毛布を洗濯機で洗う時に使う洗剤の選び方のポイントや洗濯方法

毛布を洗濯機で洗うときは洗剤の選び方も重要です。毛布の素材や色に合わせた洗剤を選ぶことで、洗濯機でも簡単に洗うことができます。

洗剤の正しい選び方や毛布に汚れやシミがあるときの対処法、毛布を洗濯機でキレイに洗うコツについてご紹介します。

また、毛布をふっくら柔らかく仕上げる柔軟剤の効果などもお伝えしていきます。

これを読めば、汚れが気になる毛布も洗濯機で簡単にキレイに洗うことができますよ。洗いたての毛布はふっくらふわふわで快適に使うことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

毛布は洗濯ネットなしはNG。理由とキレイに洗える入れ方のコツ

毛布を洗濯ネットなしで洗うのはあまりオススメできません。洗濯ネットに入れないで毛布を洗濯機で洗うと、...

毛布の洗濯機の入れ方やキレイに洗うコツとしっかり乾かす干し方

毛布は洗濯機への入れ方を工夫することで、よりキレイに洗うこともできますし、自宅で簡単に洗濯することが...

毛布を洗濯機で乾燥も自宅でするコツや簡単で清潔なオススメ方法

毛布を洗濯機を洗って乾燥も自宅でするのは、コツを掴めばできますが、労力は使います。自宅で洗えばクリー...

コインランドリーの料金!毛布の洗濯や乾燥の料金の目安

季節の変わり目には、布団や毛布もシーズンに合わせたものに取り替えますよね。冬の厚手の毛布などは、...

毛布を自宅で洗濯する時にはどんな洗剤?自分で毛布を洗うには

毛布を自分で洗濯する時に適した洗剤とは?まず、毛布を自宅で洗う前に『洗濯表示』を確認しましょ...

毛布は洗濯機の容量と洗い方や干し方のコツで自宅でも簡単

毛布は洗濯機の容量に気をつければ自宅でも簡単に洗うことが可能です。もちろん、容量以外にも失敗しないた...

毛布に使用する洗濯ネット!100均の使い勝手と役立つ利用方法

毛布やタオルケットの大物も洗濯表示によっては、お家での洗濯が可能です。毛布の洗濯は、デリケート衣類と...

毛布の洗濯を自宅で失敗しないための必要な事前のひと手間やコツ

毛布の洗濯を自宅でするなら、始める前に確認するべきことがあります。このひと手間をしないとせっかく洗っ...

毛布の洗濯頻度の理想やタイミングと自宅でいつも清潔にする方法

毛布を洗濯する頻度は家庭によっても違いますよね。毛布は1年中使うシーツなどと違って、洗濯の頻度は少な...

毛布を洗濯機で洗う場合にはネットに入れて!正しい毛布の洗い方

毛布を洗濯したい時には、自宅で洗濯をしますか?それともクリーニングに出しますか?調べてみると自宅で洗...

毛布の洗濯をコインランドリーでする必要な準備や上手な活用法

毛布の洗濯はコインランドリーを利用するととても簡単にできます。コインランドリーで毛布を洗濯すると、自...

毛布を洗濯なら何キロの洗濯機が最適か目安やキレイに洗うコツ

毛布は洗濯機が何キロのものだと洗うことができるのでしょうか?毛布にも大きさや重さは様々なので...

毛布の洗濯機の洗い方で失敗しないポイントとふんわり乾かすコツ

毛布の洗濯機での洗い方にはコツがあります。洗濯機で洗うときに失敗しないためにも、毛布の洗濯機への入れ...

毛布をコインランドリーで洗う時はネットに入れる?洗い方を紹介

毛布はネットに入れて洗うべき?家の洗濯機で毛布を洗うときには、ネットに入れているけれどコインランドリ...

スポンサーリンク

毛布を洗濯機で洗うときは素材に合わせた洗剤を選ぶこと

毛布はウールや綿、アクリル、ポリエステルといった素材で作られていることが多いです。毛布の素材によって、洗濯で使う洗剤が違ってきます。素材に合った洗剤を使うことで、トラブルなく上手に毛布を洗うことができます。

洗濯表示を確認してください。洗い方のマークを見て、桶や洗濯機のマークがある場合は自宅の洗濯機で洗うことができます。その場合は、通常の洗濯で使う洗濯洗剤を使います。
洗濯表示の桶の下に棒線がある場合、又は洗濯機に弱という文字がある場合はやさしく洗う必要があります。また、桶に手があるマークや、手洗いという文字がある場合は手洗いになります。やさしく洗う表示の場合は、中性洗剤を使います。中性洗剤はおしゃれ着洗い用の洗剤で、デリケートな素材を洗うときに使います。

