ハンガー【収納アイデアのコツ】狭くても洗濯効率もアップできる

ハンガーの収納アイデアについて悩んでいるあなた。ハンガーの収納の仕方ひとつで洗濯の効率が変わってきます。
ハンガーがスッキリと使いやすく収納されていないと、いざ使うときにゴチャゴチャしたり絡まったりして、洗濯物を干す時間のロスにつながるのです。

そこで、狭くてもできる洗濯効率もアップするハンガーの収納アイデアのコツについて、ハンガーを掛ける収納アイデアによって洗濯効率もアップするコツやスッキリと見せずに掛けるハンガーの収納アイデア、ハンガーをケースに収納するアイデアやハンガーを収納するときのポイントなどお伝えしていきます。

これで、ハンガーのストレスからも開放されて洗濯をするのも楽しくなるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハンガー収納をおしゃれに見せるアイデアでスッキリ落ち着く

ハンガーの収納をおしゃれに見せたい方も多いのではないでしょうか。ハンガーは散らかりやすいし、生活感が...

ランドリーラックをDIYで使いやすくする!見せる収納も叶う

ランドリーラックをDIYすれば、自分での使いやすいように収納スペースを作ることができます。家の間取り...

洗濯ハンガーを素敵かつ使い勝手良く収納したい!

洗濯ハンガーがたくさんあると、ごちゃごちゃになってしまう印象がありますよね?3本くらいなら、そん...

洗濯したものをハンガーに掛けそのまま収納。時短家事スタイル

洗濯物を干したハンガーのまま、クローゼットへ。そんな、洗濯物をたたまない時短家事が今、注目さ...

洗濯機のホースを隠す便利なアイテムでホコリも収納もスッキリ

洗濯機の排水ホースを隠すアイテムは自分でも作ることができます。排水ホースを隠すことができれば、お悩み...

洗濯物をたたむのがめんどくさい理由と解決策!家事の時短方法

洗濯物をたたむ家事をめんどくさいと感じることはありませんか。家族みんなの洗濯物を干し、乾いたらたたん...

ニットにハンガーの跡が肩についたのを直す方法と干し方のコツとは

ニットをハンガーにかけて肩にポコッと跡がついてしまった経験はありませんか?気になるハンガー跡は、...

ハンガー収納でクローゼットもスッキリまとめる片付け美人のコツ

ハンガーを使って収納するとクローゼットもスッキリまとまるし、片付けるのもとても簡単になります。畳むの...

お部屋に置くランドリーボックス!おしゃれに見える収納術

ワンルームに洗濯機!部屋の雰囲気をなるべく壊したくない場合、ランドリーボックスにもこだわりを持つ方が...

洗濯ネットの収納5選!おしゃれで便利に収納できます

洗濯ネットの収納を紹介します。家事って、生活感が溢れるアイテムばかりですよね。そんな、家...

ニットはハンガーを使って干す、収納しやすく型崩れを防ぐ干し方

ニットはハンガーの干し方を工夫すれば形崩れも防ぐこともできます。ニットを型崩れせずにハンガーに干すこ...

洗濯物をたたむのが面倒!時間短縮のアイデアと洗濯物のたたみ方

洗濯物たたむのも立派な家事の一つ。ですが、面倒な家事の一つでもあります。毎日忙しく仕事をして...

洗濯物をたたまないで着る!おすすめハンガー収納のコツを紹介

洗濯物をたたまないでそのまま着ることができたら楽だと思いませんか?たたむのが苦手だったり、たたん...

洗濯機周りに便利なランドリーラック!スリム型をご紹介

洗濯機周りには、洗濯に必要な物や汚れ物を入れておけるカゴなどを、設置するお家が多いのではないでしょう...

洗濯物のたたみ方が早いと家事も時短に!コツや収納のポイント

洗濯物のたたみ方が早いと少しでも家事が時短になります。洗濯物をたたむのが面倒という人はぜひ実践したい...

スポンサーリンク

ハンガーを掛ける収納アイデアなら使いやすくて便利

洗濯物を干すのに便利なハンガーですが、出しっぱなしにしておくと生活感が出てしまって気になる場合があります。またスッキリと収納することが難しい形なので、片付けにも取り出すときにも苦労している人も多いのではないでしょうか。

ハンガーを収納する場合は、ハンガーの特徴を活かして掛ける収納がオススメです。
ハンガーを掛けて収納することで、ハンガー同士が絡まって取り出しにくくなることもありませんし、片付けるときも簡単です。

ハンガーを掛けて収納する場合は突っ張り棒がオススメです。ハンガーぐらいなら軽いので、細めの突っ張り棒でも十分です。簡単に取り付けることができますし、使いにくいと感じたら外して場所を移動させることができますので、とりあえず試してみるのもオススメです。

洗濯機の上に空いているスペースがある場合は、そこの突っ張り棒を設置すると良いです。洗濯機の幅の分だけハンガーを掛けることができますし、他にもちょっとしたタオルくらいなら掛けて干しておくこともできます。

