ニットはハンガーを使って干す、収納しやすく型崩れを防ぐ干し方

ニットはハンガーの干し方を工夫すれば形崩れも防ぐこともできます。ニットを型崩れせずにハンガーに干すことができれば、収納するときも簡単で場所も取りません。

そこで、ニットをハンガー収納するときの干し方について、干し方のコツや型崩れを防ぐためのニットのハンガーへの干し方、ニットに合ったハンガーの選び方のポイントやニットが型崩れしてしまったときの対処法、ニットを長持ちさせるための保管収納の方法などお伝えしていきます。

これを知っていれば、ニットをハンガーに干すときも迷わずに型崩れさせずに干すこともできるので、収納もしやすくなるので便利でしょう。季節の変わり目の保管のコツもおさえてニットを長持ちさせましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ランドリーラックをDIYで使いやすくする!見せる収納も叶う

ランドリーラックをDIYすれば、自分での使いやすいように収納スペースを作ることができます。家の間取り...

ハンガー収納でクローゼットもスッキリまとめる片付け美人のコツ

ハンガーを使って収納するとクローゼットもスッキリまとまるし、片付けるのもとても簡単になります。畳むの...

洗濯物をたたまないで着る!おすすめハンガー収納のコツを紹介

洗濯物をたたまないでそのまま着ることができたら楽だと思いませんか?たたむのが苦手だったり、たたん...

ハンガー【収納アイデアのコツ】狭くても洗濯効率もアップできる

ハンガーの収納アイデアについて悩んでいるあなた。ハンガーの収納の仕方ひとつで洗濯の効率が変わってきま...

洗濯物の畳み方のコツ。きれいに畳む方法と収納のルール

洗濯物が乾いたら、次は畳む作業です。しかし、この洗濯物を畳むという作業が苦手という方も多いですよね。...

洗濯物のたたみ方はたてると収納がしやすい!収納方法について

洗濯物はたたみ方によって収納のしやすさに違いがでます。なぜか収納が上手くいかない、いつも服を選ぶとき...

洗濯機ラックで収納スペースを増やす工夫、おすすめアイデアとは

洗濯機ラックは収納するスペースが少ない洗濯機周りの強い味方です。洗濯機ラックを活用して工夫することで...

ニットにハンガーの跡が肩についたのを直す方法と干し方のコツとは

ニットをハンガーにかけて肩にポコッと跡がついてしまった経験はありませんか?気になるハンガー跡は、...

洗濯物をたたむのが面倒!時間短縮のアイデアと洗濯物のたたみ方

洗濯物たたむのも立派な家事の一つ。ですが、面倒な家事の一つでもあります。毎日忙しく仕事をして...

ランドリーラックを収納活用してスッキリ収納力アップするコツ

ランドリーラックを収納に活用することで、足りない収納スペースを増やすことができます。洗濯周りの収納が...

洗濯機周りに便利なランドリーラック!スリム型をご紹介

洗濯機周りには、洗濯に必要な物や汚れ物を入れておけるカゴなどを、設置するお家が多いのではないでしょう...

洗濯物をたたむのがめんどくさい理由と解決策!家事の時短方法

洗濯物をたたむ家事をめんどくさいと感じることはありませんか。家族みんなの洗濯物を干し、乾いたらたたん...

物干しハンガーの収納はアイデアと工夫でスッキリ使いやすく

物干しハンガーの収納には、見た目も使いやすさにもストレスがないのが一番です。しかし、収納スペース...

洗濯物のたたみ方が早いと家事も時短に!コツや収納のポイント

洗濯物のたたみ方が早いと少しでも家事が時短になります。洗濯物をたたむのが面倒という人はぜひ実践したい...

洗濯機のホースを隠す便利なアイテムでホコリも収納もスッキリ

洗濯機の排水ホースを隠すアイテムは自分でも作ることができます。排水ホースを隠すことができれば、お悩み...

