毛布の洗濯をコインランドリーでする必要な準備や上手な活用法

毛布の洗濯はコインランドリーを利用するととても簡単にできます。コインランドリーで毛布を洗濯すると、自宅でするよりもふわふわに仕上がるのですごく快適なんです。しかし、コインランドリーで毛布を持ち込む前には事前に確認しておくことがあります。

そこで、コインランドリーで毛布を洗濯するときに失敗しないために必要な準備について、毛布をコインランドリーで洗濯する前に確認するべきことや持ち込む前に必要な準備、大切な洗濯機の選び方や乾燥機に入れる前に注意するべきこと、コインランドリーで毛布を洗うメリットや上手な活用法などお伝えしていきましょう。

これで、毛布を安心してコインランドリーで洗濯することができます。ぜひコインランドリーを賢く活用して、気持ちよく毛布をキレイに仕上げましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

毛布を洗濯機で洗う場合にはネットに入れて!正しい毛布の洗い方

毛布を洗濯したい時には、自宅で洗濯をしますか?それともクリーニングに出しますか?調べてみると自宅で洗...

毛布を洗濯なら何キロの洗濯機が最適か目安やキレイに洗うコツ

毛布は洗濯機が何キロのものだと洗うことができるのでしょうか?毛布にも大きさや重さは様々なので...

毛布は洗濯機の容量と洗い方や干し方のコツで自宅でも簡単

毛布は洗濯機の容量に気をつければ自宅でも簡単に洗うことが可能です。もちろん、容量以外にも失敗しないた...

毛布の洗濯機の入れ方やキレイに洗うコツとしっかり乾かす干し方

毛布は洗濯機への入れ方を工夫することで、よりキレイに洗うこともできますし、自宅で簡単に洗濯することが...

毛布を洗濯機で乾燥も自宅でするコツや簡単で清潔なオススメ方法

毛布を洗濯機を洗って乾燥も自宅でするのは、コツを掴めばできますが、労力は使います。自宅で洗えばクリー...

コインランドリーの料金!毛布の洗濯や乾燥の料金の目安

季節の変わり目には、布団や毛布もシーズンに合わせたものに取り替えますよね。冬の厚手の毛布などは、...

毛布に使用する洗濯ネット!100均の使い勝手と役立つ利用方法

毛布やタオルケットの大物も洗濯表示によっては、お家での洗濯が可能です。毛布の洗濯は、デリケート衣類と...

毛布の洗濯機の洗い方で失敗しないポイントとふんわり乾かすコツ

毛布の洗濯機での洗い方にはコツがあります。洗濯機で洗うときに失敗しないためにも、毛布の洗濯機への入れ...

毛布を洗濯機で洗う時に使う洗剤の選び方のポイントや洗濯方法

毛布を洗濯機で洗うときは洗剤の選び方も重要です。毛布の素材や色に合わせた洗剤を選ぶことで、洗濯機でも...

毛布を自宅で洗濯する時にはどんな洗剤?自分で毛布を洗うには

毛布を自分で洗濯する時に適した洗剤とは?まず、毛布を自宅で洗う前に『洗濯表示』を確認しましょ...

毛布の洗濯を自宅で失敗しないための必要な事前のひと手間やコツ

毛布の洗濯を自宅でするなら、始める前に確認するべきことがあります。このひと手間をしないとせっかく洗っ...

毛布をコインランドリーで洗う時はネットに入れる?洗い方を紹介

毛布はネットに入れて洗うべき?家の洗濯機で毛布を洗うときには、ネットに入れているけれどコインランドリ...

毛布は洗濯ネットなしはNG。理由とキレイに洗える入れ方のコツ

毛布を洗濯ネットなしで洗うのはあまりオススメできません。洗濯ネットに入れないで毛布を洗濯機で洗うと、...

毛布の洗濯頻度の理想やタイミングと自宅でいつも清潔にする方法

毛布を洗濯する頻度は家庭によっても違いますよね。毛布は1年中使うシーツなどと違って、洗濯の頻度は少な...

