洗濯物をたたむのがめんどくさい理由と解決策!家事の時短方法

洗濯物をたたむ家事をめんどくさいと感じることはありませんか。家族みんなの洗濯物を干し、乾いたらたたんでしまうという流れも、忙しいとすぐに取り掛かることができずに後回しになってしまうこともあります。

洗濯物をたたむのはとても単純な作業。でも、とてもめんどうな作業でもあります。洗濯物をたたむのがめんどくさい理由と対処法についてチェックしてみましょう。

洗濯物をたたむ時間を時短することができれば、家事の時間も時短することができます。アイデアを知って工夫することで、毎日の家事にかかる手間やストレスを少しでも減らしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハンガーの収納は洗面所が狭くてもスッキリ洗濯効率もアップ

ハンガーの収納を洗面所にするなら、洗濯がしやすくなるように収納すると便利です。ハンガー収納に使えるア...

洗濯機のホースを隠す便利なアイテムでホコリも収納もスッキリ

洗濯機の排水ホースを隠すアイテムは自分でも作ることができます。排水ホースを隠すことができれば、お悩み...

ニットはハンガーを使って干す、収納しやすく型崩れを防ぐ干し方

ニットはハンガーの干し方を工夫すれば形崩れも防ぐこともできます。ニットを型崩れせずにハンガーに干すこ...

洗濯物のたたみ方が早いと家事も時短に!コツや収納のポイント

洗濯物のたたみ方が早いと少しでも家事が時短になります。洗濯物をたたむのが面倒という人はぜひ実践したい...

ニットにハンガーの跡が肩についたのを直す方法と干し方のコツとは

ニットをハンガーにかけて肩にポコッと跡がついてしまった経験はありませんか?気になるハンガー跡は、...

お部屋に置くランドリーボックス!おしゃれに見える収納術

ワンルームに洗濯機!部屋の雰囲気をなるべく壊したくない場合、ランドリーボックスにもこだわりを持つ方が...

洗濯物をたたまないで着る!おすすめハンガー収納のコツを紹介

洗濯物をたたまないでそのまま着ることができたら楽だと思いませんか?たたむのが苦手だったり、たたん...

ランドリーラックをDIYで使いやすくする!見せる収納も叶う

ランドリーラックをDIYすれば、自分での使いやすいように収納スペースを作ることができます。家の間取り...

洗濯機周りに便利なランドリーラック!スリム型をご紹介

洗濯機周りには、洗濯に必要な物や汚れ物を入れておけるカゴなどを、設置するお家が多いのではないでしょう...

洗濯機ラックで収納スペースを増やす工夫、おすすめアイデアとは

洗濯機ラックは収納するスペースが少ない洗濯機周りの強い味方です。洗濯機ラックを活用して工夫することで...

洗濯ハンガーを素敵かつ使い勝手良く収納したい!

洗濯ハンガーがたくさんあると、ごちゃごちゃになってしまう印象がありますよね?3本くらいなら、そん...

ハンガー収納でクローゼットもスッキリまとめる片付け美人のコツ

ハンガーを使って収納するとクローゼットもスッキリまとまるし、片付けるのもとても簡単になります。畳むの...

ハンガー【収納アイデアのコツ】狭くても洗濯効率もアップできる

ハンガーの収納アイデアについて悩んでいるあなた。ハンガーの収納の仕方ひとつで洗濯の効率が変わってきま...

洗濯物をたたむのが面倒!時間短縮のアイデアと洗濯物のたたみ方

洗濯物たたむのも立派な家事の一つ。ですが、面倒な家事の一つでもあります。毎日忙しく仕事をして...

ランドリーラックを収納活用してスッキリ収納力アップするコツ

ランドリーラックを収納に活用することで、足りない収納スペースを増やすことができます。洗濯周りの収納が...

スポンサーリンク

洗濯物をたたむのがめんどくさい理由は導線にある

洗濯物をたたむ作業は、本当にめんどくさいです。

私が家事の中で嫌いな作業ナンバーワンは掃除機掛けなのですが、ナンバーツーにあたるのが洗濯物をたたむこと。洗濯をするのは好きなのですが、どうも乾いた後のたたむ作業には気が向きません。私はいつも、洗濯物が乾いていても、そのまま物干しに放置してしまいがちです。
旦那がしびれを切らして収納場所に運ぶまで、だいたい放置していますし、乾いた洗濯物の中から服を選んで着ることも多いです。
しかし、旦那が乾いた洗濯物をクローゼット部屋まで運んでくれると、そこからは作業が早くなります。クローゼット部屋に乾いた洗濯物が山になっているのは嫌なので、割とすぐにたたんでしまえるんです。
私の家では、洗濯物を室内干しするスペースに、フェイスタオルやバスタオルの収納場所があります。すると、衣類はいつまで経ってもたたまないのに、収納場所が近くにあるタオル類は乾くとすぐにたたむことができます。
収納場所が目に見えていると、洗濯物はたたみやすくなるということですね。

たたむのがめんどくさい洗濯物は収納場所でたたむと良い

乾いた洗濯物は収納場所から遠い場所にあればある程たたむのがめんどくさくなります。

そのため、乾いた洗濯物はすぐに取り込んで、収納場所に持っていくのがおすすめ!

