コインランドリーの使い方は洗剤なしでも簡単でオススメ

初めてコインランドリーに行く方でも使い方はとても簡単で、誰でも利用することができます。
洗剤の持ち込みが必要ない場合が多く、まれに洗剤が必要なタイプのものもありますが、そのようなコインランドリーでも使い方は簡単です。

ここでは、コインランドリー初心者でもわかるコインランドリーの使い方についてや、洗剤の必要性や乾燥だけでのオススメ方法、洗剤ありでもなしでもコインランドリーの基本的な使い方や注意点などお伝えしていきましょう。

これで、急な洗濯機の故障やトラブルでも、安心してコインランドリーを利用することができますよ。コインランドリーは使い方次第でとても便利なので、あなたに合った使い方でぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コインランドリーの料金!乾燥機の料金の目安と上手な使い方

コインランドリーで乾燥機だけ使いたい場合には、料金はいくらくらいかかるのでしょうか?コインラ...

コインランドリーで布団乾燥を早く安くするコツと注意点とは

コインランドリーで布団を乾燥することは、自分の家で布団を干して乾かすよりもずっと楽にできますよ。使い...

コインランドリーの洗剤の入れ方やタイミングと簡単な持ち込み方

コインランドリーでは洗剤の入れ方やタイミングに注意が必要です。最近では、洗剤が自動投入になったコ...

コインランドリーの布団乾燥でダニを退治するコツやメリット

コインランドリーを利用して布団乾燥することは、ダニ退治にオススメです。布団は毎日使うものだからい...

コインランドリーの料金は乾燥機を上手に使ってお得に利用

コインランドリーの料金は乾燥機だけの利用だとどのくらいかかるのか、これからコインランドリーの利用を考...

コインランドリーで洗剤は持参するのか?上手な使いこなし術

最近のコインランドリーは清潔感もあり、家に洗濯機がある方でも大物の洗濯をするために利用したり、布団の...

コインランドリーの使い方。乾燥のみはお得で効率良い

コインランドリーの使い方では、乾燥のみを乾燥機で行うことができます。乾燥のみをコインランドリーで利用...

コインランドリーの使い方で時間短縮のコツや節約とオススメ活用

コインランドリーは使い方によっては時間を有効的にすることができるので、忙しい現代人にはとてもオススメ...

コインランドリーの料金相場は?利用料金の平均の相場を紹介

忙しい主婦の皆さんの中には、上手にコインランドリーを活用して毎日のお洗濯を楽にする工夫をしている人が...

コインランドリーでの洗剤や柔軟剤の使い方やお得に利用するコツ

コインランドリーには洗剤や柔軟剤が必要かどうかも、利用したことがないとわかりませんよね。コインランド...

コインランドリーで洗剤が自動投入されないときの使い方とは

コインランドリーでは洗剤が自動投入されるものがほとんどですが、中には洗剤が必要なコインランドリーもあ...

コインランドリーの使い方で柔軟剤を入れるタイミングや注意点

コインランドリーの使い方について、柔軟剤が自動投入されないコインランドリーの場合は、自宅から柔軟剤を...

コインランドリーの使い方、乾燥機を上手に賢く活用する方法

コインランドリーの使い方について、乾燥機の上手な使い方があるのを知っていますか?梅雨など雨の日が続く...

コインランドリーの布団乾燥機は温度に注意!上手に乾かすコツ

コインランドリーの布団乾燥機の温度には高温が一般的ですが、布団の素材によっては温度に注意しなければな...

コインランドリーの使い方!乾燥機の上手な活用でより便利に

コインランドリーの使い方には、乾燥機だけを上手に活用することもできます。雨の日が続いても、たくさんの...

スポンサーリンク

コインランドリーは洗剤なしで使い方も簡単

洗濯機は使用する頻度が高い家電製品なので、もし故障してしまうと大変ですよね。故障してしまうとすぐに家電量販店に行くこともできない場合はコインランドリーを利用する方法もあります。

コインランドリーを初めて利用する場合使い方がわからないので、調べてからコインランドリーに行く人も多いです。

コインランドリー利用方法についてお知らせします

  • コインランドリーを利用する時に気になることの1つが洗剤です。
  • 店舗によって異なりますが、新しい店舗の場合は洗剤を持っていかなくても大丈夫です。
  • 自動投入になっている洗濯機が多く設置されています。
  • 洗濯機利用料の中に洗剤の料金も含まれています。そのため洗濯物だけ持参すればいいです。しかし中には洗剤を持参しないといけない店舗もあるので自分が行きたい店舗で確認してみましょう。
  • 古い機械や縦型洗濯機を置いている店舗では洗剤が必要になることが多いです。店舗で販売していますが、自宅から1回分を持参すると自分の好みのニオイになります。柔軟剤も念のため持っていくことをオススメします。

自動投入されないタイプの洗濯機に洗剤を入れるタイミングは、衣類を洗濯機の中に入れて扉を閉める前に入れます。柔軟剤は2回目のすすぎの給水中に、洗濯機の柔軟剤投入ランプが点灯した時に入れます。洗濯機をスタートさせる前に洗剤と柔軟剤をセットするタイプもあります。そのような場合は指定されている通りにセットしましょう。注意したいのは洗剤と柔軟剤を入れる場所です。洗剤と柔軟剤は投入されるタイミングが違うので間違えて入れないようにしましょう。

