毛布は洗濯機の容量と洗い方や干し方のコツで自宅でも簡単

毛布は洗濯機の容量に気をつければ自宅でも簡単に洗うことが可能です。もちろん、容量以外にも失敗しないためには洗い方にも注意が必要です。でも、洗濯機で毛布を洗おうと考えるならまずは毛布が洗濯機に入るかどうかが重要なポイントになってきます。

そこで、毛布を洗濯機で洗うときの容量と洗い方について、毛布が洗える洗濯機の容量の確認や注意点、毛布を洗濯機で洗う方法や上手に洗うコツ、毛布を洗濯した後の干し方の工夫などお伝えしていきます。

これを読めば、毛布を洗いたいときでも悩まずに洗濯機を使って洗うこともできるでしょう。洗い方や干し方のコツを掴んで自宅で簡単に毛布を洗いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

毛布を洗濯機で洗う場合にはネットに入れて!正しい毛布の洗い方

毛布を洗濯したい時には、自宅で洗濯をしますか?それともクリーニングに出しますか?調べてみると自宅で洗...

毛布の洗濯機の洗い方で失敗しないポイントとふんわり乾かすコツ

毛布の洗濯機での洗い方にはコツがあります。洗濯機で洗うときに失敗しないためにも、毛布の洗濯機への入れ...

毛布の洗濯機の入れ方やキレイに洗うコツとしっかり乾かす干し方

毛布は洗濯機への入れ方を工夫することで、よりキレイに洗うこともできますし、自宅で簡単に洗濯することが...

毛布は洗濯ネットなしはNG。理由とキレイに洗える入れ方のコツ

毛布を洗濯ネットなしで洗うのはあまりオススメできません。洗濯ネットに入れないで毛布を洗濯機で洗うと、...

毛布をコインランドリーで洗う時はネットに入れる?洗い方を紹介

毛布はネットに入れて洗うべき?家の洗濯機で毛布を洗うときには、ネットに入れているけれどコインランドリ...

毛布の洗濯を自宅で失敗しないための必要な事前のひと手間やコツ

毛布の洗濯を自宅でするなら、始める前に確認するべきことがあります。このひと手間をしないとせっかく洗っ...

毛布を洗濯機で洗う時に使う洗剤の選び方のポイントや洗濯方法

毛布を洗濯機で洗うときは洗剤の選び方も重要です。毛布の素材や色に合わせた洗剤を選ぶことで、洗濯機でも...

毛布の洗濯をコインランドリーでする必要な準備や上手な活用法

毛布の洗濯はコインランドリーを利用するととても簡単にできます。コインランドリーで毛布を洗濯すると、自...

毛布を洗濯機で乾燥も自宅でするコツや簡単で清潔なオススメ方法

毛布を洗濯機を洗って乾燥も自宅でするのは、コツを掴めばできますが、労力は使います。自宅で洗えばクリー...

毛布に使用する洗濯ネット!100均の使い勝手と役立つ利用方法

毛布やタオルケットの大物も洗濯表示によっては、お家での洗濯が可能です。毛布の洗濯は、デリケート衣類と...

コインランドリーの料金!毛布の洗濯や乾燥の料金の目安

季節の変わり目には、布団や毛布もシーズンに合わせたものに取り替えますよね。冬の厚手の毛布などは、...

毛布を自宅で洗濯する時にはどんな洗剤?自分で毛布を洗うには

毛布を自分で洗濯する時に適した洗剤とは?まず、毛布を自宅で洗う前に『洗濯表示』を確認しましょ...

毛布を洗濯なら何キロの洗濯機が最適か目安やキレイに洗うコツ

毛布は洗濯機が何キロのものだと洗うことができるのでしょうか?毛布にも大きさや重さは様々なので...

毛布の洗濯頻度の理想やタイミングと自宅でいつも清潔にする方法

毛布を洗濯する頻度は家庭によっても違いますよね。毛布は1年中使うシーツなどと違って、洗濯の頻度は少な...

