洗濯したものをハンガーに掛けそのまま収納。時短家事スタイル

洗濯物を干したハンガーのまま、クローゼットへ。

そんな、洗濯物をたたまない時短家事が今、注目されています。

気になるけど、実践できるのか自信がないあなたへ、そのまま収納の方法とメリットについてご紹介いたします!

もちろん、自分の生活スタイルに合った家事をするのが、一番の『時短』です。

ハンガーにかけて干した洗濯物をそのままクローゼットへ収納する方法を取り入れたいと考えているなら、是非読んでいただきたい内容になっています。
きっと、参考になるアイディアを見つけられるはずです。

自分の生活スタイル、家事スタイルに合った方法を提案いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の畳み方のコツ。きれいに畳む方法と収納のルール

洗濯物が乾いたら、次は畳む作業です。しかし、この洗濯物を畳むという作業が苦手という方も多いですよね。...

洗濯物のたたみ方をきれいに揃えるには?収納しやすくする方法

洗濯物はどのようなたたみ方をしたらしわになりにくいきれいな状態を保つことができるのでしょうか?...

洗濯物をたたむのがめんどくさい理由と解決策!家事の時短方法

洗濯物をたたむ家事をめんどくさいと感じることはありませんか。家族みんなの洗濯物を干し、乾いたらたたん...

ハンガー収納でクローゼットもスッキリまとめる片付け美人のコツ

ハンガーを使って収納するとクローゼットもスッキリまとまるし、片付けるのもとても簡単になります。畳むの...

ハンガー収納をおしゃれに見せるアイデアでスッキリ落ち着く

ハンガーの収納をおしゃれに見せたい方も多いのではないでしょうか。ハンガーは散らかりやすいし、生活感が...

洗濯物をたたまないで着る!おすすめハンガー収納のコツを紹介

洗濯物をたたまないでそのまま着ることができたら楽だと思いませんか?たたむのが苦手だったり、たたん...

洗濯物のたたみ方はたてると収納がしやすい!収納方法について

洗濯物はたたみ方によって収納のしやすさに違いがでます。なぜか収納が上手くいかない、いつも服を選ぶとき...

洗濯機周りに便利なランドリーラック!スリム型をご紹介

洗濯機周りには、洗濯に必要な物や汚れ物を入れておけるカゴなどを、設置するお家が多いのではないでしょう...

ランドリーラックを収納活用してスッキリ収納力アップするコツ

ランドリーラックを収納に活用することで、足りない収納スペースを増やすことができます。洗濯周りの収納が...

物干しハンガーの収納はアイデアと工夫でスッキリ使いやすく

物干しハンガーの収納には、見た目も使いやすさにもストレスがないのが一番です。しかし、収納スペース...

ニットはハンガーを使って干す、収納しやすく型崩れを防ぐ干し方

ニットはハンガーの干し方を工夫すれば形崩れも防ぐこともできます。ニットを型崩れせずにハンガーに干すこ...

洗濯物のたたみ方が早いと家事も時短に!コツや収納のポイント

洗濯物のたたみ方が早いと少しでも家事が時短になります。洗濯物をたたむのが面倒という人はぜひ実践したい...

洗濯物をたたまないハンガー収納で家事を時短するコツを解説

家族の洗濯物をお洗濯したあとは、洗濯物をたたむ作業をしなくてはなりません。洗濯物を畳むのが面倒な人は...

ニットにハンガーの跡が肩についたのを直す方法と干し方のコツとは

ニットをハンガーにかけて肩にポコッと跡がついてしまった経験はありませんか?気になるハンガー跡は、...

ハンガーの収納は洗面所が狭くてもスッキリ洗濯効率もアップ

ハンガーの収納を洗面所にするなら、洗濯がしやすくなるように収納すると便利です。ハンガー収納に使えるア...

スポンサーリンク

洗濯後、ハンガーのまま収納する時の極意とは

洗濯したあと、ハンガーにかかったそのままの状態で収納すると、家事が時短されると思いませんか?

  • ネットに入れるもの
  • 汚れがヒドイから漂白剤につけたりしておきたいもの
  • 手洗いしなくてはいけないもの

毎日でる大量の家族の洗濯物は、洗濯する前からちょっと面倒な仕分け作業が必要になります。
たくさん洗濯物がある時は1回で終わりませんので、2~3回と洗濯機を回すことになるでしょう。

洗濯物は洗って干すだけではなく、「干して乾いたら畳んでしまう」という作業がつきものです。

しかも快適に暮らす上での家事はこの他にもあるので、本当に大変です。

大変な洗濯を少しでも楽にする方法

そこで洗濯物を畳むという作業を減らすとちょっとラクになります。

その方法はハンガーでそのまま収納する事です。

ハンガーに掛けたものをそのままクローゼットへ掛けるだけですので、畳む手間が省ける事でしょう。

畳むと言う難し作業もないので、子供もお手伝いしやすいですよね。

そして、畳んだ状態で収納されている服よりも、選びやすいという利点があります。あれこれ迷ってタンスの中がグチャグチャになるなんて事はありません。

ハンガー収納は持っている服を把握しやすい

コーディネートの幅も広がります。
よく着ている服、ぜんぜん着ない服もわかるようになる事で、服を整理する時に手放すかどうかの判断もつきやすくなります。

外に干してあった洗濯物をそのままハンガーで収納するので、畳まなくてはいけない洗濯物が山のようになってそのまま放置されているなんて事もなくなるでしょう。

ハンガーでそのまま収納することで、あなたの負担が減る事になりますよ!

