毛布に使用する洗濯ネット!100均の使い勝手と役立つ利用方法

毛布やタオルケットの大物も洗濯表示によっては、お家での洗濯が可能です。毛布の洗濯は、デリケート衣類と同じように毛布類にも洗濯ネットを使用することをおすすめします。

しかし大きな洗濯ネットは、その分価格も高くなってしまい、購入するのにちょっと躊躇してしまいますよね。主婦としては悩みどころです。

実は100均にも大きな洗濯ネットが販売されているのをご存知ですか?そこで100均の大きな洗濯ネットの使い心地、使用する際の注意点についてご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

毛布の洗濯を自宅で失敗しないための必要な事前のひと手間やコツ

毛布の洗濯を自宅でするなら、始める前に確認するべきことがあります。このひと手間をしないとせっかく洗っ...

毛布は洗濯ネットなしはNG。理由とキレイに洗える入れ方のコツ

毛布を洗濯ネットなしで洗うのはあまりオススメできません。洗濯ネットに入れないで毛布を洗濯機で洗うと、...

毛布をコインランドリーで洗う時はネットに入れる?洗い方を紹介

毛布はネットに入れて洗うべき?家の洗濯機で毛布を洗うときには、ネットに入れているけれどコインランドリ...

毛布を自宅で洗濯する時にはどんな洗剤?自分で毛布を洗うには

毛布を自分で洗濯する時に適した洗剤とは?まず、毛布を自宅で洗う前に『洗濯表示』を確認しましょ...

毛布の洗濯をコインランドリーでする必要な準備や上手な活用法

毛布の洗濯はコインランドリーを利用するととても簡単にできます。コインランドリーで毛布を洗濯すると、自...

毛布の洗濯機の洗い方で失敗しないポイントとふんわり乾かすコツ

毛布の洗濯機での洗い方にはコツがあります。洗濯機で洗うときに失敗しないためにも、毛布の洗濯機への入れ...

コインランドリーの料金!毛布の洗濯や乾燥の料金の目安

季節の変わり目には、布団や毛布もシーズンに合わせたものに取り替えますよね。冬の厚手の毛布などは、...

毛布を洗濯なら何キロの洗濯機が最適か目安やキレイに洗うコツ

毛布は洗濯機が何キロのものだと洗うことができるのでしょうか?毛布にも大きさや重さは様々なので...

毛布を洗濯機で乾燥も自宅でするコツや簡単で清潔なオススメ方法

毛布を洗濯機を洗って乾燥も自宅でするのは、コツを掴めばできますが、労力は使います。自宅で洗えばクリー...

毛布の洗濯頻度の理想やタイミングと自宅でいつも清潔にする方法

毛布を洗濯する頻度は家庭によっても違いますよね。毛布は1年中使うシーツなどと違って、洗濯の頻度は少な...

毛布を洗濯機で洗う場合にはネットに入れて!正しい毛布の洗い方

毛布を洗濯したい時には、自宅で洗濯をしますか?それともクリーニングに出しますか?調べてみると自宅で洗...

毛布は洗濯機の容量と洗い方や干し方のコツで自宅でも簡単

毛布は洗濯機の容量に気をつければ自宅でも簡単に洗うことが可能です。もちろん、容量以外にも失敗しないた...

毛布の洗濯機の入れ方やキレイに洗うコツとしっかり乾かす干し方

毛布は洗濯機への入れ方を工夫することで、よりキレイに洗うこともできますし、自宅で簡単に洗濯することが...

毛布を洗濯機で洗う時に使う洗剤の選び方のポイントや洗濯方法

毛布を洗濯機で洗うときは洗剤の選び方も重要です。毛布の素材や色に合わせた洗剤を選ぶことで、洗濯機でも...

