セーターを洗濯機のドライコースで失敗せずに洗うコツや注意点

セーターは洗濯機のドライコースでも条件が揃えば、洗うことが可能です。
洗濯機のドライコースを上手に使えば、デリケートなセーターもクリーニングに出さずに自分で手軽に洗うことができますよ。
もちろん、失敗しないためのポイントに気を付けて行いましょう。

ここでは、そんなあなたのためにセーターを洗濯機のドライコースで失敗せずに洗う方法について、セーターを洗濯機で洗うときの注意点やセーターを洗濯機で洗う方法、セーターを傷めずに洗濯機で洗うポイントなどお伝えしていきます。

これで、あなたも悩まずに自宅で手軽にセーターを洗濯することができますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニットを洗濯しても毛玉にならない対処法!コツについて

ニットを洗濯すると毛玉ができてしまった経験はありませんか?ニットを洗濯によって毛玉ができやすい素材の...

セーターを洗濯機で縮むのを防ぐ洗い方と自分でできる戻し方

セーターを洗濯機で縮むのを防いで洗うには、事前の確認やひと手間が必要です。それさえ守れば、自宅の洗濯...

セーターの洗濯や干し方のコツ、伸びない型崩れしない方法

セーターは洗濯したら干し方に注意しなければなりません。セーターの干し方に気をつけないと、伸びてしまっ...

ニットを洗濯機で洗う場合の注意点と洗い方について徹底解説

お気に入りのニットのセーターなどは、自分で洗うと失敗しそうなのでクリーニング店に出しているという人も...

ニットは洗濯機ならネットを使う理由や安心して洗うコツ

ニットは洗濯機ならネットに入れてから洗うと失敗を防ぐことができます。洗濯ネットに入れたら、汚れは落ち...

毛玉を防止する方法!ニットにできないように自分でできること

ニットは着てくうちに気がつくと毛玉ができてしまいますよね。お気に入りのニットは毛玉ができないよう...

ニットを洗濯機のドライコースで洗っても失敗しない方法

ニットは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも気軽に洗うことができます。ただし、ニットは水や摩擦に...

セーターを洗濯するべき頻度やすぐに洗えなくてもできるケア方法

セーターの洗濯頻度はその人の使用頻度やそのセーターの素材によっても違うでしょう。セーターの洗濯はいつ...

セーターは洗濯機で洗剤と洗うコースに注意すれば自分で洗える

セーターは洗濯機で洗うときも洗剤は使います。初めてセーターを自分で洗濯機で洗濯しようとするなら、洗剤...

ニットの洗濯で縮むのを防ぐ方法と簡単に元に戻す直し方

ニットを洗濯すると縮むことがありますが、それはニットの繊維が洗剤や水と絡まり合ったことが原因なのです...

セーターが洗濯で縮むのを防ぐ洗い方のコツと元に戻す方法

セーターは洗濯によって縮むことがありますので、自分で洗濯するときには洗い方に注意しなければなりません...

ニットの袖が洗濯で伸びた場合の対処法と防止策について

ニットは、洗濯機で自分で洗うことはダメだとわかってはいてもつい洗ってしまうという人も多いのではないで...

セーターを洗濯機でネットの活用と効果で縮ませずに洗うコツ

セーターは洗濯機でも洗濯ネットに入れれば洗うことができます。そのセーターに合わせた洗濯ネットを選...

セーターを洗濯機で洗う時のコツ!失敗しない洗い方や注意点

洗濯機を使ってセーターを洗う時注意しなければならないポイントがあります。洗濯機を使って上手にセーター...

ニットを洗濯機で洗うときのコースとは?ニットの洗い方

ニットやセーターを洗濯機で洗うときにはどのコースで洗えばいいのでしょうか?いつもクリーニング...

スポンサーリンク

セーターは洗濯機のドライコースでも洗える

セーターは洗い方が難しいので、毎回クリーニングに出しているという方も多いかと思います。セーターのようなデリケートな素材でも、洗濯機のドライコースを使うことで家で、洗濯をすることも可能です。

洗濯機の標準コースは汚れを落とすことに力を入れてあるので、洗う時やすすぎの時も動きは強めですが、ドライコースは洗濯物を優しく丁寧な洗い方をします。標準コースに比べて動きがゆるやかで、手洗いに近い洗い方になりますので、衣類に与えるダメージを抑えることができます。

また、ドライコースのすすぎは衣類同士が絡み合わないように、ゆるやかな水流でほぐしながら洗いますので、衣類同士がすれあって毛玉ができてしまうのを防ぐことができます。

