ニットは洗濯機ならネットを使う理由や安心して洗うコツ

ニットは洗濯機ならネットに入れてから洗うと失敗を防ぐことができます。洗濯ネットに入れたら、汚れは落ちるのかと心配になるかもしれませんが、洗濯ネットに入れて洗うことでニットの洗濯による傷みを防ぐことができるのです。

そこで、ニットを洗濯機で洗うときのコツや方法について、ニットを洗濯機で洗うときに洗濯ネットに入れる理由や洗濯ネットの効果、ニットを洗濯ネットに入れて洗濯機で洗う方法や洗濯ネットの選び方のポイント、ニットを洗濯機で洗うときのポイントなどお伝えしていきます。

これで、自宅の洗濯機を使ってニットを洗うこともできますし、洗濯ネットを選ぶときにも迷わないでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニットは洗濯機の脱水方法のコツで簡単に上手に仕上げよう

ニットは洗濯機で脱水をかけることもできます。ただし、ニットを洗って洗濯機で脱水するときは、その時...

セーターの洗濯や干し方のコツ、伸びない型崩れしない方法

セーターは洗濯したら干し方に注意しなければなりません。セーターの干し方に気をつけないと、伸びてしまっ...

ニットを洗濯したら干し方のコツや工夫で型崩れもなし

ニットの洗濯は干し方がポイントになります。ニットを自分で洗濯したけど、型崩れしたり伸びてしまった...

セーターが洗濯で伸びたときに元に戻す対処法と正しい洗い方

セーターを洗濯したら伸びたという経験はありませんか?セーターは洗濯や乾燥によって伸びやすい衣類なので...

ニットは洗濯機か手洗いか洗い方のコツや失敗しないための注意点

ニットを洗濯機で洗うか手洗いで洗うかお悩みのあなた。ニットはデリケートな素材のものが多いので、手洗い...

ニットの洗濯は洗剤の選び方や使い方のコツで失敗せずに洗える

ニットを洗濯するときは洗剤の選び方に注意しなければなりません。ニットの洗濯に適した洗剤を使って、しっ...

ニットを洗濯しても毛玉にならない対処法!コツについて

ニットを洗濯すると毛玉ができてしまった経験はありませんか?ニットを洗濯によって毛玉ができやすい素材の...

ニットの洗濯で縮むのを防ぐ方法と簡単に元に戻す直し方

ニットを洗濯すると縮むことがありますが、それはニットの繊維が洗剤や水と絡まり合ったことが原因なのです...

セーターが洗濯で縮むのを防ぐ洗い方のコツと元に戻す方法

セーターは洗濯によって縮むことがありますので、自分で洗濯するときには洗い方に注意しなければなりません...

セーターは洗濯機で洗剤と洗うコースに注意すれば自分で洗える

セーターは洗濯機で洗うときも洗剤は使います。初めてセーターを自分で洗濯機で洗濯しようとするなら、洗剤...

セーターを洗濯機で縮むのを防ぐ洗い方と自分でできる戻し方

セーターを洗濯機で縮むのを防いで洗うには、事前の確認やひと手間が必要です。それさえ守れば、自宅の洗濯...

ニットの洗濯頻度の目安やタイミングと長く大切に着るコツ

ニットの洗濯頻度については、着用回数や汚れ方などによって違います。自分でニットを洗濯するなら、その洗...

ニットを洗濯機のドライコースで洗っても失敗しない方法

ニットは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも気軽に洗うことができます。ただし、ニットは水や摩擦に...

毛玉を防止する方法!ニットにできないように自分でできること

ニットは着てくうちに気がつくと毛玉ができてしまいますよね。お気に入りのニットは毛玉ができないよう...

ニットを洗濯機で洗う場合の注意点と洗い方について徹底解説

お気に入りのニットのセーターなどは、自分で洗うと失敗しそうなのでクリーニング店に出しているという人も...