特に洗剤を選ばないような素材の場合は、毛布の色で洗剤を選ぶようにしましょう。

  • 濃い色の毛布
    色落ちを防ぐために、漂白剤が入っていない洗剤を使います。
  • 薄い色の毛布
    薄い色は変色が心配ですので、蛍光剤が入っていない洗剤を選びます。洗剤の裏面を見て、蛍光剤の有無を確認してください。
  • 白い色の毛布
    白さを保つために、蛍光剤・漂白剤が入った洗剤を選ぶと良いでしょう。洗濯することで真っ白に仕上げることができます。汚れを落とす効果も高い洗剤です。

洗剤の指定のない毛布を洗濯機で洗うときは色に合わせましょう

特に洗剤の指定がない場合や、わからない場合は中性洗剤を使うようにしてください。

通常の洗濯洗剤はアルカリ性になり、汚れを落とす効果は高いのですが、ダメージもそれなりに大きくなります。特に毛布の素材は、アルカリ性に弱いものが使われている場合が多いです。

中性洗剤はデリケートな素材に使う洗剤なので、心配がある場合は中性洗剤を選ぶと間違いありません。特にウールなどの素材には中性洗剤を使うようにしてください。

中性洗剤はおしゃれ着洗い用の洗剤になります。代表的な商品にアクロンやエマールなどがあります。ホームセンターやドラッグストア、スーパーなどで買うことができます。毛布以外にもニットなどデリケートな素材を洗うときに使えますので、1本用意しておくと便利です。

毛布に汚れやシミがあるときは直接洗剤の原液を付けて前処理を

毛布に気になる汚れがある場合は、洗濯をする前に前処理をしておきましょう。
毛布は直接肌に触れるものなので、汗や皮脂などの汚れが付着している場合が多いです。
気になる汚れの部分や、直接肌に触れる部分には、使用する洗剤の原液をつけておきます。洗剤の原液をつけたら、洗濯ブラシの背などで叩いて汚れを浮かしておきます。

毛布にシミがある場合は、先にシミを落としておくと良いです。
シミの部分に洗剤を少量つけたら。5~10分ほどそのままおいておきます。キレイな布で洗剤を軽く拭き取ってから洗濯をします。

頑固なシミの場合は、洗剤の原液をつけてから指で汚れをつまみ取っておきます。洗剤をなじませてから、洗濯をするとシミを落としやすくなります。

毛布の表示や洗剤に気をつければ洗濯機で洗うのは簡単

毛布は大きいので手洗いをするのはとても大変です。洗濯表示を確認して、洗濯機で洗える場合は、洗濯機を使って洗濯をするようにしましょう。

洗濯機で毛布を洗う方法

  1. 毛布の表面を払って、ゴミやホコリ、髪の毛などを落としておきます。
  2. シミがある部分はしみ抜きをしてください。汚れが気になる部分は、洗剤の原液をつけてなじませておきます。
  3. 毛布は屏風たたみをします。洗濯ネットがある場合は、洗濯ネットに入れてください。毛布が入るサイズの洗濯ネットがない場合は、色落ちがしない紐で縛っておくと良いです。
  4. 洗濯機の中に毛布を入れたら、洗剤を入れます。洗濯機に毛布コースや大物洗いコースがある場合は、そのコースを選んでください。素材に心配がある場合は、ドライコースや手洗いコースを選ぶと安心です。
  5. 洗い終わったら、風通しの良いところで干してください。毛布は厚手なので、完全に乾くまで数日かかることもあります。しっかり乾かさないと、嫌な臭いがしてきたり、カビができてしまう場合もありますので気をつけてください。

毛布をふっくら柔らかく仕上げるなら柔軟剤が効果的

毛布を自宅で洗う場合は、柔軟剤を使うことをオススメします。
柔軟剤には静電気を抑える働きがあります。毛布を使う冬場は乾燥して静電気を起きやすいので、柔軟剤を使うことで静電気を抑えることができます。

柔軟剤は毛布をふんわりと柔らかく仕上げてくれます。肌に直接触れる毛布には柔軟剤を使うようにした方が良いでしょう。

毛布の汚れを防ぐこともポイントです。汚れたら洗濯をする必要はありますが、ちょっとしたコツで汚れをつきにくくしたり、洗濯の回数を減らすこともできます。

毛布用のカバーをすると、洗濯の回数を減らすことができます。カバーだけなら薄いので洗濯も簡単です。
布団カバーのように、毛布用のカバーがあります。素肌に当たる部分は汚れやすいので、カバーをすることで毛布が直接汚れるのを防ぐことができます。ぜひ使ってみてください。

消臭スプレーも効果的です。消臭スプレーには臭いを消す以外にも除菌効果があります。こまめに消臭スプレーをすることで、清潔に保つことができます。

毛布も一工夫することで洗濯をラクにすることができます。
自宅で洗濯をするときは洗剤選びがポイントになります。ここで紹介した方法をぜひ参考にしてみてください。