セーターは洗濯機のコースを選べば自宅でも簡単にキレイに洗える

セーターは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも洗うことができます。ただし、事前の準備や干し方に気をつけなければ型崩れなどの原因にもなってしまいます。

そこで、セーターを自宅の洗濯機で洗う方法や注意点について、洗濯機のドライコースなら自宅でセーターを洗うことができることや洗濯機のドライコースで洗って失敗しないために事前にやるべきこと、セーターを洗濯機で洗う方法や洗濯機を使っても失敗せずに洗うコツ、さらに洗濯機で洗ったセーターの正しい干し方をお伝えしていきます。

これで、セーターを自宅でも洗濯機で簡単にキレイに洗うことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セーターを洗濯機で洗う時のコツ!失敗しない洗い方や注意点

洗濯機を使ってセーターを洗う時注意しなければならないポイントがあります。洗濯機を使って上手にセーター...

セーターが洗濯で伸びたときに元に戻す対処法と正しい洗い方

セーターを洗濯したら伸びたという経験はありませんか?セーターは洗濯や乾燥によって伸びやすい衣類なので...

ニットを洗濯機のドライコースで洗っても失敗しない方法

ニットは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも気軽に洗うことができます。ただし、ニットは水や摩擦に...

ニットの袖が洗濯で伸びた場合の対処法と防止策について

ニットは、洗濯機で自分で洗うことはダメだとわかってはいてもつい洗ってしまうという人も多いのではないで...

ニットは洗濯機ならネットを使う理由や安心して洗うコツ

ニットは洗濯機ならネットに入れてから洗うと失敗を防ぐことができます。洗濯ネットに入れたら、汚れは落ち...

ニットを洗濯したら干し方のコツや工夫で型崩れもなし

ニットの洗濯は干し方がポイントになります。ニットを自分で洗濯したけど、型崩れしたり伸びてしまった...

セーターを洗濯機で縮むのを防ぐ洗い方と自分でできる戻し方

セーターを洗濯機で縮むのを防いで洗うには、事前の確認やひと手間が必要です。それさえ守れば、自宅の洗濯...

ニットは洗濯機か手洗いか洗い方のコツや失敗しないための注意点

ニットを洗濯機で洗うか手洗いで洗うかお悩みのあなた。ニットはデリケートな素材のものが多いので、手洗い...

セーターを洗濯するべき頻度やすぐに洗えなくてもできるケア方法

セーターの洗濯頻度はその人の使用頻度やそのセーターの素材によっても違うでしょう。セーターの洗濯はいつ...

毛玉を防止する方法!ニットにできないように自分でできること

ニットは着てくうちに気がつくと毛玉ができてしまいますよね。お気に入りのニットは毛玉ができないよう...

ニットの洗濯は洗剤の選び方や使い方のコツで失敗せずに洗える

ニットを洗濯するときは洗剤の選び方に注意しなければなりません。ニットの洗濯に適した洗剤を使って、しっ...

セーターを洗濯機のドライコースで失敗せずに洗うコツや注意点

セーターは洗濯機のドライコースでも条件が揃えば、洗うことが可能です。洗濯機のドライコースを上手に...

セーターの洗濯や干し方のコツ、伸びない型崩れしない方法

セーターは洗濯したら干し方に注意しなければなりません。セーターの干し方に気をつけないと、伸びてしまっ...

セーターは洗濯機で洗剤と洗うコースに注意すれば自分で洗える

セーターは洗濯機で洗うときも洗剤は使います。初めてセーターを自分で洗濯機で洗濯しようとするなら、洗剤...

ニットの洗濯方法について。洗濯機を使った洗い方のコツと注意点

ニットの洗濯方法は洗濯機を使っても洗うことができます。ただし、洗濯機でニットを洗う場合は洗濯方法の手...

スポンサーリンク

セーターを自宅の洗濯機で洗うならドライコースを選びましょう

寒い季節になると着る機会が多くなるセータです。セーターはどのように洗濯をしていますか?洗濯の方法がわからず、クリーニングに出している人も多いはずです。しかし洗濯のコツをしっかりと掴むと自宅の洗濯機でも洗濯することができます。

自宅でセーターを洗濯する場合は、まずセーターに付いている洗濯表示の確認をします。

手洗いマークや洗濯機マークがついていている物は洗うことができる

水洗い不可のマークのあるものは自宅では洗濯することができません。

洗濯機で洗う場合はドライコースを選び洗濯をしましょう。通常のコースを選択して洗ってしまうと、洗濯槽が力強く動いて洗い、たっぷりの水ですすぐ、しっかりと脱水しますので、セーターが縮んでしまったりしてしまう可能性があります。

