毛布をコインランドリーで洗う時はネットに入れる?洗い方を紹介

毛布はネットに入れて洗うべき?家の洗濯機で毛布を洗うときには、ネットに入れているけれどコインランドリーで洗うときもネットに入れたほうがいいのでしょうか。

コインランドリーで毛布を洗うときのコツやポイントを紹介します。

型崩れや縮み防止は洗濯タグをよく見ることが大切です。コインランドリーで洗濯や乾燥ができるかどうかをチェックしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

毛布は洗濯機の容量と洗い方や干し方のコツで自宅でも簡単

毛布は洗濯機の容量に気をつければ自宅でも簡単に洗うことが可能です。もちろん、容量以外にも失敗しないた...

コインランドリーの料金!毛布の洗濯や乾燥の料金の目安

季節の変わり目には、布団や毛布もシーズンに合わせたものに取り替えますよね。冬の厚手の毛布などは、...

毛布を洗濯機で洗う時に使う洗剤の選び方のポイントや洗濯方法

毛布を洗濯機で洗うときは洗剤の選び方も重要です。毛布の素材や色に合わせた洗剤を選ぶことで、洗濯機でも...

毛布を洗濯機で洗う場合にはネットに入れて!正しい毛布の洗い方

毛布を洗濯したい時には、自宅で洗濯をしますか?それともクリーニングに出しますか?調べてみると自宅で洗...

毛布を自宅で洗濯する時にはどんな洗剤?自分で毛布を洗うには

毛布を自分で洗濯する時に適した洗剤とは?まず、毛布を自宅で洗う前に『洗濯表示』を確認しましょ...

毛布は洗濯ネットなしはNG。理由とキレイに洗える入れ方のコツ

毛布を洗濯ネットなしで洗うのはあまりオススメできません。洗濯ネットに入れないで毛布を洗濯機で洗うと、...

毛布の洗濯機の入れ方やキレイに洗うコツとしっかり乾かす干し方

毛布は洗濯機への入れ方を工夫することで、よりキレイに洗うこともできますし、自宅で簡単に洗濯することが...

毛布の洗濯頻度の理想やタイミングと自宅でいつも清潔にする方法

毛布を洗濯する頻度は家庭によっても違いますよね。毛布は1年中使うシーツなどと違って、洗濯の頻度は少な...

毛布を洗濯なら何キロの洗濯機が最適か目安やキレイに洗うコツ

毛布は洗濯機が何キロのものだと洗うことができるのでしょうか?毛布にも大きさや重さは様々なので...

毛布の洗濯機の洗い方で失敗しないポイントとふんわり乾かすコツ

毛布の洗濯機での洗い方にはコツがあります。洗濯機で洗うときに失敗しないためにも、毛布の洗濯機への入れ...

毛布に使用する洗濯ネット!100均の使い勝手と役立つ利用方法

毛布やタオルケットの大物も洗濯表示によっては、お家での洗濯が可能です。毛布の洗濯は、デリケート衣類と...

毛布の洗濯をコインランドリーでする必要な準備や上手な活用法

毛布の洗濯はコインランドリーを利用するととても簡単にできます。コインランドリーで毛布を洗濯すると、自...

毛布の洗濯を自宅で失敗しないための必要な事前のひと手間やコツ

毛布の洗濯を自宅でするなら、始める前に確認するべきことがあります。このひと手間をしないとせっかく洗っ...

毛布を洗濯機で乾燥も自宅でするコツや簡単で清潔なオススメ方法

毛布を洗濯機を洗って乾燥も自宅でするのは、コツを掴めばできますが、労力は使います。自宅で洗えばクリー...

スポンサーリンク

毛布をコインランドリーで洗うときはネットに入れなくてもいい

洗濯機で洗えるタイプの毛布は、自宅でも洗うことはできますが、干し場所を取ることや乾くまでに時間がかかることを考えると、なかなかそう頻繁に洗うこともできませんよね。毛布の風合いを保ちつつも綺麗に洗いたい時は、コインランドリーを活用しましょう。

大きなネットがなくても大丈夫

家庭用の洗濯機で毛布を洗う際には、脱水時の偏りによる故障の原因になりかねませんので、必ずネットに入れて洗う必要があります。

しかし、毛布の厚みや大きさによっては、かなり大きめの洗濯ネットを用意しなければならないだけでなく、容量が小さめの洗濯機だと、上手く全体が水に浸からないことも。

その点、コインランドリーに設置されている洗濯機でしたら、毛布を洗うだけの十分な容量があるため、必ずしも大型のネットに入れなければならないということはありません。

ただし、洗濯時の擦れを防ぎ、毛布本来の風合いを保つためには、やはりコインランドリーで洗う際にもネットを使用されることおすすめします。

ネットに入れるかは自由!コインランドリーで毛布を洗うときの洗濯機の選び方

コインランドリーに備え付けの洗濯機を使って毛布を洗う場合は、必ず他の洗濯物とは分けて洗いましょう。洗濯機の容量に余裕があれば、複数枚の毛布を一緒に洗うことは可能ですが、他の衣類やシーツなどと一緒に洗ってしまうと、毛布の抜け毛が他の洗濯物についてしまう恐れがありますので、やはり単品洗いをおすすめします。

