ニットを洗濯機のドライコースで洗っても失敗しない方法

ニットは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも気軽に洗うことができます。
ただし、ニットは水や摩擦に弱いので、洗濯機で洗うときには注意したいポイントがあるのです。
お気に入りのニットが縮んでしまったり、毛玉ができてしまわないためにも、失敗しない洗い方をみにつけましょう。

ここでは、ニットを洗濯機のドライコースで洗っても失敗しない方法について、ニットを自宅の洗濯機で洗うことができる条件やニットを上手に洗濯する方法、ドライコースで失敗しないコツや縮まないためのポイントなどお伝えしていきましょう。

これで、自宅でも気軽に洗濯機でニットを洗うことができますし、失敗しないで洗うことができるでしょう。
クリーニング代も節約できますし、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニットの洗濯で縮むのを防ぐ方法と簡単に元に戻す直し方

ニットを洗濯すると縮むことがありますが、それはニットの繊維が洗剤や水と絡まり合ったことが原因なのです...

ニットを洗濯機で洗う場合の注意点と洗い方について徹底解説

お気に入りのニットのセーターなどは、自分で洗うと失敗しそうなのでクリーニング店に出しているという人も...

ニットは洗濯機か手洗いか洗い方のコツや失敗しないための注意点

ニットを洗濯機で洗うか手洗いで洗うかお悩みのあなた。ニットはデリケートな素材のものが多いので、手洗い...

ニットは洗濯機ならネットを使う理由や安心して洗うコツ

ニットは洗濯機ならネットに入れてから洗うと失敗を防ぐことができます。洗濯ネットに入れたら、汚れは落ち...

セーターを洗濯機で縮むのを防ぐ洗い方と自分でできる戻し方

セーターを洗濯機で縮むのを防いで洗うには、事前の確認やひと手間が必要です。それさえ守れば、自宅の洗濯...

セーターが洗濯で縮むのを防ぐ洗い方のコツと元に戻す方法

セーターは洗濯によって縮むことがありますので、自分で洗濯するときには洗い方に注意しなければなりません...

セーターは洗濯機で洗剤と洗うコースに注意すれば自分で洗える

セーターは洗濯機で洗うときも洗剤は使います。初めてセーターを自分で洗濯機で洗濯しようとするなら、洗剤...

ニットを洗濯したら干し方のコツや工夫で型崩れもなし

ニットの洗濯は干し方がポイントになります。ニットを自分で洗濯したけど、型崩れしたり伸びてしまった...

セーターが洗濯で伸びたときに元に戻す対処法と正しい洗い方

セーターを洗濯したら伸びたという経験はありませんか?セーターは洗濯や乾燥によって伸びやすい衣類なので...

セーターを洗濯機で洗う時のコツ!失敗しない洗い方や注意点

洗濯機を使ってセーターを洗う時注意しなければならないポイントがあります。洗濯機を使って上手にセーター...

セーターは洗濯機のコースを選べば自宅でも簡単にキレイに洗える

セーターは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも洗うことができます。ただし、事前の準備や干し方に気をつ...

ニットを洗濯しても毛玉にならない対処法!コツについて

ニットを洗濯すると毛玉ができてしまった経験はありませんか?ニットを洗濯によって毛玉ができやすい素材の...

セーターを洗濯機でネットの活用と効果で縮ませずに洗うコツ

セーターは洗濯機でも洗濯ネットに入れれば洗うことができます。そのセーターに合わせた洗濯ネットを選...

セーターを洗濯機のドライコースで失敗せずに洗うコツや注意点

セーターは洗濯機のドライコースでも条件が揃えば、洗うことが可能です。洗濯機のドライコースを上手に...

ニットの袖が洗濯で伸びた場合の対処法と防止策について

ニットは、洗濯機で自分で洗うことはダメだとわかってはいてもつい洗ってしまうという人も多いのではないで...

スポンサーリンク

ニットは洗濯機のドライコースでも洗える

ニットはデリケートな素材で縮みなどの洗濯トラブルも多いため、必ずクリーニングに出したり、自宅で洗う場合も手洗いをしているという方が多いかと思います。
最近のニットは自宅で洗えるように作られていたり、洗濯機にもニットを洗うことができるコースがあったりと、家庭の洗濯機でニットを洗濯することが可能な場合も多くあります。

ニットを洗濯機で洗えるかどうかは、まずはニットのタグについている洗濯表示を確認してください。
洗濯表示は平成28年12月に変更になりましたが、新しい洗濯表示は桶のマーク、古い洗濯表示は洗濯機のマークがあるものについては、洗濯機で洗うことができます。桶のマークに手があるものや、手洗イという文字がある場合は、家庭で手洗いをすることができます。桶のマークにバツ印がある場合は家庭で水洗いをすることができないため、クリーニングに出すようにしてください。

洗濯機で洗えるニットは、洗濯機のやさしく洗えるコースを使って洗うことができます。通常の洗濯時に使う標準コースは洗い方が強すぎるため、ニットの洗濯には適していません。ニットを洗濯する場合は、デリケートな素材を洗うときのドライコースや手洗いコースを使って洗います。

洗濯機のドライコースや手洗いコースなどは、穏やかな水流で衣類にダメージを与えないようなやさしい洗い方が特徴です。洗う時もすすぎの時も洗濯槽の動きが小さめで、衣類が絡まないようにやさしい水流で手洗いのようにして洗い、脱水も短く設定されています。ニットの他にもデリケートな素材を洗うときに使うことができます。

洗濯機のドライコースを使ってニットを上手に洗濯する方法

ニットが洗濯機で洗えることがわかったら、次に洗濯機で上手に洗濯をする方法をご紹介します。基本的には洗濯機のドライコースにお任せするだけで大丈夫ですが、ちょっとしたポイントがあります。

