毛布の洗濯を自宅で失敗しないための必要な事前のひと手間やコツ

毛布の洗濯を自宅でするなら、始める前に確認するべきことがあります。このひと手間をしないとせっかく洗った毛布をダメにしてしまう可能性があるからです。

そこで、毛布の洗濯を自宅で失敗しないために必要な事前のひと手間について、自宅で洗濯できるかの確認や乾燥機が使えるの確認、使える洗剤についてや毛布が自宅の洗濯機で洗えるかどうか、毛布をキレイに洗うための前処理とコツなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、あなたも失敗せずに毛布を洗濯することができます。いつも毛布を清潔に保つことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

毛布に使用する洗濯ネット!100均の使い勝手と役立つ利用方法

毛布やタオルケットの大物も洗濯表示によっては、お家での洗濯が可能です。毛布の洗濯は、デリケート衣類と...

毛布を自宅で洗濯する時にはどんな洗剤?自分で毛布を洗うには

毛布を自分で洗濯する時に適した洗剤とは?まず、毛布を自宅で洗う前に『洗濯表示』を確認しましょ...

毛布を洗濯機で乾燥も自宅でするコツや簡単で清潔なオススメ方法

毛布を洗濯機を洗って乾燥も自宅でするのは、コツを掴めばできますが、労力は使います。自宅で洗えばクリー...

毛布の洗濯をコインランドリーでする必要な準備や上手な活用法

毛布の洗濯はコインランドリーを利用するととても簡単にできます。コインランドリーで毛布を洗濯すると、自...

毛布は洗濯機の容量と洗い方や干し方のコツで自宅でも簡単

毛布は洗濯機の容量に気をつければ自宅でも簡単に洗うことが可能です。もちろん、容量以外にも失敗しないた...

毛布をコインランドリーで洗う時はネットに入れる?洗い方を紹介

毛布はネットに入れて洗うべき?家の洗濯機で毛布を洗うときには、ネットに入れているけれどコインランドリ...

毛布を洗濯なら何キロの洗濯機が最適か目安やキレイに洗うコツ

毛布は洗濯機が何キロのものだと洗うことができるのでしょうか?毛布にも大きさや重さは様々なので...

毛布の洗濯機の洗い方で失敗しないポイントとふんわり乾かすコツ

毛布の洗濯機での洗い方にはコツがあります。洗濯機で洗うときに失敗しないためにも、毛布の洗濯機への入れ...

毛布の洗濯機の入れ方やキレイに洗うコツとしっかり乾かす干し方

毛布は洗濯機への入れ方を工夫することで、よりキレイに洗うこともできますし、自宅で簡単に洗濯することが...

毛布を洗濯機で洗う場合にはネットに入れて!正しい毛布の洗い方

毛布を洗濯したい時には、自宅で洗濯をしますか?それともクリーニングに出しますか?調べてみると自宅で洗...

毛布は洗濯ネットなしはNG。理由とキレイに洗える入れ方のコツ

毛布を洗濯ネットなしで洗うのはあまりオススメできません。洗濯ネットに入れないで毛布を洗濯機で洗うと、...

毛布の洗濯頻度の理想やタイミングと自宅でいつも清潔にする方法

毛布を洗濯する頻度は家庭によっても違いますよね。毛布は1年中使うシーツなどと違って、洗濯の頻度は少な...

コインランドリーの料金!毛布の洗濯や乾燥の料金の目安

季節の変わり目には、布団や毛布もシーズンに合わせたものに取り替えますよね。冬の厚手の毛布などは、...

毛布を洗濯機で洗う時に使う洗剤の選び方のポイントや洗濯方法

毛布を洗濯機で洗うときは洗剤の選び方も重要です。毛布の素材や色に合わせた洗剤を選ぶことで、洗濯機でも...

スポンサーリンク

まずは毛布の洗濯が自宅でできるか表示を確認

寒い季節になると活躍する毛布ですが、どのくらいの頻度で洗濯をしていますか?毛布は肌に直接触れる機会が多いので、汗や皮脂がたくさんついています。汚れた寝具で寝るのは衛生的によくありません。定期的に洗濯をしましょう。

まず自宅で使用している毛布が自宅で洗えるか確認しましょう。毛布についている洗濯表示の確認をします。

洗濯機マークや手洗いマークが付いている毛布は水洗いが出来る

水洗い不可になっているものは自宅で洗うことが出来ませんので、クリーニング店に依頼しましょう。水洗い可でも繊細な素材は手洗いのみ可の毛布もあるので注意しましょう。そのような場合は手洗いします。

