洗濯機の選び方!一人暮らしの洗濯機は音が静かな洗濯機を選ぼう

これから一人暮らしを始めようと考えている人もいますよね。色々な家電を準備しなくてはなりませんが、洗濯機もそのうちの一つです。

一人暮らしの人が洗濯機を選ぶときは、音が静かな物を選ぶほうが良いです。では、どうして音が静かな洗濯機を選ぶと良いのでしょうか。音が静かな洗濯機にはどんな洗濯機があるのでしょう。

ここでは一人暮らしの人が洗濯機を選ぶ時のポイントについてお伝えします。色々な洗濯機がありますので、自分のニーズに合った洗濯機を見つけてくださいね。

自分がどのくらいの頻度で洗濯をするのかによっても、洗濯機の選び方は変わります。今回ご紹介する内容を参考に、洗濯機を探してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の入れすぎで故障したときの対処法や気をつけたいトラブル

洗濯物の入れすぎによって洗濯機が故障することがあるのか気になったことはありませんか?仕事が忙しくてつ...

洗濯機の故障は音がサイン!異常音からわかる原因や対処法とは

洗濯機の故障は音が聞こえることでわかるときがあります。もしも、あなたの家の洗濯機から異常な音が聞こえ...

洗濯機の掃除。洗剤投入口のお手入れのコツやカビ撃退方法

洗濯機の掃除をするときは、洗剤投入口を掃除することも大切です。しかし、やり方がよくわからないとつ...

洗濯機のホースを掃除する方法!洗剤や重曹を使った掃除方法

皆さんは洗濯機の排水ホースの掃除はしていますか?洗濯機の掃除はしていても、排水ホースの掃除はほと...

洗濯機の選び方!一人暮らしで安い洗濯機を購入する時のポイント

これから一人暮らしを始めようと思っているとき、できるだけ初期費用がかからないようにするために安い家電...

洗濯機のホースの取り付け方が自分でもできるコツや注意点

洗濯機のホースの取り付け方の手順やポイントがわかれば、自分でも簡単に洗濯機を取り付けることができます...

洗濯機クリーニングは業者にお得に依頼してスッキリ快適に

洗濯機クリーニングは業者に依頼するとやはりお金がかかってしまいます。しかし、自分で洗濯機のクリーニン...

洗濯機が臭い。ドラム式が臭う場合の原因と対処法とは

洗濯機が臭いと感じたら、ドラム式洗濯機の場合でもその臭いの原因を取り除かなければなりません。ドラム式...

洗濯機のホースの外し方作業の準備や手順と取り外すときの注意点

洗濯機のホースの外し方は手順と注意点さえ気をつければ、自分でもできる簡単な作業です。できれば、あまり...

洗濯機の故障で水抜きできないときに自分でできる対処法とは

洗濯機が故障してしまうと水抜きができなくなることがあります。洗濯を回している途中である日突然、洗濯機...

洗濯機のクリーニング。ドラム式ならプロにお任せしよう

洗濯機のクリーニングはドラム式洗濯機こそ汚れが溜まりやすいので定期的に行う必要があります。徹底的にき...

洗濯機のホース交換を業者依頼する時の相場や得するコツと注意点

洗濯機のホース交換は業者に依頼すると高くなるのではと気になりますよね。費用をなるべく抑えたいのであれ...

洗濯機掃除を塩素系漂白剤で!手順やメリット・注意点を解説

お洗濯をすると洗濯機にも汚れが付着してきます。衣類を綺麗にするには洗濯機の掃除を行なうことも大切です...

洗濯機の故障かも?回らない原因や対処法と手洗いするコツとは

洗濯機の故障なのかと回らないときは疑ってしまいますよね。いつも動いていた洗濯機が突然回らなくなってし...

洗濯機パンの交換を自分でする注意点や業者に依頼したときの費用

洗濯機パンの交換はパンが破損してしまったり、新しく洗濯機を買い替えたときなど必要になりますよね。でき...

