コインランドリーで布団は乾燥機を使ってフワフワ快適に

コインランドリーでは布団の乾燥機を使う利用法がオススメです。コインランドリーの乾燥機なら布団のような大物でも楽に乾かすことができますし、安心して快適に布団が使えるような効果があるのです。

ここでは、コインランドリーで布団に乾燥機を使うオススメな効果やかかる時間、さらにお得に利用するためのコツや自宅で布団を洗う方法、また注意点などお伝えしていきましょう。

これを読めば、すぐにコインランドリーで布団を乾燥させたくなりますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コインランドリーで敷布団は乾燥のみでお得になるコツとは

コインランドリーでは敷布団でも乾燥のみの利用をすることができます。コインランドリーでの費用を少しでも...

タンブラー乾燥が禁止な布団の扱い方とは?洗えない布団対策

タンブラー乾燥が禁止の布団が汚れてしまったらもう買い換えるしかないのでしょうか?洗濯表示を見てタ...

ポリエステルを洗濯するときのポイントとは?布団の洗い方

ポリエステルのお布団を洗濯するときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?布団を洗...

コインランドリーでの敷布団の料金相場やお得なコツと効果とは

コインランドリーで敷布団にかかる料金については、利用する前に気になるものです。敷布団だからクリー...

コインランドリーで布団の乾燥のみでも大丈夫!上手な使い方

コインランドリーでは布団を洗濯する方もたくさんいますが、乾燥のみでも使えるのでしょうか?自宅...

コインランドリーで敷布団の乾燥を上手にしっかりさせるコツ

コインランドリーでは敷布団の乾燥もすることができます。ただし、コインランドリーの乾燥機が使える敷布団...

コインランドリーの使い方。こたつ布団を上手に洗うコツ

コインランドリーの使い方について、こたつ布団も洗うことができるのか気になる方もいますよね。こたつ...

コインランドリーの使い方で布団の洗い方のコツやオススメ方法

コインランドリーの使い方で、布団の洗濯方法については悩まれる方もいるでしょう。しかし、使い方のコ...

コインランドリーの料金【敷布団】相場や安くするコツと注意点

コインランドリーの料金については、敷布団をコインランドリーで洗濯しようか悩むときに、家計を守る主婦に...

コインランドリーの料金!こたつ布団の賢い洗い方

冬の間はこたつを使うという方も多いですが、春になりこたつを片付ける時には、こたつ布団もキレイにしてし...

コインランドリーで敷布団はダブルでも洗えるコツや注意点とは

コインランドリーでは敷布団のダブルサイズのような大きい物でも洗濯することができます。小さいお子さんと...

コインランドリーの使い方!毛布の洗濯方法と時間・費用の目安

自宅で毛布を洗濯したいと思っても、洗濯機のサイズが小さいと自宅での洗濯が難しいですよね。無理に洗濯を...

コインランドリーの料金を羽毛布団でもお得に利用するコツとは

コインランドリーの料金について、羽毛布団を初めて持ち込む場合、どのくらいかかるのか気になりますよね。...

コインランドリーでの布団の料金相場や上手な活用で節約するコツ

コインランドリーで布団にかかる料金は、布団の大きさやお店によっても違います。しかし、初めてコイン...

コインランドリーでの布団の洗い方!メリットと料金・時間の目安

いつも使っている布団を洗濯したいと思っても、自宅の洗濯機が小さくて洗濯ができない人もいますよね。そん...

スポンサーリンク

コインランドリーの乾燥機を使えば布団はフワフワになる

小さな子供がいる家庭では、子供の体調が悪くなることもありますよね。体調が悪いと布団で嘔吐してしまったり、おねしょをすることもあります。布団が汚れてしまうとすぐに汚れを落とすために、拭いた後にすぐクリーニングに出す人も多いです。
しかし替えの布団がない場合は困ってしまいますよね。

替えの布団がない場合は早急にコインランドリーを利用する

布団をコインランドリーで洗うことで、臭いや汚れを綺麗にすることが出来ます。丸洗いするメリットは布団に染み込んだ臭いや汚れを洗えることです。布団の表面についている汗や皮脂、内側に溜まっている埃なども洗うことができます。

又布団にはハウスダストの原因になるダニがたくさん潜んでいます。ダニは高温に弱いのでコインランドリーの乾燥機を使うとダニを退治することができます。コインランドリーの乾燥機はガスを使用しているので内部に入り込んでいるダニも退治することができます。コインランドリーの乾燥機は回転しながら熱風を当てます。そのため天日干しをするよりもふわふわに仕上がります。

