毛布の洗濯頻度の理想やタイミングと自宅でいつも清潔にする方法

毛布を洗濯する頻度は家庭によっても違いますよね。毛布は1年中使うシーツなどと違って、洗濯の頻度は少なくなりがち。
しかも、自宅で洗うと乾かすのに時間もかかるし、干すのも大変です。でも、小さいお子さんが居るなら、毛布もいつも綺麗に清潔に保ちたいですね。

ここでは、そんな毛布をいつも清潔に保つために、理想の洗濯頻度や一般的な洗濯頻度、丸洗い以外の毛布のケアや毛布を自宅で洗濯する方法とポイントなどお伝えしていきましょう。

これで、早速毛布を洗濯したくなるかもしれませんね。毛布を洗濯すれば清潔で快適に使えますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

毛布の洗濯機の洗い方で失敗しないポイントとふんわり乾かすコツ

毛布の洗濯機での洗い方にはコツがあります。洗濯機で洗うときに失敗しないためにも、毛布の洗濯機への入れ...

毛布をコインランドリーで洗う時はネットに入れる?洗い方を紹介

毛布はネットに入れて洗うべき?家の洗濯機で毛布を洗うときには、ネットに入れているけれどコインランドリ...

毛布を洗濯機で洗う場合にはネットに入れて!正しい毛布の洗い方

毛布を洗濯したい時には、自宅で洗濯をしますか?それともクリーニングに出しますか?調べてみると自宅で洗...

毛布を洗濯機で乾燥も自宅でするコツや簡単で清潔なオススメ方法

毛布を洗濯機を洗って乾燥も自宅でするのは、コツを掴めばできますが、労力は使います。自宅で洗えばクリー...

毛布は洗濯機の容量と洗い方や干し方のコツで自宅でも簡単

毛布は洗濯機の容量に気をつければ自宅でも簡単に洗うことが可能です。もちろん、容量以外にも失敗しないた...

毛布を洗濯機で洗う時に使う洗剤の選び方のポイントや洗濯方法

毛布を洗濯機で洗うときは洗剤の選び方も重要です。毛布の素材や色に合わせた洗剤を選ぶことで、洗濯機でも...

毛布を自宅で洗濯する時にはどんな洗剤?自分で毛布を洗うには

毛布を自分で洗濯する時に適した洗剤とは?まず、毛布を自宅で洗う前に『洗濯表示』を確認しましょ...

毛布を洗濯なら何キロの洗濯機が最適か目安やキレイに洗うコツ

毛布は洗濯機が何キロのものだと洗うことができるのでしょうか?毛布にも大きさや重さは様々なので...

コインランドリーの料金!毛布の洗濯や乾燥の料金の目安

季節の変わり目には、布団や毛布もシーズンに合わせたものに取り替えますよね。冬の厚手の毛布などは、...

毛布の洗濯機の入れ方やキレイに洗うコツとしっかり乾かす干し方

毛布は洗濯機への入れ方を工夫することで、よりキレイに洗うこともできますし、自宅で簡単に洗濯することが...

毛布の洗濯をコインランドリーでする必要な準備や上手な活用法

毛布の洗濯はコインランドリーを利用するととても簡単にできます。コインランドリーで毛布を洗濯すると、自...

毛布に使用する洗濯ネット!100均の使い勝手と役立つ利用方法

毛布やタオルケットの大物も洗濯表示によっては、お家での洗濯が可能です。毛布の洗濯は、デリケート衣類と...

毛布は洗濯ネットなしはNG。理由とキレイに洗える入れ方のコツ

毛布を洗濯ネットなしで洗うのはあまりオススメできません。洗濯ネットに入れないで毛布を洗濯機で洗うと、...

毛布の洗濯を自宅で失敗しないための必要な事前のひと手間やコツ

毛布の洗濯を自宅でするなら、始める前に確認するべきことがあります。このひと手間をしないとせっかく洗っ...

スポンサーリンク

毛布を清潔に保つための洗濯頻度は月に1~2回が理想的

寒い季節になると大活躍する毛布ですが、みなさんのお宅ではどのくらいの頻度で洗濯をしていますか?

