コインランドリーで布団丸洗いする料金の目安やお得にするコツ

コインランドリーでは布団丸洗いをするのに料金がどれくらいかかるのか気になりますよね。初めてコインランドリーを利用するなら、まずは料金の目安が知りたいところです。布団などの大物はクリーニングにお願いするとけっこうな料金と日数がかかります。
そこで、オススメなのがコインランドリーです。

ここでは、コインランドリーで布団丸洗いする料金について、料金の目安やクリーニングとの料金の違い、コインランドリーでの布団丸洗いの料金をさらにお得にするコツやコインランドリーの上手な使い方についてお伝えしていきましょう。

これで、料金の目安もわかるので、安心してコインランドリーで布団を洗うことができますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コインランドリーで敷布団の丸洗いを失敗しないコツとポイント

コインランドリーで敷布団の丸洗いができると気軽に洗濯ができて、いつも布団を清潔にできますよね。ただ、...

コインランドリーの料金!こたつ布団の賢い洗い方

冬の間はこたつを使うという方も多いですが、春になりこたつを片付ける時には、こたつ布団もキレイにしてし...

コインランドリーで布団にかかる時間を短縮するコツや注意点

コインランドリーで布団を洗って乾燥させる時間はどれくらいなのか、これから利用したいと思っている人は気...

コインランドリーで敷布団の乾燥を上手にしっかりさせるコツ

コインランドリーでは敷布団の乾燥もすることができます。ただし、コインランドリーの乾燥機が使える敷布団...

コインランドリーの布団乾燥機の料金の相場や安くするコツとは

コインランドリーの布団乾燥機の料金について、初めてコインランドリーを利用するときは気になりますよね。...

コインランドリーの使い方。こたつ布団を上手に洗うコツ

コインランドリーの使い方について、こたつ布団も洗うことができるのか気になる方もいますよね。こたつ...

コインランドリーでの敷布団の料金相場やお得なコツと効果とは

コインランドリーで敷布団にかかる料金については、利用する前に気になるものです。敷布団だからクリー...

コインランドリーでの布団の料金相場や上手な活用で節約するコツ

コインランドリーで布団にかかる料金は、布団の大きさやお店によっても違います。しかし、初めてコイン...

コインランドリーで敷布団はダブルでも洗えるコツや注意点とは

コインランドリーでは敷布団のダブルサイズのような大きい物でも洗濯することができます。小さいお子さんと...

タンブラー乾燥が禁止な布団の扱い方とは?洗えない布団対策

タンブラー乾燥が禁止の布団が汚れてしまったらもう買い換えるしかないのでしょうか?洗濯表示を見てタ...

コインランドリーで布団の乾燥のみでも大丈夫!上手な使い方

コインランドリーでは布団を洗濯する方もたくさんいますが、乾燥のみでも使えるのでしょうか?自宅...

コインランドリーでの布団の洗い方!メリットと料金・時間の目安

いつも使っている布団を洗濯したいと思っても、自宅の洗濯機が小さくて洗濯ができない人もいますよね。そん...

コインランドリーの料金の目安や布団を洗う方法について

コインランドリーの料金は布団など大物の場合は、どれくらいかかるのに利用前に気になりますよね。できれば...

コインランドリーの料金【敷布団】相場や安くするコツと注意点

コインランドリーの料金については、敷布団をコインランドリーで洗濯しようか悩むときに、家計を守る主婦に...

コインランドリーの使い方!毛布の洗濯方法と時間・費用の目安

自宅で毛布を洗濯したいと思っても、洗濯機のサイズが小さいと自宅での洗濯が難しいですよね。無理に洗濯を...

スポンサーリンク

コインランドリーで布団丸洗いする料金の目安とは

毎日お世話になる寝具。枕カバーやシーツ、敷パットや布団カバーなどは自宅で定期的に洗濯をしている人が多いですが、布団を定期的に洗濯している人は少ないですよね。しかし毎日使う布団にはたくさんの汗や皮脂など目には見えない汚れが溜まっています。布団も半年~1年に1回は布団丸洗いをしましょう。自宅で洗うことも出来ますが、労力も時間もかかってしまいます。またクリーニングに出す方法もありますが、仕上がりまで時間も費用もかなりかかってしまいます。そのためコインランドリーをおすすめします。

コインランドリーを利用して布団丸洗いする料金について紹介します。

洗濯のみ
敷ふとん1枚程度
料金:500円~600円

乾燥機のみ
敷布団1枚程度
サイズ小 8分で約100円 サイズ大 6分で約100円

店舗によって洗濯機のサイズや料金が異なりますので、自分が利用したい店舗で料金の確認はしましょう。しかしクリーニングに出すよりは料金も安く抑えることができるはずです。何よりうれしいのはその日のうちに布団を使用することが出来るからコインランドリーで布団の丸洗いをすることをおすすめします。