スポンサーリンク

一人暮らしで洗濯機を選ぶ時は静かな物が良い

一人暮らしを始めることになると家電製品が必要になりますよね。洗濯機は必要最低限の家電になります。洗濯機がないと洗濯を自分ですることが出来ないので、クリーニング店にお願いするかコインランドリーで洗濯をすることになりますが、お金がたくさんかかってしまうのです。そうなるとやはり洗濯機が必要になります。

一人暮らしをする時、どのような洗濯機を選ぶか悩みますよね。一人暮らしをする場合多くは賃貸物件に住むことが多いです。昼間は仕事をしているので、帰宅時間が遅くなるので、帰宅後に洗濯をすることがありますが気になるのが音ですよね。ガタガタと音がしたり、運転音が大きな洗濯機は近所迷惑になるので、夜に洗濯をすることを迷っていまいます。夜遅くに洗濯をすると近所トラブルになる可能性も高くなるので、できるだけ運転音の小さいタイプの洗濯機を選ぶようにしましょう

騒音の大きさや夜遅くに洗濯をすることを避けるためには、予約タイマー機能がついているなどの洗濯機を選ぶようにしましょう。

一人暮らしをするなら、静かな機種にすることで、夜遅くに洗濯をしても申し訳なく思う気持ちが少し和らぎます。

洗濯機機能としては音が静かな物が多くなっています。大体だ45db以下だと近所迷惑になる恐れも少なくなります。選ぶ場合はカタログなどで音の大きさを確認することをおすすめします。

一人暮らし用の洗濯機、音が静かな物を選びたいなら小型洗濯機もおすすめ

一人暮らしの場合、一日に出る洗濯物の量は1.5Kが目安になっています。間取りも小さく洗濯機を置く場所も狭い場合もあります。そのため一般の洗濯機よりも小型なサイズで手軽に使える小型洗濯機もオススメです。

一人暮らし用の小型洗濯機を選ぶポイント

  • 内容量と本体サイズ
  • 二層式なのか
  • 価格

小型洗濯機は1~3kが平均になっていて、大きいタイプだと5kクラスまであります。スペースを取らずに洗濯機を置きたい、少しの洗濯物を洗う時に便利です。小型洗濯機で、最も多いのは、洗濯槽と脱水槽が分かれている二層式のタイプです。その他は洗浄を中心に使うバケツ型、洗浄と脱水をひとつの槽で行う一槽式、洗浄から脱水まですべて自動で行う全自動があります。小型洗濯機はサイズが小さく機能も簡易なため、一般の洗濯機よりも安価になります。平均は1~3万が相場になります。

衣類の洗濯には欠かすことの出来ない洗濯機。スペースを取らずに置くことが出来る、静かで使い勝手もいいのが魅力の1つになります。少しの洗濯や毎日洗濯したいなど用途に合わせて選ぶようにしましょう。

音が静かな洗濯機には安くても品質が良いものもある

家電量販店には小型洗濯機だけでも多くの種類があります。音が静かなタイプや洗浄力の高さなど機能も性能も様々です。一人暮らしの場合は何を基準に洗濯機を選ぶといいのでしょうか?

一人暮らしの場合は賃貸の部屋に住むことが多いので壁が薄いことがあります。出来るだけ他の部屋に音が聞こえないような騒音のレベルの高い洗濯機や運転音や振動音を自動で制御してくれるタイプ、予約タイマーがついているタイプを選ぶ人もいます。

小型洗濯機は電気代には大きなさがありませんが、問題は水道代です。水道代は洗濯機によって20~40円程度変わります。高性能のタイプは節水センサーがついている場合もあるので水道代の節約が出来ます。

一人暮らしのサイズ的には5Kでも十分です。しかし6kにすると一週間分まとめて洗うことが出来たり、毛布やタオルケットなどの大きな物も自宅で洗濯をすることが出来るので用途に合わせてサイズを決めるようにしましょう。

