洗濯には漂白剤と柔軟剤を上手に使う!洋服を長持ちさせるコツ

洗濯における漂白剤と柔軟剤の効果や違いについてあなたは知っていますか?
漂白剤と柔軟剤は同時に洗濯に使ってもいいものなのか悩む人も多いでしょう。

そこで、ここでは洗濯において漂白剤と柔軟剤を上手に使う方法についてお伝えしていきましょう。

これで、漂白剤と柔軟剤の違いや効果、使用するときの注意点など正しい使い方がわかれば、より洗濯が楽しくなります。洗剤を正しく使うことでお気に入りの洋服を長く着ることも可能になるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯にすすぎ1回で可能な洗剤を使うと時短になる!コツと注意点

洗濯にすすぎ1回で可能な洗剤を使うと時短になります。最近ではこのすすぎ1回対応の洗剤が増えてきていま...

粉洗剤は容器の詰め替えだけで使いやすくオシャレに収納できる

粉末洗剤の容器を詰め替えてみたいと思ったことはありませんか?自分好みの容器に変えれば、使いやすさも変...

洗濯洗剤のおすすめを紹介。部屋干しに向いている洗剤とは

今使っている洗剤はいまいち汚れが落ちていない気がする。生乾きのような臭いも気になると感じていませんか...

重曹と歯磨き粉と漂白剤で上履きもピカピカ!速乾技も紹介

汚れた上履き洗いには、重曹と歯磨き粉と漂白剤を混ぜた最強洗剤を使うのがおすすめです。重曹にしても歯磨...

毛玉予防は柔軟剤がカギ!衣類の毛玉を予防する洗濯のポイント

ニットやセーターなどは毛玉ができやすい衣類です。お気に入りの衣類に毛玉ができてしまうと、とってもショ...

重曹スプレーで靴の臭いを消臭!靴の臭いや汚れには重曹が活躍

毎日履いている靴の臭いに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。そんな時は、重曹を使って靴の消...

洗濯の仕方【洗剤選びや使い方】大切なコツと注意点とは

洗濯の仕方は洗剤選びと使い方によって決まってきます。どの洗剤を選びかは洗う物の素材によっても違います...

洗濯に漂白剤は毎回使う必要はない理由と効果的な使い方

洗濯の度に漂白剤を毎回使っているあなた。漂白剤の使い方について見直してみてはいかがでしょうか。洗剤だ...

液体洗剤と粉洗剤のコスパの違い!一人暮らしの洗剤の選び方

洗濯洗剤は液体洗剤と粉洗剤とがありますが、購入するときにどちらの方がコスパが良いのか悩んだことはあり...

重曹を使った洗濯機の掃除方法【ドラム式】ポイントと注意点

ドラム式洗濯機を愛用しているご家庭も多いと思いますが、重曹を使った掃除方法はご存知でしょうか。...

水通しする生地を洗濯機に入れても良いのかを知りたい

水通しという言葉を聞いたことがありますでしょうか。簡単に言うと、洗剤を使わずに水だけで服や生地を...

粉末洗剤の正しい使い方とは?洗浄力をアップさせるコツ

洗濯洗剤は大きく分けて粉末タイプと液体タイプがありますが、粉末タイプの場合使い方を間違えてしまうと、...

上靴を洗う方法!簡単な洗い方と汚れの落とし方・注意点を解説

お子さんが学校から持ち帰ってきた上靴を洗うとき、できるだけ簡単に洗いたいと思う人は多いのではないでし...

血液のシミや汚れの洗濯はセスキ炭酸ソーダで!洗濯方法と注意点

衣類やシーツなどに血液がついてしまったら、普通にお洗濯をしてもなかなか落とすことができずに困ってしま...

粉の洗剤が液体の洗剤よりもおすすめな理由!粉の洗剤のメリット

洗濯洗剤には、大きく分けて液体洗剤と、粉の洗剤があります。最近では液体の洗剤を使う方も多く、メーカー...

