ハンガーの収納は洗面所が狭くてもスッキリ洗濯効率もアップ

ハンガーの収納を洗面所にするなら、洗濯がしやすくなるように収納すると便利です。ハンガー収納に使えるアイテムは身近な物で問題ありません。狭い洗面所でもハンガーをスッキリ収納すれば嫌な家事ストレスからも開放されるでしょう。

そこで、ハンガーを洗面所に収納する方法について、使えるアイテムや狭い洗面所でもスッキリさせるハンガー収納術、洗面所にハンガーを収納するメリットや洗濯効率がアップする理由などお伝えしていきます。

これで、ゴチャゴチャ絡まって大変だったハンガーがすぐに取り出しやすくなるので、洗濯も楽しくなりますし、狭い洗面所でもスッキリ片付くでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯ネットの収納5選!おしゃれで便利に収納できます

洗濯ネットの収納を紹介します。家事って、生活感が溢れるアイテムばかりですよね。そんな、家...

洗濯物をたたむのが面倒!時間短縮のアイデアと洗濯物のたたみ方

洗濯物たたむのも立派な家事の一つ。ですが、面倒な家事の一つでもあります。毎日忙しく仕事をして...

ランドリーラックをDIYで使いやすくする!見せる収納も叶う

ランドリーラックをDIYすれば、自分での使いやすいように収納スペースを作ることができます。家の間取り...

ハンガー収納をおしゃれに見せるアイデアでスッキリ落ち着く

ハンガーの収納をおしゃれに見せたい方も多いのではないでしょうか。ハンガーは散らかりやすいし、生活感が...

洗濯機周りに便利なランドリーラック!スリム型をご紹介

洗濯機周りには、洗濯に必要な物や汚れ物を入れておけるカゴなどを、設置するお家が多いのではないでしょう...

洗濯物のたたみ方はたてると収納がしやすい!収納方法について

洗濯物はたたみ方によって収納のしやすさに違いがでます。なぜか収納が上手くいかない、いつも服を選ぶとき...

洗濯したものをハンガーに掛けそのまま収納。時短家事スタイル

洗濯物を干したハンガーのまま、クローゼットへ。そんな、洗濯物をたたまない時短家事が今、注目さ...

洗濯物をたたまないで着る!おすすめハンガー収納のコツを紹介

洗濯物をたたまないでそのまま着ることができたら楽だと思いませんか?たたむのが苦手だったり、たたん...

洗濯機のホースを隠す便利なアイテムでホコリも収納もスッキリ

洗濯機の排水ホースを隠すアイテムは自分でも作ることができます。排水ホースを隠すことができれば、お悩み...

ニットにハンガーの跡が肩についたのを直す方法と干し方のコツとは

ニットをハンガーにかけて肩にポコッと跡がついてしまった経験はありませんか?気になるハンガー跡は、...

洗濯物の畳み方のコツ。きれいに畳む方法と収納のルール

洗濯物が乾いたら、次は畳む作業です。しかし、この洗濯物を畳むという作業が苦手という方も多いですよね。...

お部屋に置くランドリーボックス!おしゃれに見える収納術

ワンルームに洗濯機!部屋の雰囲気をなるべく壊したくない場合、ランドリーボックスにもこだわりを持つ方が...

物干しハンガーの収納はアイデアと工夫でスッキリ使いやすく

物干しハンガーの収納には、見た目も使いやすさにもストレスがないのが一番です。しかし、収納スペース...

洗濯物をたたむのがめんどくさい理由と解決策!家事の時短方法

洗濯物をたたむ家事をめんどくさいと感じることはありませんか。家族みんなの洗濯物を干し、乾いたらたたん...

洗濯物のたたみ方をきれいに揃えるには?収納しやすくする方法

洗濯物はどのようなたたみ方をしたらしわになりにくいきれいな状態を保つことができるのでしょうか?...

スポンサーリンク

ハンガーを洗面所に収納するときに使えるアイテム

ハンガーは取り出すときに絡まってしまい、イライラすることもありますよね。ハンガーを収納するときは、ハンガー用に収納アイテムを用意して、ハンガーの形や大きさで分類して収納するのがオススメです。
洗面所のような収納スペースがあまり広くない場所にも使うことができる、オススメ収納アイテムを紹介します。

洗面所におすすめのアイテム

ファイルボックス

ファイルボックスにハンガーを立てて収納します。ハンガーの大きさや形別にファイルボックスも用意しますが、ファイルボックスは同じ種類で揃えると統一感が出て見た目もスッキリします。

小さめのゴミ箱

100円ショップにもあるような、小さめだけどハンガーが入るくらいの大きさのゴミ箱もピッタリです。ファイルボックスよりも大きめなので、ハンガーがたっぷり収納できます。

ブックスタンド

仕切りがついているタイプのブックスタンドならハンガー収納にもオススメです。本のようにしてハンガーを並べて収納し、仕切りがあるのでハンガーが倒れることがありません。取り出す時もラクです。棚の上や洗面台の下の収納スペースなどに置いて使う場合にオススメです。

