コインランドリーの使い方!毛布の洗濯方法と時間・費用の目安

自宅で毛布を洗濯したいと思っても、洗濯機のサイズが小さいと自宅での洗濯が難しいですよね。無理に洗濯をして洗濯機を壊してしまっては大変です。

そんなときは、コインランドリーを使って毛布の洗濯をするのがおすすめ!コインランドリーの使い方をマスターすれば、大物の洗濯物も綺麗に洗濯することができますよ。

ここでは、コインランドリーを使って毛布を洗濯する方法についてご紹介します。コインランドリーを上手に活用することで、毎日のお洗濯を楽チンにしましょう。

また、コインランドリーで毛布を洗濯する時間と料金の目安、メリットについてもご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コインランドリーで布団は乾燥機を使ってフワフワ快適に

コインランドリーでは布団の乾燥機を使う利用法がオススメです。コインランドリーの乾燥機なら布団のような...

コインランドリーの使い方で布団の洗い方のコツやオススメ方法

コインランドリーの使い方で、布団の洗濯方法については悩まれる方もいるでしょう。しかし、使い方のコ...

コインランドリーで敷布団はダブルでも洗えるコツや注意点とは

コインランドリーでは敷布団のダブルサイズのような大きい物でも洗濯することができます。小さいお子さんと...

コインランドリーで敷布団の乾燥を上手にしっかりさせるコツ

コインランドリーでは敷布団の乾燥もすることができます。ただし、コインランドリーの乾燥機が使える敷布団...

コインランドリーの料金の目安や布団を洗う方法について

コインランドリーの料金は布団など大物の場合は、どれくらいかかるのに利用前に気になりますよね。できれば...

コインランドリーで布団丸洗いする料金の目安やお得にするコツ

コインランドリーでは布団丸洗いをするのに料金がどれくらいかかるのか気になりますよね。初めてコインラン...

コインランドリーで敷布団は乾燥のみでお得になるコツとは

コインランドリーでは敷布団でも乾燥のみの利用をすることができます。コインランドリーでの費用を少しでも...

コインランドリーの使い方。こたつ布団を上手に洗うコツ

コインランドリーの使い方について、こたつ布団も洗うことができるのか気になる方もいますよね。こたつ...

コインランドリーで布団にかかる時間を短縮するコツや注意点

コインランドリーで布団を洗って乾燥させる時間はどれくらいなのか、これから利用したいと思っている人は気...

コインランドリーでの布団の洗い方!メリットと料金・時間の目安

いつも使っている布団を洗濯したいと思っても、自宅の洗濯機が小さくて洗濯ができない人もいますよね。そん...

ポリエステルを洗濯するときのポイントとは?布団の洗い方

ポリエステルのお布団を洗濯するときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?布団を洗...

コインランドリーの料金!こたつ布団の賢い洗い方

冬の間はこたつを使うという方も多いですが、春になりこたつを片付ける時には、こたつ布団もキレイにしてし...

タンブラー乾燥が禁止な布団の扱い方とは?洗えない布団対策

タンブラー乾燥が禁止の布団が汚れてしまったらもう買い換えるしかないのでしょうか?洗濯表示を見てタ...

コインランドリーでの敷布団の洗い方や注意点と失敗しないコツ

コインランドリーでの敷布団の洗い方について知らない方は多いかもしれませんね。敷布団は毎日使うもの...

コインランドリーでの敷布団の料金相場やお得なコツと効果とは

コインランドリーで敷布団にかかる料金については、利用する前に気になるものです。敷布団だからクリー...

スポンサーリンク

コインランドリーの使い方・毛布を洗う前に

暖かい季節になると毛布を使うこともなくなるので、洗濯してしまいますよね。家庭でも洗うことが出来る毛布もありますが、毛布を洗濯するとなると大きな洗濯機が必要になりますし、干す場所も必要になります。

クリーニングに出す方法もありますが、料金が気になりますよね。コインランドリーを利用すると毛布を丸洗いすることが出来ます。

コインランドリーで毛布を洗う前に確認することがあります。まず使っている毛布がコインランドリーで洗えるかどうかの確認です。毛布にも洗濯タグがついているので確認しましょう。水洗いできる表示がついているアクリルやポリエステルの素材ならコインランドリーで洗うことが出来ます。

洗える毛布だと確認が出来たら、次は毛布が洗えるコインランドリーを探します。コインランドリーの店舗によっては毛布が洗える店舗と洗えない店舗があります。それは洗濯機の置いている大きさになります。布団が洗える洗濯機があるコインランドリーを探しましょう。

コインランドリーの使い方がわからない場合は、スタッフがいる店舗や問い合わせが出来るようになっている場合もあるので心配する必要はありません。

コインランドリーの使い方・毛布を洗濯する方法

季節の変わり目になると、冬の寝具を片付けることになります。しかし自宅の洗濯機の容量が小さいと洗濯することができないですよね。そんな時はコインランドリーを利用するようにしましょう。コインランドリーは洗濯から乾燥まで一気に出来るので、とても早く洗濯をすることが出来るのでオススメです。