洗濯機の上だと見た目が気になる場合は、洗濯機と横の壁の間に突っ張り棒を取り付ける方法もあります。ちょっとした隙間も収納に役立てます。

洗濯機の周りに突っ張り棒を取り付けることができない場合は、浴室や洗面所にある物干し竿に掛けておいても良いでしょう。
ハンガーを同じデザインで揃えると、見た目も気にならなくなりますよ。

ハンガーの収納場所を選んだアイデアで洗濯効率もアップ

ハンガーの収納場所は、ハンガーをよく使うような洗濯機の周りや洗面所を選ぶと便利です。家事の動線を意識して収納することで、洗濯物を干すという作業もスムーズにはかどることと思います。

洗濯機の周りなら、洗濯ラックもオススメです。洗濯機の上の空いたスペースを有効活用できるデザインで、サイズも豊富なので狭い洗面所でも気にせずに設置することができます。

洗濯ラックは棚の他にハンガーを掛けておけるポールがついていますので、そこにハンガーを掛けておくことができます。
棚の上には洗濯バサミや洗濯ネット、洗剤など洗濯で使うもの一式を置いておくことができますのでとても便利です。

ポールの部分にはちょっとした洗濯物も干すことができますので、手洗いした少量の洗濯物なら干す場所としても使うことができます。

洗濯ラックのような大きい物を設置するのが嫌だったり難しい場合なら、洗濯機付近の壁に棚をつける方法も良いでしょう。棚を板ではなく、ハンガーを掛けておくことができるようなメッシュタイプにすることがコツです。ハンガーも掛けて収納でき、棚の上も有効活用できるのでオススメです。

見せずに掛けるハンガーの収納アイデアだとスッキリ

ハンガーは掛けて収納するのが便利ですが、ハンガーが目につくのが嫌だという場合もありますよね。特にハンガーの形が色などがバラバラだとまとまりがなく乱雑に見えてしまいます。

ハンガーを隠して収納したい場合は、洗面台の下の収納スペースの中がオススメです。扉がついているのでハンガーが見えてしまうことはありません。
洗面台の下の収納スペースの中に突っ張り棒を取り付けると、ハンガーを掛けて収納することができます。

洗面台の下の他にも、洗面所に扉がついた収納場所があるのなら、同じように中に突っ張り棒を取り付けてハンガーの収納場所にすると良いでしょう。
カラーボックスのようなオープンな収納棚でも、手前にカーテンなどを取り付けて目隠しをすることで、ハンガーを隠してしまうことができます。

ハンガーをケースに収納するアイデアだと見た目もキレイで簡単

ハンガーを掛けて収納することができないような場合なら、ハンガーが入るボックスに収納することがオススメです。

例えばファイルボックスです。シンプルなデザインのものが多いので出しておいても気になりませんし、洗面台の下の収納場所やちょっとした隙間にも置くことができます。
ファイルボックスを使う場合は、収納したいハンガーが全て入るようにファイルボックスも用意する必要がありますが、このとき全て同じデザインのもので統一するのがポイントです。ファイルボックスにまとまりを持たせることで、インテリア的にも気になりません。
洗濯物を入れる洗濯カゴもハンガー収納に使うことができます。取っ手がついているので持ち運びにも便利です。ベランダや外に干したい場合なら、洗濯物と一緒に持っていくことができますよね。

ハンガーが入る大きさのカゴやボックスがあるなら、それをハンガーの収納に使うことができます。箱ならハンガーを隠して収納することができますし、フタが無い場合なら上にお気に入りの布などをさらっとかけておくと良いでしょう。

ハンガーの収納のコツで洗濯ストレスもゼロになります

ハンガーを収納する場合のポイントは、すぐに取り出すことができて片付けも簡単なことです。掛けて収納する方法だと、ハンガー同士が絡まることがなくサッと取り出すことができ、また片付けも簡単になります。

もともとあるポールにかけたり、突っ張り棒やフックを取り付けるなど、ハンガーを掛けて置く場所を作ることをオススメします。
サッと取り出して使うことができると、忙しい中でもストレスなく洗濯物を干すことができるようになりますよね。

ハンガーの収納場所は、ハンガーを一番良く使う場所を選ぶこともポイントです。使う場所から離れたところに収納すると、使うたびに取りに行きハンガーを持ち運ぶことになります。
洗濯機のある場所や、物干し竿の周りなど、ハンガーを使う場所をハンガーの収納場所に選んでください。ベランダに干すことが多い人なら、ベランダに収納場所を作ったほうが便利になります。

ハンガーの収納は工夫次第でストレスがなくなり、使いやすくすることができます。収納の仕方を工夫したりハンガーのデザインを統一することで生活感も気にならなくできます。ぜひ、ご自宅のハンガー収納の参考にしてみてくださいね。