スポンサーリンク

毛布に使用する洗濯ネットの選び方

洗濯ネットは、今や100均などでも購入できます。様々な種類の洗濯ネットが販売されています。普段のちょっとした洗濯でネットを使用したいというのであれば、100均の洗濯ネットでもそれほど問題はないと思いますが、毛布を洗濯機で洗いたいとなれば、できればそれなりの毛布専用の洗濯ネットを使用するべきでしょう。

毛布の洗濯表示を見て、洗濯機で洗える、手洗いで洗えるなどの表示があれば、家で洗うことが可能です。

毛布を洗濯機で洗う時、あなたはどうしていますか。そのまま毛布を丸めただけの状態で、洗濯機の中に入れて洗ってしまうと、水分で重たくなった毛布が、片寄ってしまいます。回転しなくなったり、支障をきたすこともあるでしょう。そのせいで、洗濯機が故障してしまうことも考えられます。

毛布を洗う際は、そのまま洗濯機にいれずに、必ず洗濯ネットに入れた状態で洗うようにしましょう。

そのためには、毛布にあったサイズの洗濯ネット選びも重要になります。

まずは、ネットの網目です。目が粗い場合、洗濯槽に引っかかってしまうことが考えられます。また、細かすぎると汚れが落ちにくいため、程良い網目の洗濯ネットを使用するべきです。

また、ファスナー部分にカバーが付いているということも重要になります。ファスナーが金属であった場合は、洗濯槽を傷つけ兼ねません。ファスナーを閉じた部分にカバーが付いていることで、途中でファスナがー開いてしまうという心配もなく、洗濯槽を傷つけるということもないでしょう。

毛布の洗濯ネットにおいて一番重要なのは、大きさと丈夫さです。毛布は畳んでもある程度の大きになります。毛布がしっかりと入るもの、そして重たくなった毛布はそのままネットごと回転するので、丈夫である洗濯ネットを使用しましょう。

100均の毛布用洗濯ネットでも大丈夫?使い勝手について

毛布用洗濯ネットは100均でも購入が可能です。

毛布を洗濯する際は、円柱型の、毛布洗用のジャンボ洗濯ネットを利用しましょう。

しかし、このような100均の毛布用洗濯ネット。実際、毛布を洗濯しても本当に大丈夫なのかどうか気になる人もいるかもしれません。大きさは問題ないとしても、丈夫さにおいては心配だという人もいるはずです。

確かに、ホームセンターなどで取扱されている100円以上洗濯ネットと比べると、品質や耐久性が違うことは間違いありません。特に、ファスナーやスライダーの部分は有名メーカーものとは違いが顕著です。しかし、100均の洗濯ネットだったとしても、通常の毛布洗いには充分な力を発揮できます。要は使い方です。使い勝手については、100均でも問題ないと言って良いでしょう。

100均で販売されているからといって100円であるとは限らない場合もあります。時には100円以上で販売されているものもあります。ある程度の大きさや丈夫さを兼ね備える必要があるため、毛布用の洗濯ネットは、多少100円より高額になる場合があっても致し方ないことなのかもしれません。

100均の洗濯ネットは毛布の洗濯以外の使いみちも

100均の洗濯ネットですが、普段の衣類用から、おしゃれ着洗い用、下着洗い用、毛布洗い用など、様々な大きさや形のものが存在します。円錐型、平らなもの、直方体、ボール型など、本当に様々です。

また、最近の洗濯ネットは非常におしゃれなものが多く存在します。ネット自体にかわいい模様がついていたり、キャタクターが印刷されていたり、また洗濯ネットそのものが動物の顔の形になっていたり。どれを使って良いのか、洗濯ネットを選ぶだけでも、まいにちの洗濯が楽しくなりそうです。

ところで、この洗濯ネットですが、丈夫な上に通気性が良く、ファスナーでしっかりと中の物を閉じ込めるという点で、洗濯以外にも使えると考える人は実に多いようです。洗うことで綺麗を保つこともできるので、多少の汚れも気にならずに使用できるものメリットでしょう。

オススメの使い方としては、「旅行用パッキング」です。洗濯ネットはネットで出来ているため中身が透けて見え、中に何が入っているのか一目瞭然です。同じ形のスクエアタイプの洗濯ネットを利用して、パッキングすれば、スーツケースの中にもしっかりと収めることができます。使用済みの洋服を洗濯ネットに戻せば、帰ってきてから、そのまま洗濯機ですぐに洗うことができ、一石二鳥でしょう。

