コインランドリーでの敷布団の洗い方や注意点と失敗しないコツ

コインランドリーでの敷布団の洗い方について知らない方は多いかもしれませんね。
敷布団は毎日使うものだからこそ、いつも清潔にしておきたい。しかし、業者に任せるのは簡単で安心ですが、そうなると費用も日数もかかってしまいます。
特に小さいお子さんがいる家庭なら汚す頻度も高いので、もっと気軽に洗えたらと思いませんか?

ここでは、そんなあなたのためにコインランドリーでの敷布団の洗い方についてお伝えしていきましょう。コインランドリーを使った敷布団の洗い方のコツや注意点、必要な事前準備や料金、コインランドリーで失敗しないポイントなどご紹介致します。

これを読めば、あなたもすぐにコインランドリーで敷布団を洗いたくなるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

タンブラー乾燥が禁止な布団の扱い方とは?洗えない布団対策

タンブラー乾燥が禁止の布団が汚れてしまったらもう買い換えるしかないのでしょうか?洗濯表示を見てタ...

コインランドリーで敷布団の乾燥を上手にしっかりさせるコツ

コインランドリーでは敷布団の乾燥もすることができます。ただし、コインランドリーの乾燥機が使える敷布団...

コインランドリーの使い方!毛布の洗濯方法と時間・費用の目安

自宅で毛布を洗濯したいと思っても、洗濯機のサイズが小さいと自宅での洗濯が難しいですよね。無理に洗濯を...

コインランドリーで敷布団の丸洗いを失敗しないコツとポイント

コインランドリーで敷布団の丸洗いができると気軽に洗濯ができて、いつも布団を清潔にできますよね。ただ、...

コインランドリーで布団丸洗いする料金の目安やお得にするコツ

コインランドリーでは布団丸洗いをするのに料金がどれくらいかかるのか気になりますよね。初めてコインラン...

コインランドリーで敷布団は乾燥のみでお得になるコツとは

コインランドリーでは敷布団でも乾燥のみの利用をすることができます。コインランドリーでの費用を少しでも...

ポリエステルを洗濯するときのポイントとは?布団の洗い方

ポリエステルのお布団を洗濯するときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?布団を洗...

コインランドリーでの布団の洗い方!メリットと料金・時間の目安

いつも使っている布団を洗濯したいと思っても、自宅の洗濯機が小さくて洗濯ができない人もいますよね。そん...

コインランドリーの料金を羽毛布団でもお得に利用するコツとは

コインランドリーの料金について、羽毛布団を初めて持ち込む場合、どのくらいかかるのか気になりますよね。...

コインランドリーでの布団の料金相場や上手な活用で節約するコツ

コインランドリーで布団にかかる料金は、布団の大きさやお店によっても違います。しかし、初めてコイン...

コインランドリーの料金の目安や布団を洗う方法について

コインランドリーの料金は布団など大物の場合は、どれくらいかかるのに利用前に気になりますよね。できれば...

コインランドリーの使い方。こたつ布団を上手に洗うコツ

コインランドリーの使い方について、こたつ布団も洗うことができるのか気になる方もいますよね。こたつ...

コインランドリーの使い方で布団の洗い方のコツやオススメ方法

コインランドリーの使い方で、布団の洗濯方法については悩まれる方もいるでしょう。しかし、使い方のコ...

コインランドリーの料金!こたつ布団の賢い洗い方

冬の間はこたつを使うという方も多いですが、春になりこたつを片付ける時には、こたつ布団もキレイにしてし...

コインランドリーで敷布団を洗う!何キロの洗濯機を選ぶのか

コインランドリーで敷布団を洗う時、何キロサイズの洗濯機で洗うかは、その敷布団のサイズやコインランドリ...

スポンサーリンク

コインランドリーでの敷布団の洗い方について

敷布団にカバーをかけて使うことが多いので、敷布団を頻繁に洗濯する人は少ないかもしれません。しかし長い期間使っていると汗が蓄積されたり、汚れが気になります。汗の臭いや汚れが気になるとクリーニングに出すこともありますが、敷布団などの大物はクリーニング代も高くなりがちですし、出来上がりまで時間がかかってしまいます。自宅で洗うことも出来ますが大変ですよね。そんな時はコインランドリーを利用しましょう。

敷布団をコインランドリーで洗うためにはまず洗濯表示を確認しましょう。タグに洗濯不可の表示がある場合はクリーニングに出しましょう。手洗いの表示がある場合も洗濯機での洗濯は出来ません。

洗える場合はコインランドリーの洗濯機のタイプを確認します。布団専用の洗濯機の場合容量を確認します。15キログラム前後の容量があると敷布団の洗濯も出来ます。

敷布団の洗い方

敷布団を丸めて、紐で縛ります。紐で縛ると布団のサイズが小さくなるので洗濯槽に入りやすくなりますが、紐で縛ると洗濯にムラが生じる場合もあります。すすぎ残しが出てしまうこともあるので洗濯機の容量を確認してから紐で縛りましょう。

コインランドリーによっては紐で縛らず、そのまま折り畳んで入れるようになっているコインランドリーもあります。洗濯槽にゆとりがある場合は折り畳むようにしましょう。敷布団の洗濯にかかる時間は約30分。乾燥機に入れて乾燥し十分に乾いたら洗濯は終了です。

