コインランドリーの料金の目安や布団を洗う方法について

コインランドリーの料金は布団など大物の場合は、どれくらいかかるのに利用前に気になりますよね。できればお得に利用したいと考える人が多いでしょう。

ここでは、気になる布団の丸洗いにかかるコインランドリーの料金について、相場の料金の目安やクリーニング料金との比較、さらにお得にコインランドリーで布団を丸洗いするコツや注意点などお伝えしていきましょう。

これで、悩んまずにコインランドリーで布団をキレイに洗うことができますよ。賢くコインランドリーを利用して、定期的に布団をキレイに洗いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コインランドリーの布団乾燥機の時間の目安や賢く使うコツとは

コインランドリーで布団乾燥機にかかる時間は、忙しい主婦にとって気になるところですね。布団は毎日使うも...

ポリエステルを洗濯するときのポイントとは?布団の洗い方

ポリエステルのお布団を洗濯するときにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?布団を洗...

コインランドリーの布団乾燥機の料金の相場や安くするコツとは

コインランドリーの布団乾燥機の料金について、初めてコインランドリーを利用するときは気になりますよね。...

コインランドリーでの敷布団の料金相場やお得なコツと効果とは

コインランドリーで敷布団にかかる料金については、利用する前に気になるものです。敷布団だからクリー...

コインランドリーで敷布団はダブルでも洗えるコツや注意点とは

コインランドリーでは敷布団のダブルサイズのような大きい物でも洗濯することができます。小さいお子さんと...

コインランドリーで敷布団は乾燥のみでお得になるコツとは

コインランドリーでは敷布団でも乾燥のみの利用をすることができます。コインランドリーでの費用を少しでも...

コインランドリーで布団にかかる時間を短縮するコツや注意点

コインランドリーで布団を洗って乾燥させる時間はどれくらいなのか、これから利用したいと思っている人は気...

コインランドリーの使い方。こたつ布団を上手に洗うコツ

コインランドリーの使い方について、こたつ布団も洗うことができるのか気になる方もいますよね。こたつ...

コインランドリーで敷布団の乾燥を上手にしっかりさせるコツ

コインランドリーでは敷布団の乾燥もすることができます。ただし、コインランドリーの乾燥機が使える敷布団...

コインランドリーの使い方で布団の洗い方のコツやオススメ方法

コインランドリーの使い方で、布団の洗濯方法については悩まれる方もいるでしょう。しかし、使い方のコ...

コインランドリーで敷布団の丸洗いを失敗しないコツとポイント

コインランドリーで敷布団の丸洗いができると気軽に洗濯ができて、いつも布団を清潔にできますよね。ただ、...

コインランドリーの使い方で羽毛布団も簡単フワフワになるコツ

コインランドリーの使い方について、羽毛布団の洗う方法にお悩みのあなた。羽毛布団はこまめに洗う必要...

コインランドリーで布団は乾燥機を使ってフワフワ快適に

コインランドリーでは布団の乾燥機を使う利用法がオススメです。コインランドリーの乾燥機なら布団のような...

コインランドリーの料金を羽毛布団でもお得に利用するコツとは

コインランドリーの料金について、羽毛布団を初めて持ち込む場合、どのくらいかかるのか気になりますよね。...

コインランドリーでの敷布団の洗い方や注意点と失敗しないコツ

コインランドリーでの敷布団の洗い方について知らない方は多いかもしれませんね。敷布団は毎日使うもの...

スポンサーリンク

コインランドリーで布団の丸洗いにかかる料金とは

小さな子どもがいる家庭では親子で川の字になり寝ることもあります。しかし子供の体調が悪いと嘔吐をしてしまったり、おねしょをしてしまうこともあります。

布団が汚れてしまうと洗濯をしなければなりません。クリーニングに出すと仕上がりまで日数もかかりますし、料金も高額なので躊躇してしまいますよね。オススメなのはコインランドリーで布団を洗濯をする方法です。

しかしコインランドリーを利用したことがない人は、使い方や料金がわからないので不安になってしまいます。そこでコインランドリーで布団を洗濯する場合の料金について紹介します。

コインランドリーを利用して布団を洗濯すると、その日のうちに布団を使用することが出来るのでとても便利です。

敷布団1枚の洗濯だけなら料金は500円~600円程度

洗濯時間は約30分~40分になります。乾燥機も使用する場合は約30分~40分になります。料金はサイズによって異なりますが6分~8分で約100円になります。店舗によって洗濯機のサイズ、乾燥機のサイズが異なるので料金にも多少の違いが出てきます。

コインランドリーで布団を丸洗いする前に必ず確認してほしいことがあります。使用している布団が水洗いが出来るものなのかは確認しましょう。ドライクリーニングやキルティング加工されていない布団は、コインランドリーで洗うことができません。

