コインランドリーで敷布団を洗う!何キロの洗濯機を選ぶのか

コインランドリーで敷布団を洗う時、何キロサイズの洗濯機で洗うかは、その敷布団のサイズやコインランドリーの店舗によっても違います。
ですから、コインランドリーで敷布団を初めて洗うときには、事前に確認してから洗うようにしましょう。

ここでは、コインランドリーでの敷布団の洗濯について、シングルサイズの敷布団の場合やダブルの敷布団の場合の洗濯機のサイズの目安とポイント、洗濯機のサイズによっての料金設定の違いや相場、敷布団の洗濯にコインランドリーを使うメリットなどお伝えしていきましょう。

これで、敷布団の洗濯にコインランドリーを利用するとき洗濯機のサイズに悩まずに利用することができますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コインランドリーで敷布団の丸洗いを失敗しないコツとポイント

コインランドリーで敷布団の丸洗いができると気軽に洗濯ができて、いつも布団を清潔にできますよね。ただ、...

コインランドリーでの布団の料金相場や上手な活用で節約するコツ

コインランドリーで布団にかかる料金は、布団の大きさやお店によっても違います。しかし、初めてコイン...

コインランドリーで布団にかかる時間を短縮するコツや注意点

コインランドリーで布団を洗って乾燥させる時間はどれくらいなのか、これから利用したいと思っている人は気...

コインランドリーで敷布団はダブルでも洗えるコツや注意点とは

コインランドリーでは敷布団のダブルサイズのような大きい物でも洗濯することができます。小さいお子さんと...

コインランドリーで敷布団の乾燥を上手にしっかりさせるコツ

コインランドリーでは敷布団の乾燥もすることができます。ただし、コインランドリーの乾燥機が使える敷布団...

ポリエステルを洗濯するときのポイントとは?布団の洗い方

ポリエステルのお布団を洗濯するときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?布団を洗...

コインランドリーの布団乾燥機の時間の目安や賢く使うコツとは

コインランドリーで布団乾燥機にかかる時間は、忙しい主婦にとって気になるところですね。布団は毎日使うも...

コインランドリーの料金の目安や布団を洗う方法について

コインランドリーの料金は布団など大物の場合は、どれくらいかかるのに利用前に気になりますよね。できれば...

コインランドリーの使い方!毛布の洗濯方法と時間・費用の目安

自宅で毛布を洗濯したいと思っても、洗濯機のサイズが小さいと自宅での洗濯が難しいですよね。無理に洗濯を...

コインランドリーでの布団の洗い方!メリットと料金・時間の目安

いつも使っている布団を洗濯したいと思っても、自宅の洗濯機が小さくて洗濯ができない人もいますよね。そん...

コインランドリーでの敷布団の料金相場やお得なコツと効果とは

コインランドリーで敷布団にかかる料金については、利用する前に気になるものです。敷布団だからクリー...

コインランドリーの料金【敷布団】相場や安くするコツと注意点

コインランドリーの料金については、敷布団をコインランドリーで洗濯しようか悩むときに、家計を守る主婦に...

コインランドリーで布団は乾燥機を使ってフワフワ快適に

コインランドリーでは布団の乾燥機を使う利用法がオススメです。コインランドリーの乾燥機なら布団のような...

コインランドリーでの敷布団の洗い方や注意点と失敗しないコツ

コインランドリーでの敷布団の洗い方について知らない方は多いかもしれませんね。敷布団は毎日使うもの...

コインランドリーの使い方。こたつ布団を上手に洗うコツ

コインランドリーの使い方について、こたつ布団も洗うことができるのか気になる方もいますよね。こたつ...

スポンサーリンク

コインランドリーでシングルの敷布団を洗うなら何キロの洗濯機で洗うのか

小さな子どもがいる家庭では一緒に寝ているママも多いですよね。子供が小さいと体調が悪いと嘔吐をしてしまったり、おねしょをしてしまうこともあります。敷布団が汚れてしまうとすぐに洗いたいですよね。しかしクリーニングに出すと仕上がりまでに日数もかかりますし、料金も高額になってしまいます。そこでコインランドリーを利用してみましょう。コインランドリーで敷布団を洗うとその日のうちに敷布団を使うことができるのでとても便利です。

コインランドリーを利用したことがない場合、布団が本当に洗えるのか悩んでしまうこともあります。店舗によっては布団専用の大容量洗濯機が設置されている店舗もあります。布団などの大きな物でもコインランドリーで洗うことが出来ます。コインランドリーには洗濯機、乾燥機、洗濯乾燥機の一体型があります。

シングルの敷布団の場合は何キロの洗濯機に入れればいいのか迷ってしまいます。シングルの場合15kgが目安になります。布団の容量が多くスペースがない場合は、水が十分に溜まらないのですすぎが不十分になり、汚れや洗剤がしっかり落ちない可能性があるので適切なサイズをしっかり選びましょう。敷布団を入れたら、洗濯機のドアを閉め表示されたお金を投入し洗濯を開始します。洗いにかかる時間は洗濯機の種類によって異なりますが約30分前後で終わります。