突っ張り棒

突っ張り棒を取り付けると、ハンガーを掛けて収納することができます。洗濯機と壁との隙間や、収納棚などに突っ張り棒を取り付けると便利です。

洗濯かご

洗濯物を持ち運ぶ時に使う大きめのカゴです。取っ手がついているので、洗濯物を干す場所へ持ち運ぶこともできます。
カゴの中に突っ張り棒を取り付けて、ハンガーを掛けて収納しても良いですし、ファイルボックスやブックスタンドを入れて仕切りにすると、ハンガーを用途別に分類して収納することもできます。

狭い洗面所でもスッキリさせるハンガー収納術とは

洗濯機がある洗面所にハンガーを収納することができると干すのもスムーズになりますが、洗面所は狭いスペースでもあるので収納場所が見つからなくて困ることも多いかと思います。
また、洗濯道具をはじめ生活するための道具が多い場所でもあるので、ごちゃごちゃして生活感が出やすい場所にもなりますよね。

そんな狭い洗面所でも工夫次第でスッキリと収納することができます。

洗面台の下の収納スペースにハンガーを収納する

扉がついているのでハンガーが目につくことはありません。
隠す収納ではありますが、ハンガーを取り出しやすくするために、ファイルボックスやブックスタンドも一緒に使って収納するようにします。
このスペースに突っ張り棒を取り付けるのも良い方法です。ハンガーを掛けて収納することで、片付けも取り出すのもラクにできます。

棚の一部をハンガー専用にする

洗面所にカラーボックスのような棚を置いているのなら、棚の一つをハンガー収納用に使うのも良いでしょう。この場合もまたブックスタンドを使ったり、突っ張り棒を取り付けると収納しやすくなります。

ランドリーラックのような棚にハンガーを収納する

ファイルボックスやブックスタンドにハンガーを入れてから、棚の上に置くとスッキリとします。
ハンガーが見えるのが気になる場合は、大きめのカゴを用意して、ハンガーをまとめて入れてから棚の上に置くと良いでしょう。

ハンガーはあえて出しておく

ハンガーが同じ種類で統一されていたり、デザインが気に入っている場合は、見せる収納も良いです。

洗濯機の周りの空いている壁にコートを掛けるフックをとりつけたら、ハンガーを掛けて収納します。シンプルで同じ形のハンガーならあえて見せて収納するのもステキです。

ハンガーを洗面所に収納すれば洗濯もスムーズにできる

洗濯物を干すときに使うハンガーなら、洗濯機が置いてある洗面所に収納するようにすると洗濯がスムーズになります。離れた場所にハンガーを収納してしまうと、使うときや片付けの度に移動しなくてはならず不便です。洗濯に使うものはまとめて収納するようにすることがポイントです。

べランドなど離れた場所に干す場合も、ハンガーを必要な分だけ持って行くことができます。ベランダや外にハンガーを置きっぱなしにしてしまうと、風や雨、日光にさらされることでハンガーの劣化を早めてしまいます。また、せっかくキレイに洗濯した衣類を汚れたハンガーに掛けてしまうことにもなります。
洗濯物はベランダに干している場合も、ハンガーの収納はできるだけ室内にするようにしましょう。

ハンガーはごちゃごちゃになりやすいので、出しっぱなしにしておくと生活感がでてしまうし、掃除をするにも邪魔になってしまいます。ハンガーはできるだけまとめて収納することをオススメします。

ハンガーは洗濯機の近くに収納すれば洗濯効率がアップ

ハンガーが洗濯機の近くにあると、洗濯が終わったらすぐに衣類をハンガーに掛けることができます。脱水が終わったらすぐに干すことで、洗濯物になるべくシワを残さなくできます。

洗濯機の上に空いているスペースがあるのなら、その空間に突っ張り棒を取り付けると便利です。
使っていないハンガーを収納しておくことができ、少しなら洗濯物を干すこともできます。ハンガーをサッと取り出して、片付けも掛けるだけで簡単です。

洗濯の時に使う道具は洗濯機の近くに収納する

洗濯がスムーズになります。ハンガーだけでなく物干しラックや洗濯バサミ、洗濯ネットや洗剤など、洗濯で使う道具一式をまとめて収納しておくようにしましょう。
使いたい時に必要な物をすぐに取り出せるようにすることが、家事の時短にもつながります。

ハンガーを洗面所に上手に収納してスッキリ片付けましょう

洗面所は狭いスペースではありますが、意外と隙間や洗濯機の上などデッドスペースも多い場所でもあります。工夫次第では多くのものを収納することが可能です。訪問客から目が届かないような場所なので、家事のための物を収納するのにも丁度良いでしょう。

ハンガーはクローゼットの近くとかベランダの物干し竿の周りに置いている場合も多いかと思いますが、洗濯で使うハンガーならぜひ洗面所に収納することをオススメします。特に洗濯機の近くに収納することで、洗濯をスムーズにすることができます。

ハンガーを収納する時は大きさや形ごとに分けて収納する

ハンガーがごちゃごちゃになって絡まることが少なくなります。
収納アイテムは同じデザインで揃えると、見た目もスッキリとします。
ハンガーを購入する場合もまた、同じデザインで揃えるようにすると良いでしょう。

ハンガーは家事の動線を考えて洗面所に収納し、一工夫することで使いやすく見た目もスッキリできます。ぜひここで紹介した方法を参考に、上手に収納してみてください。