コインランドリーの洗剤の入れ方やタイミングと簡単な持ち込み方

コインランドリーでは洗剤の入れ方やタイミングに注意が必要です。
最近では、洗剤が自動投入になったコインランドリーが多いですが、中にはそうではないコインランドリーもあるので、その場合は洗剤を自分で入れなければなりません。

ここでは、コインランドリーでの洗剤の入れ方について、洗剤の入れ方やタイミング、洗剤を入れるときの注意点や最適な量、コインランドリーに洗剤を簡単に持ち込む方法などお伝えしていきます。

これで、コインランドリーでの洗剤の入れ方やタイミングにも困らずに、利用することができるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コインランドリーの料金相場は?利用料金の平均の相場を紹介

忙しい主婦の皆さんの中には、上手にコインランドリーを活用して毎日のお洗濯を楽にする工夫をしている人が...

コインランドリーで洗剤は持参するのか?上手な使いこなし術

最近のコインランドリーは清潔感もあり、家に洗濯機がある方でも大物の洗濯をするために利用したり、布団の...

コインランドリーの使い方!乾燥機の上手な活用でより便利に

コインランドリーの使い方には、乾燥機だけを上手に活用することもできます。雨の日が続いても、たくさんの...

コインランドリーの使い方で柔軟剤を入れるタイミングや注意点

コインランドリーの使い方について、柔軟剤が自動投入されないコインランドリーの場合は、自宅から柔軟剤を...

洗濯ネットに入れたまま乾燥機は使える?コインランドリーの場合

引っ越し先にまだ洗濯機が届かない場合や、故障して使えない場合はコインランドリーを利用すると乾燥まで出...

コインランドリーの料金は乾燥機を上手に使ってお得に利用

コインランドリーの料金は乾燥機だけの利用だとどのくらいかかるのか、これからコインランドリーの利用を考...

コインランドリーの料金!乾燥機の料金の目安と上手な使い方

コインランドリーで乾燥機だけ使いたい場合には、料金はいくらくらいかかるのでしょうか?コインラ...

コインランドリーの布団乾燥機は温度に注意!上手に乾かすコツ

コインランドリーの布団乾燥機の温度には高温が一般的ですが、布団の素材によっては温度に注意しなければな...

コインランドリーで洗剤が自動投入されないときの使い方とは

コインランドリーでは洗剤が自動投入されるものがほとんどですが、中には洗剤が必要なコインランドリーもあ...

コインランドリーや布団乾燥機でダニを退治するポイントとは

コインランドリーの布団乾燥機でダニの退治ができます。もちろん、家庭用の布団乾燥機でも上手に使えばダニ...

コインランドリーの使い方で時間短縮のコツや節約とオススメ活用

コインランドリーは使い方によっては時間を有効的にすることができるので、忙しい現代人にはとてもオススメ...

コインランドリーでの洗剤の量はどれくらい?適切な量の目安

最近のコインランドリーは清潔感もあり、若い女性や主婦の方も多く利用されます。しかし、初めてコイン...

コインランドリーの布団乾燥でダニを退治するコツやメリット

コインランドリーを利用して布団乾燥することは、ダニ退治にオススメです。布団は毎日使うものだからい...

コインランドリーの使い方、乾燥機を上手に賢く活用する方法

コインランドリーの使い方について、乾燥機の上手な使い方があるのを知っていますか?梅雨など雨の日が続く...

コインランドリーで布団乾燥を早く安くするコツと注意点とは

コインランドリーで布団を乾燥することは、自分の家で布団を干して乾かすよりもずっと楽にできますよ。使い...

スポンサーリンク

コインランドリーでの洗剤の入れ方やタイミング

コインランドリーは洗濯物と小銭を持って行くだけで洗濯ができて便利ですが、中には洗剤を自分で用意しなくてはならないところもあります。
コインランドリーを使うときは、まず洗剤が必要かどうかを調べておくと良いでしょう。
洗剤が必要なコインランドリーの場合は、洗剤の自動販売機が設置されている場合が多いので、万が一、洗剤が必要な場合でも焦らなくても大丈夫です。

洗剤が必要なコインランドリーの場合、洗剤を入れるタイミングは家庭の洗濯機と同じです。
洗濯機の中に洗濯物を入れて、使用料の小銭を入れたら、洗剤を入れてから洗濯機を回します。
洗濯機によっては一度回転を始めたら止めることができないものもありますので、洗剤を入れ忘れないように注意しましょう。

洗剤を入れる場所は、洗濯機に必ず大きめに表示されています。
洗剤の入れ忘れを防ぐためにも、洗濯機の中に洗濯物を入れたら、洗剤を入れてから扉をしめて、洗濯機を動かすようにしましょう。

