セーターを洗濯機でネットの活用と効果で縮ませずに洗うコツ

セーターは洗濯機でも洗濯ネットに入れれば洗うことができます。
そのセーターに合わせた洗濯ネットを選んで、セーターを縮ませない洗い方をしましょう。

そこで、セーターを縮ませずに洗濯機で洗うコツについて、洗濯ネットに入れることや洗濯ネットの効果、セーターを洗濯機で洗う方法やセーターが縮むのを防ぐ洗い方のコツと注意点、セーターを洗った後の正しい干し方などお伝えしていきます。

これで、セーターを自宅の洗濯機でも型崩れさせずに洗うこともできるでしょう。洗濯ネットをぜひ上手に活用してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

毛玉を防止する方法!ニットにできないように自分でできること

ニットは着てくうちに気がつくと毛玉ができてしまいますよね。お気に入りのニットは毛玉ができないよう...

ニットは洗濯機か手洗いか洗い方のコツや失敗しないための注意点

ニットを洗濯機で洗うか手洗いで洗うかお悩みのあなた。ニットはデリケートな素材のものが多いので、手洗い...

ニットを洗濯しても毛玉にならない対処法!コツについて

ニットを洗濯すると毛玉ができてしまった経験はありませんか?ニットを洗濯によって毛玉ができやすい素材の...

ニットの洗濯方法について。洗濯機を使った洗い方のコツと注意点

ニットの洗濯方法は洗濯機を使っても洗うことができます。ただし、洗濯機でニットを洗う場合は洗濯方法の手...

セーターが洗濯で縮むのを防ぐ洗い方のコツと元に戻す方法

セーターは洗濯によって縮むことがありますので、自分で洗濯するときには洗い方に注意しなければなりません...

ニットを洗濯したら干し方のコツや工夫で型崩れもなし

ニットの洗濯は干し方がポイントになります。ニットを自分で洗濯したけど、型崩れしたり伸びてしまった...

セーターを洗濯機で縮むのを防ぐ洗い方と自分でできる戻し方

セーターを洗濯機で縮むのを防いで洗うには、事前の確認やひと手間が必要です。それさえ守れば、自宅の洗濯...

セーターを洗濯するべき頻度やすぐに洗えなくてもできるケア方法

セーターの洗濯頻度はその人の使用頻度やそのセーターの素材によっても違うでしょう。セーターの洗濯はいつ...

セーターは洗濯機で洗剤と洗うコースに注意すれば自分で洗える

セーターは洗濯機で洗うときも洗剤は使います。初めてセーターを自分で洗濯機で洗濯しようとするなら、洗剤...

セーターを洗濯機のドライコースで失敗せずに洗うコツや注意点

セーターは洗濯機のドライコースでも条件が揃えば、洗うことが可能です。洗濯機のドライコースを上手に...

ニットの洗濯頻度の目安やタイミングと長く大切に着るコツ

ニットの洗濯頻度については、着用回数や汚れ方などによって違います。自分でニットを洗濯するなら、その洗...

ニットを洗濯機で洗う場合の注意点と洗い方について徹底解説

お気に入りのニットのセーターなどは、自分で洗うと失敗しそうなのでクリーニング店に出しているという人も...

セーターの洗濯や干し方のコツ、伸びない型崩れしない方法

セーターは洗濯したら干し方に注意しなければなりません。セーターの干し方に気をつけないと、伸びてしまっ...

セーターが洗濯で伸びたときに元に戻す対処法と正しい洗い方

セーターを洗濯したら伸びたという経験はありませんか?セーターは洗濯や乾燥によって伸びやすい衣類なので...

セーターを洗濯機で洗う時のコツ!失敗しない洗い方や注意点

洗濯機を使ってセーターを洗う時注意しなければならないポイントがあります。洗濯機を使って上手にセーター...

スポンサーリンク

セーターを洗濯機で洗うときは洗濯ネットに入れましょう

寒い季節になると活躍するセーターですが、セーターはどのように洗濯していますか?
着る度に毎回クリーニングに出していると、仕上がりまでに日数もかかりますし、費用もかかってしまいます。

セーターは自宅で洗濯出来るものもあります。セーターを自宅で洗濯する場合、必ず洗濯表示を確認しましょう。手洗いマークや洗濯機マークがついているものは洗うことが出来ます。

