ニットを洗濯機で洗うときのコースとは?ニットの洗い方

ニットやセーターを洗濯機で洗うときにはどのコースで洗えばいいのでしょうか?

いつもクリーニングに出しているニットを家で洗えたら便利ですよね。普通コースではなくニット専用コースで洗うことができる洗濯機を使わないのはもったいないです。

そんな便利なコースの使い方、ニットの洗い方とは?ニットを洗うときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セーターを洗濯機でネットの活用と効果で縮ませずに洗うコツ

セーターは洗濯機でも洗濯ネットに入れれば洗うことができます。そのセーターに合わせた洗濯ネットを選...

ニットは洗濯機か手洗いか洗い方のコツや失敗しないための注意点

ニットを洗濯機で洗うか手洗いで洗うかお悩みのあなた。ニットはデリケートな素材のものが多いので、手洗い...

ニットを洗濯しても毛玉にならない対処法!コツについて

ニットを洗濯すると毛玉ができてしまった経験はありませんか?ニットを洗濯によって毛玉ができやすい素材の...

ニットの洗濯頻度の目安やタイミングと長く大切に着るコツ

ニットの洗濯頻度については、着用回数や汚れ方などによって違います。自分でニットを洗濯するなら、その洗...

ニットは洗濯機ならネットを使う理由や安心して洗うコツ

ニットは洗濯機ならネットに入れてから洗うと失敗を防ぐことができます。洗濯ネットに入れたら、汚れは落ち...

ニットを洗濯機で洗う場合の注意点と洗い方について徹底解説

お気に入りのニットのセーターなどは、自分で洗うと失敗しそうなのでクリーニング店に出しているという人も...

ニットを洗濯したら干し方のコツや工夫で型崩れもなし

ニットの洗濯は干し方がポイントになります。ニットを自分で洗濯したけど、型崩れしたり伸びてしまった...

セーターは洗濯機で洗剤と洗うコースに注意すれば自分で洗える

セーターは洗濯機で洗うときも洗剤は使います。初めてセーターを自分で洗濯機で洗濯しようとするなら、洗剤...

セーターを洗濯機で縮むのを防ぐ洗い方と自分でできる戻し方

セーターを洗濯機で縮むのを防いで洗うには、事前の確認やひと手間が必要です。それさえ守れば、自宅の洗濯...

ニットの洗濯は洗剤の選び方や使い方のコツで失敗せずに洗える

ニットを洗濯するときは洗剤の選び方に注意しなければなりません。ニットの洗濯に適した洗剤を使って、しっ...

セーターが洗濯で縮むのを防ぐ洗い方のコツと元に戻す方法

セーターは洗濯によって縮むことがありますので、自分で洗濯するときには洗い方に注意しなければなりません...

ニットの洗濯方法について。洗濯機を使った洗い方のコツと注意点

ニットの洗濯方法は洗濯機を使っても洗うことができます。ただし、洗濯機でニットを洗う場合は洗濯方法の手...

セーターの洗濯や干し方のコツ、伸びない型崩れしない方法

セーターは洗濯したら干し方に注意しなければなりません。セーターの干し方に気をつけないと、伸びてしまっ...

セーターを洗濯するべき頻度やすぐに洗えなくてもできるケア方法

セーターの洗濯頻度はその人の使用頻度やそのセーターの素材によっても違うでしょう。セーターの洗濯はいつ...

セーターが洗濯で伸びたときに元に戻す対処法と正しい洗い方

セーターを洗濯したら伸びたという経験はありませんか?セーターは洗濯や乾燥によって伸びやすい衣類なので...

スポンサーリンク

ニットを洗濯機で洗うときのコースとは

ニットは洗い方が難しいので、自宅で洗濯ができるものでも毎回クリーニングに出しているという人もいるでしょう。ドライクリーニングでは専用の溶剤を使ってシミや汚れを落としていきます。水洗いをしているわけではないので、汗のような汚れは洗濯機の方が効果的であったりもします。洗濯機で洗うことができるニットなら、クリーニングに出さなくても洗い方をちょっと気をつけるだけでトラブルなく、キレイに洗うことができます。

ニットが洗濯機で洗えるかどうかは、ニットについているタグを見てください。

タグには素材の他に洗濯表示があります。
洗濯表示で洗濯機やたらいのマークがあるのなら、自宅で洗濯をすることができます。

ニットを洗濯機で洗う場合は、通常の洗濯で使う標準コースではなく、穏やかな水流で素材を傷めないように洗うコースを選んでください。

お使いの洗濯機のコースの中にドライコースがあると思います。ドライコースは、洗いやすすぎでは弱い水流で回転も静かになり脱水も短く設定されているので、素材を傷めずに洗いあげることができます。

洗濯機のドライコースでニットを洗うときの手順

ニットを洗濯機で洗う場合も他の衣類を洗うときと変わりはありません。洗濯機の中にニットを入れたら、洗剤をセットし、あとはコースを選んで洗濯機にお任せするだけです。
ただ、ニットのようなデリケートな素材を洗う場合は、通常の洗濯とは違う部分がありますので注意してください。

