コインランドリーでの洗剤や柔軟剤の使い方やお得に利用するコツ

コインランドリーには洗剤や柔軟剤が必要かどうかも、利用したことがないとわかりませんよね。コインランドリーは賢く使えば、利用時間も短縮でき、料金もお得に使うことができるんです。

ここでは、コインランドリー初心者のために、コインランドリーでの正しい洗剤や柔軟剤の使い方や注意点、必要な持ち物や使い方、時間を短縮させる裏技やお得な利用方法などお伝えしていきましょう。

これで、安心してコインランドリーを利用することができますし、戸惑わずに使うことができるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コインランドリーの料金!乾燥機の料金の目安と上手な使い方

コインランドリーで乾燥機だけ使いたい場合には、料金はいくらくらいかかるのでしょうか?コインラ...

コインランドリーの布団乾燥でダニを退治するコツやメリット

コインランドリーを利用して布団乾燥することは、ダニ退治にオススメです。布団は毎日使うものだからい...

コインランドリーの使い方、乾燥機を上手に賢く活用する方法

コインランドリーの使い方について、乾燥機の上手な使い方があるのを知っていますか?梅雨など雨の日が続く...

コインランドリーの洗剤の入れ方やタイミングと簡単な持ち込み方

コインランドリーでは洗剤の入れ方やタイミングに注意が必要です。最近では、洗剤が自動投入になったコ...

コインランドリーで洗剤が自動投入されないときの使い方とは

コインランドリーでは洗剤が自動投入されるものがほとんどですが、中には洗剤が必要なコインランドリーもあ...

コインランドリーの使い方は洗剤なしでも簡単でオススメ

初めてコインランドリーに行く方でも使い方はとても簡単で、誰でも利用することができます。洗剤の持ち...

コインランドリーで洗剤は持参するのか?上手な使いこなし術

最近のコインランドリーは清潔感もあり、家に洗濯機がある方でも大物の洗濯をするために利用したり、布団の...

コインランドリーでの洗剤の量はどれくらい?適切な量の目安

最近のコインランドリーは清潔感もあり、若い女性や主婦の方も多く利用されます。しかし、初めてコイン...

コインランドリーの布団乾燥機は温度に注意!上手に乾かすコツ

コインランドリーの布団乾燥機の温度には高温が一般的ですが、布団の素材によっては温度に注意しなければな...

コインランドリーの料金相場は?利用料金の平均の相場を紹介

忙しい主婦の皆さんの中には、上手にコインランドリーを活用して毎日のお洗濯を楽にする工夫をしている人が...

コインランドリーの使い方で時間短縮のコツや節約とオススメ活用

コインランドリーは使い方によっては時間を有効的にすることができるので、忙しい現代人にはとてもオススメ...

コインランドリーの使い方で柔軟剤を入れるタイミングや注意点

コインランドリーの使い方について、柔軟剤が自動投入されないコインランドリーの場合は、自宅から柔軟剤を...

洗濯ネットに入れたまま乾燥機は使える?コインランドリーの場合

引っ越し先にまだ洗濯機が届かない場合や、故障して使えない場合はコインランドリーを利用すると乾燥まで出...

コインランドリーで布団乾燥を早く安くするコツと注意点とは

コインランドリーで布団を乾燥することは、自分の家で布団を干して乾かすよりもずっと楽にできますよ。使い...

コインランドリーや布団乾燥機でダニを退治するポイントとは

コインランドリーの布団乾燥機でダニの退治ができます。もちろん、家庭用の布団乾燥機でも上手に使えばダニ...

スポンサーリンク

コインランドリーには洗剤や柔軟剤の自動投入が多い

一人暮らしを始めることになったけど、家電の配送のタイミングが合わずに洗濯機が届かない場合、洗濯物をクリーニングに出すか、コインランドリーに持ち込むか悩んでしまいます。今までコインランドリーに行ったことがない人、利用したことがない場合は使いかたがわからないので、利用を諦める人も多いです。コインランドリーの使い方がわかれば戸惑うこども出来ずに利用することが出来ます。

まずコインランドリーに行く場合に必要な物は、お金、洗濯物、洗濯物が入る大きめの袋もしくはカゴです

コインランドリーで使用料を支払い時は、100円玉専用のタイプが多いので100円玉は多めに持っていくことをオススメします。店舗によっては両替機がない場合もありますので小銭は多めに用意しましょう。

洗剤や柔軟剤は用意しなくてもいいのでしょうか?コインランドリーは、洗剤や柔軟剤が内蔵されていて、自動で投入してくれるタイプが多いので基本的に洗剤と柔軟剤を持っていく必要はありません。利用料には洗剤代も含まれています。しかし店舗によって異なるので事前に確認しましょう。

コインランドリーに設置されている古い機種又は、縦型洗濯機の場合は洗剤が自動投入されないこともあります。古い機種の場合は1回分の洗剤を持っていくと安心です。縦型洗濯機の場合の場合も洗剤が必要になります。縦型洗濯機の使い方は自宅にあるのとほとんど同じになります。柔軟剤も普段使用しているものを持っていくといつもと同じ仕上がりになります。

