コインランドリーで布団にかかる時間を短縮するコツや注意点

コインランドリーで布団を洗って乾燥させる時間はどれくらいなのか、これから利用したいと思っている人は気になりますよね。家族のために布団を洗いたい主婦にコインランドリーは強い味方ですが、できれば時間もお金もあまりかけたくない。

ここでは、そんなあなたのためにコインランドリーでの布団の洗濯や乾燥にかかる時間の目安、時間短縮や節約方法、布団をコインランドリーで洗う方法やポイントと注意点などお伝えしていきましょう。

これで、あなたも迷わずにコインランドリーで布団をキレイに快適に洗うことができます。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コインランドリーで布団の乾燥のみでも大丈夫!上手な使い方

コインランドリーでは布団を洗濯する方もたくさんいますが、乾燥のみでも使えるのでしょうか?自宅...

コインランドリーでの布団の洗い方!メリットと料金・時間の目安

いつも使っている布団を洗濯したいと思っても、自宅の洗濯機が小さくて洗濯ができない人もいますよね。そん...

コインランドリーで布団は乾燥機を使ってフワフワ快適に

コインランドリーでは布団の乾燥機を使う利用法がオススメです。コインランドリーの乾燥機なら布団のような...

コインランドリーでの敷布団の洗い方や注意点と失敗しないコツ

コインランドリーでの敷布団の洗い方について知らない方は多いかもしれませんね。敷布団は毎日使うもの...

タンブラー乾燥が禁止な布団の扱い方とは?洗えない布団対策

タンブラー乾燥が禁止の布団が汚れてしまったらもう買い換えるしかないのでしょうか?洗濯表示を見てタ...

コインランドリーの布団乾燥機の料金の相場や安くするコツとは

コインランドリーの布団乾燥機の料金について、初めてコインランドリーを利用するときは気になりますよね。...

コインランドリーで布団丸洗いする料金の目安やお得にするコツ

コインランドリーでは布団丸洗いをするのに料金がどれくらいかかるのか気になりますよね。初めてコインラン...

コインランドリーで敷布団を洗う!何キロの洗濯機を選ぶのか

コインランドリーで敷布団を洗う時、何キロサイズの洗濯機で洗うかは、その敷布団のサイズやコインランドリ...

コインランドリーで敷布団はダブルでも洗えるコツや注意点とは

コインランドリーでは敷布団のダブルサイズのような大きい物でも洗濯することができます。小さいお子さんと...

コインランドリーで敷布団の乾燥を上手にしっかりさせるコツ

コインランドリーでは敷布団の乾燥もすることができます。ただし、コインランドリーの乾燥機が使える敷布団...

コインランドリーで敷布団は乾燥のみでお得になるコツとは

コインランドリーでは敷布団でも乾燥のみの利用をすることができます。コインランドリーでの費用を少しでも...

コインランドリーの料金の目安や布団を洗う方法について

コインランドリーの料金は布団など大物の場合は、どれくらいかかるのに利用前に気になりますよね。できれば...

コインランドリーの使い方で布団の洗い方のコツやオススメ方法

コインランドリーの使い方で、布団の洗濯方法については悩まれる方もいるでしょう。しかし、使い方のコ...

コインランドリーでの敷布団の料金相場やお得なコツと効果とは

コインランドリーで敷布団にかかる料金については、利用する前に気になるものです。敷布団だからクリー...

コインランドリーの使い方!毛布の洗濯方法と時間・費用の目安

自宅で毛布を洗濯したいと思っても、洗濯機のサイズが小さいと自宅での洗濯が難しいですよね。無理に洗濯を...

スポンサーリンク

コインランドリーでの布団の洗濯や乾燥にかかる時間の目安

みなさんの家庭ではどのくらいの頻度で布団を洗濯していますか?自宅で洗うとなるとかなりの労力が必要になり、クリーニングに出すのは費用が気になりますよね。そこでおすすめなのがコインランドリーです。布団を自分で運ばないといけないので多少の手間がかかりますが、自宅で洗濯するより労力も時間もかかりませんし、クリーニング店と比べても料金も割安で仕上がります。

コインランドリーを利用したことのない人は時間が気になりますよね。洗濯の場合は20分~40分程度になります。洗濯の場合は一度洗濯機の中に布団を入れると機械が全部やってくれるので洗濯している間に用事を済ませることも出来ます。

乾燥にかかる時間は60分程度が目安になります。一般的な乾燥時間なので、脱水時間や布団のサイズによっても異なります。脱水時間が短いとその分乾燥にかかる時間が長くなります。布団の厚さや素材によっても異なります。天日干しや家庭用の乾燥機よりも乾きが早いのです。家庭用乾燥機との違いは、コインランドリーの乾燥機はガスを使用して熱を発生しているのでふっくら仕上がる事が多いです。

乾燥機から出したばかりの時は布団に熱がこもっているので乾燥しているように感じることが多いです。しかし表面だけが乾燥して内部が湿っていることもあるので内部の確認はしっかりしましょう。乾いていない場合は追加で乾燥させましょう。しっかり乾燥させないと嫌な臭いの原因やカビが発生してしまう可能性も出てきます。