ニットは直接洗濯機の中に入れずに洗濯ネットを使ってください。

ニットを裏返しにしてから軽くたたみ、洗濯ネットに入れます。洗濯ネット1枚につきニットを1枚です。
ニットの汚れが気になる場合は、先にひどい汚れの部分に対処しておきます。気になる汚れの部分に洗剤の原液をつけ、汚れを浮かしておきます。

ニットには通常の洗濯で使う洗剤ではなく、洗濯用の中性洗剤を使ってください。汚れを落とすことが目的の洗剤はアルカリ性の場合が多く、アルカリ性洗剤はニットには強すぎてしまいます。おしゃれ着用の洗剤として販売されている洗剤を用意しておきましょう。
また、ニットには柔軟剤を使うこともおすすめします。柔軟剤は繊維の滑りをよくして静電気を抑えるので毛玉を防ぐことができます。繊維を柔らかくしますので、ニット特有のふんわりとした仕上がりにできます。

ニットを洗うなら洗濯機のコースはドライコースを選んでください。

ドライコースがない場合は手洗いコースなど、通常の洗い方よりも素材にやさしい洗い方をするコースを選んでください。
脱水が終わったら洗濯機の中からすぐに取り出して干してください。

洗濯機でニットを洗えるコースを使うときに気をつけること

洗濯機でデリケートな素材を洗う時に使うコースは洗濯機のメーカーによって名称は違ってきます。ソフトコースや手洗いコース、ドライコースなどです。お使いの洗濯機の取扱説明書に目を通し、どのコースがニットに適しているのかを事前に調べておいてください。このようなやさしく洗うコースは水流も弱くゆったりと動いて素材を傷めずに洗いあげます。ニットの他にもシルク、レーヨンといったデリケートな素材に使うことができます。

ニットを洗う前に、必ず洗濯表示を確認してください。全てのニットが自宅で洗うことができるわけではありません。洗濯表示で洗濯機やたらいのマークがある場合は水洗いができる素材です。

たらいのマークにバツ印がついている場合は自宅で水洗いができません。無理に洗ってしまうとニットが縮んだりよれたりして、最悪の場合、着ることができなくなってしまいます。

ニットを洗濯機で洗った後の干し方

ニットを洗濯した後は、干し方にも注意が必要です。洗濯機のドライコースのようなやさしく洗うコースでは、脱水も軽く設定されている場合が多いです。脱水時間が短いため、洗い終えた後のニットは水分を含んでいて重くなっています。

水分を含んで重たくなったニットをそのままハンガーにかけて干すと、水分の重みでニットが伸びてしまいます。襟元や肩の部分が伸びてしまったり、全体的に縦に長くなってしまう可能性もあります。

ニットをしっかり脱水してしまうと、今度はニットが縮んだり余計なシワを作ったり、型崩れを起こして最悪の場合はもう着ることができなくなってしまいます。ニットの素材に与えるダメージも大きくなってしまうので、すぐに素材が傷んでしまうでしょう。

面倒でもニットの脱水は短めにして、大切なニットならタオルドライをするようにしてください。タオルドライは、バスタオルなどの大きくて厚みのあるタオルでニットをはさんだら軽く押し、ニットの水分をタオルで吸い取ります。

ニットを干す場合は、平らなところで寝かした状態で干す平干しが基本です。

平干し用のネットを用意しておくと便利ですが、平干し用のネットがない場合はバスタオルを何枚か重ねて、その上にニットを寝かせて干しても良いでしょう。
直射日光が届かない日陰で、風通しの良い場所に干してください。

洗濯機で洗うことができないニットやセータは手洗いをしましょう

ニットの洗濯表示が手洗いになっていたり、大切なニットで洗濯機で洗うことに抵抗がある場合は、手洗いをしてください。
手洗いをする場合も中性洗剤や柔軟剤を使うことは同じです。洗濯ネットに入れてから手洗いをすると、より素材へのダメージを抑えることができます。

ニットにシミや黒ずみなど気になる汚れがある場合は、汚れの部分に洗剤の原液をつけておくと、汚れを落としやすくできます。
ニットを軽くたたんだら、洗濯ネットに入れてください。手洗いをするときも洗濯ネットを使うとより素材にやさしく洗うことができます。

洗面器や洗濯桶などに30度くらいのぬるま湯をため、洗剤をよく溶かします。その中にニットを入れたら、やさしい力で押し洗いをしてください。ニットの上から押し、ニットが洗濯液の中に沈んだら浮かせるのを繰り返して、汚れを落としていきます。

きれいなぬるま湯にかえたら、押し洗いと同様にしてすすいでいきます。洗剤が消えるまですすぎ、最後に柔軟剤を加えてください。

最後に洗濯機に入れて軽く30秒程度脱水するか、バスタオルのような大きくて厚みのあるタオルで水分を吸い取ります。干し方にも気をつけてください。

ニットは洗い方が難しく感じるかもしれませんが、コツさえおさえると手軽に上手に洗うことができます。自宅で洗濯ができると、汚れに気がついたらすぐに落とすことができて便利です。大切なニットも状態よく長く着ることができますよ。