毛布は洗濯ネットなしはNG。理由とキレイに洗える入れ方のコツ

毛布を洗濯ネットなしで洗うのはあまりオススメできません。洗濯ネットに入れないで毛布を洗濯機で洗うと、毛布をダメにしてしまうことがあるからです。どうしても、洗濯ネットに入れずに毛布を洗うときはある対処をしてから洗いましょう。

そこで、毛布を洗濯ネットなしで洗うのがNGな理由や毛布が洗える大きい洗濯ネットを選ぶポイント、毛布を洗濯ネットなしで洗うときの対処法や毛布を洗濯するときの洗濯ネットへの入れ方などお伝えしていきましょう。

これを読めば、毛布を自宅で洗濯するときにも悩まずに、失敗せずに洗うことができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コインランドリーの料金!毛布の洗濯や乾燥の料金の目安

季節の変わり目には、布団や毛布もシーズンに合わせたものに取り替えますよね。冬の厚手の毛布などは、...

毛布の洗濯機の入れ方やキレイに洗うコツとしっかり乾かす干し方

毛布は洗濯機への入れ方を工夫することで、よりキレイに洗うこともできますし、自宅で簡単に洗濯することが...

毛布の洗濯頻度の理想やタイミングと自宅でいつも清潔にする方法

毛布を洗濯する頻度は家庭によっても違いますよね。毛布は1年中使うシーツなどと違って、洗濯の頻度は少な...

毛布の洗濯機の洗い方で失敗しないポイントとふんわり乾かすコツ

毛布の洗濯機での洗い方にはコツがあります。洗濯機で洗うときに失敗しないためにも、毛布の洗濯機への入れ...

毛布を自宅で洗濯する時にはどんな洗剤?自分で毛布を洗うには

毛布を自分で洗濯する時に適した洗剤とは?まず、毛布を自宅で洗う前に『洗濯表示』を確認しましょ...

毛布は洗濯機の容量と洗い方や干し方のコツで自宅でも簡単

毛布は洗濯機の容量に気をつければ自宅でも簡単に洗うことが可能です。もちろん、容量以外にも失敗しないた...

毛布を洗濯機で乾燥も自宅でするコツや簡単で清潔なオススメ方法

毛布を洗濯機を洗って乾燥も自宅でするのは、コツを掴めばできますが、労力は使います。自宅で洗えばクリー...

毛布の洗濯をコインランドリーでする必要な準備や上手な活用法

毛布の洗濯はコインランドリーを利用するととても簡単にできます。コインランドリーで毛布を洗濯すると、自...

毛布を洗濯機で洗う場合にはネットに入れて!正しい毛布の洗い方

毛布を洗濯したい時には、自宅で洗濯をしますか?それともクリーニングに出しますか?調べてみると自宅で洗...

毛布をコインランドリーで洗う時はネットに入れる?洗い方を紹介

毛布はネットに入れて洗うべき?家の洗濯機で毛布を洗うときには、ネットに入れているけれどコインランドリ...

毛布に使用する洗濯ネット!100均の使い勝手と役立つ利用方法

毛布やタオルケットの大物も洗濯表示によっては、お家での洗濯が可能です。毛布の洗濯は、デリケート衣類と...

毛布を洗濯機で洗う時に使う洗剤の選び方のポイントや洗濯方法

毛布を洗濯機で洗うときは洗剤の選び方も重要です。毛布の素材や色に合わせた洗剤を選ぶことで、洗濯機でも...

毛布の洗濯を自宅で失敗しないための必要な事前のひと手間やコツ

毛布の洗濯を自宅でするなら、始める前に確認するべきことがあります。このひと手間をしないとせっかく洗っ...

毛布を洗濯なら何キロの洗濯機が最適か目安やキレイに洗うコツ

毛布は洗濯機が何キロのものだと洗うことができるのでしょうか?毛布にも大きさや重さは様々なので...