コインランドリーでダブルの敷布団を何キロの洗濯機で洗うか迷うときは

家族仲良く親子でダブルの敷布団に寝ている人も多いですよね。ダブルの布団は1枚で家族みんなで寝れるのでとても便利ですが、洗濯となると大きいので大変です。クリーニングに出そうと思っても、大きいのでその分料金も高くなってしまいます。少しでも節約をしたい場合は、コインランドリーでダブルの敷布団を洗いましょう。

ダブルサイズの敷布団は何キロで洗うといいのでしょうか?ダブル敷布団の場合25kg以上の大容量洗濯機で敷布団を洗うようにしましょう。そのため大容量洗濯機を設置している店舗を見つける必要があります。コインランドリーの洗濯機はサイズが大きくなるとその分料金設定も高くなります。節約するために小さなサイズを選ぶ人も多いですが、ダブルの敷布団を小さな洗濯機で洗ってしまうと、水が十分に溜まらず汚れ落ちやすすぎをしっかり行うことができません。

ダブルの敷布団を洗う場合は洗濯機の容量は、洗濯槽の中に布団を入れた時に、容量の3分の1程度の余裕があるのサイズを選びましょう。洗濯槽の中に余分な空間が多いと布団の型崩れが置きてしまうこともあります。適切なサイズをしっかり選びましょう。

洗濯のかかる時間は40分前後になります。乾燥機にかける場合はシングルの布団よりも少し長めにかけしっかりと湿気を取り除きましょう。

敷布団を何キロの洗濯槽に入れるか悩んだらコインランドリーで確認を

人は寝ている間にコップ1杯の汗をかくと言われています。特に夏は汗をかきやすいですよね。枕カバーや布団カバーは頻繁に洗濯をしている人が多いですが、敷布団の洗濯もしっかり洗濯していますか?収納場所が少なく洗い替えの布団を持っていない家庭も多くなりました。そこで敷布団を洗う場合、コインランドリーを利用してみましょう。コインランドリーで洗濯をするとその日のうちに敷布団を使うことができます。

店舗によっては布団専用の洗濯機が設置してある店舗もありますが、布団専用や、洗濯、乾燥の一体型がない店舗もあります。布団専用の洗濯機がなくても敷布団を洗うことができます。

シングルの敷布団なら15kgの洗濯機が設置してあると洗うことができます。洗濯をして乾燥乾燥機をかけると汚れが綺麗になります。

敷布団のサイズによって何キロの洗濯機にいれるのか異なりますので、使用している敷布団のサイズで選ぶようにします。布団を洗濯する場合、店舗に大きな洗濯機が設置してあるか確認してから布団を持ち込むことをオススメします。

コインランドリーは洗濯機のサイズによって料金設定が異なる

布団は毎日使う物なので清潔な状態で使用したいですよね。みなさんのお宅ではどのくらいの頻度で敷布団を洗っていますか?クリーニングに出すと仕上がりまでに日数もかかりますし、料金も高額になってしまいます。少しでも費用を抑えたい場合はコインランドリーで敷布団を洗いましょう。クリーニングに出すよりも節約することができ、ふわふわに仕上がります。

コインランドリーで布団を洗う場合、布団の洗濯表示をしっかり確認してから布団を洗濯します。ドライマークや手洗いマークがついている敷布団、綿や羊毛100%の敷布団はコインランドリーで洗うことができません。もし洗ってしまうと、敷布団の生地が傷んでしまったり、中の綿や毛が偏ってしまう可能性もあるので、洗濯表示の確認は必ずしましょう。

コインランドリーでは洗濯機のサイズによって料金設定が異なります。コインランドリーで敷布団を洗うメリットとして、除菌や消臭、ダニ対策にもなります。コインランドリーの乾燥機はガスで高温にし乾燥させるため、中まで空気が入り込みます。そのため敷布団の嵩が増すのでふっくらした仕上がりになります。

コインランドリーなら洗濯機のサイズも乾燥機もあるから敷布団も洗える

自宅で敷布団の洗濯をするとなると洗濯から乾燥までとても労力がかかってしまいます。しかしコインランドリーを利用すると洗濯から乾燥まで一気に終わらせることができます。一体型の洗濯機がない場合は、洗濯機から乾燥機に移す時少し大変かもしれませんが、自宅で洗うよりはとても楽に敷布団の洗濯ができます。

乾燥機に入れる場合は30分乾燥させて、裏返し30分乾燥させるようにしましょう。乾燥が終わったばかりの敷布団は表面の温度が高いので乾いているような感じがします。しかし内部は湿っていることもあるのでしっかり乾燥させましょう。しっかり乾燥していないと嫌な臭いが発生したり、カビが生える原因にもなるので注意が必要です。