セーターは洗濯機で洗剤と洗うコースに注意すれば自分で洗える

セーターは洗濯機で洗うときも洗剤は使います。初めてセーターを自分で洗濯機で洗濯しようとするなら、洗剤はいつもの洗濯に使っている洗剤ではいけません。セーターはデリケートな素材なので、それに合う洗剤を選ばなければならないのです。

ここでは、大切なセーターを失敗せずに洗濯機を使って洗うために、セーターの洗濯時に使う洗剤や洗い方、洗濯機で洗うときの柔軟剤の使い方や気になる汚れがある場合の対処法などお伝えしていきましょう。

これを読めば、セーターを洗濯機で簡単に安心して洗うことができますよ。セーターが洗濯機で洗えるようになれば、洗濯が手軽にできるので、大切なセーターもいつも綺麗に清潔にしておくことができますね。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニットを洗濯したら干し方のコツや工夫で型崩れもなし

ニットの洗濯は干し方がポイントになります。ニットを自分で洗濯したけど、型崩れしたり伸びてしまった...

ニットを洗濯しても毛玉にならない対処法!コツについて

ニットを洗濯すると毛玉ができてしまった経験はありませんか?ニットを洗濯によって毛玉ができやすい素材の...

ニットの袖が洗濯で伸びた場合の対処法と防止策について

ニットは、洗濯機で自分で洗うことはダメだとわかってはいてもつい洗ってしまうという人も多いのではないで...

ニットは洗濯機ならネットを使う理由や安心して洗うコツ

ニットは洗濯機ならネットに入れてから洗うと失敗を防ぐことができます。洗濯ネットに入れたら、汚れは落ち...

毛玉を防止する方法!ニットにできないように自分でできること

ニットは着てくうちに気がつくと毛玉ができてしまいますよね。お気に入りのニットは毛玉ができないよう...

ニットを洗濯機のドライコースで洗っても失敗しない方法

ニットは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも気軽に洗うことができます。ただし、ニットは水や摩擦に...

ニットは洗濯機の脱水方法のコツで簡単に上手に仕上げよう

ニットは洗濯機で脱水をかけることもできます。ただし、ニットを洗って洗濯機で脱水するときは、その時...

ニットの洗濯で縮むのを防ぐ方法と簡単に元に戻す直し方

ニットを洗濯すると縮むことがありますが、それはニットの繊維が洗剤や水と絡まり合ったことが原因なのです...

セーターの洗濯や干し方のコツ、伸びない型崩れしない方法

セーターは洗濯したら干し方に注意しなければなりません。セーターの干し方に気をつけないと、伸びてしまっ...

セーターが洗濯で縮むのを防ぐ洗い方のコツと元に戻す方法

セーターは洗濯によって縮むことがありますので、自分で洗濯するときには洗い方に注意しなければなりません...

ニットは洗濯機か手洗いか洗い方のコツや失敗しないための注意点

ニットを洗濯機で洗うか手洗いで洗うかお悩みのあなた。ニットはデリケートな素材のものが多いので、手洗い...

ニットの洗濯頻度の目安やタイミングと長く大切に着るコツ

ニットの洗濯頻度については、着用回数や汚れ方などによって違います。自分でニットを洗濯するなら、その洗...

セーターを洗濯機で縮むのを防ぐ洗い方と自分でできる戻し方

セーターを洗濯機で縮むのを防いで洗うには、事前の確認やひと手間が必要です。それさえ守れば、自宅の洗濯...

ニットを洗濯機で洗うときのコースとは?ニットの洗い方

ニットやセーターを洗濯機で洗うときにはどのコースで洗えばいいのでしょうか?いつもクリーニング...

ニットの洗濯は洗剤の選び方や使い方のコツで失敗せずに洗える

ニットを洗濯するときは洗剤の選び方に注意しなければなりません。ニットの洗濯に適した洗剤を使って、しっ...