旦那が洗濯物を運んでくれると洗濯物をたためるということがわかった結果、私はこれを改良してより洗濯物がめんどくさくなくたためるように工夫をしました。我が家は物干し竿2本に洗濯物を干すスタイルなので、1本には私の衣類、もう1本には旦那の衣類を分けてかけるようにしたことで、洗濯物が取り込みやすくなり、取り込んだ時に洗濯物が混ざらなくなるため、たたみやすくもなりました。取り込んだ洗濯物は、そのままそれぞれの衣装ケースの前まで持っていき、その場でたたむことで収納もしやすくなるので、以前の様に物干し竿に乾いた洗濯物が放置されていたり、ソファーに洗濯物の山ができていたりすることは滅多になくなりましたよ。
お子さんがいる家庭でも、この方法は実践できると思います。
家族の人数が多くなれば多くなるほど、物干しスペースと収納スペースの行き来が増えることになりますので、そのような場合にはカゴやバッグを人数分用意して、洗濯物を取り込んだらそこに入れ持ち運ぶことで、行き来が減りますね。

洗濯物をたたむのがめんどくさい人はたたまない方法も!ハンガーにかける収納

私の旦那は仕事柄ワイシャツを着ることが多いのですが、このワイシャツが洗濯物をたたむのがめんどくさい一番の理由だったと言っても過言ではありません。脱水するとシワシワになるワイシャツは、洗濯を干すときにも大変ですが、畳むときにも厄介で、アイロンを掛けたり、ボタンを閉めたりするのが、本当に時間がかかる作業で投げ出したくなります。

しかし、収納スペースにオールハンガー収納スペースを作ることで、ワイシャツをたたむ必要はなくなり、乾いた洗濯物を扱うストレスも減りました。
オールハンガー収納はその名の通り、ハンガーに掛けた状態のままで洋服を収納することができる収納法なので、洗濯物干しから、収納用のレールに洗濯物を移し替えるだけで済み、洗濯物をたたむ数が圧倒的に減ります。

オールハンガー収納は、突っ張り棒で手作りすることもできますし、天井と床で突っ張って作る大容量の専用収納もあります。
ワイシャツだけでなく、ワンピースやブラウスなどのいろいろな衣類に対応できますので、洗濯物をたたむのがめんどくさい主婦の方にはぜひ活用して欲しいです。

持っている洋服を全てオールハンガー収納に切り替えてしまえば、たたむのは下着類だけになることも…!
洗濯物をたたむのがめんどくさい人にとっては夢のような収納ですよね。

家族にお手伝いを頼んで洗濯物をたたむめんどくさい家事を時短

夫婦二人暮らしの私でさえ洗濯物をたたむのがめんどくさいのですから、小さいお子さんがいるご家庭の主婦の方や、大家族で暮らす主婦の方の苦労は計り知れません。洗濯物のたたみ方にこだわりがないのであれば、洗濯物はそれぞれ自分でたたんでもらうようにルールを決める、というのも画期的な方法です。
私は、自分の洗濯物にはたたみ方のこだわりがあるので、自分でたたみたいのですが、旦那の洗濯物に関しては関心がないため、旦那自身が自由にたたんでくれるのであれば、その方がラクなタイプです。

ある程度大きくなったお子さんであれば、洗濯物をたたむことも出来るようになるはずですから、「自分のものは自分で片付ける」の精神の元、毎日のお手伝いを自分の洗濯物たたみにしてみるのも良いかもしれませんね。
私も子供ができたら、洗濯物は自分でたたむ制度にしたいと思います。

洗濯物をたたむのがめんどくさい!家事を時短して簡単にするアイデア

たたむのがめんどくさい洗濯物を、ラクにたたむ方法をいくつか紹介してきましたが、最後にズボラ主婦の私の、究極の時短アイデアを紹介して終わりにしたいと思います。

まずは、立ったまま洗濯物をたたむ方法です。
一度座ってしまうと、二度と立ち上がりたくなくなってしまう私は、洗濯物は極力立ってたたむようにしています。
特に物干しの側に収納スペースがあるタオル類は、洗濯物を外したらそのままたたみ、そのまま収納場所にしまうようにしています。
収納場所に持ち込んだ衣類も、衣装ケースなどの上のスペースを利用して立ってたためば、収納するまでの作業がスイスイと進むので、「よいしょ」と気合を入れて立ち上がらなくても洗濯物を片付けられます。

100均などの収納ケースをうまく利用すれば、たたまなくても済む洗濯物を増やすことができます。
特にキッチンで使う布巾やストッキング、パンツなどの下着類、シワにならない素材の衣類などは、取り込んだ側からケースの中に放り込んでしまえば、それだけで収納完了です。見た目は悪いかもしれませんが、衣装ケースや棚を閉じてしまえば中身が来客に見られることもありませんので、見えないところは雑で良い!という考え方です。

めんどくさい洗濯物の片付けは、できるだけ簡単に作業ができる方法に変えていくことで、家事の時短を目指しましょう。