スポンサーリンク

毛布をコインランドリーで洗濯する前に確認するべきこと

寒い季節に大活躍する毛布ですが、暖かくなると使わなくなるので洗濯をしてしまうことになります。しかし自宅の洗濯機は容量が小さく洗濯出来ない場合は、コインランドリーを利用しましょう。洗濯から乾燥まで一気に終わらせることが出来るのでとても便利です。

コインランドリーを利用して毛布を洗う場合確認することがあります。

洗濯表示の確認

毛布の種類によってはコインランドリーで洗うことができない毛布もあるので注意しましょう。

毛布の種類

ウール、アクリル、ポリエステルに分かれますがウールの毛布はコインランドリーで洗うことが出来ません。ウールの毛布を洗濯してしまうと縮んでしまう可能性があるのでクリーニングに出しましょう。

毛布をコインランドリーに持ち込む前に必要な物を準備しましょう

毛布はどのくらいの頻度で洗濯をしていますか?寒い季節になると毎日使用するため、汗や皮脂などがたくさんついています。定期的に毛布を洗濯しましょう。

一人暮らしをしている場合は、洗濯機の容量も小さいので毛布を洗うことができない場合もあります。そのような場合コインランドリーを利用しましょう。コインランドリーなら洗濯から乾燥まで一気に終わらせることができるのでとても便利です。

店舗によっては洗剤を持参しなければ行けない場合もありますので、利用する店舗で確認するといいです。必要な場合は普段家で使用している物を使用することも出来ますし、荷物になる場合は、コインランドリーの店舗でも購入することが出来ます。

ほとんどの店舗には両替機が設置されていますが、店舗によっては設置していない店舗もあります。両替機があっても千円札しか対応していない場合が多いので、大きいお札は使えないです。

コインランドリーに行く場合は小銭を多めに持って行く

毛布をコインランドリーで洗濯する場合素材などによって異なりますが40分程度の時間がかかります。コインランドリーで待つ場合は暇つぶしが出来るように、本などを持参するとあっという間に洗濯が終わります。

コインランドリーで毛布を洗うときに大切な洗濯機の選び方

毛布を洗濯する場合、自宅の洗濯機で洗うには洗濯機が小さいことや、干すスペースがないことがあります。洗濯機が小さい場合はお風呂場の浴槽を使用して洗濯することが出来ますが、労力も使うので大変です。コインランドリーで毛布洗うと、楽に毛布を洗濯することができます。

コインランドリーで毛布を洗う場合、洗濯機は大きめのサイズを選びましょう。大きいサイズで洗うほうがしっかりと洗うことが出来ます。毛布を洗濯する場合、基本的には洗濯乾燥機で行いましょう。

ほとんどの店舗では1回で洗濯できる目安という適量表示が掲示してあるので目安にして洗濯をしましょう。実際に毛布を洗濯機に入れてみてきつい感じがする場合は、大きめの洗濯機で洗うようにしましょう。

毛布がコインランドリーの乾燥機に入れる前に注意

コインランドリーを使用したことがない場合はコインランドリーに行く前にしっかりと使い方を確認しておくとスムーズに毛布を洗濯することができます。

毛布を乾燥までさせる場合は、洗濯表示の確認は必ずすること

タンブラー乾燥禁止の毛布は乾燥機にかけることができません。タンブラー乾燥とはぐるぐる回して乾燥させる乾燥機になり、コインランドリーの乾燥機はこのタイプが多いです。アクリルやポリエステルは熱に弱いので乾燥機は避けたほうがいいです。

禁止になっている毛布を乾燥機にかけてしまうと毛布が縮んでしまったり、毛玉が出来たりして傷んでしまう可能性がある

乾燥機には温度設定が出来るタイプもあります。毛布を乾燥させる場合は低温で乾燥させるようにしましょう。そうすることで毛布を傷めることなく乾かすことができます。又毛布早く乾きます。アクリル素材の毛布の場合は20分を目安に、長くても30分程度にしましょう。

毛布の洗濯はコインランドリーを上手に活用すればとても便利

寒くなると活躍する毛布は肌に触れることが多いので、目には見えない汚れがたくさんついています。自宅で洗濯すると乾くまで時間がかかってしまいますし、クリーニングに出しても仕上がりまで日にちがかかるのですぐに使うことができないです。そのような時はコインランドリーを上手に活用しましょう。

コインランドリーで毛布を洗濯するとその日のうちに使用することができます。コインランドリーで毛布を洗濯すると、クリーニングに出すよりも費用を抑えることが出来ます。そして家で洗濯するよりも汚れを綺麗に落とすことができます。自宅の洗濯機の場合容量が小さく、洗剤が十分に行き渡らず、汚れをうまく落とせない可能性もあります。コインランドリーなら洗濯機の容量も大きいので汚れをすっきり落とすことができます。

そしてコインランドリーの乾燥機はガスで温風を出して乾燥させるのでふわふわな仕上がりになります。洗濯機のサイズや毛布の素材に注意して利用しましょう。