ニットは洗濯機の脱水方法のコツで簡単に上手に仕上げよう

ニットは洗濯機で脱水をかけることもできます。
ただし、ニットを洗って洗濯機で脱水するときは、その時間やかけかたに注意する必要があります。

そこで、ここではニットを上手に自宅で洗濯する方法について、洗濯機でニットを洗う方法や脱水するときのポイント、ニットを洗濯機の脱水にかける時間の目安やニットを手洗いした後の洗濯機を使った脱水方法、洗濯をうまく仕上げる脱水のコツなどお伝えしていきましょう。

これで、ニットを自宅でも失敗せずに洗濯することができますし、脱水についても迷いません。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニットの洗濯は洗剤の選び方や使い方のコツで失敗せずに洗える

ニットを洗濯するときは洗剤の選び方に注意しなければなりません。ニットの洗濯に適した洗剤を使って、しっ...

セーターを洗濯機で縮むのを防ぐ洗い方と自分でできる戻し方

セーターを洗濯機で縮むのを防いで洗うには、事前の確認やひと手間が必要です。それさえ守れば、自宅の洗濯...

ニットを洗濯しても毛玉にならない対処法!コツについて

ニットを洗濯すると毛玉ができてしまった経験はありませんか?ニットを洗濯によって毛玉ができやすい素材の...

ニットを洗濯機のドライコースで洗っても失敗しない方法

ニットは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも気軽に洗うことができます。ただし、ニットは水や摩擦に...

ニットの洗濯で縮むのを防ぐ方法と簡単に元に戻す直し方

ニットを洗濯すると縮むことがありますが、それはニットの繊維が洗剤や水と絡まり合ったことが原因なのです...

セーターが洗濯で縮むのを防ぐ洗い方のコツと元に戻す方法

セーターは洗濯によって縮むことがありますので、自分で洗濯するときには洗い方に注意しなければなりません...

ニットの袖が洗濯で伸びた場合の対処法と防止策について

ニットは、洗濯機で自分で洗うことはダメだとわかってはいてもつい洗ってしまうという人も多いのではないで...

毛玉を防止する方法!ニットにできないように自分でできること

ニットは着てくうちに気がつくと毛玉ができてしまいますよね。お気に入りのニットは毛玉ができないよう...

ニットは洗濯機か手洗いか洗い方のコツや失敗しないための注意点

ニットを洗濯機で洗うか手洗いで洗うかお悩みのあなた。ニットはデリケートな素材のものが多いので、手洗い...

セーターを洗濯機でネットの活用と効果で縮ませずに洗うコツ

セーターは洗濯機でも洗濯ネットに入れれば洗うことができます。そのセーターに合わせた洗濯ネットを選...

セーターが洗濯で伸びたときに元に戻す対処法と正しい洗い方

セーターを洗濯したら伸びたという経験はありませんか?セーターは洗濯や乾燥によって伸びやすい衣類なので...

ニットを洗濯したら干し方のコツや工夫で型崩れもなし

ニットの洗濯は干し方がポイントになります。ニットを自分で洗濯したけど、型崩れしたり伸びてしまった...

セーターを洗濯機で洗う時のコツ!失敗しない洗い方や注意点

洗濯機を使ってセーターを洗う時注意しなければならないポイントがあります。洗濯機を使って上手にセーター...

ニットの洗濯方法について。洗濯機を使った洗い方のコツと注意点

ニットの洗濯方法は洗濯機を使っても洗うことができます。ただし、洗濯機でニットを洗う場合は洗濯方法の手...

セーターは洗濯機のコースを選べば自宅でも簡単にキレイに洗える

セーターは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも洗うことができます。ただし、事前の準備や干し方に気をつ...

スポンサーリンク

ニットは洗濯機で簡単に洗って脱水もできる

寒い季節になると活躍するのがニットです。ニットは洗濯するときに手間がかかってしまいます。そのため、クリーニングに出す人も多いのではありませんか?クリーニングに出すと仕上がりまでに時間もかかりますし、料金も思っている以上にかかってしまいます。自宅で洗うことが出来るニットなら費用も安く抑えることができます。自分の持っているニットが自宅で洗えるかどうか確認してみましょう。

  1. 洗濯表示を確認し、洗濯機マークや手洗いマークがついていると自宅で洗うことができます。
  2. 袖口などにシミや汚れがないか確認します。
    汚れがある場合は前処理をします。
    おしゃれ着洗剤をつけて、洗濯ブラシなどで軽く叩きます。
  3. ネットに入れる
    汚れている部分を外側にするようにしてたたみ洗濯ネットに入れます。
  4. 洗濯
    洗濯機の手洗いコースやドライコースを選びおしゃれ着の洗剤を入れて洗濯をします。
    柔軟剤を入れることで、ふんわりした仕上がりになります
  5. 干す
    脱水後はすぐに取り出し陰干しします。型崩れしないように平干しすることをおすすめします。

