ニットの洗濯で縮むのを防ぐ方法と簡単に元に戻す直し方

ニットを洗濯すると縮むことがありますが、それはニットの繊維が洗剤や水と絡まり合ったことが原因なのです。
ですから、ニットを縮ませないように洗濯するには正しい洗い方とコツが必要になります。

ここでは、ニットを縮ませないで洗う方法について、ニットを洗濯する前に知っておきたい縮むのを防ぐコツやニットの正しい手洗い方法、洗濯したニットを伸ばさない正しい干し方や洗濯で縮んでしまったニットを元に戻す方法、さらにニットの正しい保管方法をお伝えしていきます。

これで、お気に入りのニットも縮ませずに自宅で洗濯することができるので、クリーニング代の節約にもなりますし、ニットを長持ちさせることもできるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニットは洗濯機か手洗いか洗い方のコツや失敗しないための注意点

ニットを洗濯機で洗うか手洗いで洗うかお悩みのあなた。ニットはデリケートな素材のものが多いので、手洗い...

ニットを洗濯機で洗うときのコースとは?ニットの洗い方

ニットやセーターを洗濯機で洗うときにはどのコースで洗えばいいのでしょうか?いつもクリーニング...

セーターを洗濯機のドライコースで失敗せずに洗うコツや注意点

セーターは洗濯機のドライコースでも条件が揃えば、洗うことが可能です。洗濯機のドライコースを上手に...

セーターを洗濯するべき頻度やすぐに洗えなくてもできるケア方法

セーターの洗濯頻度はその人の使用頻度やそのセーターの素材によっても違うでしょう。セーターの洗濯はいつ...

ニットを洗濯機のドライコースで洗っても失敗しない方法

ニットは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも気軽に洗うことができます。ただし、ニットは水や摩擦に...

毛玉を防止する方法!ニットにできないように自分でできること

ニットは着てくうちに気がつくと毛玉ができてしまいますよね。お気に入りのニットは毛玉ができないよう...

セーターが洗濯で伸びたときに元に戻す対処法と正しい洗い方

セーターを洗濯したら伸びたという経験はありませんか?セーターは洗濯や乾燥によって伸びやすい衣類なので...

セーターは洗濯機のコースを選べば自宅でも簡単にキレイに洗える

セーターは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも洗うことができます。ただし、事前の準備や干し方に気をつ...

ニットを洗濯したら干し方のコツや工夫で型崩れもなし

ニットの洗濯は干し方がポイントになります。ニットを自分で洗濯したけど、型崩れしたり伸びてしまった...

ニットは洗濯機の脱水方法のコツで簡単に上手に仕上げよう

ニットは洗濯機で脱水をかけることもできます。ただし、ニットを洗って洗濯機で脱水するときは、その時...

セーターを洗濯機で縮むのを防ぐ洗い方と自分でできる戻し方

セーターを洗濯機で縮むのを防いで洗うには、事前の確認やひと手間が必要です。それさえ守れば、自宅の洗濯...

ニットを洗濯機で洗う場合の注意点と洗い方について徹底解説

お気に入りのニットのセーターなどは、自分で洗うと失敗しそうなのでクリーニング店に出しているという人も...

セーターを洗濯機で洗う時のコツ!失敗しない洗い方や注意点

洗濯機を使ってセーターを洗う時注意しなければならないポイントがあります。洗濯機を使って上手にセーター...

ニットの洗濯は洗剤の選び方や使い方のコツで失敗せずに洗える

ニットを洗濯するときは洗剤の選び方に注意しなければなりません。ニットの洗濯に適した洗剤を使って、しっ...

ニットの洗濯方法について。洗濯機を使った洗い方のコツと注意点

ニットの洗濯方法は洗濯機を使っても洗うことができます。ただし、洗濯機でニットを洗う場合は洗濯方法の手...

スポンサーリンク

ニットを洗濯する前に知っておきたい縮むのを防ぐコツ

ニットを自宅で洗濯する前に、まずは洗濯表示を確認してください。
ニットのタグに洗濯表示があります。桶のマークや洗濯機のマークが洗い方の表示になりますので、このマークがある場合は自宅で洗濯をすることができます。
桶のマークや洗濯機にマークにバツ印がある場合は、自宅で水洗いをすることができません。
桶のマークや洗濯機のマークは洗濯機を使っても洗うことができますが、桶のマークに手がある場合や手洗イの文字があるときは、洗濯機は使わずに手洗いをします。
ニットはデリケートな素材のため、洗濯機を使って洗える場合でも手洗いをした方が安心です。

ニットを洗うときは水温や洗剤にも気をつけてください。
お湯で洗ってしまうとニットを縮ませてしまいますが、冷たい水で洗うのも良くありません。ニットを洗うときの水温は30℃
以下のぬるま湯で洗うようにしましょう。

洗剤はおしゃれ着洗い用の中性洗剤を使います。通常の洗濯洗剤では洗浄力が強すぎてニットの繊維を傷めてしまいます。ニットもデリケートな素材になりますので、エマールやアクロンのような中性洗剤を使うようにしてください。