コインランドリーで布団の洗濯にかかる時間の短縮で節約できる

コインランドリーでは衣類だけでなく布団も洗濯する事が出来ることを知っていますか?布団をクリーニングに出すとかなりの料金がかかってしまいますし、布団が戻ってくるまで時間もかかります。そのため布団をコインランドリーで洗濯することが出来るといつでも清潔な布団で寝ることが出来ます。特に小さな子どもがいる家庭では汚れることが多いので、コインランドリーを利用するといつでも清潔な布団で寝ることが出来るのでおすすめです。

クリーニングに出すよりは料金が抑えることが出来ますがそれでも洗濯を乾燥機を使うと1000円~1800円程度はかかってしまいます。コインランドリーの料金を安くするために出来ることは自宅で洗濯と脱水をすることです。そうすることで時間とお金の節約が出来ます。

料金は洗濯機のサイズによって異なりますが、洗濯だけでも数百円がかかってしまいます。そのため乾燥機だけ利用することで料金を安くすることが出来ます。容量の大きな洗濯機が自宅にある場合は問題なく布団を洗うことが出来ます。そして濡れた布団を近くのコインランドリーまで運ぶことが出来る場合は、節約のために洗濯は自宅、乾燥はコインランドリーで行うと節約することが出来ます。

車がなくても免許があればレンタカーやタクシーを利用することで費用を抑えることが出来ます。

コインランドリーでの布団洗いは乾燥させる時間がポイント

自宅で布団を洗うとなると体力や時間もかかるので大変です。コインランドリーで布団を洗濯するとクリーニングに出した料金よりもかなり費用も抑えられます。布団にはたくさん汚れがついているので、コインランドリーを利用して布団を定期的に洗濯するようにしましょう。

コインランドリーで布団を洗う最大のポイントは乾燥時間になります。

洗い終わった布団を大きめの乾燥機に移しましょう。小さいサイズの乾燥機に入れると乾燥するのに時間がかかり、生乾きの嫌な臭いやカビの原因になることもあるので、布団の大きさは乾燥機の3分の1程度のものを選ぶようにしましょう。温度設定が出来る場合は高温に設定し、最低でも60分は乾燥機を回すようにします。乾燥時間が終わり表面が暖かいと十分に乾いていると思われがちですが、布団の内部は生乾きの場合もあります。布団の種類によって乾燥させる時間が異なります。自宅で乾燥させずにその日のうちに布団を使用する人はしっかりと水分を飛ばし布団全体を乾燥させるようにしましょう。

しっかり乾燥させないと後で湿ってくる可能性も出てきます。そうなると布団を使用することが出来なくるので注意しましょう。

コインランドリーで洗える布団かを事前にチェック

自宅では洗うことが大変な布団ですが、コインランドリーを利用すると簡単に洗うことが出来ます。しかしコインランドリーに持っていく前にチェックすることがいくつかあります。

布団の種類によってはコインランドリーで洗えない場合もあります。コインランドリーで洗えるかどうかは洗濯表示がついているので必ず確認しましょう。洗濯表示が「洗濯可」になっている布団はコインランドリーで洗濯することができます。化学繊維や綿で出来ている布団は洗うことが出来ますが洗えない布団は天日干しやクリーニングに出しましょう。

もし「水洗い不可」「手洗いマーク」になっている場合はクリーニングに出しましょう。コインランドリーで洗える布団は羽毛布団、夏掛け布団、こたつ布団などです。

コインランドリーで洗うことの出来ない布団

  • 和布団
    旅館などで見かける布団です。この布団に含まれる綿は洗うと固まってしまうのでクリーニングい出しましょう。
  • 羊毛布団
    羊毛は激しく洗うとフェルトになって縮みます。しかし手洗いは出来るので自分で洗いたい場合はお風呂場を利用して踏み洗いをしましょう。
  • キルティング加工がない
    キルティング加工のない布団を洗うとぐちゃぐちゃになってしまうので洗うことが出来ません。

コインランドリーでの布団の利用はコツを掴んで活用を

コインランドリーで布団を洗う場合、コツを掴むと汚れ落ちもしっかりしてクリーニング店と同じような仕上がりになります。

ポイントは洗濯機の容量を確認し入れやすいようにふとんを縛ったり、畳んでから入れるようにします。洗濯機のサイズは布団が3分の2程度に収まる容量にしましょう。大きすぎると洗濯槽の中に水が十分溜まらず、洗剤や汚れが落ちにくくなります。

洗濯槽に布団を入れたら、料金を入れてスタートボタンを押すと洗濯が開始されます。終了したら乾燥機にうつし、60分以上乾燥させましょう。乾燥が終わったら乾き具合を確認します。中まで乾いていないと臭いやカビの原因になるので注意しましょう。

乾燥機を使用することで、防ダニ、殺菌、防臭の効果があります。コインランドリーで布団を洗濯すると清潔な状態を保つことが出来るので定期的にコインランドリーを利用して洗濯することをオススメします。