スポンサーリンク

ニットを洗濯機で洗うときはネットに入れましょう

ニットを自宅で上手に洗うには、洗濯ネットを使うようにしましょう。
洗濯ネットに入れてから洗うことで、洗濯でニットに与えてしまうダメージを少なくすることができます。

ニットを洗濯ネットに入れるときは、ニットを裏返しにして軽くたたんでからネットに入れます。この時、気になる汚れがある場合は、汚れの部分を表面にくるようにしてたたむと、汚れを落としやすくなります。
洗濯ネット1枚にニット1枚だけを入れます。

洗濯ネットに入れると汚れを落としにくいのではと思われるかもしれませんが、ニットの主な汚れは汗や皮脂によるもので、比較的落としやすい汚れになります。
ニットはアンダーウェアの上から着ることが多いかと思いますので、汚れが気になる部分は肌が直接触れる襟元や袖口です。汚れがひどい場合は先に下洗いをしてから洗濯ネットに入れると、キレイに落とすことができます。

ニットは洗濯ネットに入れれば洗濯機でも傷みを防げる

洗濯でニットが縮んだり毛玉ができてしまうのは、衣類が絡んで生地が擦れてしまうことが原因です。
洗濯ネットに入れておくことで、衣類同士が絡まるのを防ぐことができますので、縮みや毛玉も防ぐことができます。

また、洗濯時にボタンやファスナーなどの金具が引っかかてしまうと、糸がほつれたり穴を開けてしまう可能性もあります。洗濯ネットに入れることで金具などが引っかかるのも防ぐことができます。

洗濯ネットはニット以外にもデリケートな素材のものを洗うときに使ってください。刺繍や装飾があるデザインのものや、紐がついていて他の衣類と絡まりそうな衣類にも洗濯ネットを使うことで上手に洗うことができます。

ニットを洗濯ネットに入れて洗濯機で洗う方法

洗濯機でニットを洗うときは、ニットに合わせた洗い方をすることが重要です。
使用する洗剤にも気をつけてください。通常の洗濯で使用する洗濯洗剤はニットには強すぎてしまいます。ニットには中性洗剤を使います。おしゃれ着洗い用として販売されている洗剤を用意してください。エマールやアクロンなどがあります。

  1. 下洗いをします。汚れが気になる部分に洗剤の原液を直接つけて、指でなじませておきます。
  2. ニットを裏返しにしてから畳んで洗濯ネットに入れます。
  3. 洗濯機にニットを入れたら、中性洗剤をセットします。
  4. 洗濯機のやさしく洗えるコースを選びます。洗濯機のメーカーによって異なりますが、ドライコースや手洗いコースを選んでください。通常の洗濯に比べて弱い水流でやさしく洗うことができます。
  5. 脱水まで終わったら、シワにならないようにすぐに取り出して干します。
    干すときは日光が当たらない風通しの良い場所で平干しをします。ハンガーに掛けて干してしまうと、ニットの水気の重みで伸びてしまったり型崩れの原因になります。必ず平干し用のネットの上か、バスタオルの上などに寝かせた状態にして干してください。

ニットを洗濯するときの洗濯ネットの選び方のポイント

洗濯ネットはニットの大きさに合わせて用意しておきましょう。
ネットが大きすぎるとネットの中でニットが動いてしまいます。ネットの中でニットが動いてしまうことで擦れてしまうことにもなります。

またネットが小さすぎても良くありません。ニット全体に洗剤が行き渡らず汚れを落としにくくなってしまったり、洗剤が残ってしまうこともあります。

洗濯ネットは大きさも形も様々なものがあります。ニットの大きさの他にも厚さも考慮して、選ぶようにしてください。

ニットはコツを掴めば洗濯機でも安心して洗える

ニットも洗い方のコツさえおさえておくと、洗濯機でも上手に洗うことができます。

ニットを洗濯する前に、必ず洗濯表示を確認してください。ニットのタグに洗濯表示があります。桶のマークや洗濯機のマークがある場合なら自宅の洗濯機で洗うことができますが、桶のマークにバツ印がある場合は自宅で洗うことができないのでクリーニングに出すようにしてください。
また、桶のマークに手があるものや手洗イという文字があれば、洗濯機は使わずに手洗いをします。

ニットは着る度に洗う必要はありません。洗うとどうしてもニットに負担を与えてしまいますので、汚れが気になったタイミングで洗うようにしましょう。

汚れがひどいからと言って洗濯機で普通に洗濯をしてしまうことも良くありません。気になる汚れは下洗いをしておき、必ずやさしく洗うコースを選ぶようにしてください。
ニットを強く洗ってしまうと、縮みや毛玉の他にもヨレたり型崩れをおこして着られなくなる可能性もあります。

すすぎの最後に柔軟剤を使うことはオススメします。柔軟剤は繊維を柔らかくするのでニットをふんわりと仕上げることができます。また静電気を抑える働きがあるので、毛玉を防ぐこともできます。

ニットを洗濯機で洗う場合は、必ず中性洗剤を使ってやさしく洗うことで、ニットを長持ちさせることができます。