ドライと聞くと、クリーニングのドライクリーニングを思い浮かべることも多いと思いますが、ドライクリーニングは水洗いはしません。石油系の溶剤を使って汚れを落とします。ドライクリーニングは皮脂や化粧品、食用油のような油系の汚れを落とすことに向いています。

セーターを洗濯機で洗うならドライマークの表示を確認してから

セーターを洗うときは、まず洗濯表示を確認してください。洗い方のマークがある場合は家で洗うことができます。
洗い方のマークにバツ印がついている場合は、家での洗濯には向かないのでクリーニングに出すようにしてください。

セーターを洗う時に使う洗剤は、普通の洗濯洗剤は使わずに、デリケート素材用の中性洗剤を使います。おしゃれ着洗い用として販売されているもので、代表的な商品にエマールやアクロンがあります。

洗濯をするときは30℃以下の水を使ってください。お湯で洗ったり、水温が高めだと縮んでしまうことがあります。

洗濯をする前に、シミや汚れをチェックしておきましょう。シミが汚れがひどい部分には洗剤の原液をつけてから指で洗剤をなじませるようにしておくと、汚れを落としやすくできます。

ドライマーク付きのセーターを洗濯機で洗う方法

セーターを洗濯機で洗う方法です。

  1. おしゃれ着洗い用の中性洗剤と洗濯ネットを用意してください。
  2. セーターが色落ちをしてしまわないか確認します。セーターの目立たない部分に洗剤の原液を少量つけて、10分ほどおきます。白い布で洗剤をつけた部分をおさえてみて、色移りがシないかどうかを確認してください。
  3. シミや汚れがある部分には、洗剤を少しだけつけて指で洗剤をなじませておきます。
  4. 軽く畳んでから、洗濯ネットに入れます。この時、気になる汚れがある部分を表面にくるようにすると良いです。
  5. 洗濯機にセーターを入れたら、中性洗剤をセットして、ドライコースを選んで洗います。

柔軟剤を使うこともオススメです。柔軟剤は毛玉ができるのを防ぎ、柔らかくふんわりと仕上がります。
柔軟剤は洗剤を入れる時に、柔軟剤の入口にセットします。

セーターを傷めずに洗濯機で洗うポイント

セーターを洗濯機で洗う際に、少しでもダメージを防ぐためにはいくつかのポイントがあります。

  • 他の衣類と一緒に洗わない
    他にも洗濯物があるからと言って、一緒に洗濯をすることは避けてください。衣服が擦れることで、セーターに毛玉ができやすくなります。セーターのウール素材はデリケートなため、優しく洗うことでダメージを防ぎます。
    また、初めて洗う場合は色移りする場合がありますので、他にも洗いたいセーターがある場合でも、1枚だけで洗うようにします。
  • 中性洗剤を使う
    通常の洗濯をするときに使う洗剤を使ってしまうと、仕上がりがゴワゴワとしたり、縮んでしまう場合があります。デリケート素材用の中性洗剤を使うようにしてください。
  • 柔軟剤も利用する
    柔軟剤は静電気を防いでくれるため、セーターに毛玉ができにくくなります。また、繊維を柔らかくしてくれるので、ふんわりとした仕上がりにできます。
  • キレイな水で洗う
    セーターを洗う時は、お風呂の残り湯はできるだけ使わないようにしてください。お風呂の残り湯には雑菌があることが多いです。
    また、お湯を使うと縮みの原因になりますので、30℃以下の水温で洗うようにしてください。
  • 洗濯ネットに入れる
    セーターは1枚ごとに洗濯ネットに入れてから、洗濯機に入れます。軽くたたみ、気になる汚れがある部分が表面にくるようにして入れます。

シミがある場合は、シミの部分に洗剤をつけておくと、落としやすくできます。

洗濯機で洗えないセーターはプロのお任せするのが一番

セーターも家で洗濯ができると、クリーニングに出す手間や費用を抑えることができますし、気軽に着ることができますよね。

お気に入りのセーターを長持ちさせるためにも、洗濯表示は必ず確認しておきましょう。家で洗うことが出来ない場合はクリーニングに出すようにしてください。

また、お気に入りのセーターで家で洗うことに不安がある場合も、お洗濯のプロのクリーニングにお任せするのが一番です。

クリーニングに出すと、洗濯することで毛玉ができてしまったり、型崩れを起こす心配はありません。
気になるシミがある場合もまた、クリーニング店で相談するのが一番です。
ドライクリーニングは水洗いはしませんので、大切なセーターもダメージを与えることなく、汚れを落としてくれます。

家で洗濯をする場合は、ポイントを抑えて洗うことで、ダメージを少なくして長持ちさせることができます。ぜひ、試してみてください。