セーターを洗濯機で洗う時のコツ!失敗しない洗い方や注意点

洗濯機を使ってセーターを洗う時注意しなければならないポイントがあります。洗濯機を使って上手にセーターを洗うことができれば、クリーニング代の節約にもなるのでぜひコツを掴みましょう。

ここでは、洗濯機を使ったセーターの正しい洗い方について、洗濯機で洗うときのポイントやセーターを洗濯機で傷めずに洗うコツと注意点、セーターを縮ませないための洗濯後の干し方、さらに失敗して縮んでしまったときの対処法や日頃のお手入れ方法などお伝えしていきます。

これで、セーターを洗濯機で洗っても、失敗せずに洗うことができますし、長くセーターを着ることもできるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニットの洗濯方法について。洗濯機を使った洗い方のコツと注意点

ニットの洗濯方法は洗濯機を使っても洗うことができます。ただし、洗濯機でニットを洗う場合は洗濯方法の手...

ニットは洗濯機ならネットを使う理由や安心して洗うコツ

ニットは洗濯機ならネットに入れてから洗うと失敗を防ぐことができます。洗濯ネットに入れたら、汚れは落ち...

ニットの洗濯頻度の目安やタイミングと長く大切に着るコツ

ニットの洗濯頻度については、着用回数や汚れ方などによって違います。自分でニットを洗濯するなら、その洗...

ニットは洗濯機か手洗いか洗い方のコツや失敗しないための注意点

ニットを洗濯機で洗うか手洗いで洗うかお悩みのあなた。ニットはデリケートな素材のものが多いので、手洗い...

ニットの袖が洗濯で伸びた場合の対処法と防止策について

ニットは、洗濯機で自分で洗うことはダメだとわかってはいてもつい洗ってしまうという人も多いのではないで...

セーターの洗濯や干し方のコツ、伸びない型崩れしない方法

セーターは洗濯したら干し方に注意しなければなりません。セーターの干し方に気をつけないと、伸びてしまっ...

セーターを洗濯機で縮むのを防ぐ洗い方と自分でできる戻し方

セーターを洗濯機で縮むのを防いで洗うには、事前の確認やひと手間が必要です。それさえ守れば、自宅の洗濯...

セーターが洗濯で伸びたときに元に戻す対処法と正しい洗い方

セーターを洗濯したら伸びたという経験はありませんか?セーターは洗濯や乾燥によって伸びやすい衣類なので...

セーターを洗濯するべき頻度やすぐに洗えなくてもできるケア方法

セーターの洗濯頻度はその人の使用頻度やそのセーターの素材によっても違うでしょう。セーターの洗濯はいつ...

ニットを洗濯機のドライコースで洗っても失敗しない方法

ニットは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも気軽に洗うことができます。ただし、ニットは水や摩擦に...

セーターを洗濯機でネットの活用と効果で縮ませずに洗うコツ

セーターは洗濯機でも洗濯ネットに入れれば洗うことができます。そのセーターに合わせた洗濯ネットを選...

ニットを洗濯したら干し方のコツや工夫で型崩れもなし

ニットの洗濯は干し方がポイントになります。ニットを自分で洗濯したけど、型崩れしたり伸びてしまった...

セーターは洗濯機のコースを選べば自宅でも簡単にキレイに洗える

セーターは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも洗うことができます。ただし、事前の準備や干し方に気をつ...

ニットの洗濯で縮むのを防ぐ方法と簡単に元に戻す直し方

ニットを洗濯すると縮むことがありますが、それはニットの繊維が洗剤や水と絡まり合ったことが原因なのです...

ニットを洗濯機で洗う場合の注意点と洗い方について徹底解説

お気に入りのニットのセーターなどは、自分で洗うと失敗しそうなのでクリーニング店に出しているという人も...

スポンサーリンク

洗濯機を使ったセーターの正しい洗い方

寒い季節になるとセーターやニットを着る機会が多くなりますよね。みなさんはセーターを着た後の洗濯はどのようにしていますか?毎回クリーニングに出すと日にちもかかってしまいますし、何より料金もかかってしまいます。自宅で洗うことが出来るセーターならクリーニング代の節約にもなるので、正しい洗い方を紹介します。