スポンサーリンク

セーターを洗濯機で洗うときは中性洗剤を使いましょう

セーターを洗濯機で洗う場合に気をつけたいのが、縮みといったトラブルと、ふんわりと洗いあげるコツです。

セーターを他の衣類と同じように洗ってしまうと、縮んでしまう他にも、色あせを起こしたり、ごわついてしまう場合があります。

セーターを洗濯機で洗濯するときに、ダメージを与えないように洗うには、洗剤に注意をする必要があります。

普通の洗濯洗剤は、汚れを落とすためにアルカリ性の洗剤です。アルカリ性の洗剤は、皮脂の汚れや食べこぼしなどの汚れを落とす効果があります。
しかし、セーターのようなデリケートな素材にアルカリ性の洗剤を使ってしまうと、素材にダメージを与えてしまいます。

セーターを洗う時に使う場合は、中性洗剤を使って洗います。
中性洗剤はおしゃれ着洗い用として販売されている洗剤です。代表的な洗剤にエマールやアクロンなどがあります。
他にもドライマーク用洗剤やデリケートウォッシュなどとして販売されている洗剤もあります。アルカリ性の洗濯洗剤よりも優しくできていますので、肌の弱い人や赤ちゃんの衣類にもオススメです。

セーターの洗濯は洗濯ネットとおしゃれ着用洗剤でOK

実際に洗濯機でセーターを洗っていきましょう。

【用意するもの】

  • おしゃれ着用の中性洗剤
  • 洗濯ネット
  • 必要に応じて柔軟剤

【洗い方】

  1. 洗濯ネットにセーターを畳んでから入れます。ボタンなどがある場合はとめておいてください。
    気になる汚れがある場合は、汚れの部分を表面にくるようにしてネットに入れます。
  2. 洗濯機の洗い方のコースは、ドライコースや手洗いコースなどを選んでください。
  3. おしゃれ着用の中性洗剤、柔軟剤を入れます。
  4. 干す時は、形を整えてから平干しをします。直射日光が当たらないように、日陰で陰干しをするようにしてください。

セーターを洗濯機で洗うなら柔軟剤は投入口に

洗濯機でセーターを洗う場合は、中性洗剤と一緒に柔軟剤を使うことをオススメします。柔軟剤を使うことで、セーターをふんわりと柔らかく仕上げることができます。

また、柔軟剤は香りつきのものが多いので、お好みの香りのものを見つけると良いです。香りが苦手な方の場合は、無香料のものか香りが強くないものを気をつけて選んでください。

柔軟剤を使うときは、全自動洗濯機の場合は洗剤を入れるときと同時に、柔軟剤も投入口にセットしてください。
洗剤と一緒に入れてしまうと汚れを落とす効果が少なくなってしまいますので、柔軟剤用の投入口に入れてください。

全自動ではない場合は、柔軟剤はすすぎの時に入れます。

セーターを洗う時は、洗濯機に詰め込みすぎないようにしましょう。衣類にダメージを与えてしまいますし、汚れも落ちにくくなります。

気になる汚れがあれば洗剤の原液を直接つけよう

洗濯機のドライコースや手洗いコースは、洗濯物をやさしく洗うようにできているため、ひどい汚れがある場合は完全に落ちていない場合があります。

洗濯をする前に汚れやシミがないかどうか確認しておきましょう。
気になる汚れには、使用する中性洗剤の原液を直接シミや汚れの部分につけておきます。指で洗剤をなじませておくようにすると良いです。

色柄もののセーターの場合は、洗剤で色落ちを起こしてしまわないかどうかも確認しておくと良いです。セーター目立たない部分、裏側などに使用する洗剤の原液を少しだけつけたら、数分おいてみてください。白いタオルで抑えてみて、タオルに色がついてしまわないかどうかを見て、色落ちをチェックします。

セーターを洗濯機で洗うときはやさしいモードで

セーターを洗うときのポイントは、ダメージを与えないようにやさしく洗うことです。洗濯機のドライコースや手洗いコースを使い、洗剤もアルカリ性の洗濯洗剤とは、別のおしゃれ着洗い用の中性洗剤を使います。

洗濯機で洗うときは必ず、洗濯ネットに入れてから洗うようにしましょう。
セーターが何枚もある場合は、洗濯機に詰め込み過ぎないことも大切です。
十分な数量でゆったりと洗えるようにしましょう。

洗い終えたら、形を整えてから、日陰で平干しをします。

洗濯機を使うことが心配な場合は、手洗いをすることをオススメします。
たらいなどに水をため、おしゃれ着用の中性洗剤を溶かしたら、セーターを上からやさしく押し洗しします。
すすぐときは、セーターをやさしく水の中で泳がせるようにしてすすぎます。何度か水をかえて、しっかりとすすぐようにしてください。

自分で洗うことが心配な場合は、無理をしないでクリーニングに出すようにしましょう。洗濯表示を確認することも大切です。
洗濯表示で洗濯マークにバツ印がついている場合は、洗濯機を使って洗うことはできません。その場合はクリーニングに出すようにしてください。

お気に入りのセーターをふんわりと長持ちさせるためにも、洗濯機で洗う場合は洗剤に気をつけて、やさしく洗うようにしてくださいね。