コインランドリーの乾燥機で布団を乾燥させるのにかかる時間

梅雨の時期になると布団がジメジメして嫌だと感じる人も多くなりますよね。布団がジメジメ気持ち悪いと感じたら布団をコインランドリーの乾燥機にかけてみましょう。

コインランドリーを利用したことがない人は乾燥にどのくらいの時間がかかるのか利用する前に知っておきたいですよね。特に子供が小さい場合は時間が長いと子供が飽きてしまうので、おもちゃなどを持参しないといけません。子供が飽きないような工夫をしましょう。

布団を乾燥させる時間の目安

  • 羽毛布団1枚=60分~90分
  • 毛布1枚=30分~40分
  • 毛布2=40分~50分

布団は素材や種類によって乾きにくいものがある

ポリエステルやアクリルがメインの毛布は乾きやすいので30分程度で乾かすことができます。羽毛布団は60分~90分程度かかります。布団を乾燥させる場合は、乾燥の途中で何度か布団を裏返すようにしましょう。そうすることで内側までしっかり温風が届きます。布団の場合は30分に1度裏返すことをおすすめします。乾燥機から出したばかりの時は表面には熱がこもっているので乾燥したように感じますが、内側が湿気が溜まっている場合もあるので少し長めに乾燥機にかけるようにしましょう。

コインランドリーで布団にかかる乾燥機の料金は時間短縮が鍵

小さな子どもがいる家庭では気軽に布団を洗うことが出来たらいいと思いますよね。クリーニングに出すと費用もかなり高額になります。コインランドリーを利用して布団を洗うち比較的費用を抑えることができます。

コインランドリーの店舗によって異なりますが、布団を洗濯から乾燥まですると約2000円程度になります。洗濯に500円~600円、乾燥に800円~900円程度になります。

少しでも費用を抑えたい場合は、自宅の洗濯機で布団が洗える容量がある大型の物を使用しているなら、コインランドリーの乾燥機だけ利用すると節約することができます。

コインランドリーで布団を乾燥機にかける時間は60分以上はかかります。脱水時間や乾燥機の温度によっても異なります。布団の乾燥時間が少ないと嫌な臭いの原因になったりカビが生える原因にもなるのでしっかり内部まで乾燥させるようにしましょう。

乾燥機の大きさにもよりますが100円程度で10分ほど乾燥させることができるでしょう。サイズが小さいと安い料金で長く使用することが出来ます。

自宅で布団を洗ってコインランドリーの乾燥機を使えばお得に

布団はカバーをかけて使うので布団をクリーニングに出したりする人は少ない傾向にあります。子供がいる家庭では子供が汚してしまうのでクリーニングや自宅で洗濯をすることもありますが、敷布団の洗濯は大変です。
しかし布団にはたくさんの皮脂や汗が染み込んでいるので半年から1年に1回は洗濯をしましょう。

クリーニングに出す方法もありますが、仕上がりまで日数もかかりますし、料金も高額になります。

敷布団を自宅で洗う方法

  1. 敷布団を洗う時は、洗濯表示を必ず確認します。洗うことの出来ないものもあるので注意しましょう。
  2. 敷ふとんをロール状に丸め2~3箇所を麻ひもで縛ります。
  3. 浴槽にぬるま湯を張り、洗剤を入れ布団を入れる。
  4. 敷布団を足で踏みながら布団の汚れを出す。長い間洗濯をしていないとびっくりするほどの汚れが出てきます。
  5. 敷布団から汚れが出なくなったら浴槽のお湯を抜き、シャワーで泡がなくなるまですすぎます。
  6. 敷布団から水が出なくなるまで水分を抜きます。
  7. コインランドリーで乾燥機にかける。

自宅で洗いコインランドリーで乾燥機をかけると費用を抑えることが出来ます。

コインランドリーの乾燥機が使える布団かを注意しよう

布団が汚れてしまうと、クリーニングに出すかコインランドリーを利用して洗うか迷ってしまいますよね。コインランドリーの乾燥機はどんな布団でも使うことが出来るのでしょうか。

布団と言っても羽毛布団、綿ふとん、キルティング加工されている布団など色々あります。コインランドリーの乾燥機にかけることの出来ない素材の布団もあるので洗濯表示の確認は必ずしましょう。もし確認せずに乾燥機にかけると布団が使えなくなってしまうこともあります。

乾燥機が使えると洗濯から乾燥までコインランドリーで出来ます。短時間で綺麗になるのでとても便利です。乾燥機対応のマークがなくても、洗濯表示の下の説明書きにタンブラー乾燥は避けて下さいなど記載している場合は乾燥機を使用することはできません。もし乾燥機が使えない場合、洗濯だけして、天日干しをしましょう。洗濯は出来るので汚れは綺麗になります。

自宅のベランダを利用して乾かします。布団は厚いので完全に乾くまで3日程度かかることもあります。1日おきに裏返して風を当てるようにします。洗濯した後の布団はとても重たいので、運ぶためには車で運ぶようにしましう。もし自宅に車がない場合はタクシーやカーシェアを利用するなど工夫すると便利です。