コインランドリーの布団乾燥機の時間の目安や賢く使うコツとは

コインランドリーで布団乾燥機にかかる時間は、忙しい主婦にとって気になるところですね。布団は毎日使うものだからいつも綺麗にしておきたいけど、洗濯や乾燥に時間がかかるのが難点です。

ここでは、主婦の強い味方であるコインランドリーで布団乾燥機にかかる時間について、時間の目安や待っている間の時間の使い方、時間を短縮させて節約するコツや仕上がりをきれいに乾かすポイントなどお伝えしていきましょう。

これで、悩まずにコインランドリーで布団乾燥機を利用できますし、賢く活用することができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コインランドリーの布団乾燥機の料金の相場や安くするコツとは

コインランドリーの布団乾燥機の料金について、初めてコインランドリーを利用するときは気になりますよね。...

コインランドリーでの敷布団の料金相場やお得なコツと効果とは

コインランドリーで敷布団にかかる料金については、利用する前に気になるものです。敷布団だからクリー...

コインランドリーで布団の乾燥のみでも大丈夫!上手な使い方

コインランドリーでは布団を洗濯する方もたくさんいますが、乾燥のみでも使えるのでしょうか?自宅...

コインランドリーで敷布団を洗う!何キロの洗濯機を選ぶのか

コインランドリーで敷布団を洗う時、何キロサイズの洗濯機で洗うかは、その敷布団のサイズやコインランドリ...

コインランドリーで布団丸洗いする料金の目安やお得にするコツ

コインランドリーでは布団丸洗いをするのに料金がどれくらいかかるのか気になりますよね。初めてコインラン...

コインランドリーの使い方!毛布の洗濯方法と時間・費用の目安

自宅で毛布を洗濯したいと思っても、洗濯機のサイズが小さいと自宅での洗濯が難しいですよね。無理に洗濯を...

ポリエステルを洗濯するときのポイントとは?布団の洗い方

ポリエステルのお布団を洗濯するときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?布団を洗...

コインランドリーで敷布団は乾燥のみでお得になるコツとは

コインランドリーでは敷布団でも乾燥のみの利用をすることができます。コインランドリーでの費用を少しでも...

コインランドリーの料金を羽毛布団でもお得に利用するコツとは

コインランドリーの料金について、羽毛布団を初めて持ち込む場合、どのくらいかかるのか気になりますよね。...

コインランドリーの料金!こたつ布団の賢い洗い方

冬の間はこたつを使うという方も多いですが、春になりこたつを片付ける時には、こたつ布団もキレイにしてし...

コインランドリーの使い方。こたつ布団を上手に洗うコツ

コインランドリーの使い方について、こたつ布団も洗うことができるのか気になる方もいますよね。こたつ...

コインランドリーでの敷布団の洗い方や注意点と失敗しないコツ

コインランドリーでの敷布団の洗い方について知らない方は多いかもしれませんね。敷布団は毎日使うもの...

コインランドリーの料金の目安や布団を洗う方法について

コインランドリーの料金は布団など大物の場合は、どれくらいかかるのに利用前に気になりますよね。できれば...

タンブラー乾燥が禁止な布団の扱い方とは?洗えない布団対策

タンブラー乾燥が禁止の布団が汚れてしまったらもう買い換えるしかないのでしょうか?洗濯表示を見てタ...

コインランドリーで布団にかかる時間を短縮するコツや注意点

コインランドリーで布団を洗って乾燥させる時間はどれくらいなのか、これから利用したいと思っている人は気...

スポンサーリンク

コインランドリーで布団乾燥機にかかる時間は素材によって異なる

小さな子どもがいる家庭ですと、体調が悪くなった場合吐いてしまったり、おねしょをしてしまいシーツや敷パットを通り越し布団まで汚れてしまうことがありますよね。替えの布団があるとクリーニングに出す人も多いですが、部屋が狭く収納する場所もないので布団の替えを持っていない家庭も多いです。クリーニングに出すと時間もかかりますし、費用もとても高額です。布団の替えがない家庭にオススメなのがコインランドリーです。コインランドリーを利用するとその日のうちに布団を使うことが出来るのでおすすめです。
コインランドリーを利用したことがない人は布団を洗濯するのに、どのくらい時間がかかるのか気になりますよね。洗濯に20~30分かかります。ほとんどの店舗の乾燥機は100円で○分というようになっています。ほとんどの店舗は8分~10分の所が多いです。

その日のうちに布団を使いたい場合は、コインランドリーでしっかりと乾燥させるようにしましょう。布団は素材や種類によって乾燥時間が違います。羽毛布団は60分~70分かかります。布団乾燥機を使用する場合、乾燥の途中で布団を裏返すようにしましょう。両面をしっかり乾燥させるだけでなく、布団内部の綿や羽毛などの偏りを防ぐためでもあります。布団の場合30分を目安に裏返すようにしましょう。乾燥機から出すと布団に熱気がこもっているので乾燥しているように感じることが多いです。しかし表面だけ乾燥して内部は湿気っていることもあるので気をつけるようにしましょう。内部が湿気っていると悪臭やカビの原因になります。