すすぎの最後に柔軟剤を使うことをオススメします。柔軟剤は静電気を防ぐ働きがあるので、毛玉にも効果的です。ニット本来のふんわりとした感触に仕上げることができます。

縮むのを防いでニットを洗濯するなら手洗いしましょう

ニットを自宅で洗うときは、ニットの繊維同士が絡まないようにやさしく洗うことが基本です。洗剤や水温にも気をつけて、手洗いをするようにしましょう。

ニットの洗い方

  1. ニットの汚れを確認します。
    気になる汚れがある場合は、使用する中性洗剤の原液を汚れの部分に少しだけつけて、指でなじませておきます。
  2. ニット全体がつかるくらいの洗面器や洗濯桶にぬるま湯をためたら、中性洗剤を溶かして洗濯液を作ります。水温は30℃位になりますので、手を入れたときにぬるいと感じるくらいでちょうど良いです。洗剤の量は、洗剤の容器の裏面を見て確認してください。
  3. ニットを軽くたたんでから、ニット全体を洗濯液の中につけます。
    手のひらでニットの上から軽く押し込み、次に沈んだニットの下に手を入れてニットを浮かせます。押したり浮かせたりを繰り返して押し洗いをします。ゴシゴシと揉んだりこすったりしないように気を付けてください。やさしく洗うことが基本です。
  4. 洗濯液を捨てて、キレイなぬるま湯にかえたら、すすいでいきます。
    すすぐときも洗うときと同様に、ニットの上から手の平で押したり浮かせたりしながらすすぎます。キレイなぬるま湯に何度か代えながら、洗剤の泡がでなくなるまですすいでください。
  5. 最後のすすぎのときに柔軟剤を加えます。
    ニット全体に柔軟剤が行き渡るようにして、1~2分ほどつけておきます。
  6. 洗濯機で軽く脱水します。
    30秒くらいで十分です。脱水が終わったら、シワにならないようにすぐに洗濯機から取り出します。水気が気になる場合はバスタオルなどで吸い取ると良いでしょう。薄めのニットなら洗濯機で脱水をしないで、タオルドライをオススメします。

縮むのを防止して洗濯したニットは伸びない干し方も大事

ニットを手洗いしたら、干し方にも注意が必要です。間違えた干し方をしてしまうと、ニットが型崩れしたり伸びてしまいます。

ニットを干すときは日陰で平干しが基本です。
ハンガーに掛けて干してしまうと、水の重みでニットが伸びてしまいます。また、肩のところにハンガーの跡が残っていまうことも多いです。

洗って脱水を終えたニットは、シワを軽く伸ばして形を整えてから、ニットを寝かせた状態で干します。平干し用のネットなどを用意しておくと良いですが、平干し用のネットが無い場合はバスタオルなどの上に寝かせて干しても良いでしょう。

日光が当たる場所は避けてください。ニットが変色したり色あせを起こしてしまいます。風通しの良い日陰に干してください。

洗濯で縮んでしまったニットを元に戻す方法

どんなに気をつけて洗濯をしても、ニットが縮んでしまうこともあります。そんな場合も焦らないで、ニットの縮みを直す方法を試してみてください。

トリートメントを使う

ニットが縮んでしまうのは繊維に含まれている油分が洗濯時に流れてしまい、繊維同士が絡んでしまっているからです。トリートメントを使うことで失われた油分を補い、繊維の滑りをよくして絡みを元に戻すことができます。

  1. ニット全体がつかるくらいの洗面器や洗濯桶に30℃くらいのぬるま湯を入れたら、トリートメントを溶かします。
  2. ニットをトリートメントを溶かした中につけたまま、やさしく引っ張りながら伸ばしていきます。
  3. 形を整えてから、30分~1時間位つけておきます。
  4. 洗濯機で30秒ほど脱水します。又は、軽く絞ってからバスタオルなどの上に乗せて水気を吸い取ってください。
  5. 形を整えてから。日光が当たらない日陰で平干しをしてください。

アイロンを使う

部分的に縮んだ場合は、アイロンのスチームを使うことも可能です。

  1. アイロン台の上にニットの縮んだ部分を乗せます。
  2. アイロンのスチームだけを縮んだ部分にあてたら、少しずつ伸ばしていきます。アイロンはニットから1センチほど浮かせた状態にして、スチームだけをあてるようにしてください。
  3. やさしい力で軽く引っ張っりながら、スチームを当てたり伸ばしたりを繰り返し元の大きさに戻していきます。

ニットは上手な洗濯と正しいお手入れで楽しみましょう

ニットはデリケートな素材ですので、着用した後のお手入れや保管方法にも気を配りましょう。

着用した後は休ませる

ニットは連日の着用を避け、1度着用した後は数日休ませるようにしてください。
着用した後のニットは汗を含んでいますので、すぐにクローゼットやタンスにしまわずに、一晩干してから片付けます。
ハンガーに掛けてほしてしまうと伸びる恐れがあるニットは、平らなところに広げておいたり椅子の背もたれなどにふんわりと掛けておいても良いでしょう。

洋服ブラシをかける

着用した後は洋服ブラシを使って、ニットについたゴミや髪の毛などを落とします。ニットの繊維にそってブラシをかけて、ニットの毛並みも整えます。

汚れや毛玉にはすぐに対処する

洋服ブラシをかけながら、ニットの汚れ具合などを確認してください。シミがある場合はすぐにしみ抜きをしましょう。汚れは放置すると落としにくくなりますので、見つけたらすぐに対処してください。毛玉があると見た目が悪くなってしまいます。見つけたらこまめに取り除いておきましょう。

ニットを保管する方法

ニットをハンガーに掛けて保管すると、伸びたり型崩れを起こしてしまう場合があります。たたんで保管するときも、あまり細かく折りたたまないようにして、ふんわりと大きめにたたむようにしてください。

洗濯が難しいニットも、正しい洗濯方法がわかれば自宅で気軽に洗うことができますよね。たとえ洗濯で失敗して縮んでしまった場合も、諦めずに元に戻す方法を試してみてください。
正しい洗濯方法と日頃のお手入れで、ぜひ大切なニットを長く楽しむようにしてくださいね。