コインランドリーで毛布をふんわり洗うコツ

コインランドリーには容量の違う洗濯機が複数台置かれています。それぞれ、目安となる洗濯物の量が表示されていることが多いので、まずはそちらを確認しましょう。

毛布の種類にもよりますが、毛布の重さに対して十分に余裕のある大きさの洗濯機を選ぶことが重要となります。

毛布などの大物専用の洗濯機や乾燥機が備え付けられているコインランドリーもありますが、容量さえクリアしていれば、通常の洗濯機で毛布を洗ってもとくに問題はありません。

コインランドリーで毛布を乾燥させるときはネットから出してから

コインランドリーで毛布を洗う一番の利点と言えば、やはり洗濯後の乾燥までを一気に終わらせることができるということに尽きます。毛布は自宅の洗濯機でも洗えるとは言うものの、晴れた日に外干しでもしない限り、乾くまでに場所も時間も必要になるため、多少お金をかけてでも乾燥機を使って完全に乾かしてから持ち帰ることができるというのが、コインランドリーで毛布を洗う人が多い最大の理由でしょう。

乾燥時はネット不要

毛布の風合いを守るために、コインランドリーで洗う際もネットを使うのはとても有効ですが、そのまま乾燥機に入れてしまうと、折りたたまれた中の方が湿った状態のままになりやすいため、乾燥機に入れる際には必ずネットから出すようにしてください。

また、ドラム式の洗濯機で乾燥まで一気に行える場合も、やはり脱水が終わった段階でネットを外すようにしましょう。

ウールの毛布はコインランドリーでも乾燥はNG

毛布の種類によっては、洗濯機で水洗いすることは可能でも、乾燥機にかけるのは避けたほうが良いものもありますので、乾燥機をかける目的のみでコインランドリーを利用する場合においても注意が必要です。

洗濯表示には意味がある

たしかに、ウール製の毛布は普通に干しただけでは乾きにくいため、コインランドリーのように大型の乾燥機で乾かしたほうが、より早く乾かすことができます。しかし、そもそもウール製の毛布は水洗い自体は可能だったとしても、タンブラー乾燥不可という洗濯表示が付いているものが大半であるのには、きちんとした理由があります。

ウール素材は乾燥機にかけることで、元のサイズよりも縮む可能性があるだけでなく、その柔らかな風合いを損ねてしまう恐れがあるため、乾燥機の使用は避けるべきとされています。

そのため、可能であればはじめからクリーニングに出すことをおすすめします。

しかし、コインランドリーで毛布を洗ったはよいものの、びしょ濡れのまま持ち帰るわけにもいきませんよね。そのような場合は、あくまでも自己責任の範囲での話にはなりますが、設置温度を低めに設定し、乾燥時間も極力短めにして、水が滴らない程度になってから持ち帰って、あとは干して乾かすという程度に留めましょう。

毛布を片付けるときにはコインランドリーで洗濯・乾燥をしておくと◯

毛布を常に使っている時期はもちろんのこと、使わなくなって毛布をしまう前にも、できれば洗濯をして綺麗な状態にしてから片付けることをおすすめします。

しばらく使わないからと、汚れたままで放置してしまうと、いたずらに雑菌を増やす原因にもなりますので、やはりしまい込む前のタイミングで洗う必要があるのです。

ネットがなくてもコインランドリーがあれば大丈夫

お金の心配もなく、時間がかかっても構わないのでしたら、はじめからクリーニングに出すだけで済みますが、乾燥機が使用できる素材の毛布でしたら、クリーニングに出す代わりにコインランドリーで洗う頻度を増やすこともできます。毛布はシーツやタオルケットと同様に、使っているうちに汗を吸い込み、パッと見は綺麗でも想像以上に汚れているものです。コインランドリーの乾燥機を使って高温で殺菌することで、なるべく清潔な状態を保てるようにしましょう。

毛布に汚れを付けない工夫を

毛布の汚れは主に足側よりも顔に近い方に付きますので、部分的に片側のみをカバーで覆って使用するのも有効です。これだと、毛布全体を頻繁に洗えなくても、カバーを交換することで毛布に付く汚れを減らすことができます。

布団カバーと同様に、毛布全体を覆うタイプのカバーもありますので、そちらも含めて検討されてみてはいかがでしょうか。