきましょう。

これで、自分で洗濯機の排水ホース交換を損しないように業者に依頼することもできますし、自分でする方法もわかりますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機の使い方【ドラム式編】注意点や洗剤選び・お手入れ方法

洗濯をしようと思っても、自宅のドラム式洗濯機の使い方がいまいちよくわからない人もいますよね。特に、今...

洗濯機のパンをかさ上げする方法とメリットや注意点とは

洗濯機のパンをかさ上げすると、洗濯機の下の掃除がしやすくなったり、振動による騒音を防ぐメリットがあり...

洗濯のやり方。どのくらいの水量が必要かがわからない時には

洗濯機の主流は『全自動洗濯機・縦型』です。全自動洗濯機は、洗濯槽に衣類などの洗濯したものを入...

洗濯機ネットのカビを撃退する方法と安心して使える予防策とは

洗濯機のネットにカビがついてしまうと、せっかく洗った洗濯物にもついてしまう恐れがあります。ですから、...

洗濯機はネットでも引き取りは可能か依頼やできない場合の対処法

洗濯機はネットでも引き取りをしてくれるのか、購入を検討していると気になるところです。基本的には洗濯機...

洗濯機の掃除に重曹を使う場合のやり方と注意点について徹底解説

洗濯機の掃除には重曹が良いと聞いたことはあっても、なぜ良いのか、そしてどのように使って掃除するのか詳...

洗濯機の重曹量に注意して掃除する方法や漬け置きのコツとは

洗濯機に重曹を使うときは、量に気をつけなければなりません。重曹は環境にも優しく、小さなお子さんの...

洗濯機の選び方。一人暮らしに適切な容量と注意したいポイント

洗濯機は一人暮らしなら、容量についても購入するときに考えなければなりませんね。購入する洗濯機の容...

洗濯機のゴミ取りネットのカビ取り方法!カビを予防する使い方

毎日使う洗濯機ですが、よく見ると洗濯機のゴミ取りネットにカビが生えている!なんてことはありませんか?...

洗濯機の蛇口からの水漏れ防止策と自分で修理する方法とは

洗濯機の蛇口からの水漏れ防止には、日頃から自分で気を付けるべき対策があります。洗濯機の蛇口から水...

洗濯機の蛇口の高さの変更方法と自分でするときの注意点とは

洗濯機の蛇口の高さが合わなくて、購入した洗濯機が設置できない場合があります。そんなときは、洗濯機...

洗濯機の安い時期は年末!お得に賢く手に入れるオススメ方法

洗濯機の安い時期と言えば、年末年始の決算セールです。洗濯機を新しく購入するなら、少しでも安く購入した...

洗濯機のホースの掃除の仕方の手順とキレイに長持ちさせるコツ

洗濯機のホースの掃除の仕方についてお悩みの方は必見です。洗濯機の排水ホースは掃除をしないままでい...

洗濯機のネット購入にデメリットを考慮した選び方のポイント

洗濯機をネット購入するのは簡単ですがデメリットもあります。忙しい現代人には、ネットで家電も購入できる...

洗濯機をネットで設置依頼、購入するときのポイントや注意点

洗濯機はネットで設置も含めて購入することができるのかは、購入する前に一番気になるところです。できれば...

スポンサーリンク

洗濯機の排水ホース交換を業者に依頼するとかかる費用の相場

洗濯機は使用頻度の高い家電製品なので故障してしまうと大変ですよね。一度購入すると故障するまで買い替えることの少ない洗濯機。洗濯機は本体以外でトラブルが起きることもあります。

給水ホースや排水ホースから水漏れが起きることもあります。排水ホースの一部は洗濯機の下を通っていることもあります。定期的に水漏れが置きていないか確認しましょう。排水ホースから水漏れがする原因は劣化です。排水ホースは消耗品になるので使用年月が長いと排水ホースに穴やヒビが入ってしまうこともあります。排水ホースは定期的に交換するこをオススメします。

排水ホースの修理、ホース交換の作業を業者に依頼すると、作業費用で5,000円~7,000円程度かかり、その他に出張費用が3,000円~5,000円、とホースの部品代が別に2,000円~4,000円程かかります。業者にお願いすると作業費、出張費、部品代がかかりかなりの金額になります。

洗濯機の排水ホース交換を業者に安く依頼するコツ

洗濯機のホースから水漏れしてしまうと慌ててしまい、ホース交換を業者に連絡することが多いです。そして料金交渉や確認をしないまま修理を依頼してしまう人もいますよね。そうなると後でトラブルになることが多いのです。

