ハンガー収納でクローゼットもスッキリまとめる片付け美人のコツ

ハンガーを使って収納するとクローゼットもスッキリまとまるし、片付けるのもとても簡単になります。畳むのが面倒で苦手な人にはハンガーを使ったクローゼット収納がオススメです。もちろんハンガー下などの隙間を有効的に活用すれば、さらに片付け上手になれるでしょう。

そこで、ハンガーを使ったクローゼット収納の仕方やコツについて、ハンガーを使ったクローゼット収納がオススメな理由やハンガーにかけるだけのクローゼット収納のコツ、クローゼットをスッキリさせるためのハンガーや吊り下げの収納方法や洋服下の隙間を活用した収納アイデア、大切な衣類を守るためにもクローゼットのカビ対策などお伝えしていきます。

これで、収納が苦手なあなたも楽に収納することができますし、クローゼットもスッキリまとまるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機ラックで収納スペースを増やす工夫、おすすめアイデアとは

洗濯機ラックは収納するスペースが少ない洗濯機周りの強い味方です。洗濯機ラックを活用して工夫することで...

洗濯物をたたむのが面倒!時間短縮のアイデアと洗濯物のたたみ方

洗濯物たたむのも立派な家事の一つ。ですが、面倒な家事の一つでもあります。毎日忙しく仕事をして...

お部屋に置くランドリーボックス!おしゃれに見える収納術

ワンルームに洗濯機!部屋の雰囲気をなるべく壊したくない場合、ランドリーボックスにもこだわりを持つ方が...

ランドリーラックをDIYで使いやすくする!見せる収納も叶う

ランドリーラックをDIYすれば、自分での使いやすいように収納スペースを作ることができます。家の間取り...

ランドリーラックを収納活用してスッキリ収納力アップするコツ

ランドリーラックを収納に活用することで、足りない収納スペースを増やすことができます。洗濯周りの収納が...

洗濯機周りに便利なランドリーラック!スリム型をご紹介

洗濯機周りには、洗濯に必要な物や汚れ物を入れておけるカゴなどを、設置するお家が多いのではないでしょう...

物干しハンガーの収納はアイデアと工夫でスッキリ使いやすく

物干しハンガーの収納には、見た目も使いやすさにもストレスがないのが一番です。しかし、収納スペース...

ニットにハンガーの跡が肩についたのを直す方法と干し方のコツとは

ニットをハンガーにかけて肩にポコッと跡がついてしまった経験はありませんか?気になるハンガー跡は、...

洗濯ネットの収納5選!おしゃれで便利に収納できます

洗濯ネットの収納を紹介します。家事って、生活感が溢れるアイテムばかりですよね。そんな、家...

洗濯したものをハンガーに掛けそのまま収納。時短家事スタイル

洗濯物を干したハンガーのまま、クローゼットへ。そんな、洗濯物をたたまない時短家事が今、注目さ...

洗濯物のたたみ方はたてると収納がしやすい!収納方法について

洗濯物はたたみ方によって収納のしやすさに違いがでます。なぜか収納が上手くいかない、いつも服を選ぶとき...

洗濯物のたたみ方をきれいに揃えるには?収納しやすくする方法

洗濯物はどのようなたたみ方をしたらしわになりにくいきれいな状態を保つことができるのでしょうか?...

洗濯物をたたまないハンガー収納で家事を時短するコツを解説

家族の洗濯物をお洗濯したあとは、洗濯物をたたむ作業をしなくてはなりません。洗濯物を畳むのが面倒な人は...

ニットはハンガーを使って干す、収納しやすく型崩れを防ぐ干し方

ニットはハンガーの干し方を工夫すれば形崩れも防ぐこともできます。ニットを型崩れせずにハンガーに干すこ...

洗濯物をたたむのがめんどくさい理由と解決策!家事の時短方法

洗濯物をたたむ家事をめんどくさいと感じることはありませんか。家族みんなの洗濯物を干し、乾いたらたたん...

