ダウンの洗濯は洗剤や素材に注意!失敗しない洗い方と乾かし方

ダウンを自宅で洗濯するときもいつもの洗濯洗剤を使って洗おうと思っていませんか?
ダウンを失敗せずに洗濯するためには、洗剤選びにも気をつけなければなりません。
また、洗ってふんわりと仕上げるためには洗い方や乾かし方にコツがあります。

そこで、ここではダウンを洗濯するときの洗剤選びや失敗しない洗い方、乾かし方などお伝えしていきましょう。

これで、ダウンを自宅で失敗せずに洗うことができますので、クリーニング費用も節約することができます。ただし、ダウンを洗う前に確認するべきこともありますので、ぜひそちらにも注意しながら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クリーニングの料金!ダウンの相場やお得にするコツと注意点とは

クリーニング料金については、ダウンをクリーニングに出そうか迷っているときに重要なポイントになりますよ...

ダウンを洗濯機のドラム式で洗う手順、ふわふわに仕上げるコツ

ダウンは洗濯機を使って洗うならドラム式がオススメなんです。では、どうしてドラム式洗濯機ならダウンの洗...

ダウンを洗濯して乾燥機で乾かすコツと失敗しないポイント

ダウンを洗濯した後は乾燥機を使って乾かすのがおすすめです。乾燥機を使って乾かすとふわふわに仕上げるこ...

ダウンの洗濯を自宅で!洗濯表示をチェックしてセルフケア

ダウンのアウターを手頃な価格で購入できるようになりましたよね。軽くて暖かいダウンジャケットは...

ダウンは洗濯機の洗い方のコツを掴めば簡単に自宅でも洗える

ダウンの洗濯機での洗い方にはコツがあります。ダウンの洗濯機での洗い方の手順やポイントがわかれば、クリ...

ダウンを洗濯機で失敗!元に戻す方法や失敗しないポイント

ダウンを洗濯機で洗って失敗してしまっても元に戻すことができます。元に戻す方法はあるけど、できれば失敗...

ダウンの洗濯ならドラム式で!方法やフワフワに仕上げるコツ

ダウンの洗濯はドラム式洗濯機だと浮かずに洗うことができるのでオススメです。もちろん、キレイに汚れを落...

ダウンは洗濯機のドライコースなら簡単綺麗に洗えてオススメ

ダウンは洗濯機にドライコースの機能があれば、簡単に自宅で洗うことができます。ダウンジャケットをクリー...

ダウンの洗濯に柔軟剤を入れる効果と自宅で失敗せずに洗う方法

ダウンの洗濯にも柔軟剤は入れたほうがいいでしょう。ダウンの洗濯に柔軟剤を入れることで、洗濯によって失...

ダウンが洗濯でぺちゃんこからふわふわに戻す方法と洗い方のコツ

ダウンを洗濯すると、ぺちゃんこになってしまった経験はありませんか?ダウンをクリーニングに出すと費...

ダウンが洗濯機で浮くのを防ぐ方法、自宅で簡単に洗うコツ

ダウンは洗濯機で浮くのが難点なので、しっかりと洗うためにはそこに気をつけるのがポイントです。では、ど...

ダウンを洗濯で失敗しないための方法やポイントと注意点

ダウンを洗濯するとき失敗しないためには、洗濯の正しい手順やポイントを守って洗うことです。必ず洗え...

ダウンを洗濯機で乾燥、効率良い方法やボリューム復活させるコツ

ダウンを洗濯機で洗った後は乾燥をしっかりさせないといけません。ダウンの洗濯で一番重要なのはふんわりと...

スポンサーリンク

ダウンを洗濯するときはおしゃれ着用洗剤を使いましょう

ダウンは家庭の洗濯機で洗うことができるものも多くあります。毎回クリーニングに出しているという人も、家で洗濯ができると経済的にも助かりますよね。ダウンを洗うときはちょっしたポイントがあります。洗剤と洗い方に気をつけてください。

ダウンを家庭で洗う場合は、使用する洗剤に注意が必要です。

通常の洗濯で使っている洗濯洗剤ではダウンには刺激が強すぎる場合があります。ダウンに使われている羽毛はアルカリ性に弱く、通常の洗濯で使う洗濯洗剤は皮脂などの汚れに強いアルカリ性の場合が多いです。羽毛の脂分まで落としてしましますので、ダウンを洗う時には使わないようにしてください。