スポンサーリンク

洗濯ネットなしで毛布を洗うと生地が痛む原因になる

寒い季節になると活躍する毛布ですが、毛布の洗濯はどのくらいの頻度で行っていますか?人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。そうなると寝具はもちろん毛布にもたくさんの汗がついていることになります。毛布は定期的に洗濯をして清潔な状態で眠りにつきましょう。

毛布を洗う場合まず洗濯表示の確認をします。洗濯機マークや手洗いマークのついている毛布は洗うことができますが、水洗い不可になっているものは洗う事ができないのでクリーニング店にお願いしましょう。

自分で洗う場合洗濯ネットを必ず使うようにしましょう。ネットなしで毛布を洗濯してしまうと生地が傷んでしまったり、破けてしまう可能性があります。毛布専用の洗濯ネットを使わないと生地が傷んでしまう原因になります。

毛布が洗える大きい洗濯ネットは100均でも手に入る

天気がいいと洗濯物の乾きも良くなるので大きな物を洗濯して外に干したくなりますよね。天気がいい日は毛布などの大きな物を洗濯して綺麗にしましょう。

洗濯機の種類によっては毛布専用のコースが搭載している洗濯機もあります。毛布専用のコースがある場合は、洗濯ネットなしでも洗うことができますが、生地が傷んだり、毛玉が出来たりすることがあります。そのため毛布は洗濯ネットに入れて洗いましょう。

大きな洗濯ネットを持っていない場合は、100均でも購入することができます。定期的に毛布を洗濯する必要があるので1枚用意していると便利です。

洗濯ネットを選ぶポイントは、洗濯機で回しても問題のない強度があると使いやすいです。ファスナーなど金属部分は洗濯槽を傷つけてしまう可能性があるので、ファスナーカバーがついている洗濯ネットを購入すると、洗濯槽が傷つかず、洗濯の途中でファスナーが開くこともありません。又網目の大切なポイントになります。粗すぎると洗濯槽に引っかかり破れやすくなり、細かすぎると汚れ落ちが悪くなってしまうので注意しましょう。

毛布を洗濯ネットなしで洗うときは紐で結んで洗いましょう

毛布は寒い時期になると欠かすことの出来ない寝具の1つです。そのため汚れが気になったらすぐに洗いたいですよね。しかし一人暮らしをしている人は毛布専用の洗濯ネットを持っていないことも多いです。毛布をそのままの洗濯してしまうと、毛玉ができてしまったり、生地が傷んでしまうので毛布用又は大きめの洗濯ネットを使いましょう。

洗濯ネットに毛布を入れる場合は、屏風たたみにして端からくるくると丸めて洗濯ネットに入れます。

ネットなし(持っていない)の場合は色のでない紐でしっかり結んで洗濯をしましょう。何もしない状態で毛布を洗濯機に入れてしまうと、水分を吸い重くなった毛布が偏り洗濯機が回らなくなってしまったり、脱水が出来なくなってしまいます。故障の原因にもなるので注意しましょう。

毛布コースのある洗濯機ならネットなしでも洗える

寒くなると毎日使用することが多くなる毛布。毎日使用していると汗をかいて寝る日もあるので汚れや臭いが気になります。

一般的に洗濯機で毛布を洗う場合は、専用のネットが必要になります。しかしインバータ制御ありの洗濯機なら専用のネットなしでも洗うことができます。ネットが必要ないので、洗剤液が毛布に早く行き渡るのでしっかり洗うことができます。

自宅にある洗濯機の取扱説明書に書いてあるので確認してから毛布を洗濯しましょう。

洗濯ネットに毛布を入れるときはキレイに畳みましょう

シーツやベットパット、布団カバーに比べると毛布は他の寝具よりも洗う回数が少ないです。しかし肌に触れることが多いので汗や皮脂がたくさんついているので定期的に洗濯をしましょう。

自宅で洗う場合は必ず洗濯表示を確認します。ほとんどの毛布はアクリルやポリエステルで出来ているので洗う事ができます。しかし中には洗う事ができない物があるので洗濯表示はしっかりと確認します。そして自宅の洗濯機の容量を確認します。6kg以上の容量があるとシングルサイズの毛布1枚洗うことができます。

洗濯をする前に埃や髪の毛などの汚れを軽く叩き落としておきます。汚れやシミが気になる場合は、洗剤をつけ洗濯ブラシや洗剤のキャップなどで軽く叩きます。その後毛布専用のネットに入れます。汚れが気になる部分を表側になるようにして屏風たたみにしてネットに入れます。

洗剤はおしゃれ着洗剤を使用しましょう。洗濯機の種類によっては毛布コースや手洗いコースが搭載されているのでそのコースを選び洗濯をします。

洗濯機に水が溜まったら一度洗濯機を停止させ、上から押し込み洗剤が毛布全体に染み込むようにして洗濯を開始します。毛布をふわふわに仕上げるためには柔軟剤も使用するようにしましょう。柔軟剤はいい香りの他もに静電気を防ぐ効果もあります。

洗濯が終わったら風通しのいい場所に毛布を干します。物干し竿2本にM字になるように干すと風通しが良くなります。時々裏表返すと乾きが早くなります。