コインランドリーを使った敷布団の洗い方のコツとは

小さな子供がいる家庭では布団を汚してしまうこともあります。しかし毎回クリーニングに出すのはお金も時間もかかってしまう。自宅では手間がかかるし、干す場所もない場合はコインランドリーを利用して敷布団を洗いましょう。

コインランドリーを使って洗う時のポイントと注意点

布団は紐で縛る

敷布団は布団をロール上に丸めて紐で何箇所か縛ります。紐は綿素材の紐にしましょう。(コインランドリーによっては縛って洗濯ができない所もあるので注意しましょう)

洗濯機はジャストサイズを選ぶ

洗濯機の容量は洗濯槽の中を布団が9割占める位のサイズにします。洗濯槽に余分な空間が多いと布団の型崩れになります。

同じ種類の布団と一緒に洗う

コインランドリーで布団を洗う時に気をつけたいのは脱水が上手にいくかです。布団は一般的な衣類よりも大きく衣類のように分散されないので、脱水の時に上手く脱水が出来ないということがあります。敷布団は敷布団、同じ種類の布団同士で洗濯するようにしましょう。

乾燥がポイント

洗い終わった布団を大きめの乾燥機に移します。小さめの乾燥機に入れると乾燥に時間もかかり、生乾きになり臭いの原因になることもあります。目安は布団が乾燥機の3分に1くらいのものにしましょう。敷布団を縦に折り30分、裏返して30分乾燥をかけます。終了したら乾いているかしっかり確認します。乾燥が終わったばかり敷布団は表面の温度が高くなっているので乾いていると思いがちですが、中綿が湿っていることもあります。しっかり触り確認するようにしましょう。

コインランドリーでの敷布団の洗い方の注意点

布団の汚れが気になるとクリーニングに出す事が多いですが、出来上がりまで時間がかかってしまうため、予備がないお宅ではコインランドリーを利用する人も多いですよね。敷布団は汗や湿気を吸いやすいので半年に1回、少なくても年に1回は洗いましょう。

敷布団を洗う前に確認

表示タグの確認

必ず表示タグを確認しましょう。洗濯した後に敷布団の縮みや型崩れなどがおきてしまう可能性もあります。洗濯が出来ない素材もあります。

容量

容量が超えている敷布団は洗濯機では洗うことができません。容量オーバーしてしまうと洗濯だけでなく、洗濯機の故障にも繋がります。洗濯槽に入ってもきちんとあらえない可能性もあるのでしっかり確認しましょう。

加熱に注意

乾燥機を使用して敷布団を乾かす時は、加熱のしすぎに注意しましょう。化繊などの合成繊維は乾燥機の中で熱くなることがあります。時々中の様子を見るようにしましょう。必要以上に乾燥させるのは生地を傷める原因になります。乾いたいたら終了しましょう。

綿布団はコインランドリーで洗えない

洗うと綿が固まってしまうのでクリーニングに出しましょう。羊毛布団はコインランドリーで洗うと縮んでしまいます。手洗いなら洗う事が出来るので、クリーニングもしくは自宅のお風呂場で踏み洗いをしましょう。

コインランドリーで敷布団を洗うときの必要な事前準備や料金

布団は毎日使うものなので清潔に保ちたいですよね。毎日使用していても布団の予備がない家庭も多いですよね。敷布団はどのくらいの頻度で洗濯をしていますか?出来れば半年に1回は洗濯をするようにしましょう。汗を多く夏が終わった後や冬に入る前に敷布団を洗いましょう。

コインランドリーの選び方

コインランドリーの店舗によっては敷布団が入らない小容量、中容量に洗濯機しか置いていない店舗もあります。新しいコインランドリーでは布団も一度に洗えるほどの大容量洗濯機を設置している所も多く敷布団がコインランドリーで洗えるコインランドリーもあります。しかしすべての敷布団がコインランドリーで洗えるわけではないので、コインランドリーに行く前にしっかり確認しましょう。

次に敷布団が十分に入る大きさの洗濯機が置いてあるかどうか確認します。シングルサイズの敷布団の場合12Kgほどの小容量から中容量洗濯機、セミダブルの敷布団の場合は20kgの中容量洗濯機、布団のサイズによって洗濯機の大きさが異なります。洗濯機に入れて洗濯槽内が3分の1ほど空いているか確認しましょう。

洗う時はスタートボタンを押せば終了を待つだけです。洗濯にかかる時間は約30分~40分です。料金は洗濯機のサイズによって異なりますが、600円~1,000円位になります。

乾燥機が別に料金がかかります。乾燥は洗濯と異なり時間を自分で決める必要があります。この時間を間違えると生乾きの嫌な臭いがしてしまうので注意しましょう。このような事が起きないようにしっかり乾燥するようにしましょう。目安としては50分~60分です。

コインランドリーで失敗しないポイントとは

敷布団をコインランドリーで洗うと中身が片寄ったり、縮んだりというトラブルに合ってしまうこともあります。しっかりと事前に確認することでこのようなトラブルは回避することは出来ます。

そのためには、洗濯表示の確認をしっかり行い、洗濯機の容量、乾燥をしっかり行うことです。ポイントさえ押さえると敷布団をきれいに洗濯することができます。

敷布団を乾燥させる場合、大きめの乾燥機の方がふんわりと乾きます。料金がやや高めになりますが乾燥時間が短くなるのでお得になる場合もあります。