洗濯の仕方による柔軟剤の正しい使い方と選び方で効果もアップ

洗濯の仕方によって柔軟剤を入れるタイミングや使い方が変わってきます。
せっかくお気に入りの柔軟剤を洗濯に使っても、洗濯の仕方による使い方が間違っていては逆に効果を感じられません。

そこで、洗濯の仕方による柔軟剤の使い方について、柔軟剤を入れるタイミングや柔軟剤の効果を引き出すための洗濯の仕方と柔軟剤の使い方、柔軟剤の匂いが感じられないときの原因や対処法、自分に合った柔軟剤を選ぶときのポイント、柔軟剤の正しい使い方などお伝えしていきます。

これで、洗濯の仕方を変えても柔軟剤の効果を引き出すことがができますし、正しく柔軟剤を使うことができます。
自分に合った柔軟剤を選べば、洗濯をするのも楽しくなるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

上靴を洗う方法!簡単な洗い方と汚れの落とし方・注意点を解説

お子さんが学校から持ち帰ってきた上靴を洗うとき、できるだけ簡単に洗いたいと思う人は多いのではないでし...

洗濯洗剤のおすすめを紹介。部屋干しに向いている洗剤とは

今使っている洗剤はいまいち汚れが落ちていない気がする。生乾きのような臭いも気になると感じていませんか...

粉洗剤は容器の詰め替えだけで使いやすくオシャレに収納できる

粉末洗剤の容器を詰め替えてみたいと思ったことはありませんか?自分好みの容器に変えれば、使いやすさも変...

洗濯の仕方【洗剤選びや使い方】大切なコツと注意点とは

洗濯の仕方は洗剤選びと使い方によって決まってきます。どの洗剤を選びかは洗う物の素材によっても違います...

洗濯のシミ取り洗剤を選ぶポイントと正しい使い方で効果もアップ

洗濯によるシミ取りをするときは洗剤選びも大切です。どんな洗剤を選ぶかによって、洗濯の効率や手間も変わ...

洗濯にすすぎ1回で可能な洗剤を使うと時短になる!コツと注意点

洗濯にすすぎ1回で可能な洗剤を使うと時短になります。最近ではこのすすぎ1回対応の洗剤が増えてきていま...

粉末洗剤の正しい使い方とは?洗浄力をアップさせるコツ

洗濯洗剤は大きく分けて粉末タイプと液体タイプがありますが、粉末タイプの場合使い方を間違えてしまうと、...

洗濯しても臭いときの洗剤選びのポイントや嫌な臭いを取る方法

洗濯物の臭いが気になるときは洗剤を見直してみると嫌な臭いを消すことができるかもしれません。洗濯しても...

毛玉予防は柔軟剤がカギ!衣類の毛玉を予防する洗濯のポイント

ニットやセーターなどは毛玉ができやすい衣類です。お気に入りの衣類に毛玉ができてしまうと、とってもショ...

洗濯物の臭い取りに効果的なセスキ炭酸ソーダの使い方とコツ

洗濯物の臭い取りに効果的な洗剤、それがセスキ炭酸ソーダです。旦那さんの加齢臭だけでなく、生乾きの...

洗濯には漂白剤と柔軟剤を上手に使う!洋服を長持ちさせるコツ

洗濯における漂白剤と柔軟剤の効果や違いについてあなたは知っていますか?漂白剤と柔軟剤は同時に洗濯...

重曹を使った洗濯機の掃除方法【ドラム式】ポイントと注意点

ドラム式洗濯機を愛用しているご家庭も多いと思いますが、重曹を使った掃除方法はご存知でしょうか。...

液体洗剤と粉洗剤のコスパの違い!一人暮らしの洗剤の選び方

洗濯洗剤は液体洗剤と粉洗剤とがありますが、購入するときにどちらの方がコスパが良いのか悩んだことはあり...

洗濯で「すすぎ1回」の洗剤は本当に1回で良い?すすぎ方を解説

洗濯洗剤の中には「すすぎ1回」でも問題ないとされているものもあります。実際に使うと、時間の短縮や...

水通しする生地を洗濯機に入れても良いのかを知りたい

水通しという言葉を聞いたことがありますでしょうか。簡単に言うと、洗剤を使わずに水だけで服や生地を...