  1. 洗濯洗剤を用意してください。ウール洗い用の洗剤や、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使います。おしゃれ着洗い用の中性洗剤にはアクロンやエマールなどがあります。
  2. 汚れをチェックします。気になる汚れがある場合は、先に下洗いをしておきましょう。汚れの部分に使用する洗剤を少しだけつけて、指でなじませておきます。
  3. ニットを裏返しにしてから軽くたたみ、洗濯ネットに入れます。
  4. 洗濯機にニットを入れたら、中性洗剤をセットし、ドライコースなどのやさしく洗えるコースを選ぶます。柔軟剤を使うこともオススメします。柔軟剤を使うとふっくらとした仕上がりになり、静電気を抑えてくれます。
  5. 脱水が終わったら、すぐに取り出して、形を整えてから平干しをします。日光が当たらない風通しの良い日陰に干してください。ハンガーは使ってしまうとニットが伸びて型崩れを起こしてしまいますので、必ず平干しをします。

ニットを洗濯機で洗うならドライコースで失敗しないコツ

洗濯トラブルが多いニットも、ちょっとしたコツをおさえておくことで洗濯機でも問題なく洗うことができます。

洗剤に気をつける

ニットを洗うときは中性洗剤を使います。通常の洗濯で使う洗濯洗剤は弱アルカリ性であることが多く、洗浄力が高くなっています。弱アルカリ性の洗剤は汚れを落とす効果はありますが、ニットのようなデリケートな素材には強すぎるため、ダメージを与えかねません。
ニットを洗うときは、ウール素材用の洗剤か、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使ってください。おしゃれ着洗い用の中性洗剤は代表的なものにエマールやアクロンなどがあります。

洗濯ネットを使う

洗濯ネットに入れることで、衣類が絡んで毛玉を作ってしまったり、繊維の傷みを防ぐことができます。
洗濯ネットはちょうど良いサイズのものを使用してください。多きすぎるとネットの中でニットが動いてしまいますし、小さいと洗剤が行き渡らずに汚れを落とすことができなくなります。
ネットに入れるときは、汚れが気になる部分が表面にくるようすると、汚れを落としやすくなります。
ニットを裏返しにして畳んでから、洗濯ネットに入れてください。

気になる汚れには下処理を

ニットを洗う際は洗剤も洗い方もやさしいタイプを選んでいますので、通常の洗濯に比べるとどうしても洗浄力が落ちてしまいます。
気になる汚れがある場合は、先に下処理をしておくことで汚れをキレイに落とすことができます。
汚れやシミの部分に使用する洗剤の原液を少量つけ、指でなじませて汚れを浮かせておきます。指で汚れをつまんで落としておくと更に良いでしょう。

水温に気をつける

ニットはお湯で洗うと縮んだり、繊維を傷めてしまうことがあります。ニットを洗うときはお湯は使わないようにして、常温の水か30度以下のぬるま湯で洗うようにしてください。
お風呂の残り湯を使うと雑菌が繊維に付着する可能性がありますので、できるだけ使わないようにしてください。

ニットを洗濯するときは縮まないためにも優しく洗う

ニットを洗濯するときに気をつけたいのが縮みです。ニットが縮んでしまう原因は、洗濯の際に繊維同士が絡みあってしまうことです。ニットの繊維は水を含むと膨らむ性質があります。膨らんだ繊維同士が絡みあったまま乾くことで縮んでしまいます。

ニットを洗濯するときは、絡まないように必ずやさしく洗うコースを選択して、洗濯ネットを使用するようにしてください。ドライコースなどのやさしく洗うコースは衣類が絡み合わないように、穏やかな水流でやさしく洗ってくれます。

また、できれば30度くらいのぬるま湯を使って洗うようにしてください。ニットは40度以上の高温も良くありませんが、冷たい水も苦手な素材です。30度くらいの水温だと洗剤もしっかりと溶けて、洗浄力もアップしますので、キレイに洗い上げる効果があります。

ニットはポイントを抑えて自宅の洗濯機で気軽に洗いましょう

ニットは洗濯のポイントをおさえておくことで、自宅の洗濯機でも上手に洗うことができます。

ニットに嫌なニオイがついてしまった場合や、洗濯で取り切れないニオイがある場合は、液体の酸素系漂白剤を使ってみましょう。
液体の酸素系漂白剤は、色柄物に使える漂白剤です。洗濯の際に中性洗剤にちょっと加えるだけで、嫌なニオイを取ることができます。
塩素系漂白剤を使ってしまうと、色が抜けてしまいますので気を付けてください。

色落ちが心配な場合は、洗濯する前に色落ちをチェックしておきましょう。
ニットの裏側の目立たないところに使用する中性洗剤の原液を少しだけつけておきます。5分ほどおいてから、白い布で洗剤をつけた部分をおさえてみてください。布に色が移っていない場合は色落ちはしません。色落ちがする場合は、他の衣類と一緒に洗うことは避けて単独で洗うか、クリーニングに出すようにしてください。

洗濯ネットを使うと、衣類が絡み合うことを防ぐので毛玉や縮みを抑えることができるほか、型崩れも起こしません。洗濯物の大きさに合ったサイズの洗濯ネットを用意してください。洗濯物1枚につき洗濯ネット1つを使用します。

汚れやシミがある場合は、先に洗剤を汚れの部分になじまえておくと汚れが落としやすくなります。ちょっとした一手間で気になる汚れもスッキリと落とすことができます。

ニットを洗濯機で洗うことができると、手洗いの手間を省いたら、クリーニング代を抑えることができて助かりますよね。
ぜひ、洗い方のポイントをおさえて、ニットを洗濯機で上手に洗ってください。