スポンサーリンク

毛布を洗濯機で洗うときは容量の確認をしてから

毛布の汚れが気になると洗濯をしなければいけませんよね。毛布を洗うにはクリーニングに出すか、自宅の洗濯機で洗うことが多いです。自宅の洗濯機で洗うことが出来たらいつでも清潔な毛布で睡眠を取ることが出来ます。

自宅の洗濯機で毛布を洗う場合は、洗濯機のサイズの確認を必ずしましょう。容量が6kgの洗濯機と10kgの洗濯機の場合、洗える毛布の大きさも違います。取扱説明書を確認し、毛布のサイズや重さについて記載してあるか確認して下さい。

毛布は色々なサイズがあります。シングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズ。そして厚さも色々あります。一枚仕立て、二枚仕立て、マイヤー毛布があります。

一人暮らしをしている人はほとんどの場合洗濯機のサイズは6kg程度になります。6kgの場合はシングル一枚仕立ての毛布1枚が目安になります。二枚合わせは難しいです。

8kg以上の容量がある場合は、シングル仕立て2枚、もしくはダブルサイズのマイヤー毛布4.2kgまで洗う事ができます。

洗濯機で洗うなら毛布が入るか容量に注意すること

自宅の洗濯機で毛布を洗うことが出来ると汚れが気になった時にすぐに洗う事が出来るので便利ですよね。しかし一人暮らしの場合は容量が小さいサイズの洗濯機を使用している人が多いので、毛布などの大きな物を洗濯することが出来ない可能性もあります。

毛布を洗濯することができる洗濯機は6kg以上の洗濯機を使っている場合は自宅で毛布を洗う事ができます。

  • 6kg=シングル一枚仕立て1枚
  • 7kg=シングル二枚仕立て1枚
    ダブル一枚仕立て1枚
  • 8kg=シングル一枚仕立て2枚
    ダブル二枚仕立て1枚

洗濯機の容量の目安はこのようになっています。6kg以上の洗濯機を自宅で使っている場合は自宅で毛布を洗濯することが出来ます。

家の洗濯機が何キロなのかわからない場合は、毛布が洗濯槽に入るか確認してから洗濯をするようにします。毛布を乾いた状態で3つ折りにし、端から筒状に丸めます。毛布用の洗濯ネットに入れて洗濯槽に入れてみましょう。

洗濯槽すっぽり入る場合は洗濯機で洗う事ができます。洗濯槽のふちよりも毛布が上になっていたり、押し込まないと入らない場合は洗う事ができません。

容量に問題がなければ毛布を洗濯機で洗いましょう

自宅の洗濯機の容量に問題がないと毛布を洗濯機で洗うことが出来ます。洗濯機で毛布を洗う場合は、毛布洗いコースを選択します。メーカーによっては大物洗い、手洗いコース、ドライコースになる場合もあるので、取扱説明書はしっかり確認してから洗濯を開始しましょう。

毛布を洗う場合は、洗濯機に入れる前に埃や髪の毛を取り除きます。シミや汚れがある場合は中性洗剤を染み込ませ軽く馴染ませ、汚れている面を表側にして端からくるくると丸めて、毛布専用のネットに入れ洗います。

最初の洗いの給水時に毛布が浮いてきてしまうので、毛布にしっかりと水が染み込むように押して水を染み込ませましょう。

洗剤はおしゃれ着洗い用の中性洗剤を使用します。そして柔軟剤も使うことをおすすめします。静電気防止の効果もあり、肌触りがよくなるのでふんわり仕上がります。

毛布を洗濯機を使って上手に洗うコツ

寒くなると活躍する毛布ですが、毎日使用していると汚れも気になりますよね。汚れが気になるとすぐに洗濯をしないと気持ちが悪いですよね。しかしクリーニングに出すと仕上がりまで時間がかかってしまいますし、費用も高いので躊躇してしまいます。使っている洗濯機のサイズによっては自宅で毛布を洗濯することもできます。洗濯機を使い上手に毛布を洗うコツについて紹介します。

毛布を洗う場合は、手洗いコースやドライコース、毛布洗いコースなどを選びましょう。普通のコースよりも弱い水流や脱水時間が短く設定されているのでデリケートな毛布を傷めずに洗うことができます。又洗濯機の種類によってはネットを使用しなくてもいい洗濯機もあるので、説明書はしっかり読んでから洗濯をしましょう。

洗濯ネットを使用するとダメージを防ぐことが出来ますが、洗剤の汚れを落とす力が弱くなる可能性もあります。

洗濯した毛布は干し方にも工夫をしましょう

洗濯が無事に終わったら、毛布の干し方も工夫して干すようにしましょう。

毛布は濡れている状態で、ブラシで一定方向に毛並みを揃えると綺麗に仕上がります。風通しのいい場所に干します。

物干し竿2本を使いM字に干すと風通しもよくなるので乾きが早いです。2時間置きに裏返して上げましょう。直射日光は色あせの原因になるので必ず陰干しにします。毛布はしっかり乾かさないと嫌な臭いがしたりカビが生えてしまうこともあるので注意しましょう。
物干し竿が2本ない場合は、ピンチハンガーやベランダの柵にかけて干しましょう。定期的に裏返すことで乾く時間が早くなります。