洗濯を干したハンガーのままクローゼットへ。そのまま収納のメリットとは

家族の大量の洗濯物を畳む作業は毎日大変です。
そのまま山にして放置しておいても、面倒な作業なのでだれも手伝ってくれません。

しかし「ちょっと自分の服をかけてきて!」とハンガーをかけるだけの作業なら、簡単なので手伝ってくれると思いませんか?
お子さんもこれぐらいならお手伝いしてくれますよね。

そして、畳むよりハンガーで収納する事で洋服がシワになりにくくなります。

たくさん洋服を持っているという人の場合、よく着る服だけをハンガーで収納したり、服はクローゼットに入るだけに決めると、クローゼット内をキレイなまま保つ事ができますし、着ない服もわかるようになるので処分しやすくスッキリします。

また、お子さんでも洋服を選びやすくなります。
タンスに畳んでしまってあると、半袖なのか長袖なのか広げてみないとわからない場合や、コーディネートが違うなと思いまた畳んで収納する事は、お子さんにとっても面倒な事ですよね。
なので、気がつくとタンスの中がグチャグチャになっているという人も多いと思うのです。

その点、ハンガーで収納するとどんな服があるのか見るとすぐにわかり、取り出しもとても簡単です。

ハンガー収納はメリットがたくさんありますね!

洗濯物を干したハンガーでクローゼットに直行!そのまま収納することを迷っている時には

洗濯物をハンガーでそのまま収納することでのメリットがたくさんあると理解していただけたと思いますが、これからどのように収納しようか迷っているなら、まずやってほしい事があります。

ハンガーを揃える事

あなたはどんなハンガーを使用していますか?
クリーニング店から戻って来る時のハンガーを使用しているという人もいるでしょう。針金ハンガーやプラスチックのハンガーを使っているという人がほとんどだと思います。

しかし、そのようの種類が揃っていないハンガーを使用していると、デッドスペースができてしまい、肩のラインが揃っていないので、ハンガーで収納していても見た目がいまいちになってしまうでしょう。

針金ハンガーの場合、長期間干していると洋服が型崩れしてしまう事もありますし、ツルツルとして滑りやすいので、洋服がハンガーから落ちてしまう事もあります。

なので、どのように収納するか迷っている時でも、ハンガーで収納しなくてはいけないものはあると思うので、とりあえずハンガーを揃えてみましょう!

洋服が滑り落ちないようになっているハンガーなどが販売されています。スリムなハンガーを使用すると、デットスペースもなくなるでしょう。

クローゼットの空間を有効に使う為にも、そして見た目もキレイにする為にも、ハンガーを揃える事をおすすめします。

ハンガーの本数で洋服の数を把握!洋服の枚数管理も同時にできます

洗濯物をハンガーのまま収納する事で、洋服の数を把握する事ができます。

洗濯物が多くて畳むのも面倒、そしてクローゼットやタンスに収納するのも一苦労という人は、もっと洋服の数を減らして収納をラクにしたいと思っていませんか?

季節が変わる頃、こんな服は持っていないはずと思っていた購入してきた洋服も、実は同じような洋服がタンスの奥にしまったままになっていたなんて事もあるでしょう。
奥に入っていたり、グチャグチャになっているタンスの中の洋服をすべて把握するのは大変ですよね。

そんな時は、やはりハンガー収納です。
ハンガーの本数で洋服の枚数も管理しちゃいましょう。
ハンガーで収納しているので、見た目もわかりやすく持っている服を把握しやすくなりますよ。

洋服を購入してくると、ハンガーが足りなくなってきますよね。

ハンガーが足りなくなった時が洋服の枚数を見直す時

あまり着ていない洋服がありませんか?いつもクローゼットの端にあって出番のない洋服があると思うのです。これらを整理して洋服の枚数を管理することで、クローゼットにあるハンガーだけの枚数しか持たないようになります。

ここを気をつけるだけで、洋服で溢れてしまうクローゼットにはもう戻りませんよ!

持っている洋服の衣替えはしない!究極のハンガー収納とは

衣替えの季節が来ると「またこの季節がきてしまった…」と憂鬱になる人もいるのではないでしょうか。
ただでさえ毎日家事で忙しいのに、衣替えもしなくてはいけないとなると、いつもの家事以外でやらなくてはいけない事がちょっとでも増えるだけで、疲れてしまいますよね。

そこでまた便利なのがハンガー収納なのです。

畳んで収納しないハンガー収納は、衣替えをする必要がありません!

カテゴリー別にハンガーで干しておく収納で、季節に合わせた服をすぐに選ぶ事ができます。Tシャツもシワになりません。
来年のシーズンはもしかして着るかもしれないからと、衣装ケースにしまいこむ人もいますが、ハンガーにかけておくと、いつでも不要になった時に手放す事ができます。
いらない物を溜め込まない、常にスッキリした状態をキープできるのです。

あなたの家にクローゼットがない場合は、押入れに突っ張り棒や、鉄棒式ハンガーをおいてクローゼット風にしてみるなどの工夫をしてみましょう。

伸びてしまいそうなセーターなど、畳んだ方がいい衣類もありますが、その他の衣類はスペースに余裕があればかけておくだけでいいのです!衣類の痛みが気になる人は、カバーをかけるようにしましょう。

さっそくあなたも、衣替えも必要ない究極のハンガー収納にしてみませんか!