セーターを洗濯するべき頻度やすぐに洗えなくてもできるケア方法

セーターの洗濯頻度はその人の使用頻度やそのセーターの素材によっても違うでしょう。セーターの洗濯はいつも洗濯機で簡単に洗っている衣類に比べると手間がかかるので、洗濯をするのが面倒になってしまいがちです。

そこで、セーターを洗濯するべき頻度やすぐに洗えなくてもできるケア方法について、セーターを洗濯する頻度の目安やセーターを洗濯するべきタイミング、あまり洗濯できないときにできるセーターのケア方法やセーターを自宅で簡単に洗濯するときのポイントなどお伝えしていきます。

これで、セーターの洗濯するタイミングにも悩まずに、自宅でも簡単にセーターを洗うこともできるでしょう。あまり洗濯ができなくても、しっかりケアをしておけば安心です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニットは洗濯機の脱水方法のコツで簡単に上手に仕上げよう

ニットは洗濯機で脱水をかけることもできます。ただし、ニットを洗って洗濯機で脱水するときは、その時...

ニットを洗濯したら干し方のコツや工夫で型崩れもなし

ニットの洗濯は干し方がポイントになります。ニットを自分で洗濯したけど、型崩れしたり伸びてしまった...

ニットは洗濯機ならネットを使う理由や安心して洗うコツ

ニットは洗濯機ならネットに入れてから洗うと失敗を防ぐことができます。洗濯ネットに入れたら、汚れは落ち...

ニットの洗濯方法について。洗濯機を使った洗い方のコツと注意点

ニットの洗濯方法は洗濯機を使っても洗うことができます。ただし、洗濯機でニットを洗う場合は洗濯方法の手...

ニットを洗濯機のドライコースで洗っても失敗しない方法

ニットは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも気軽に洗うことができます。ただし、ニットは水や摩擦に...

ニットの洗濯は洗剤の選び方や使い方のコツで失敗せずに洗える

ニットを洗濯するときは洗剤の選び方に注意しなければなりません。ニットの洗濯に適した洗剤を使って、しっ...

セーターの洗濯や干し方のコツ、伸びない型崩れしない方法

セーターは洗濯したら干し方に注意しなければなりません。セーターの干し方に気をつけないと、伸びてしまっ...

セーターが洗濯で縮むのを防ぐ洗い方のコツと元に戻す方法

セーターは洗濯によって縮むことがありますので、自分で洗濯するときには洗い方に注意しなければなりません...

毛玉を防止する方法!ニットにできないように自分でできること

ニットは着てくうちに気がつくと毛玉ができてしまいますよね。お気に入りのニットは毛玉ができないよう...

ニットは洗濯機か手洗いか洗い方のコツや失敗しないための注意点

ニットを洗濯機で洗うか手洗いで洗うかお悩みのあなた。ニットはデリケートな素材のものが多いので、手洗い...

セーターが洗濯で伸びたときに元に戻す対処法と正しい洗い方

セーターを洗濯したら伸びたという経験はありませんか?セーターは洗濯や乾燥によって伸びやすい衣類なので...

ニットの袖が洗濯で伸びた場合の対処法と防止策について

ニットは、洗濯機で自分で洗うことはダメだとわかってはいてもつい洗ってしまうという人も多いのではないで...

セーターを洗濯機のドライコースで失敗せずに洗うコツや注意点

セーターは洗濯機のドライコースでも条件が揃えば、洗うことが可能です。洗濯機のドライコースを上手に...

セーターを洗濯機で洗う時のコツ!失敗しない洗い方や注意点

洗濯機を使ってセーターを洗う時注意しなければならないポイントがあります。洗濯機を使って上手にセーター...

ニットを洗濯機で洗う場合の注意点と洗い方について徹底解説

お気に入りのニットのセーターなどは、自分で洗うと失敗しそうなのでクリーニング店に出しているという人も...

スポンサーリンク

セーターを洗濯する頻度の目安とは

寒い季節になるとセーターを着る機会が多くなりますよね。しかしセーターはどのくらいの頻度で洗えば良いのか悩んでしまうことがありませんか?