洗剤や柔軟剤が必要なコインランドリーはタイミングや量に注意

新しいコインランドリーでは、洗剤と柔軟剤が自動投入される洗濯機を多く設置している店舗が多いです。しかし中には古いタイプの洗濯機を置いている店舗もあります。古い洗濯機の場合は、自分で洗剤や柔軟剤を投入しなければいけません。

古い洗濯機を使うことになると、どのタイミングで洗剤や柔軟剤を投入していいのかわからないことも多いですよね。もし古い洗濯機で洗濯をすることになったとしても、入れるタイミングを覚えておくと慌てずに済みます。

洗剤と柔軟剤を入れるタイミングについて紹介します

洗濯機の種類によって入れる場所あタイミングが異なりますが、まず洗剤を入れるタイミングは、衣類を洗濯機の中に入れ扉を閉める前です。柔軟剤は2回目のすすぎの給水中に洗濯機の柔軟剤投入ランプが点滅した時に入れましょう。もし専用のケースがついている場合は、洗濯前にケースに入れるだけでいいです。一度洗濯機が回転してしまうと、止めることが出来ない場合もあります。もし停止昨日がついていたとしても、洗いの途中で洗剤を入れても効果が充分に発揮されないこともあります。そのため扉を閉める前に洗剤を入れるようにしましょう。

注意ポイントは洗剤と柔軟剤を入れる場所を間違わないことです。洗剤と柔軟剤は投入されるタイミングが違うので、入れる場所を間違ってしまうと、洗浄効果や柔軟の効果がなくなってしまいます。

コインランドリーには小銭や大きな袋を持って行くこと

洗濯物がたくさんある場合や天気が悪くて、なかなか洗濯物が乾かない時はコインランドリーを上手に利用することをおすすめします。

自宅の洗濯機よりも大きいので、一度のたくさんの洗濯物を洗うことが出来ますし、乾燥機もあるので、雨の日はとても便利です。自宅の乾燥機は長い時間かかりますが、コインランドリーは短時間で仕上がるのでとても便利です。

初めてコインランドリーに行く場合、何を持って行くといいのか悩んでしまいます。コインランドリーに行く場合の持ち物は、洗濯物、お金、大きめの袋です。そして店舗によっては洗剤や柔軟剤を自分で投入しなければいけないタイプもあるので、一応用意しておくことをオススメします。

そして機械に入れるお金は100円玉を投入する事が多いので、小銭を用意しておきましょう。又洗濯物を運ぶために大きな袋やカゴがあると便利です。

洗濯をする時は液体タイプの柔軟剤を使用している人も多いですよね。柔軟剤には固形のタイプもあります。乾燥機に入れるだけで柔軟剤効果、香り付け、静電気防止の効果があります。柔軟剤シートの1番のメリットは持ち運びに便利なことです。液体タイプの柔軟剤はボトルの容器に入っていて容量も多いですが、柔軟剤シートは1回分を気軽に持ち運ぶことができるので、コインランドリーでの洗濯にはオススメです。

コインランドリーの使い方や時間を短縮させる裏技

コインランドリーを利用したことがない人はどのくらいの時間がかかるのか気になりますよね。コインランドリーに行っても迷わないように使い方を紹介します。

  1. 洗濯機に洗濯物を入れたらしっかりドアを閉める
  2. お金を投入してスタートボタンを押す
  3. 水と洗剤が自動で投入されて洗濯機が動き出す
  4. 終了したら洗濯機から洗濯物を取り出し、乾燥機に移動する

洗濯時間の目安は30分になります。

コインランドリーにかかる料金が気になる人も多いですよね。店舗や洗濯機の大きさによって異なりますが洗濯と乾燥をすると1000円が平均になります。料金を節約するために洗濯は自宅で行い乾燥機だけコインランドリーを利用する人も増えています。

乾燥機を利用する時に乾いた大きめのバスタオルを入れると乾燥時間が短くなります。なぜなら、バスタオルが水分を吸着し、洗濯物に含まれていた水分が分散する、バスタオルを入れることで、乾燥機が発する熱風をより広い範囲で受ける事が出来ます。そして余熱が残っている温かいものを選ぶとすぐに機械が温まるので乾燥も早く終わらせることが出来ます。

正しく洗剤や柔軟剤を使ってお得に利用しよう

梅雨の時期や天気が悪いと洗濯物の乾きが悪くなりますよね。乾きが悪いと干す場所もなくなりますし、長時間干すことで嫌な臭いが発生することもあります。天気が悪く洗濯物の乾きが悪い時はコインランドリーを上手に利用しましょう。

新しく出来たコインランドリーの洗濯機は、洗剤や柔軟剤は自動投入される洗濯機が多いのです。もし自宅から持ってきた洗剤や柔軟剤を入れてしまうと、洗剤が多めに使われることになってしまいます。洗剤を多く使うと洗浄効果が高くなるような感じがしますが、洗剤をたくさん入れても洗浄力はほとんど変わりません。逆に汚れや洗剤がしっかり落ちずに残ってしまう可能性があります。自動投入機の場合は内蔵されている洗剤と柔軟剤だけを使うようにしましょう。

そして乾燥機は温かい乾燥機を使うと、乾燥時間を10分程度短縮することができるの時間を短縮することが出来ます。乾燥機を使う場合は乾燥機にたくさん詰め込んで乾燥させるよりも、大型乾燥機でスペースに余裕がある方が早く乾燥出来るのでコストも軽減することができます。