洗濯機のドライコースとは

洗う力が優しく、脱水の時間も短く設定されていることが多いです。少ない水で洗剤を泡状にして汚れを落としやすく設定されていて、デリケートなセーターも傷めずに汚れを落とすことができます。

洗濯機のメーカーによってはドライコース、手洗いコース、おうちクリーニングなど名前が異なります。

セーターを洗濯機のドライコースで洗う前にやるべきこと

セーターを自宅の洗濯機で洗うことが出来るとクリーニング代の節約にもなります。洗濯表示を確認して、水洗いが出来るセーターは自宅の洗濯機で洗うことが出来ます。

セーターは色あせや型崩れを防止するためにおしゃれ着洗剤で洗う

静電気を防止するために柔軟剤も一緒に使用しましょう。又襟や袖口は汚れやすいので汚れが気になる部分は前処理をします。おしゃれ着洗剤の原液を直接染み込ませ、歯ブラシやキャップの底で軽く叩きます。汚れている部分を外側にして洗濯ネットの大きさに合わせて畳み洗濯ネットに入れます。

洗濯機の手洗いコースやドライコースを選び洗濯をします。

水温は30℃以下に、温度が高いと縮んでしまう

脱水が終わったらすぐに洗濯機から取り出し干します。両手でたたきシワを伸ばします。セーターを干す場合は平干しネットを使用するとセーターの型崩れがしにくくなります。平干し出来ない場合はハンガー3本を使い干すようにしましょう。いつも使用しているハンガーよりも太いものにかけ、胴体の部分と袖の部分にもう1本づつ使用してかけます。

洗濯機のドライコースを選べばセーターは自宅でも洗える

セーターやニットを自宅で洗うと縮んでしまうのが心配でクリーニングに出している人も多いですよね。クリーニングに出すとお金もかかってしまいます。セーターやニットの洗い方のコツをしっかり掴むと自宅でも簡単に洗うことができます。

洗濯表示を確認して洗濯機に入れるだけなので、とても簡単に洗濯することができます。準備するものはおしゃれ着洗剤と洗濯ネットです。

  1. 汚れが気になる部分は前処理をする
    おしゃれ着洗剤汚れている部分に直接つけます。汚れている部分外側になるように畳む。
  2. 洗濯ネットに入れる
    セーターはピッタリあったサイズの洗濯ネットに入れます。
  3. コースを選ぶ
    洗剤はおしゃれ着洗剤と柔軟剤を自動投入口に入れます。柔軟剤を使うと静電気防止にもなりふっくら仕上がります。洗濯のコースは手洗いコースやドライコースなどのコースを選びます。脱水の時間は出来るだけ短く設定しましょう。1分ぐらいで終了するのがおすすめです。

セーターを洗濯機を使っても失敗せずに洗うコツとは

セーターやニットを自宅で洗濯すると気になるのが縮みですよね。自宅の洗濯機を使い洗っても失敗しないポイントを紹介します。

ニットやセーターを洗濯する場合注意しなければいけないことは縮みです。

セーターが縮んでしまう原因は繊維の性質

ウールは水の弱いです。水で洗濯するとウール繊維は固く収縮してしまいます。

洗濯前の乾いたセーターのウール繊維はうころ状のキューティクルは閉じているので絡みにくい状態ですが、水に濡れるとキューティクルが開き、ギザギザしてしまい繊維が深く絡み固く縮んでしまうのです。

縮みを防ぐにはやさしく洗うことがポイントになります。自宅の洗濯機で洗う場合出来るだけやさしく洗うようにしましょう。デリケートな衣類はお湯を使って洗うと繊維が傷むので水道水で洗いましょう。又他の物と一緒には洗濯しないことです。

洗濯機で洗ったセーターは上手に干せば自宅クリーニングも完璧

自宅で洗濯したセーターはシワを防ぐために、脱水が終わったらすぐに取り出しシワを伸ばしてすぐに干しましょう。セーターを干す場合は平らな場所や平干しネットを使用して干すことをおすすめします。平干しすることで、型崩れ防止になります。

セーターを干すときのポイントは、平干しする・日陰に干す・形を整えること

もし平干しが出来ない場合は、ハンバーを3本使い袖口や裾の部分を持ち上げるようにして干しましょう。風通しのいい日陰に干すことがコツになります。