スポンサーリンク

洗濯洗剤と漂白剤や柔軟剤の違いについて

洗濯洗剤の使い分けのすすめ

洗剤には沢山の種類があり、衣類の作りや素材、付いているものによっては使い分けて良い状態で衣類を洗い上げること事が出来ます。使われている生地が柔らかく、繊細な生地の衣類には中性洗剤で優しく洗いましょう。洗剤をやさしいものに変えても洗い方によっては衣類を傷めてしまう心配があります。洗濯機の洗い方が弱いモードを使って洗いあげましょう。

泥汚れや絵の具やインクなどの着色料の頑固な汚れが付いてしまった布には粉洗剤が有効です。汚れのポイントに粉洗剤を少量の水で溶かし練った状態で練りこんでつけると汚れに浸透し落ちやすくなります。

酸素系漂白剤

色や柄物にも使うことができる漂白剤です。特に汚れがひどい場合は乾いた状態の汚れている部分に液体の酸素系漂白剤をつけるとあわ立ち染み込んでいきます。白い道着を洗うと全体的に黄色くなった経験があります。素材によっては色が変わる事があるようなので確認してから使用しましょう。

柔軟剤

衣類をリンスするような役目がある柔軟剤、衣類の繊維が立ち空気を含んだようにふっくらしあがります。乾燥した時期には静電気をおさえる役目もあります。香りにも色々ありついてしまった匂いを消臭する役目がある柔軟剤もあります。

洗濯で漂白剤と柔軟剤を同時に使用するのは問題なし

洗濯で漂白剤と柔軟剤を一緒に使っても衣類の生地に影響したり、形を崩してしまうような影響はありませんがそれぞれの洗剤の役目があるため効果的にはタイミングを意識したほうが良いでしょう。

漂白剤は衣類に付いた汚れや菌を落とす役目があります。

この作業を行っている時に柔軟剤を入れてしまうと、汚れた状態のままコーティングしてしまうので、先に漂白剤で衣類の汚れをリセットしてから、柔軟剤を入れると効果を発揮できるでしょう。

洗濯機にはそれぞれの投入口がついているものがあり、洗濯のタイミングで必要な洗剤を機械が判断していれてくれるため、投入口に洗濯する物の量と必要な洗剤の量を確認して使ってみましょう。

洗濯のときの漂白剤と柔軟剤は入れるタイミングに気をつけましょう

  1. 洗濯物を色分け、汚れ方別にして洗濯機に入れます。洗濯物の量と丁度良い水が入ったら、一箇所に洗剤がかかって一箇所だけ浸透してしまわないように全体にいきわたるように洗剤を入れます。このとき一緒に漂白剤を入れます。同じように満遍なく入れましょう。
  2. 洗い終わったらすすぎのタイミングで柔軟剤を入れます。1度目のすすぎで先に洗った洗剤や漂白剤の成分を洗い流していますのでそのすすぎが終わった後に柔軟剤を入れましょう。全体に入れるために桶の中に少量の水で薄めて作った柔軟剤を入れると全体に入れやすいでしょう。しっかり浸透させたい場合は少しぬるめのお湯を大き目の入れ物に用意してその中に柔軟剤を入れてしっかりかき混ぜ浸透させたい衣類をいれつけておきます、時間を置いてからすすぎ脱水する事で、隅々まで柔軟剤が染み渡りさらにふんわりします。

それぞれの洗剤の入れるタイミングを知って効果的に使いましょう。

衣類の汚れが気になるときでも用量を守ることが大切

汚れがひどい場所には原液をそのままつけて時間を置きます。
洗う物の泥汚れや油汚れ、血液などが付いていて繊維に入り込んでいるような頑固な汚れにはその場所に直接原液をしみこませて漂白しています。汚れている部分だけ白く泡立ち分解しているように見えます。その後歯ブラシや手洗いでこすると汚れが薄くなったり油汚れはしっかり落ちます。それから普段の洗濯の方法で洗濯するとしっかり落ちていますので汚れの度合いによって試してみましょう。

漂白剤を使って洗濯したいほどの汚れの衣類でも、使われている素材によっては使う事で変色や生地を痛めてしまうことがあります。使用できるものを確認し洗濯しましょう。

金属に漂白剤を使うと、錆びて開閉がすんなりできなくなったり、そのさびが他の衣類についてしまうことがあります。洗濯の際には洗濯機に入れるものに注意しましょう。

お気に入りの洋服を長持ちさせるためには正しい洗剤の使い方がコツ

漂白剤でしっかり汚れを落とし、柔軟剤で静電気を防ぎ、柔らかな風合いにする事でお気に入りの服を長く良い状態で着る事が出来るでしょう。

洗剤以外の方法には服の種類や使われている布の成分によっては摩擦に弱いものや引っ張られると生地が伸びてしまわないようにそれぞれ洗濯ネットに入れてから洗濯するとより衣類を傷めず洗濯する事が出来るでしょう。服のえりが伸びてしまわないように、一枚一枚ネットに入れて洗う方法も聞いた事があります。漂白剤との相性を考えて使うネットには金属が付いていないものを使う事をおすすめします。

洗濯が終えた後も衣類の素材によってはかけ方を変えるだけで伸びなかったり、肩の部分が出なかったり、乾きやすかったりする場合がありますので考えて見ましょう。