スポンサーリンク

ニットをハンガー収納するときの干し方のコツとは

寒い季節になると着る機会が多くなるニットですが、ニットはどのように収納していますか?なにもせずそのままハンガーにかけて収納すると、ニットの重さで全体が伸びてしまったり、肩の部分に跡がついてしまうこともあります。ニットをハンガーにかけてクローゼットに収納するには干し方にコツがあるのです。

ハンガー1本で出来る、型崩れしいない収納方法

  1. ニットを縦半分に畳みます。
  2. ハンガーを逆さまにして、ニットの脇の部分にフックのすぐ下の部分が来るように置く。
  3. 身ごろにあたる部分をハンガーの上にかけるように乗せて、クロスするように反対側の袖の部分も乗せる。
  4. 両方を乗せたら、後はハンガーを持ち上げてクローゼットにかけて出来上がりです。

この収納方法ならどんなに大きなサイズのニットでもハンガーにかけて干すことが出来ます。タンスにしまう必要がないので畳まなくても済みます。そして選びやすい上に簡単に取り出せるので洋服を選ぶ時間を短縮することができます。

型崩れを防ぐ、ハンガーを使ったニットの干し方

寒くなるとニットやセーターを着る人も多くなりますよね。ニットやセーターはデリケートな衣類なので1度着ただけでは洗濯をしない人も多いです。1度着たニットをタンスの中にしまう人はあまりいませんよね。すぐに洗濯をせず、次に着る場合はハンガーにかけて置く方法があります。普通にハンガーにかけて干してしまうとニットは伸びてしまうので干し方を工夫するようにしましょう。ひと工夫することで型崩れを防ぐことが出来ます。
型崩れを防ぐためのハンガーへの干し方を紹介します。

ニットを縦半分に折り脇の下の部分にハンガーのフックがくるように置く。左右の袖をハンガーにかけ、前身ごろも袖と同じようにハンガーにかける。

又身ごろと袖を折りたたみ、半分の状態にしてかける方法もあります。

ニットの干し方にはニットに合ったハンガーを選ぶ事が大切

お気に入りのニットを洗濯した後にハンガーにかけて干したら肩にハンガーの跡がついてしまった経験を1度はしたことがありますよね。ニットをハンガーに干す場合、ハンガー選びがとても大切になります。しっかりとポイントを押さえることで型崩れするのを防ぎましょう。

ハンガーには色々な種類があります。

サイズの違うハンガーを使い衣類を干すと型崩れが置きてしまう

そのためニットにあったハンガーを選び干し方には注意しましょう。ニットの型崩れで一番気になるのは肩に出来るポッコリしたハンバーの跡です。ポッコリ跡が出来るのを防ぐためには、角が丸い厚みのあるハンガーを選びましょう。又コート用など幅のあるハンガーを選ぶをニットの肩の部分がポッコリしにくくなります。

ハンガーの干し方に失敗してニットが型崩れしてしまったときは

お気に入りのニットを着て出かけようと着替えたら、肩の部分にハンガーの跡がついていることありますよね。

どうしてもお気に入りのニットを着て出かけたい場合の対処方法

アイロンを使う

ハンガーの跡がついてしまった部分を平らにして、スチームアイロンの蒸気を当てます。そのまま平らになるまで撫でます。高温でかけると生地が傷んでしまうので注意しましょう。ウールなどは蒸気を吸い込むと膨らみ元の形に戻ります。元通りには戻らないかもしれませんが、目立たなくなる程度になります。

ドライヤーを使う

跡がついてしまった部分を中から手で押さえ、水で軽く濡らします。濡らした部分を撫でながらドライヤーで乾かします。

ニットを長持ちさせるための保管収納の方法とは

衣替えの季節になり、セーターやニットなどのデリケートな衣類を長持ちさせるためには畳み方や収納方法も大切になってきます。

ニットやセーターを収納する前には必ず洗濯やクリーニングに出す

自宅で洗える場合は洗い、デリケートな素材の場合はクリーニングに出すようにします。クリーニングに出すとビニールの袋に入っています。そのまま保管してしまうと通気性が悪いので湿気やカビの原因になるので、戻ってきたらビニールの袋はすぐに取り外し風通しのいい場所で3日程度は陰干しをします。

衣装ケースなどにしまう場合はふわっと畳むこと

跡がつきやすいセーターやニットは優しくふんわり畳みましょう。そして収納する時もあまり詰め込まないことです。畳む回数は少ない方が着る時に綺麗な状態を保つことが出来ます。ニットを広げ、両袖を後ろに折って、胴の部分を真ん中で折ります。その後くるくると丸め衣装ケースにしまいましょう。薄手のニットやワンピースなど折りジワが目立ちやすい物もあります。薄い場合は間にタオルを挟むとシワを軽減できます。タオルの繊維がニットについても目立たないように同系色のタオルにすることがポイントです。そして浅い衣装ケースに立てて収納するとシワになりにくく、ニットも取り出しやすいです。

セーターやニットなどの衣類は長期間保管していると湿気やカビ、虫食いが気になります。除湿剤や防虫剤を必ず衣装ケースに入れましょう。そうすることでお気に入りのニットを長い間着ることができます。