コインランドリーの布団乾燥機には少し長めの時間がオススメ

コインランドリーで布団乾燥機を使う時間は約60分程度が目安になります。

しかし脱水時間や布団の素材やサイズによって異なるので注意しましょう。脱水する時間が短いとそれだけ乾燥する時間も長くなります。布団が夏用、冬用なのかによっても乾燥する時間が異なります。素材によって乾燥機にかける時間は異なります。

羽毛布団は長めに乾燥機にかけるようにしましょう。60分~90分程度の乾燥が必要になります。布団の素材によって乾燥時間を調節する必要があるのです。

基本的には数十分で乾燥させる事が出来るので天日干よりも早く乾かす事ができます。コインランドリーの乾燥機がガスを使用して熱を発生させているので家庭用乾燥機よりも早く乾かすことが出来ます。

コインランドリーの布団乾燥機の種類によっても乾燥時間が違ってきます。自宅で天日干しする予定がない、すぐに布団を使う場合は快適に布団を使うためにも、布団の内部がしっかり乾くまでしっかりと乾燥機にかけるようにしましょう。

コインランドリーで布団乾燥機にかかる時間は有効的に使おう

みなさんのお宅ではどのくらいの頻度で寝具の洗濯をしていますか?シーツやベットパット、毛布などは自宅で洗う事が多いですが、布団を洗濯するとなると時間も労力もかかってしまいます。クリーニングに出す方法もありますが、そちらも時間もお金もかかってしまいます。そこで布団の洗濯をする場合コインランドリーをオススメします。

コインランドリーで洗濯をするとその日のうちに布団を使用することが出来ます。布団や毛布などの大きなものを洗う場合は、コインランドリーで脱水時間を長くすることはできません。そのような場合は無理に時間を長くするのではなく、コインランドリー利用中の時間を活用するようにしましょう。

コインランドリーで洗濯や布団乾燥機を利用している間は、店内で終わるのを待つのではなく、買い物を済ませたり、家に帰宅して家事をするようにしると時間を有効に使うことができます。次に使用する人が待っている可能性もあるので乾燥が終わる時間にはコインランドリーに戻るようにしましょう。

コインランドリーでは布団乾燥機の時間を短縮すれば節約にもなる

コインランドリーで布団を洗濯、乾燥させるとどのくらいの料金がかかるのか気になりますよね。

布団をコインランドリーで布団乾燥機にかける時間は60分程度が目安になります。一般的な時間になります。脱水時間、乾燥機の温度、どのような布団の素材やサイズいよっても異なります。脱水時間が短いとその分乾燥にかかる時間が長くなります。

コインランドリーで布団を洗濯する場合洗濯と乾燥機を使うと800円~1800円程度はかかります。料金を節約するために出来ることは、自宅で洗濯と脱水を行ようにすると節約になります。洗濯をするだけでも数百円はかかります。コインランドリーでは乾燥機だけ利用すると洗濯にかかるはずだった料金を節約することが出来ます。

自宅に布団の洗濯や脱水が出来る、濡れた布団をコインランドリーまで運ぶことが出来る場合は洗濯は自宅で行いましょう。脱水時間を長くすることで乾燥機にかける時間も短くすることが出来るのでさらに料金を節約することができます。

コインランドリーの乾燥機はガスを使用しているの乾燥機をかけることでふわふわな仕上がりになります。

布団乾燥機での仕上がりをきれいに乾かすポイント

自宅の洗濯機に乾燥機もついてる家庭も多くなりましたが、布団を洗濯するとなるとやはりクリーニングやコインランドリーを利用する人が多いですよね。

布団をコインランドリーで洗濯、乾燥させ綺麗な仕上がりにするためにはいくつかポイントがあります。

まず洗濯が終わったら一度広げます。羽毛布団の潰れている部分を両手で引っぱり空気を入れます。そうすることで仕上がりのときの羽毛ふとんの膨らみに違いが出てきます。

乾燥機に入れる時、羽毛ふとんを2つ折りにし、側面に広がるように乾燥機に入れます。10分に1度布団を返しながら乾燥をします。最初の10分は2つ折りにして、その後は乾燥機全体に広がるように大きく布団を広げます。布団の表面は乾いているように感じますが、内部には湿気が溜まっていることが多いのでしっかり内部まで乾燥させるようにしましょう。

布団の乾燥は大きく広がった方が乾きが早いので大きな乾燥機を選ぶようにしましょう。乾燥が終わり自宅に持ち帰ったら一度天日干しをすることをおすすめします。もしその日のうちに使用する場合は長い時間乾燥させましょう。