コインランドリーでは洗剤の入れ方や量に注意

コインランドリーによっては、洗剤を用意しなければならないところもありますが、洗濯機に洗剤が内蔵されていて、洗濯物の量に合わせて自動で投入してくれるところも多いです。
洗剤が内蔵されている洗濯機の場合は、洗剤は必要ありません。
そこへ持参した洗剤まで入れていしまうと、洗剤が多すぎてキレイに洗い上げることができなくなります。
洗剤が多すぎると、洗剤が溶けきらずに衣類に残ってしまったり、汚れも残ってしまう場合があります。
お好みの洗剤がある場合でも洗剤を追加するようなことはせずに、洗剤を持参する必要があるコインランドリーを選ぶことです。

柔軟剤に関しても、洗剤と同様です。洗剤を自動投入してくれるコインランドリーの場合は、柔軟剤も自動で投入してくれるところが多いです。

しかし、洗剤は自動投入してくれるものの、柔軟剤の自動投入は無い機械もあります。
この場合は柔軟剤を自分で用意しておく必要があります。

柔軟剤を入れるタイミングは、洗濯機についているランプが点灯して教えてくれます。
洗濯が終わって2回めのすすぎ入ってから、柔軟剤を入れるタイミングになったところで柔軟剤投入のランプがつきますので、そこで柔軟剤を入れると良いです。

洗濯機によっては、洗剤と柔軟剤を最初にセットしておく場合もあります。使う洗濯機の注意などを良く見て、タイミングに注意してください。

コインランドリーでの洗剤の量は洗濯物の重さで決める

洗剤を入れるときは、どれくらいの量を入れたらいいのか迷ってしまう場合もあると思います。家庭の洗濯機なら洗濯物を入れた後に洗濯機が自動で水量を表示してくれますので、その表示を見て適切な洗剤の量を入れることができます。

しかし、コインランドリーの場合は水量の表示はありませんので、必要な洗剤の量がわからないですよね。その場合は、洗濯物の量に合わせて洗剤を入れると良いです。洗剤の裏には洗濯物の重さに合わせた洗剤の使用料が記してありますので、それも参考にします。

コインランドリーに洗濯物を持ち込む前に、家の体重計などで洗濯物の重さを計っておきましょう。その重さに合わせて、洗剤を投入します。
液体の洗濯洗剤なら、キャップ1杯で5~6キロ程度の洗濯物を洗うことができるはずです。

洗剤は多めに入れた方がよりキレイになりそうなイメージがありますが、多くいれても汚れの落とし具合は変わらないそうです。逆に、洗剤が溶けきらずに衣類に残ってしまう場合もあります。洗剤は適量を入れるようにしてください。

コインランドリーに洗剤を簡単に持ち込む方法

コインランドリーに洗剤を持って行く時、洗剤の大きなボトルは荷物になりますよね。キャップがゆるいと洗剤が漏れてしまいますし、毎回持ち込むには、洗剤のボトルは大きすぎます。

コインランドリーには洗剤の自動販売機があり、1回分の量で買うことができます。
洗剤を持ち込むことが面倒な場合や、洗剤を忘れてしまった時は自動販売機を利用すると良いでしょう。

洗剤にこだわりがあって、好みの洗剤を使いたい場合は、家で使っている洗剤を空のペットボトルに移し替えると良いです。ペットボトルは小さめのサイズがオススメです。250mlくらいだと、持ち運ぶのにも丁度良いサイズになります。

粉洗剤も便利です。粉ならこぼれても液体洗剤のほど大変ではありません。粉洗剤を持ち込むときは、小さめの袋に移しておくと良いでしょう。

コインランドリーでは洗剤が必要か事前に確認して入れ方にも気をつけよう

コインランドリーを使いたいときは、洗剤が必要かどうかを事前に調べておくと良いでしょう。せっかく洗濯物を持ち込んだものの、洗剤が無いために取りに帰るというのは面倒です。

コインランドリーによっては洗濯機に洗剤が内蔵されていて、洗剤の持ち込みが必要ないところもあるので、洗剤を用意するのが面倒な場合は、洗剤が必要のないコインランドリーを探しておくと良いです。

また、洗剤にこだわりがあって、好みの洗剤を使いたい場合は、洗剤が内蔵されていないコインランドリーを見つけておくと便利です。
洗剤が自動投入されるのに、更に自分の好きな洗剤があるからと追加して入れてしまうと。洗剤が多すぎて衣類に溶け残ってしまいます。

洗剤を用意するときは、洗濯物の重さを計っておくことも大切です。洗濯物をカゴや袋などに用意したら、体重計で重さを計っておきましょう。
コインランドリーで洗剤を入れる時は、洗濯物の重さに合わせた量を入れます。

洗濯から乾燥までできる便利なコインランドリーを上手に使うためにも、洗剤の有無を確認しておくことも大切です。
洗剤は適量を入れることがキレイに洗い上げるコツになります。