水漏れの対応をしてくれる業者をインターネットで検索し、電話で問い合わせる人もいます。しかしこの問い合わせの時に、水漏れしている箇所や原因をしっかり伝えることが出来ていますか?水漏れしている箇所によって料金が異なります。業者も詳しい状況がわからないので、明確な料金を答えることができません。

業者に質問する場合は、修理が必要な箇所や部品を理解した上で問い合わせると、見積もりも具体的な金額を提示してきます。又自宅に見積もりに来てもらう方法もあります。

業者に依頼する場合、何社か見積もりを取ることをオススメします。複数の業者から見積を取ることで、料金交渉もしやすくなりますし、一番安い業者を選ぶことが出来ます。修理を依頼する場合は必ず見積もりを出してもらい金額を確認してから修理を依頼しましょう。

洗濯機のホース交換を安く済ませるために自分でする方法

洗濯機を購入すると壊れるまで使用する人が多いですよね。洗濯機の排水ホースには交換するタイミングがあることを知っていますか?排水ホースの掃除を一度もしていない場合は排水ホースの交換を2~3年程度で交換しましょう。掃除をしている場合でも5年に1度は交換しましょう。

排水ホースの交換は難しくはないので自分でも簡単に交換することができます。しかし排水ホース自体が外すことのできない洗濯機もあるのと取り扱い説明書は必ず確認してからホース交換をしましょう。

用意する物:新品の排水ホース、ビニールテープ、ハサミ、ゴム手袋。
排水ホースはホームセンターで購入することが出来ます。購入する場合、使用している洗濯機のホースサイズと長さは必ず確認しましょう。

洗濯機のホース交換をする手順(金具でホースが止まってる場合)

  1. エルボと言われるL字型の排水口を排水ホースを外します。排水ホースはホースクリップと言われる金具で止まっているのでこの金具も外します。ホースクリップがネジ式の場合はネジを緩め排水ホースを外します。
  2. 排水ホースの中に水が溜まっていることもあるので水抜きをする。
  3. 水抜きが終わったら、洗濯機から排水ホースを外す。

購入した排水ホースを古いホースに合わせ同じ長さになるようにハサミで切ります。

取り付け方

  1. 新しいホースに古いホースから外したエルボ、ホースクリップを取り付ける。緩んでいると水漏れの原因になります。水漏れを防ぐために接続部分をビニールテープをしっかり巻きつけることをおすすめします。
  2. 洗濯機に排水ホースを取り付ける。
  3. エルボを取り付けたホースを排水口に取り付けると交換完了です。

自分で交換すると費用を抑えることが出来るのでオススメします。

洗濯機のホース交換を自分でする前に業者に確認することも大切

洗濯機から水漏れしてしまうことがありますよね。水漏れがおきてしまうと洗濯機を使うことが出来なくなるので、洗濯物が溜まってしまうので修理を依頼するか、洗濯機を買い替えることになります。洗濯機から水漏れがしたら、給水ホース、排水ホースなどどこから水漏れが起きているか必ず確認しましょう。場所によっては自分で交換することが出来ない場合もあります。

自分で排水ホースの修理、ホース交換すると500円~1,600円程度で排水ホースの交換をすることができます。

業者にホース交換の依頼をすると基本的には、修理依頼を受けた業者が部品を持参してくるので、その部品を使うのが一般的になります。そうなると部品代が高くなってしまいます。部品だけを自分で購入して、修理費用を安くする方法もあります。

しかし注意したいことがあります。それは部品の買い間違いです。部品が違うと取り付けることができないので、費用の無駄になることもあります。そうならないためにもしっかりと確認してから部品は購入しましょう。

又自分で購入した部品の取り付けもらう場合は、前もって業者の人に部品を購入してあることを伝えて置く必要があります。問い合わせをする場合業者の人に、用意してある部品を交換する場合の料金の確認をしましょう。自分で購入した場合と業者が持ってきた部品とでは料金があまり変わらないこともあります。

洗濯機の排水ホース交換は業者に依頼した方が安心

洗濯機から水漏れがしている場合は早めに対処しましょう。そのまま放置してしまうと大変なことになってしまいます。洗濯機の種類によっては自分で排水ホース交換することが出来ないものもあります。そのような場合業者に依頼した方が安心です。

洗濯機から水漏れが置いている場合まず保証期間の確認をしましょう。メーカー保証の他に延長保証に加入している人も多いです。保証期間内にトラブルがおきると保証で対処してくれる可能性があります。そのため保証期間の確認は必ずしましょう

メーカーの出張修理は、自宅に来てもらうだけで、出張費用で6,000円程度かかる場合もあります。もし保証期間が過ぎている場合はよく考えてから修理を依頼しましょう。