コインランドリーの布団丸洗いはクリーニング料金よりお得

小さな子供がいる家庭では布団を汚してしまうことが多いですよね。嘔吐やおねしょなどよくあります。布団が汚れてしまったのにそのままにしておくと雑菌が繁殖してしまうので布団丸洗いをしましょう。コインランドリーで洗うとクリーニングに出すよりも料金を安く抑えることができます。

コインランドリーの店舗やクリーニング店によって料金は異なりますが大体の料金を紹介します。

コインランドリーで羽毛布団を洗う場合の料金の目安

シングル1枚 900円~
ダブル1枚 1,200円~

時間 2時間弱

クリーニング店の場合

シングル、ダブル 5,400~

時間10日前後

コインランドリーで布団を洗うとクリーニング店に出すよりも3分の1程度の料金で仕上がることもあります。家族が多いとその分布団の数も多くなるので費用がかさんでしまいます。布団を洗う場合コインランドリーを利用すると料金も時間も短くて済むのでオススメします。そして料金はクリーニング店と変わらないのに仕上がりは同じです。

コインランドリーでの布団丸洗いの料金をさらにお得にするコツ

毎日使う布団にはたくさんの汗が蓄積されています。定期的に布団丸洗いをすることをおすすめします。しかしコインランドリーで洗えない布団もあるので洗濯表示の確認はしっかり行うようにしましょう。クリーニングに出すよりもコインランドリーを利用するとお得な料金で洗濯することができます。

コインランドリーで布団を洗濯する時は布団を丸めて麻ひもで何箇所か縛ってから洗濯機に入れます。縛る理由は中綿が偏るのを防ぐためです。

コインランドリーで洗濯をする時、料金を抑えるためにドラムいっぱいに入れてしまいますが、布団はドラムの9割が埋まるサイズを選びましょう。布団の2倍以上のサイズ、ドラムが9割埋まるサイズを選ぶようにします。

乾燥機は布団が3分の1以下になる大きな乾燥機を選びます。小さな乾燥機を選ぶと時間がかかりますし、乾ききらない部分も出てきてしまいます。敷布団は乾燥機で乾燥ができない敷布団もあるので注意しましょう。もし間違って乾燥機にかけてしまうと使えなくなってしまう可能性もあります。乾燥機が使えない敷布団は自宅で天日干しをして乾かしましょう。

コインランドリー料金を安くするにははやく乾燥させるのが大事

梅雨の時期など洗濯物が乾きにくいですよね。干す場所も限らえれているので大きな物がなかなか洗濯できなくて困っている人も多いですよね。自宅の洗濯機に乾燥機がついているタイプを使っている人も多いですが、自宅の乾燥機を使うと時間がとても長くかかります。そんな時はコインランドリーを利用しましょう。

コインランドリーを上手に利用すると天気が悪い日でも洗濯物で家の中がいっぱいになるということはありません。

コインランドリーの乾燥機は家庭用乾燥機よりも短い時間で洗濯物を乾燥させてくれます。コインランドリーはガスを使うので乾燥が早く終わります。

コインランドリーの料金を安くするためには、自宅で洗濯をすることです。そして脱水時間を少し長めにすること。そうすることで、コインランドリーの乾燥時間を短くすることが出来ます。

布団を乾燥させる場合は乾燥機に入れる時に、ねじれた状態にしない、30分乾燥させたらう裏返すことです。

洗濯物を早く乾かすためには乾いたバスタオルを1枚入れてあげるとバスタオルが湿気を吸収してくれるので乾燥時間を短くしてくれます。

コインランドリーでの布団丸洗いは気軽でオススメ

コインランドリーを利用したことがない場合、コインランドリーで布団を洗うことが出来るのか悩んでしまう人も多いですよね。コインランドリーでは布団の丸洗いが気軽に出来るのでオススメです。布団は毎日使うものなのでいつも綺麗な状態を保つために定期的に洗濯するようにしましょう。

店舗によっては布団など大きな物をを洗うことができない店舗もあるので布団など大きな洗濯物を洗濯する場合は確認してからコインランドリーに持参するようにしましょう。

そして使用している布団が洗うことが出来るのか必ず確認する必要があります。ドライクリーニングしかできない布団をコインランドリーで洗ってしまうと使うことが出来なくなってしまうので洗濯表示は必ず確認しましょう。

コインランドリーで布団を洗う場合は、洗濯槽の3分の2程度に収まる洗濯機に入れるようにすることです。小さすぎると汚れ落ちが悪く、すすぎも不十分になってしまいますので注意しましょう。そしてスタートボタンを押すと自動で洗剤が投入され洗濯が開始されます。終わったから乾燥機をかけます。乾燥機は60分はかけるようにします。途中で何度か裏返すと早く乾燥します。

表面は熱く乾燥しているような気がしますが、内部は湿気が溜まっていることが多いので布団を乾燥機にかける場合は少し長い時間かけるようにしましょう。

内部に湿気が残った状態でもししまってしまうと、悪臭やカビの原因になるのでしっかりと乾燥させること、もしくは自宅に持ち帰った後天日干しをするようにしましょう。