まず、自宅の洗濯機で洗うことが出来るセーターなのか確認します。洗うことが出来るセーターなら洗濯機に入れるだけなのでとても楽に洗濯をすることができます。

必要な物は、おしゃれ着洗剤と洗濯ネットです。

  1. 袖や襟などの汚れている部分が外側になるように畳み洗濯ネットに入れます。
  2. 畳んだセーターが洗濯ネットにピッタリになるようにします。
  3. 洗濯機におしゃれ着洗剤を入れて手洗いコース又はドライコースを選び洗濯をします。
  4. 柔軟剤を入れる。柔軟剤には静電気を防止してくれる作用があります。脱水時間が出来るだけ短い時間にしましょう。

セーターを洗濯機で洗うなら洗い方のコツを掴みましょう

セーターやニットの洗濯はどうしていますか?クリーニングに出している人も多いですよね。クリーニングに出すと自宅で洗うより料金が高くなってしまいます。実はセーターは自宅で洗える物も多くなっていることを知っていますか?自宅の洗濯機で洗う場合洗い方のコツさえしっかり掴むと簡単に洗濯をすることができます。

セーターを洗濯する場合、必ずおしゃれ着洗剤を使用しましょう。いつも使っている洗濯洗剤はセーターには強すぎて縮んでしまうこともあるので注意しましょう。必ずおしゃれ着洗剤を使用します。

おしゃれ着洗剤ならデリケート素材のセーターを自宅で洗うことが出来ます。そして洗濯ネットには必ず入れて洗濯をしましょう。

洗濯機で洗う前に、汚れている部分は下処理をしましょう。襟や袖口はとても汚れやすいのでおしゃれ着洗剤の原液を直接塗り、歯ブラシなどで軽く叩いて置きます。その後汚れている部分が表面になるように畳み、洗濯ネットに入れて洗濯機に入れて洗濯をします。型崩れしないように、おしゃれ着コースなどを選択します。洗濯機のメーカーによっては名称が異なります。

洗い方に注意すればセーターは洗濯機でも手軽に洗える

セーターやニットが自宅で洗うことが出来るといいと思うことありますよね。実はセーターやニットは自宅で洗うことが出来る物もあります。洗濯表示をしっかり確認すると洗濯機で洗うことが出来ます。手洗いマークや洗濯機マークがついているものは手軽に洗うことが出来ます。しかしいくつか注意しなければいけないこともあるので洗い方を紹介します。

上記で紹介したように普通の洗剤は使わないこと、ネットに入れることです。又セーターなどのデリケートな素材は繊維が傷んでしまうことがあるのでお湯は使わないようにしましょう。ニットやセーターを洗う場合は必ず水道水で洗いましょう。そしてセーターやニットなど単独で洗うようにしましょう。

一番気をつけたいことは縮みです。セーターの洗濯を失敗させないためには、気に入っているセーターによって洗い方を変えることをおすすめします。普段着るセーターは洗濯機、お出かけ用は手洗いと分けて洗濯することをおすすめします。セーターの取扱には注意しましょう。

セーターを縮ませないためには洗濯後の干し方にも気をつけましょう

セーターを自宅で洗濯する人も多いですよね。洗濯後は正しい干し方をしていますか?きちんと干さないとセーターは型崩れしてしまいます。そのため形を整えて干しましょう。干し方のポイントを紹介します。

セーターは型崩れしやすいので形を整えて日陰に平干しします。ハンガーにかけて干すとハンガーの後がついてしまったり、セーターの重みで伸びてしまうので必ず平干しします。平干し用のネットがない場合は、ハンガー2本を使い、袖や襟が下に垂れないように持ち上げて干します。

セーターを洗濯機で上手に洗えば長く楽しめます

自宅でセーターを洗濯した時に縮んでしまうと着ることが出来ないと思いがちですが、縮んだセーターを元に戻す方法があります。

縮んだセーターを元に戻す方法は2通りあります。

  • アイロンのスチームを使う方法
    蒸気の熱を当てると元に戻すことが出来ます。
  • トリートメントを使う方法
    縮んでしまったセーターは髪がゴワゴワになっている状態と同じなので、ゴワゴワにならないようにトリートメントを使うと元に戻すことができます。トリートメントに含まれるジメチコンという成分が毛糸の絡みを解消させ元に戻りやすくしてくれます。

セーターやニットを長く楽しむためにはお手入れがポイントになります。セーターを着たら1日休ませてあげることと、ブラッシングしてあげることです。セーターを着ると繊維が絡まります。そのままの状態にしておくと更に絡まり毛玉になってしまうのです。着用した後はブラッシングをしてあげることでお気に入りのセーターやニットを長く楽しむことができます。