ニットを洗濯したら干し方のコツや工夫で型崩れもなし

ニットの洗濯は干し方がポイントになります。
ニットを自分で洗濯したけど、型崩れしたり伸びてしまったという経験はありませんか?
それは干し方に原因があったのかもしれません。

ここでは、ニットを洗濯して失敗しないための干し方について、ニットを洗濯したときに伸びない干し方や洗濯後の形崩れを防ぐ干し方の工夫、洗濯したニットを干すときのコツやニットを干す場所とポイントなどお伝えしていきましょう。

これで、もうニットの洗濯したときに干し方に悩みませんよ。
お気に入りのニットの洗濯も失敗もしないでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セーターを洗濯機で洗う時のコツ!失敗しない洗い方や注意点

洗濯機を使ってセーターを洗う時注意しなければならないポイントがあります。洗濯機を使って上手にセーター...

ニットの洗濯頻度の目安やタイミングと長く大切に着るコツ

ニットの洗濯頻度については、着用回数や汚れ方などによって違います。自分でニットを洗濯するなら、その洗...

セーターを洗濯するべき頻度やすぐに洗えなくてもできるケア方法

セーターの洗濯頻度はその人の使用頻度やそのセーターの素材によっても違うでしょう。セーターの洗濯はいつ...

セーターの洗濯や干し方のコツ、伸びない型崩れしない方法

セーターは洗濯したら干し方に注意しなければなりません。セーターの干し方に気をつけないと、伸びてしまっ...

ニットの洗濯は洗剤の選び方や使い方のコツで失敗せずに洗える

ニットを洗濯するときは洗剤の選び方に注意しなければなりません。ニットの洗濯に適した洗剤を使って、しっ...

セーターが洗濯で伸びたときに元に戻す対処法と正しい洗い方

セーターを洗濯したら伸びたという経験はありませんか?セーターは洗濯や乾燥によって伸びやすい衣類なので...

ニットを洗濯機で洗うときのコースとは?ニットの洗い方

ニットやセーターを洗濯機で洗うときにはどのコースで洗えばいいのでしょうか?いつもクリーニング...

セーターを洗濯機のドライコースで失敗せずに洗うコツや注意点

セーターは洗濯機のドライコースでも条件が揃えば、洗うことが可能です。洗濯機のドライコースを上手に...

ニットは洗濯機ならネットを使う理由や安心して洗うコツ

ニットは洗濯機ならネットに入れてから洗うと失敗を防ぐことができます。洗濯ネットに入れたら、汚れは落ち...

毛玉を防止する方法!ニットにできないように自分でできること

ニットは着てくうちに気がつくと毛玉ができてしまいますよね。お気に入りのニットは毛玉ができないよう...

セーターを洗濯機でネットの活用と効果で縮ませずに洗うコツ

セーターは洗濯機でも洗濯ネットに入れれば洗うことができます。そのセーターに合わせた洗濯ネットを選...

ニットは洗濯機か手洗いか洗い方のコツや失敗しないための注意点

ニットを洗濯機で洗うか手洗いで洗うかお悩みのあなた。ニットはデリケートな素材のものが多いので、手洗い...

ニットの洗濯方法について。洗濯機を使った洗い方のコツと注意点

ニットの洗濯方法は洗濯機を使っても洗うことができます。ただし、洗濯機でニットを洗う場合は洗濯方法の手...

ニットを洗濯しても毛玉にならない対処法!コツについて

ニットを洗濯すると毛玉ができてしまった経験はありませんか?ニットを洗濯によって毛玉ができやすい素材の...

セーターは洗濯機のコースを選べば自宅でも簡単にキレイに洗える

セーターは洗濯機のドライコースを使えば自宅でも洗うことができます。ただし、事前の準備や干し方に気をつ...

スポンサーリンク

ニットを洗濯したときに伸びない干し方は平干し

寒い季節になるとニットを着る機会が多くなります。ニットを自宅で洗濯すると型崩れをしてしまい伸びてしまう、肩の部分にハンガーの出っ張りが残ってしまうことがありますよね。
ニットが伸びてしまうと見た目が変わってしまい、着ることが出来なくなってしまいます。
しかし、洗濯後の干し方を工夫すると、型崩れや出っ張りが気にならなくなります。
ニットは毛糸を編んでいるので、伸縮性に優れていて体にフィットします。
しかし、余分な力がかかるとすぐに伸びてしまいます。
そのため洗濯後にハンガーにかけて干すと型崩れの原因になるので、平干しをすることをおすすめします。