スポンサーリンク

柔軟剤を入れるタイミングは洗濯の仕方によって違う

一人暮らしを始めると何もかも初めて経験するという人も多いですよね。実家ぐらしをしていた時、洗濯は親がしてくれていた人も多いのはありませんか?そのため柔軟剤を入れるタイミングがわからないと悩んでいる人もいます。今回は柔軟剤を入れるタイミングについて説明します。

洗濯の仕方によって入れるタイミングが異なります。

柔軟剤は衣類を柔らかく仕上げたり、静電気を防止してくれる役割があります。柔軟剤を使うことで衣類がふっくら仕上がり手触りも良くなるのです。そのため洗濯をする場合は柔軟剤を使用することをおすすめします。

柔軟剤は洗濯機の種類によって入れるタイミングが異なります。全自動の場合は柔軟剤投入口にあらかじめ入れると、最後のすすぎの時に自動で柔軟剤を入れてくれます。縦型の柔軟剤投入口は、洗濯機のふちにあるタイプ、引き出しタイプなどメーカーによって異なります。ドラム式は洗剤を入れる場所が引き出しになっていて、洗剤用と柔軟剤投入口があります。入れる場所を間違わないようにしましょう。

二層式の洗濯機は最後のすすぎの水が溜まったタイミングで投入するようにします。洗濯を初めてする場合は、取扱説明書を良く読んでから洗濯をすることをおすすめします。

手洗いで洗濯をする場合は、最後のすすぎの時に入れます。すすぎの水が綺麗になってから柔軟剤を入れ仕上げます。

柔軟剤の効果をアップさせる洗濯の仕方とは

柔軟剤は色々な種類があり、香りも豊富にあります。柔軟剤を正しく使うことが出来ていますか?洗濯物を干してもいい香りがしないと次の洗濯の時に多めに入れたりすることがありますよね。しかし正しい使い方をしないと柔軟剤の効果が発揮されないこともあります。

洗濯する場合、洗剤と柔軟剤を一緒に使うことでより効果が出ます。洗剤は汚れを落とす効果があり、柔軟剤には衣類をふんわりしたり、香りをつけたりする効果があるのです。一緒に洗濯をすることでより効果の高い洗濯が出来ます。くれぐれも洗剤と柔軟剤を一緒んい混ぜて使用はしないようにしましょう。洗濯の仕方を間違えると柔軟剤の効果が発揮されなくなります。

柔軟剤をれすぎると、香りが強くなりすぎたり、吸水性が悪くなることもあります。使用量は必ず守り使いましょう。

柔軟剤の匂いが感じられないなら洗濯の仕方を見直しましょう

洗濯をしても衣類から柔軟剤のいい香りがしない時ありますよね。香りがしない時は、使い方を見直しましょう。まず使用量が適量か確認します。使用する量が少ないと香りが薄くなってしまいます。手洗いしている場合は、正しいタイミングで柔軟剤を使っているか確認しましょう。また脱水時間が長すぎると、柔軟剤の成分が流れてしまうので脱水は短めに設定しましょう。

洗濯の仕方にも注意が必要です。1度にたくさんの洗濯物をしてしまうと、柔軟剤が行き渡らない可能性もあります。そのため洗濯物の量には注意しましょう。洗濯物の量が少ないと香りが定着しやすくなります。

自分に合った柔軟剤を選ぶときのポイント

柔軟剤は何を基準に選んでいますか?選ぶ基準は香りと効果です。自分の好みの香りを選びましょう。柔軟剤には衣類をふんわり仕上げる効果、防臭効果など柔軟剤によって異なるのでしっかり自分に合っている柔軟剤を選ぶことです。自分に合った洗剤や柔軟剤を使うことで洗濯がより楽しくなります。

柔軟剤には、洗濯物を柔らかく仕上げる効果があります。

柔軟剤を選ぶポイントを紹介します。

  • 香り
    好みの香りを選ぶと、毎日お気に入りの香りに包まれるので気分よく過ごすことが出来ます。
  • 洗剤との相性
    各メーカーから同じ系統の洗剤と柔軟剤が発売されています。洗濯洗剤と柔軟剤は同じメーカーで使うようにしましょう。
  • 抗菌作用
    柔軟剤には抗菌作用が入っているものもあります。部屋干しが多い場合は抗菌作用のある柔軟剤を選びましょう。

柔軟剤の効果をアップするための正しい使い方で洗濯しましょう

柔軟剤を使いすぎると、ふんわり仕上がらなくなり、吸収率も悪くなります。そして肌への影響も出てしまうことがあるのです。

柔軟剤は衣類に陽イオン界面活性剤を付着させています。そのため肌着などは肌に触れることが多くなります。体質によってはアレルギーなどの肌トラブルになることもあるのです。そのため使い過ぎには注意しましょう。

又、適量以上の柔軟剤を使わないようにすることです。適正量はボトルに記載されています。分量以上に入れても匂いがきつくなったり、水をはじきやすくなることもあります。分量は守って正しい使い方をしましょう。洗濯物の量に応じで洗濯機に量が表示されるのでキャップで正しく計量し、柔軟剤投入口に入れます。

そして柔軟剤を何種類も混ぜて使うことはやめましょう。効能の違う種類の柔軟剤を混ぜて使うと微妙な香りになってしまうのでおすすめしません。必ず1種類だけ使うようにしましょう。

柔軟剤の効果をよりアップするためには、正しい使い方で洗濯すると効果が発揮されやすいです。