セーターを洗濯機で洗う時に必要な物は、おしゃれ着洗いの中性洗剤と、洗濯用ネット、柔軟剤です。

おしゃれ着用の洗剤を使うことで、色柄物やデリケートなセーターの洗濯を自宅ですることができます。洗濯ネットに入れて洗うことが大切です。ネットに入れることで、セータの型崩れや毛羽立ちを抑えることができます。大切なのはセーターに合った洗濯ネットを使用することです。洗濯ネットが合っていないとネットの中で衣類が偏ったり、シワが出来る原因になるので、必ず衣類にあった洗濯ネットを使用して洗濯をしましょう。

セーターが洗濯機でも洗える洗濯ネットの効果とは

セーターを着る機会が多くなると、洗濯の頻度や洗濯の仕方に悩んでしまう人も多いですよね。セーターは洗濯機でも洗える物も多くなりました。自宅で洗濯すると費用も抑えることが出来るので是非自宅で洗濯をしてみましょう。

セーターを洗濯する場合洗濯ネットに入れなくても洗濯することが出来ると思いがちですが、洗濯ネットに入れることで衣類が傷つくことを防ぐことができます。そのためデリケートな衣類は洗濯ネットに入れて洗濯しましょう。

セーターなどのデリケートな衣類を洗濯する場合は必ず、洗濯ネットに入れてから洗濯しましょう。装飾がついているものは裏返してから洗濯をします。ボタンのついている物はしっかりととめてから洗濯ネットに入れます。ネットに入れる場合はひとつのネットに1着入れることがポイントです。洗濯ネットは大切な衣類をダメージから守ってくれます。

洗濯ネットを使ってセーターを傷ませずに洗濯機で洗いましょう

セーターやニットなどは縮みが気になるのでクリーニングに出している人も多いですよね。しかし洗濯表示を確認してみると自宅で洗える物も多くあります。そのため洗濯表示を確認しましょう。手洗い可のマークがついていると洗濯機の手洗いコースやドライコースで洗濯することができます。洗濯機が洗ってくれるので簡単にセーターを洗うことが出来ます。

色柄物は必ず色落ちテストを行ってから洗濯をしましょう。洗濯する前に色落ちテストをすると、色落ちする失敗を防ぐことが出来ます。

洗濯機でセーターなどのデリケートな衣類を洗う場合は洗濯ネットを使用します。ネットに入れることで、衣類の摩擦を防ぐことが出来ます。衣類の動きが少ないと縮みの発生が起こりにくくなります。洗濯ネットはセーターの大きさにあった物を使いましょう。

洗濯機で洗う場合はおしゃれ着用洗剤を使います。手洗いコースやドライコースを選択し洗濯を開始します。洗濯が終わったらすぐに取り出し形を整えて干しましょう。

セーターが縮むのを防ぐ洗い方のコツと注意点

セーターやニットを自宅で洗う場合コツをしっかり掴んでおくと、洗濯機でも縮むことなく洗うことができます。

まずいつも使用している洗剤は使わないようにします。普通の洗剤でデリケートな衣類を洗濯すると繊維がゴワゴワになり縮んでしまいます。洗剤はおしゃれ着洗い専用の物を使うようにしましょう。

気になる汚れはあらかじめ処理しておきましょう。特に襟元や袖口は汚れやすいので下処理をしておきましょう。おしゃれ着洗い用の洗剤を汚れている部分につけて、キャップの裏などでトントンと叩き洗剤を染み込ませておきます。その後汚れている部分が表面になるように畳み洗濯ネットに入れます。

デリケートな衣類を洗う場合は水道水で洗います。洗濯機のコース選択は手洗いコースやドライコースにしましょう。脱水時間は短めに設定するか、脱水1分後に停止させると衣類の型崩れを防ぐことができます。柔軟剤を使うとふわふわに仕上がり、静電気防止にもなります。

セーターを洗った後は正しく干して型くずれを防止しましょう

セーターなどのデリケートな洋服を洗った後は、正しく干しましょう。いつも使用してるハンガーにかけてしまうと、肩の部分にハンガーの跡がついてしまったり、袖や裾が伸びてしまいます。そして水分を含んでいるので重みで伸びてしまうこともあります。

セーターやニットを干すときのポイントは、形を整え平干しにする、日陰に干すことです。セーターは形が崩れやすいので、形を整えて平干しします。平干し用ネットがない場合は、ピンチハンガーの上に干したり、ハンガーを3本使用する方法もあります。

ピンチハンガーは裏側も風の通りがいいのでおすすめです。ハンガーを使用する場合は1本は普通に身ごろに1本、袖に1本、胴体の部分に1本使い持ち上げて干すようにします。このように干すと型崩れするのを防ぐことができます。そして風通しのいい日陰に干すことをおすすめします。