ニットを洗濯機で脱水するときは短時間がポイント

ニットは自宅で洗濯が出来る物も多くなりました。
ニットを洗濯機で洗う場合は脱水時間に気をつけるようにしましょう。
脱水は衣類への負担が大きいです。洗濯槽を早く回転させ遠心力で水気を切るので衣類へかなりの負担がかかっています。
強い力がかかってしまうと、生地が伸びてしまいます。
ニットはデリケートなので雰囲気が変わってしまうこともあります。

そのため洗濯機で脱水する場合は、短時間で終わらせるようにします。
ニットを入れて脱水をスタートさせます。30秒程で停止させます。
脱水をかけすぎると余分なシワが出来てしまいます。脱水時間は短時間にすることがポイントになります。

ニットを洗濯機の脱水にかける時間の目安について

普段洗濯する場合は脱水時間をあまり気にすることがありません。
しかし、生地が伸びてしまったりシワになりやすい衣類は、脱水時間を気をつけるようにしましょう。

ウールのニットなど生地が伸びやすい衣類は脱水に注意しましょう。
30秒~1分の短時間で脱水を終わらせるようにしましょう。
水滴が滴らない状態だと大丈夫です。脱水は長くかけてしまうと生地への負担が大きくなりますので、早めに洗濯機から取り出しましょう。ゆるく編まれたニットは、形を整えてバスタオルではさみ、脱水させましょう。

ニットを手洗いした後の洗濯機を使った脱水方法

お気に入りのニットは長く着たいですよね。長く着るためには洗い方が大切になります。ニットは洗濯表示に従い洗いましょう。

  1. 手洗いマークがある場合は手洗いします。
    事前に汚れやシミの確認をして、汚れがある場合は前処理をします。
    シミや汚れている部分に中性洗剤をつけて汚れを洗濯ブラシなどで軽く叩きます。
  2. 洗濯桶にぬるま湯とおしゃれ着洗剤を入れ液剤を作りその中にニットを入れ、手洗いします。
    ゆっくり20回程度押し洗いします。手の平で押すイメージで洗います。
    絶対にこすったり、揉んだりはしないようにしましょう。
  3. 洗いが終わったらすすぎをします。
    泡が完全になくなるまですすぎをします。
    すすぎが終わったら水を交換し、柔軟剤を溶かします。柔軟剤がまんべんなく行き渡るようにかき混ぜ5分程待ちます。
    デリケートな素材のニットには必ず柔軟剤を使用しましょう。柔軟剤には防臭効果や、静電気防止効果が期待することが出来ます。
  4. 脱水は出来るだけニットに負担が少ないようにします。
    デリケートな服を脱水機にかける場合は洗濯ネットを使用しましょう。
    脱水の回転による型くずれやシワの防止をしてくれます。
    洗濯機の脱水を使用する場合は止めるタイミングを自分で決めます。30秒程度で停止させましょう。

ニットは脱水のコツを掴んで上手に洗濯しましょう

ニットは暖かくかわいい物がたくさんあるので着る機会も多いです。しかし洗濯はどのようにしていますか?自分で洗濯をすると失敗してしまう可能性もあるのでクリーニングに出している人も多いです。クリーニングに出すとお金もかかってしまいますよね。コツを掴むと自宅でも洗濯することが出来るので節約にも繋がります。

洗濯するためにはニットの洗濯表示を確認します。自宅で洗うことが出来ないニットはクリーニングに出しましょう。

洗濯用ネットに入れる場合は、畳んだニットより少し小さなネットに入れると型崩れや、生地の傷みなどを抑えることができます。

脱水は水がしたたらない程度水分が取れると十分です。途中で停止させて取り出すようにしましょう。長く脱水をかけすぎると生地が傷んでしまう原因にもなります。

ニットは干すときにもポイントがあります。水を含んでいるので伸びやすくなっています。ハンガーに吊るしてしまうと重みで伸びてしまうので、ニットを干す場合は平干しにしましょう。平干し用のアイテムを持っていない場合は、ハンガーを3本使用して干しましょう。袖やウエスト周りもハンガーにかけることでニットが伸びるのを防ぎます。コツを掴んで自宅で上手に洗濯をしましょう。