価格の安いものでも品質が良いものもあります。モーターの回転速度を制御する装置が搭載してるタイプ。より静音性の高いダイレクトドライブ構造を採用しているので、振動や騒音を抑えたいなど自分の求めている物とマッチすると価格の安い物でもいい洗濯機があるのでよく検討してみましょう。

洗濯機を選ぶときのポイント!音が静かなこと以外の判断基準

一人暮らしを始める時に購入することになるのが洗濯機です。一人暮らしする時に洗濯機を選ぶポイントは洗濯をする頻度で容量を決める、価格などです。

一人暮らし用の洗濯機選びでは、予算や設置スペースなどを考えると縦型洗濯機を選ぶようにしましょう。洗濯容量と乾燥機能の有無。乾燥機能のある、なしで毎日の生活にどような影響があるのでしょうか。

働いていると洗濯物は週末にまとめて洗うことが多いです。一人暮らしなので洗濯物の量は少ないだろうと思うのはいけません。小さな洗濯機で毎日洗濯をするのは手間も時間もかかります。小さいな容量ではなく大きな物も洗濯が出来るタイプを選ぶようにしましょう。

そして乾燥機能付きです。乾燥機能がついているメリットは、天気が悪く干す場所がなくても安心です。干していて乾き切らなかった物を乾燥機でしっかり乾かす事ができます。乾燥機を使うことで洗濯槽が完全に乾くのでカビ予防にもなります。

デメリットは本体価格が高い、天日干しに比べ衣類が縮みやすい、電気代がかかる、乾燥の時は脱水のときよりも大きな音がでるなどがあります。

一人暮らしの洗濯機選ぶのポイントは設置場所になります。物件が古いと、ドラム式は設置することができなく、新しいマンションに縦型洗濯機を置く場合でも確認しましょう。設置場所の大きさ、防水パンがある場合は内寸など測るようにしましょう。そして蛇口の高さ、排水口の位置などの確認は必ずすることです。

一人暮らしの洗濯機選びの判断基準

社会人になり一人暮らしを始めることになると何を基準に洗濯機を選ぶといいのかわかりませんよね。洗濯機の選び方について紹介します。

洗濯機選びで大切なことが洗える容量になります。大人の1日の分の洗濯物の量の平均は1.5Kなので、2日に1回洗濯機を回す場合は5k。4日に1回洗濯する場合はギリギリ6k。しかしたくさんの洗濯物を入れて洗うよりは少し余裕があると洗浄力にも関係するので余裕を持って洗濯するようにしましょう。

一人暮らしの洗濯機選びのポイント

  • 洗濯機置場の確認
    古い物件や狭い物件では洗濯機置場も狭いです。大きな洗濯機は置けない可能性もあるので必ずスペースの広さは計ってから購入するようにしましょう。
  • 搬入経路
    マンションのエントランスや廊下、玄関の入り口が狭く洗濯機が設置場所まで搬入できないこともあります。そうなるとクレーンなどを使い窓からの搬入になるため別料金になることもあるので、事前に計っておくようにしましょう。
  • 洗濯物を干す場所
    ベランダがない、近隣の家と近い、仕事が忙しく洗濯物を干す時間がなど場合は乾燥機付き洗濯機にしましょう。女性の一人暮らしの場合は乾燥機付きの洗濯機を購入することで防犯対策にも繋がります。夜遅くに洗濯をする人は静音設計にする、水道代や電気代のランニングコストを抑えるタイプもあるので、ライフスタイルにあった洗濯機を選ぶようにしましょう。

一人暮らしの場合は夜にしか洗濯が出来ない場合は多いです。家にいる時間が短い人は洗濯機を回している時間が無駄に感じます。忙しい人が洗濯機の洗い上がりまでどのくらい時間がかかるのか確認して購入するようにしましょう。