コインランドリーならクリーニング料金よりもお得

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかきます。特に夏の暑い時期はたくさんの汗をかくことになります。枕カバーや布団カバーやシーツなどは自宅で洗濯を頻繁にすることが出来ますが、布団は大きいのでクリーニング店を利用する人が多いです。しかしクリーニング店にお願いすると仕上がりまでに時間がかかること、料金が割高です。家族みんなの分を出すとなるとかなりの金額になってしまいます。

そこで布団を洗う場合コインランドリーを利用しましょう。クリーニングに出す場合と比べると1回あたりの料金がかなり押さえることができます。そして洗う前と比べるとクリーニングに出した時と同じようにふわふわの仕上がりになります。

コインランドリーで布団を洗濯する場合はメリットとデメリットがあります。メリットは洗濯から乾燥まで出来るのでその日のうちに布団を使うことができます。

クリーニングに出すよりも安く布団を洗うことができる

店舗にもよりますが料金を3分の1に押さえることもできます。

デメリットはコインランドリーまで布団を持ち運ぶ手間がかかる、もし失敗すると布団が使えなくなることがあります。

しかしポイントさえしっかりと押さえると汚れもキレイに落ちクリーニングと同じような仕上がりが期待できます。

こたつ布団を洗濯するならコインランドリーを利用しましょう。洗濯だけなら自宅でも出来ますが乾燥までさせると大変です。乾燥機をかける場合は30分~40分はかけます。30分乾燥をかけた後一度布団を確認します。表面は熱く感じますが内部は湿っていることが多いので乾燥は少し長めにかけることをオススメします。布団の中が湿っていると嫌な臭いの原因になったり、カビが発生してしまう可能性があります。完全の乾燥させるようにします。もし天気がいい場合は自宅に持ち帰り天日干しをしましょう。

セール期間を狙えば布団もさらに安い料金で洗える

寝具のカバー類は頻繁に洗濯をする家庭が多いですが、布団の洗濯もしっかりしていますか?布団にも汗が染み込み汚れています。長い間使用していると見えない汚れがたくさん溜まりシミになっていることもあります。布団は半年~1年に1回は洗うようにしましょう。布団は大きいので自宅で洗うのは大変なのでコインランドリーを利用することをおすすめします。

コインランドリーは大きな布団を洗える他、除菌や脱臭効果も期待することができます。コインランドリーの店舗によってはセール期間があります。洗濯や乾燥がいつもよりお得になります。そのような期間に布団を洗濯すると更に安い料金で布団を洗うことができます。

コインランドリーの使用料金を抑える方法

割安な時間帯にコインランドリーを利用する

コインランドリーによっては時間帯によって料金設定がある店舗もあります。料金設定をしている店舗を探すとより安く洗濯、乾燥をすることができます。

洗剤や柔軟剤を持参して布団を洗う

店舗によっては洗剤が自動投入されない洗濯機もあります。このような洗濯機を利用する場合は洗剤や柔軟剤を自宅から持参すると店舗で購入するよりも費用を押さえることができます。

コインランドリーで布団を洗う時に注意すること

小さな子どもがいると布団が汚れてしまうことは頻繁におきます。その度にクリーニングに出すと時間も料金もかかります。出来るだけ自分で洗濯をすると費用を節約することができます。

コインランドリーで布団を洗濯することが出来ることを知っていますか?コインランドリーでは布団などの大きな物も洗濯することができます。布団をコインランドリーで洗う場合は注意点をしっかり守るようにしましょう。

コインランドリーでは洗うことができない布団

  • キルティングのない布団は中身がバラバラになってしまうので洗うことができない
  • 綿や毛が100%も洗濯をすることができない

布団を洗う場合は、中身が偏らないように布団をロール状にして、2~3箇所麻ひもでしばります。コインランドリーの洗濯機を使う場合洗濯槽の3分の2程度に収まるサイズを選ぶようにします。乾燥機は3分の1程度のサイズが最適です。

小さいサイズにしてしまうとしっかり汚れが落ちなかったり、すすぎが不十分になるので臭いの原因にもなるので適切なサイズで洗濯をしましょう。生乾きにならないようにしっかりと乾燥させることです。乾燥が終わると布団の表面は熱いので乾いているような感じがしますが、内部は湿っていることがあります。しっかり内部まで乾燥させないと嫌な臭いの原因になったり、カビが発生する原因にもなるので乾燥時間は少し長めにしましょう。

コインランドリーなら気軽に定期的に布団をキレイに

寒い季節になるとこたつを使用する家庭も多いです。食事をこたつの上で取ることもありますよね。しかし小さな子どもがいるとよく食べ物や飲み物をこぼすしてしまうので、あっという間に汚れてしまいます。こたつ布団の上にカバーをしていても浸透してシミになることもあります。

汚れたらコインランドリーで定期的に洗濯をしましょう。クリーニングに出すよりもコインランドリーを利用して自分で洗うと料金も安く済ませることができます。洗濯から乾燥まで2時間程で洗濯が終了しします。

コインランドリーでこたつ布団を洗濯する場合、洗濯表示は必ず確認しましょう。水洗いできない布団を洗ってしまうと使えなくなってしまうので注意が必要です。