毎日使う寝具よりも毛布は洗濯の回数が少ないですよね。寒い季節はずっと続ける家庭も多いのではないでしょうか。そうなると汚れや臭いが気になりますよね。

日常お手入れとして、天日干しにしたり、陰干しをするだけでも十分ですが、毛布を洗う頻度は1ヶ月に1~2回が理想的になります。

家族が使う毛布の場合、1ヶ月に1度は洗濯やクリーニングをするようにしましょう。それ以上洗濯をしないと毛布の清潔を保つことができず、最悪毛布についてしまった汚れやホコリなどから、アレルギー反応が出てしまう可能性もあります。小さな子どもがいる家庭では最低でも月に1回は洗濯をして清潔な状態を保つようにしましょう。

毛布は月に1回の頻度で自宅で洗濯している人が多い

寒い季節になると必要になる毛布は毎日使うことが多いです。毛布の洗濯はどのくらいの頻度で行っていますか?季節の変わり目に洗濯する人が多いです。使用している間は天日干しをしたり、除菌や消臭スプレーをして使用している人がとても多いです。しかし、毎日使用する物で肌に触れるものなので、月に1回は洗濯することをオススメします。

自宅の洗濯機が大きい場合は自宅で洗濯する人がとても多いです。毛布が洗濯機に入る大きさで、洗濯機に少し余裕がある場合は自宅の洗濯機で毛布を洗うことが出来ます。洗濯機によっては「毛布コース」も搭載されている洗濯機もありますので、毛布を洗う場合は「毛布コース」を選ぶようにしましょう。

しかし、自宅で洗濯をすると乾くまで時間がかかるので、洗い替えの毛布が必要になります。洗い替えがない場合、洗濯だけ自宅で行い、乾燥をコインランドリーでしたり、最初からコインランドリーを利用する人も多いです。

コインランドリーを利用すると洗濯から乾燥まで一気に終わらせる事が出来るので、とても楽に洗濯をすることができます。手間などを考えるとコインランドリーはとても便利です。

気になる汚れがなければ月1~2回の頻度の熱消毒でも問題なし

寒い季節になると使用頻度の高くなる毛布。毎日しようしていると汗やヨダレなどが気になります。毛布はどのくらいの頻度で洗濯をするといいのでしょうか。基本的に毛布は月に1~2回程度の熱消毒でも問題はありません。

しかし、汚れや臭いが気になる場合は洗濯をして綺麗にしましょう。どうしても洗濯の回数が多くなると素材が傷みやすくなります。コインランドリーを利用すると、天気に関係なくいつでも清潔な毛布を眠ることができます。

毛布を自宅で洗濯する方法とポイント

自宅で毛布を洗濯する場合、毛布の洗濯表示の確認は必ず行いましょう。洗濯表示タグを確認し、洗濯機マークや手洗いマークがついている毛布は自宅で洗うことができます。しかし、2枚合わせ毛布や、厚手毛布は注意しましょう。水を含むとさらに重たくなってしまいまうので注意が必要です。自宅の洗濯機で洗うときのポイントをしっかり押さえると、ふんわりした毛布に仕上がります。

  1. 汚れの確認
    毛布の埃や髪の毛などの落とし、汚れがあればブラシなどで軽く落とします。汚れがひどい部分には、洗剤を染み込ませ時間を置きブラシで軽く叩き汚れを落とします。
  2. 洗剤
    中性の表示があるものや、ウールなどは中性洗剤を使います。中性と表示のないものは、淡い色の場合蛍光剤なしの洗剤、濃い色の場合は漂白剤入ではない洗剤を使います。中性洗剤マークのない毛布は、通常の洗剤も使うことができます。しかし風合いを保つためには、おしゃれ着洗いの洗剤を使いましょう。
  3. 専用ネット
    毛羽立ちを防ぐために、洗濯機のサイズに合わせてじゃばらにたたみます。汚れている部分を出来るだけ外側にして、大物洗い用のネットに入れます。洗濯機の毛布洗いコースがある場合は、毛布コースを選択して洗濯を開始します。
  4. 干し方
    厚手の毛布がしっかり乾燥させないと嫌な臭いがしたり、カビやダニなどの雑菌が繁殖してしまいます。毛布を干す時は、2本の物干し竿にM字型にかけ、風通しをよくしてしっかり乾くようにします。時々裏返します。干す場所は洗濯表示に陰干しマークがあるか確認してから干すようにします。見栄えは悪いですが、斜めにずらして干すと乾きが早くなります。斜めにすることで滴が角へ向かい、流れやすくなるからです。

毛布を洗濯すればいつも清潔で快適に使える

暖かい季節になると毛布も使用しなくなりますよね。毛布にはたくさんの汗や皮脂が染み込んでいます。使用しなくなった毛布は自宅で洗濯をしたり、クリーニングに出してからしまいましょう。

毛布をクリーニングに出すタイミングは春先の毛布をしまう前、シーズンオフがおすすめです。自宅に収納スペースがない場合はクリーニングの店舗によっては、クリーニングの料金と追加料金で毛布を預かってくれるサービスを行っている店舗もあります。収納スペースがない場合はとても便利なサービスなので、普段利用している店舗で確認してみて下さい。