スポンサーリンク

ハンガーを使ったクローゼット収納で簡単スッキリ

クローゼットや洗濯物など衣類の整頓・収納が苦手という人は「畳むこと」が面倒だと感じているのではないでしょうか。畳むのがどうしても苦手というケースもあるでしょう。

だったら畳むのをやめ、可能な衣類はすべてハンガー掛けにしてしまえば見た目もスッキリするし畳んでしまう手間も半減します。

部屋数に余裕があれば一室まるまるウォークインクローゼットとして使うことも可能でしょう。

スペースに余裕がなければTシャツやパンツ類など畳みやすいものだけは畳むルールを作って収納します。

基本的には洗濯後ハンガーに掛けて乾燥させたら、そのままクローゼットに掛けるだけなのでラクチンですね。

クリーニングから戻った服はビニールを付けたままだとカビの原因にもなるので、ビニールは外してクローゼットに収納しましょう。

ハンガーにかけるだけのクローゼット収納のコツ

衣類の収納をハンガー掛けで統一しても、楽にはなりますがさらにスッキリさせるのはここからです。

今、あなたのクローゼットでハンガーはどんなものを使っていますか?クリーニングから戻ったときの針金ハンガーや買った時についていたプラスチック製ハンガーをそのまま使っているのではありませんか?
そして時々高級な服を購入したときの木製ハンガーが混じっているのかも。

見た目にも統一感がありませんし、クリーニングから帰ってきたときの針金ハンガーでは襟ぐりの大きなものが落ちてしまったり、型崩れの原因になることも。

ハンガー掛けで収納するときは形状が薄く滑らない素材のもので統一するのがお勧めです。

ハンガーを統一すると見た目にもスッキリするので、断捨離のつもりでこれまでのハンガーを一掃して入れ替えることを考えてもいいのではないでしょうか。

メタルラックのような組み合わせが自由な収納家具を使えば、トップスとボトムスを分けたり形で分けるといった工夫も可能です。

ハンガーや吊り下げ収納でクローゼットもキレイにまとまる

メタルラックは組み合わせパーツも豊富でスペースや掛けるものに合わせて自分で工夫できる楽しみもあります。

小物を入れるバスケットを組み合わせたり、マグネットフックを使用すると服に合わせた小物類もスッキリ収納できますね。

通常のクローゼットでもS字フックなどを使えばベルトやバッグ類も吊り下げて収納するといいでしょう。

吊り下げると型崩れの心配があるものは、布素材の吊り下げラックを利用する方法もあります。このラックなら畳んだ衣類や小物を入れて使うこともできるのでスペースの有効利用にも繋がります。

吊り下げラックなら通気性を保った収納ができるので、大切にしたい衣類や小物の保管に利用してもいいですね。

床に置いたり積み上げると、どうしても雑多な印象になるクローゼット。基本は「吊り下げ」にすると整頓も楽だし手持ちの衣類を把握しやすくなります。

隙間を有効的に活用すればスッキリ収納上手に

クローゼット内の床に無造作に置くとスッキリ感を妨げますが、そこは上手にスペースを利用しましょう。

やはり便利なのは引き出し収納。メーカーによって奥行きや深さにバリエーションがあるのでピッタリのものを探してみましょう。積み重ねが可能なものならクローゼットの中を整理し直しても、その都度配置を変更できます。

狭いクローゼットであれば引き出し収納よりも扉が付いたものをチョイスしてみましょう。

ちなみに、クローゼットの下の空間を上手に使うためには、ハンガー掛けした服の長さを揃えておくのがポイント。

クローゼットの左右どちらかから、ロング丈・セミロング丈・ショート丈と大まかに長さを揃えて掛けておけば、服の下のスペースが有効に使えるようになります。

突っ張り棒式の棚を使えば、ハンガー掛けの下スペースを2段にして使うことも可能。ハンガーと天井の隙間も同様です。デッドスペースを徹底的に利用して賢く収納しましょう。

大切な衣類を守るためにもクローゼットのカビ対策を

どんなに整理整頓されたクローゼットでもカビのせいで服がダメになってしまうのでは意味がありませんよね。

クローゼットの中でカビが発生してしまう原因はいくつかありますが、なんといってもクローゼット内の温度と湿度。

クローゼットは通常締めきるので空気の流れがありません。湿度が70%以上になるとカビ発生の危険信号。温度が高いとよりリスクが高まりますが、15℃以上あればカビは発生します。カビの種類によっては、それ以下でも発生することがあるのです。

一度着ただけの服を洗濯せずにクローゼットに戻す場合は、洋服ブラシなどでホコリを落とし風通しの良い場所で半日ほど乾燥させてからクローゼットにしまうようにしてください。

特に大切にしたい服にカバーを掛けておくときは防カビ作用のある素材で作られたカバーがおすすめです。

部屋の空気を入れ替えるように時々はクローゼットの扉をひらいて換気するようにしてください。

クローゼットは上手に収納すると、見た目に気持ち良いだけでなく確実に使い勝手が良くなります。自分が持っている服をきちんと把握しておけば、無駄な買い物を控えることにも繋がり経済的。

思い切ってクローゼットの中をイメージチェンジしてみてはいかがでしょうか。