ダウンに使う洗剤は中性洗剤を選んでください。おしゃれ着洗い用として販売されている洗剤です。代表的なものにアクロンやエマールがあります。

ダウンの汚れのひどい部分には洗剤を付けて前処理してから洗濯すること

ダウンはアウターではありますが、襟元や袖口などは直接肌に触れるため、黒ずんでいたり他の部分よりも汚れがひどい場合があります。ダウンを洗うときは通常の洗い方ではなく、やさしい洗い方をしますので、特に汚れがひどい部分はキレイにおちるかどうか心配になりますよね。おしゃれ着洗い用の中性洗剤もアルカリ性の洗剤に比べると洗浄力も落ちてしまいます。

ダウンの汚れがひどい部分は事前に処理をしてから洗います。

襟元や袖口の皮脂汚れや気になる汚れがある部分には、洗濯をする前に中性洗剤の原液をつけて汚れを浮かしておきます。指で洗剤を汚れに馴染ませても良いですが、スポンジに洗剤の原液をつけたら軽く叩いて汚れを落としておくと効果的です。

洗濯機に入れる前にちょっと手間をかけるだけで、キレイに洗い上げることができます。

ダウンの洗濯は洗剤液を作って優しく手洗いするのがオススメ

ダウンは中の羽毛を傷めないようにやさしく手洗いすることをおすすめします。ダウンに適した手洗いの方法をご紹介します。

ダウンを手洗いで洗濯する方法

  1. ダウンがつかるくらいの洗面器や洗濯桶を用意したら、水かぬるま湯をためます。洗面台に水をためても良いです。
  2. ためた水の中に中性洗剤を入れたらよく溶かして、洗剤液を作ります。
  3. ダウンを洗剤液の中に沈め、やさしい力で押し洗いをしていきます。ダウンの上から手のひらでゆっくりと押して水に沈めたら、今度は手を離してダウンを浮かせます。これを繰り返して汚れを落としていきます。
  4. 洗濯機に入れて軽く脱水してください。洗剤の泡切れをよくしたいので30~40秒ほどで十分です。
  5. きれいな水をためて、すすいでいきます。押し洗いと同じように、上から押したら浮かせるのを繰り返して、洗剤がなくなるまですすぎます。
    すすぎの最後に柔軟剤を加えます。ダウンを軽く押して柔軟剤を行き渡らせたら、すすぎが完了です。
  6. 洗濯機で脱水をします。脱水はダウンを傷めないように軽く1分に設定してください。

ダウンを洗濯してふんわり仕上げる失敗しない乾かし方

ダウンをふんわりと仕上げるためには乾かし方にコツがあります。
洗濯機で脱水を終えたダウンはすぐに取り出してください。そのまま長時間入れておくとシワになったり形が崩れてしまいます。

選択したダウンはハンガーにかけて干しますが、ハンガーは厚みのあるものを使ってください。

直射日光が当たらない場所で、陰干しをするのが基本です。風通しの良い場所を選ぶと早く乾かすことができます。

ダウンの中の羽毛は水に濡れたことにより固まって、1ヶ所によっている場合が多いです。ダウンをハンガーにかけたら、表地の上から指でダウンをほぐしておきます。ハンガーにかける前にバサバサッと振っておくのも良いでしょう。ダウンを傷めないように優しく振ってください。
乾かしている途中にも何度か中の羽毛をほぐしたり、パンパンと叩いておきます。羽毛が完全に乾いたらバランスよく羽毛をほぐし、ふんわりと仕上げてください。

中の羽毛が完全に乾くまでは数日かかる場合があります。半乾きのままだとカビや嫌な臭いの原因になりますので、必ず乾かしてから収納してください。

洗える素材のダウンなら簡単に自宅で洗濯できます

ダウンの中には家で洗うことができないものもたくさんあります。自宅で水洗いができるかを必ず確認してください。確認する方法は洗濯表示を見ます。

ダウンに洗濯機のマークや洗い桶もマークがある場合は洗濯機で洗うことが可能です。

洗い桶の中に手があるマークや、または手洗イという文字がある場合は洗濯機は使えなくても手洗いをすることができます。ダウンはクリーニング料金も高めであるため、家で洗濯ができると経済的に助かりますよね。それほど汚れていないという場合も、次のシーズンまでしばらく保管しておくために汚れは落としておかなくてはなりません。ほんの少しの汚れなら家でさっと洗いたいところです。
洗濯表示を見て、洗い桶にバツ印がついている場合は家で水洗いすることができません。この場合はドライクリーニングに出すようにしてください。

ダウンの表地がウールのような洗濯が難しい場合は、無理に家で洗わないようにしてクリーニングにだすことをおすすめします。ウールは水洗いすると縮んでしまう場合があります。表地がレザーの場合もまた家で洗うことはできません。
家で洗うことができるダウンなら、ちょっとしたポイントをおさえておくだけで状態良く洗濯することができます。