毛布をコインランドリーまで運ぶ時は、大きめの袋に入れたり、大きめのプラスチックのカゴに入れて運ぶと便利です。

洗剤と柔軟剤については自動投入になっている洗濯機と自分で持参するタイプの洗濯機があるので、利用するコインランドリーで確認をしてから毛布の洗濯をすることをオススメします。もし持参するのを忘れた場合でも1回分の洗剤を販売している店舗もあります。

そしてコインランドリーを利用する場合に絶対に必要な物は小銭です。両替機もある店舗とない店舗があるので、100円玉は多めに用意してから行きましょう。両替機があったとしても1000円札しか対応していないことも多いので、大きいお金の両替には注意しましょう。

コインランドリーの使い方はとても簡単です。家庭用の洗濯機で毛布を洗う時はネット使用となっていることが多いですが、コインランドリーでは必要ありません。もしコインランドリーの説明に、ネット使用となっている場合はネットを使用しましょう。

基本的な使い方は、毛布の大きさに合わせた洗濯機を選びます。洗濯機には入る目安が記載されていることが多いので目安にして入れましょう。洗濯する毛布を入れてお金を入れると洗濯が開始されます。

コインランドリーの使い方・コインランドリーで洗うメリット

毛布などの大きなものを自宅で洗濯するとなると、干す場所も必要になるので大変です。大きな洗濯物はコインランドリーを利用して洗いましょう。

コインランドリーで洗濯物を洗うたくさんのメリット

  • 脱臭や殺菌効果がある
    コインランドリーで洗濯や乾燥をすると、雑菌やダニ対策になります。天日干しではできない高温風で乾燥してくれます。そしてコインランドリーは水洗いをするので、毛布についた汗や体臭なども落ちます。
  • 早く乾く
    毛布などの大きな洗濯物を洗濯する場合は、コインランドリーの大きなドラム式乾燥機を利用すると早く洗うことが出来、乾燥もしてくれるのでとても便利です。
  • 仕上がりがふわふわ
    コインランドリーの乾燥機には、高温風機能がついているので、毛布やバスタオルなどを洗濯するとふわふわの仕上がりになります。
    コインランドリーを利用するとクリーニングに出すよりも、リーズナブルな料金で済むことも魅力の1つになります。天候にも左右されることがないのでコインランドリーで洗濯することをオススメします。

コインランドリーの使い方・毛布を洗う時にかかる時間と料金の目安

コインランドリーで毛布を洗う時は、洗濯機や乾燥機のサイズは大きいものを選ぶようにしましょう。洗濯機や乾燥機の使い方は簡単です。

毛布を洗う時にかかる時間と料金の目安について紹介します

  • 洗濯のみの場合は毛布1枚の場合、料金は500円~600円になります。時間は30分~40分です。毛布2枚の場合の料金は700円~900円で、時間は約40分~50分になります。
  • 料金は洗濯するものの重さや洗濯機の大きさによって異なるのであくまでも目安にして下さい。
  • 毛布をコインランドリーで1枚乾燥させる場合、乾燥にかかる時間は大体30分~50分が目安になります。約10分あたり100円の乾燥機を使用することになると、300円~500円程度かかることになります。店舗によって料金が異なるので、利用する店舗で確認することをオススメします。
  • 毛布の1枚あたりの重さは3キロ前後と言われています。容量によっては家族分の毛布を一度に洗濯することが可能ですが、あまり多いと汗や臭いをしっかり取り除くことが出来ない恐れも出てくるので注意が必要です。

コインランドリーで毛布を洗う時のポイント

寒い時期になると大活躍する毛布です。毎日使うのでかなり汚れていることが多いです。暖かい季節になり毛布をしまう前には、必ず洗濯をしてからしまうようにしましょう。

自宅では洗濯が小さい、干す場所が狭いなど困っていたらコインランドリーを利用して毛布を洗濯してみましょう。

コインランドリーを利用して、毛布を洗う時のポイント

  1. 毛布などの大きい物はそのまま洗濯機に入れずに屏風たたみにすることで、綺麗に洗濯機や乾燥機に入れると中で絡まず綺麗に洗うことが出来ます。
  2. 乾燥させる時も全体に温風が行くのでふんわりとした仕上がりになります。
  3. 乾燥時間は長めにすることです。濡れている部分があったり、完全に乾いていないとふっくら仕上がりません。しっかり乾燥をしていないと臭いの原因にもなるので乾燥時間は長くすることです。

しかし乾燥機を長くかけすぎると生地が傷んでしまうこともあるので、乾かすのに適切な時間の範囲で行うようにしましょう。

コインランドリーで毛布の洗濯をすると乾燥時間の短縮や綺麗な仕上がり、汚れもしっかり落ちて、一度の数枚の毛布を洗濯・乾燥させることが出来るのでとても便利です。