平干しとは「平らな物の上に洗濯物を干す方法」になります。

ニットが伸びない干し方は「平干し」です。ハンガーに干さずに、セーターを寝かせた状態で干します。平干しにすると伸びない、型崩れがしません。専用のアイテムがあるとバスルームやベランダに干すことが出来ます。使わない時は小さく畳んでしまうことができるのでとても便利なアイテムです。

ニットを自宅で洗濯する場合は、洗濯表示の確認を必ずしましょう。ニットは伸び縮しやすいので、洗濯表示に記載されていることが多いでです。

ニットの洗濯後の形崩れを防ぐ干し方の工夫とは

自宅で洗濯をした後にニットが型崩れを起こしてしまうのは、水分を含んで重くなっている衣類をハンバーに掛けることで、水分の重みで伸びてしまうからです。ニットの型崩れを防ぐには干し方も大事です。型崩れを防止するには平干しにしましょう。

平干し用ネットなど、市販の専用グッズは型崩れの心配がありません。
色々な形状の物や一度に数枚干せるタイプなど、自分の使いやすい物を選びましょう。
専用の物なら、ニットの形を確実いキープすることができます。

専用のアイテムがない場合は、靴下などを干す時に使用する四角いピンチハンガーでも代用することができます。
ピンチハンガーの上部に衣類を広げると平干しできます。袖部分が下に垂れないように注意しましょう。

洗濯したニットを干すときは吊り下げないのがコツ

寒い季節になるとかわいいニットを着る機会が多くなります。お気に入りのニットを長く着るためには、洗濯した後の干し方がとても重要になります。ニットを洗濯後に干す時大切なことは吊り下げないことです。吊り下げてしまうとニットが伸びてしまい型崩れの原因になります。自宅でニットを洗濯する場合は干し方に注意しましょう。

ニットを干す場合、平干しネットを使用する場合でも、袖がはみ出て垂れ下がらないようにするのがコツになります。垂れ下がらないようにすると、袖が伸びるのを防せぐことができます。

洗濯機から取り出したら、形を整え日陰で平干ししましょう。ハンガーにかけると水の重みで型崩れする原因になるので、ハンガーにかけるのはやめましょう。平干し専用のネットを利用すると便利ですがない場合は、洗濯カゴ、メタルラックを利用する方法もあります。風通りのいい場所、置いた時に裏面にも風が通るなどの意識して平干しをしましょう。

もしハンガーに干す場合は、3本のハンガーを使いましょう。干し方は普通にハンガーかけ、袖と裾の部分にそれぞれ1本ずつハンガーに通します。重みが分散されるのでニットが伸びるのを防ぐことができます。お風呂の蓋に大きめのバスタオルを敷いて、その上に平干しする方法もあります。

ニットを干すときは風通しの良い場所で影干しが基本

ニットを干す場合は陰干しが基本になります。陰干しとは直射日光を避けて、日陰で洗濯物を干すことです。陰干しの特徴は、色柄物の洋服の色あせを抑えたり、繊維へのダメージを減らしたり、洋服の負担を減らします。綿、麻、シルク、ウールは陰干しすると長持ちします。綿や麻の場合は日光によって色あせてしまったり、色ムラになってしまうこともあるので、衣類は陰干しをするようにしましょう。

陰干しは室内で干すイメージが多いですが、外で日陰が出来ている場所なら陰干しが出来ます。外に干す時は、時間が経つと日陰の位置が変わるので干す場所には注意しましょう。

室内で干す場合は、風通しのいい場所に干します。風通りのいい場所がない場合は、扇風機などを使い乾かしましょう。風通しが悪いと、嫌な臭いが発生しやすくなるので注意しましょう。

ニットは干し方の工夫で伸ばさずに形崩れもしない

お気に入りのニットを長持ちさせるためには、きちんとした干し方をすることが大切です。型崩れしないと長い間着ることができます。そのためには洗濯後の干し方に注意しましょう。ニットは平干しすることで、長持ちさせることができます。ニット専用のハンガーもありますが、アイデア次第で専用ハンガーがなくても、干すことができます。

大切なウールやニットのセーターを綺麗に長く着るためには、洗濯の方法に注意し干し方をしっかりと確認することが大切です。洗濯が可能な場合は優しく手洗いして、陰干しにするとお気に入りのニットを長く着ることが出来ます。