1度着ただけで洗濯するのは躊躇してしまいます。では何回着てから洗うのがいいのでしょうか。セーターの洗濯する頻度の目安について紹介します。

セーターは防寒目的の衣類なので、保温性の高い毛がメインで、その他アクリルや綿、麻などの天然繊維や化学繊維で出来ているものが多いです。

セーターの洗濯の頻度は人それぞれです

洗うタイミングの目安にするのは、セーターの汚れ具合や臭いが気になったら洗うようにしましょう。

セーターを頻繁に洗うと

生地が縮んでしまったり、洗い方や干し方によっては伸びてしまう、毛玉ができやすくなるなどのセーターの風合いを損ねる可能性があります。お気に入りのセーターを長く着るためには頻繁に洗わないようにした方がいいのです。

セーターの洗濯頻度に悩んだら確認すること

セーターの洗濯頻度は着る回数ではなく、着心地で決めるのも洗濯の判断の基準になります。

セーターは中にインナーを着ていても、襟元や袖口は肌に触れるので皮脂が付きやすくなります

そのため汚れが目立つようになったり肌触りが悪くなったと感じたら洗うようにしましょう。また汗は時間が経つと酸化するので、臭いの原因になります。

洗濯をせずに続けると黄ばみの原因になるので注意

セーターについてしまった汚れで判断するのも1つの方法です。暖房がきき過ぎている部屋では汗をかいてしまうこともあります。そうすると皮脂や汗が多くセーターについてしまっているのですぐに洗濯をすることをおすすめします。

セーターの洗濯頻度が少ないときにするべきケア方法

セーターには水洗い出来るものと出来ない物があります。水洗いが出来ないとクリーニングに出すしか方法がありませんが、着るたびにクリーニングに出すと仕上がりまでに日数もかかりますし、料金もかかってしまいます。クリーニングに出す頻度を少なくするためには方法があるのでしょうか。

セーターは汚れがつきにくいが着用すると汚れは溜まるので、着用後は必ずケアすることが長持ちの秘訣

ニットやセーターなどのデリケートな衣類につく汚れは、内側と外側の汚れがあります。

内側の汚れは、汗や皮脂汚れです。そんなにひどい汚れではないので脱いだ後干し乾かしましょう。外側の汚れは埃です。埃は表面についているので洋服ブラシなどでブラッシングすると綺麗に落とすことができますし、毛並みも整えることができます。

又拭き洗いという方法もあります。綺麗なタオルに水で薄めたおしゃれ着洗い用の洗剤を染み込ませ、汚れやすい脇下や襟元、袖口などを優しく拭きます。その後水で濡らしたタオルで拭き風通しのいい場所でしっかり乾かします。

お気に入りのセーターは頻繁に着る機会が多くなりますが、着用回数が多くなるとセーターも傷みます。毛玉ができやすくなったり、肘などが薄くなることもあるので、1度着たら1回休ませて長く着るようにしましょう。

セーターを自宅で簡単に洗濯するときのポイント

セーターやニットはどのように洗濯をしていますか?クリーニングに出すとお金もかかってしまうので経済的に負担になってしまいます。しかし自宅でも洗濯ができるセーターやニットもあります。そのため洗濯表示の確認をしてみましょう。洗濯機マークや手洗いマークがあると自宅で洗濯することができます。

手洗いは大変ですが、洗濯機を使うと簡単にセーターやニットを洗うことが出来ます。

セーターなどのデリケートな衣類はハンガーにかけて干してしまうと水分を多く含んでいるので重みで伸びてしまいます。そのため平干ししましょう。平干しすることで型くずれ防止になります。また風通しのいい日陰に干しましょう。日光に当ててしまうと黄ばみや色あせの原因になります。

セーターの洗濯ができないときでもしっかりケアすれば安心

セーターは着るたびに洗濯すると傷みの原因になりので、お気に入りの物を長く着る場合はしっかりとケアするようにしましょう。

セーターのちょっとしたお手入れ

洗濯の回数を少なくすることが出来ます。

消臭スプレーをする

食事をしたりすると臭いがついてしまうこともあります。そのため消臭スプレーをすると臭いが気にならなくなります。脱いだ後スプレーをして、干すと臭いがスッキリ取れます。

干す

一度着たセーターは汗で湿気を含んでいます。そのためクローゼットにしまう前に一晩干してからしまうようにしましょう。ソファーにかけておくだけも湿気を取ることが出来ます。

休ませる

お気に入りの洋服は毎日でも着たいですが、毎日着ていると劣化も早くなります。1度着たら何日か休ませてから着るようにしましょう。

ブラッシングする

ブラッシングすると埃を取り除くことができ、毛並みを整えることで風合いがよく見えるようになります。ブラッシングの基本はこすらずに払うようにしましょう。