小物ポーチ代わりにも、洗濯ネットは使えます。おしゃれで小さめの洗濯ネットででカバンの中をスッキリと整理してみてはどうでしょうか。

大きめのネットであれば、「衣替え」にもよいでしょう。シーズンオフの衣類を大きめの洗濯ネットに入れて、畳んで保管すれば、通気性も良くカビが発生することはありません。中身も見え、何を入れたかを記入しておく必要がなくなります。シーズンオフの毛布などの保管にもピッタリです。

ちょっと意外な使い方と思うかもしれませんが、野菜の保存にもオススメです。湿気に弱い野菜には、この通気性の良い洗濯ネットがとても便利です。種類ごとに分けて保管することもできます。汚れてもすぐに洗えるというのもポイントでしょう。
洗濯以外にも様々な使いみちがある洗濯ネット。100均のものでしたら、気兼ねなく様々な用途で使用できそうですね。

そもそも毛布の洗濯にネットは必要なのか

ところで、先程から申し上げているように、毛布を洗う時に、なぜ洗濯ネットが必要なのかということですが、毛布をネットに入れずに洗濯機で洗ってしまうと、水を吸って重くなった毛布が片寄り、洗濯機の回転に支障をきたしてしまい故障の原因になることも考えられます。そのことは、先程の説明でもお分かり頂けたのではないでしょうか。

毛布自体に影響を与えることも、然りです。洗濯ネットを使用しないことにより、毛布自体がダメージ受け、型崩れを起こしかねません。時には、色が抜け落ちることもあるでしょう。

確かに、有名メーカーのネットは、丈夫で立派です。しかし、かなりの値段であることは間違いありません。もしクリーニングに出すとしても、逆に高くつく可能性もあります

毛布は就寝時には毎日のように肌に触れるものですから、頻繁に洗濯したいですよね。最低でも1ヶ月に1度は洗濯して、清潔な状態で使用するのが理想的です。そのためにも、100均などで、毛布用の大きめの洗濯ネットを購入できるのであれば、ネットを使用して自宅で洗濯したほうが無難であることは間違いありません。

100均の毛布用洗濯ネットを長く使うための普段のお手入れ

洗濯ネットは洗濯の際、洗濯物をしっかりと保護してくれるものになります。とは言え、洗濯ネット自体も、丁寧に扱わなければ意味はないのです。いくら100均の洗濯ネットとは言え、大切に扱わなければすぐに駄目になってしまうことは目に見えています。

毛布を時々洗いたいと考えるのであれば、尚の事、洗濯ネット自体の普段の手入れも大切になってきます。

100均の洗濯ネットのお手入れで気を付けることは、2つです。

一番重要なのは、洗濯ネットをすぐにしまわないこと。洗濯に使用すれば、洗濯ネットも濡れることになります。いくら通気性が良いからとは言え、濡れたまま収納すると、カビが生えたり、ファスナー部分にサビが発生することも考えられます。

カビの生えた洗濯ネットを使用して再び洗濯をすると、洗濯物にもカビを移してしまいます。ですから、洗濯に使ったあとは、洗濯物同様、しっかりと乾燥させてからしまうようにしましょう。

また、しまい方にも注意しましょう。まとめて、ごちゃっと棚に押し込んだり、かごに入れたりしてはいませんか。洗濯に使うネットなのだから、それでも問題ないように思えますが、洗濯ネットも洗濯物同様、しっかりと畳んで収納するべきです。ぐちゃぐちゃに収納するとファスナーが絡まったり、折れ曲がってしまったりしてしまうこともあるのです。

少しでも長く大切に使いたいのであれば、洗濯ネットも洗濯物同様、大切に扱うという事を意識しましょう。

洗濯ネットには様々な種類があります。大きさも様々です。それだけでなく、今や、洗濯ネット自体もシンプルなものから可愛らしいもの、個性的なものまで色々です。選ぶのも使用するのも楽しいですよね。

洗濯物を大切にしたいのであれば、ぜひ洗濯ネットを使用して洗濯をしましょう。大物の毛布も、洗濯ネットを使用すれば、大抵の場合、家庭で洗濯が可能です。汗臭い毛布からはもう卒業です。洗濯後の良い匂いの毛布で、眠ることができますよ。ぜひ、洗濯ネットを選びに、100均に足を運んではみませんか。