コインランドリーで好みの洗剤を使いたいなら乾燥だけがオススメ

コインランドリーで使われている洗剤は業務用です。泡立ちやすすぎやすさなど洗濯機との相性もよく、汚れ落ちはとてもいいです。

どうしても自宅で使っている洗剤を使用したい場合は、洗濯だけ自宅で行いコインランドリーで乾燥機だけ使うようにしましょう。また洗剤が自動投入されないタイプの洗濯機があるコインランドリーを選ぶことで、自分が使用している洗剤を使うことが出来ます。

自分好みの洗剤を使いたいなら、コインランドリーでは乾燥機だけ使うようにしましょう。柔軟剤シートを使うと柔軟剤も好みの匂いになります。使用方法は乾燥する時に投入するだけなので、簡単に使うことができます。効果は液体の柔軟剤と同じで、繊維をふわふわに仕上げたり、静電気を防いだりする効果があります。

液体ではないので持ち運びにも便利ですし、驚くほどいい匂いがしっかりと洗濯物につくのでオススメします。

使い方は乾燥機の中に洗濯物を入れて、洗濯物の1番上に置いて乾燥機をスタートさせます。柔軟シートを入れる時、洗濯ネットに入れると洗濯物に紛れてどこに行ったかわからなくなることがないので、洗濯ネットに入れると探す手間が省けます。

洗剤ありでもなしでも、コインランドリーの基本的な使い方

自宅の洗濯機の調子が悪くなったり洗濯機が自宅にない場合、クリーニング店を利用するかコインランドリーに通うことになります。しかし今までコインランドリーに行ったことがないと使い方がわからないので、コインランドリーに行くことを諦めてしまう人もいるはずです。コインランドリーの使い方を理解すると、洗濯から乾燥まで一気に仕上がるので、基本的な使い方をマスターしてコインランドリーで洗濯してみましょう。

コインランドリーは洗濯と乾燥をすべてその日のうちに終わらせることが出来るので、大きなシーツ、敷パットなど、梅雨時期で洗濯物が乾かない時にコインランドリーを利用するととても便利です。

一般的なコインランドリーの使い方

【用意するもの】

  • お金(小銭)
  • 洗濯物
  • 洋服を入れる大きな袋

新しい店舗は洗剤と柔軟剤が自動投入されるタイプが多く設置されているので、洗剤や柔軟剤を持っていく必要はありません。そのため洗濯物と、お金、大きめの袋を用意しましょう。

コインランドリーには、店舗によりますが洗濯機、乾燥機、洗濯乾燥機の3種類が設置してあります。用途に合わせて使い分けましょう。洗濯だけしたい、乾燥だけしたい、使用目的で使い分ける事が出来るのでとても便利です。

【使い方について】

  1. 洗濯機の使い方はまず空いている洗濯機に洗濯物を入れます。
  2. 洗剤が自動投入されないタイプの洗濯機の場合は洗剤、柔軟剤も投入口に入れます。表示されている金額を投入しスタートボタンを押す。30分~40分で洗濯が終了します。
  3. 最後に乾燥機です。洗濯が終わったら洗濯機から乾燥機に衣類を移します。
  4. 扉を閉じて料金を投入しスタートボタンを押すと乾燥が開始されます。通常の洗濯物なら20分~30分で乾きます。
  5. 乾燥が終わったら取り出し終了です。ジーンズなど厚手の物は乾きにくいので、時間を延長するようにしましょう。

コインランドリーでは詰め込み過ぎや長時間放置に注意

コインランドリーを利用すると、一人暮らしの洗濯物なら1週間分の洗濯物を洗濯から乾燥まで、1時間ほどで終わらせる事が出来るということを知っていますか?

コインランドリーでは洗濯物の量によって洗濯機のサイズも選ぶ事ができます。
一人暮らしから、家族持ちまで幅広い年代の人が利用しています。

しかし、コインランドリーを利用する場合いくつか注意点があるので紹介します。

  • 詰め込みすぎない
    利用する場合料金がかかるので、たくさんの洗濯物を詰め込む人が多くいます。しかし、洗濯物を詰め込みすぎると汚れ落ちが悪くなったり、すすぎもしっかり出来なくなるので詰め込みすぎには注意しましょう。洗濯物の量が多い場合は、容量の大きい洗濯機を選ぶようにしましょう。
  • 表示タグの確認
    コインランドリーの乾燥機は熱風で乾かします。熱に弱い化学繊維は傷んでしまう可能性があるので、乾燥時間は短くしましょう。乾燥機にかけることが出来ない素材もあるので、洗濯表示の確認は必ずしてから乾燥機にかけるようにしましょう。
  • 長時間放置
    コインランドリーはみんなが利用する場所なので、洗濯や乾燥が終わったらすぐに取り出すようにしましょう。

コインランドリーは使い方次第でとても便利に

自宅の洗濯機の調子が悪く洗濯は出来るけど脱水が出来ない、天気が悪い日が続いて洗濯物の乾きが悪いということありますよね。

コインランドリーは使い方次第で、とても便利に使うことが出来ることを知っていますか。洗濯機は自宅の洗濯機よりも大きいので一度にたくさんの洗濯物を洗う事ができます。乾燥機は自宅で乾燥させるととても長い時間かかりますが、コインランドリーだと30分程で物にもよりますが乾かすことが出来ます。

コインランドリーでは一般的な衣類、布団やカーテンなどの大型の洗濯物を洗濯することが出来ます。店舗によってはスニーカーも洗える店舗もあるので探してみましょう。

使い方を工夫するとクリーニングに出すよりも安く仕上がります。