自宅で洗濯出来る場合でも二枚合わせ毛布や、厚手の毛布は注意が必要

重さもあり、水で濡れると更に重さがますので洗濯機から出すのも苦労するので注意が必要です。乾燥機能がついている洗濯機の場合は乾燥機を使うことで干す手間も場所も省くことができます。

乾燥機が使える毛布か自宅で洗濯する前に確認するのも大切

気温が低かったり、天気が悪いと洗濯物の乾きが悪くなります。気温が低い場合でも洗濯をしなければいけません。寒い季節になると毛布を使用している人も多くなりますが、きちんとお手入れをしていますか?きちんと洗濯をしないと汚れがたくさん溜まってしまいます。

自宅で毛布を洗濯する場合、洗濯が出来るか確認します。洗濯が出来る場合は自宅で洗濯しましょう。

乾燥機が使える毛布なのかも確認

毛布を洗濯すると脱水だけでは水分を含んで重たくなるので干すことができない可能性もあります。そのような場合は少し乾燥機をかけて水分を飛ばしてから干すようにしましょう。そのため乾燥機が使えるか確認する必要があります。

タンブラー乾燥が禁止の毛布もある

乾燥機が使えない毛布を乾燥させてしまうと縮みや毛玉が出来てしまい使うことが出来なくなってしまいます。乾燥機が使用することが出来ない場合は、自然乾燥させましょう。

毛布を自宅で洗濯するなら使える洗剤を調べてからはじめましょう

毎日使用する毛布ですが、他の寝具に比べると洗濯する機会が少ないです。しかし汚れや汗が気になります。自宅で洗濯する場合は使える洗剤を調べてから洗濯をしましょう。

洗剤によっては漂白成分が含まれている洗剤もあります。漂白成分入りの洗剤を避けるためにも確認してから洗濯をしましょう。

中性と表示がない、淡い色なら蛍光剤なしの洗剤、濃い色なら漂白剤入でない洗剤を使います。中性洗剤のマークがない毛布は通常の洗剤も使うことができます。しかし風合いを保つためにおしゃれ着洗剤を使うようにしましょう。

洗濯機に入る毛布なら自宅での洗濯も簡単にできる

毛布を気軽に自宅で洗濯することができると、いつでも奇麗な状態で使うことが出来ますよね。自宅で毛布を洗濯する場合注意しなければいけないことがあります。

自宅の洗濯機の容量は?

使用している毛布を無理やり洗濯機に詰めて洗濯すると、しっかり洗うことが出来ませんし、洗濯機の故障の原因になります。

毛布が洗濯機に入るか確認する方法があります。乾いた状態の毛布を3つ折りにし、端からくるくると筒状に巻きます。毛布用の洗濯ネットに入れて洗濯槽に入れます。この時洗濯槽にすっぽり入るなら洗濯機で洗うことが出来ます。

目安としてシングル1枚仕立ては、6キロの洗濯機なら自宅で洗える

しかし洗濯槽のフチよりも盛り上がっている、押し込まないと入らない場合は自宅の洗濯機で洗うことができません。洗濯機の故障になってしまうので、コインランドリーやクリーニング店を利用しましょう。

毛布を自宅で洗濯するときは事前のひと手間をかけてからキレイに洗いましょう

シーツやタオルケットなどは頻繁に洗濯をすることが多いです。しかし毛布など大きな物は洗濯する回数が少なくなってしまいます。毛布にもたくさん汚れがついているので月に1回は洗濯をするようにしましょう。

洗濯をする前に汚れをしっかり落として洗濯をする

まず毛布についている埃や髪の毛を落とします。汚れやシミなどが気になる場合は、中性洗剤を染み込ませ、洗濯ブラシや洗剤のキャップで軽く叩きます。

汚れている部分を外側にして屏風たたみにたたみます。屏風たたみになった毛布をくるくると丸め毛布用ネットに入れます。

肌に触れている部分を下側になるように洗濯機に入れ、毛布コース、手洗いコースなどを選びます。毛布は浮きやすいので、両手で何度か押さえつけ、洗剤液にしっかりと押し沈めてから洗濯を始めます。柔軟剤を使うと肌触りのいい仕上がりになります。

毛布は乾きにくいので、外に干す場合は物干し竿2本を使用しましょう。毛布がM字になるように干すことで風の通りが良くなり乾きが早くなります。干している途中で裏表返すことでより乾きが早くなります。

ひと手間かけることで毛布を綺麗に洗うことが出来ます。毛布が乾きにくいのでしっかり乾燥させないと嫌な臭いの原因になったり雑菌が繁殖してしまう原因になるので注意しましょう。