クリーニングの料金!ダウンの相場やお得にするコツと注意点とは

クリーニング料金については、ダウンをクリーニングに出そうか迷っているときに重要なポイントになりますよね。ダウンのクリーニング料金はお店によっても違ってくるので、慎重にお店選びをしたいところです。

ここでは、気になるダウンのクリーニング料金の相場や料金についての注意点、ダウンのクリーニング料金をお得にするコツや出すときのポイントなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、ダウンのクリーニングの料金の目安もわかるし、悩まずにお店選びもできますよね。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダウンが洗濯でぺちゃんこからふわふわに戻す方法と洗い方のコツ

ダウンを洗濯すると、ぺちゃんこになってしまった経験はありませんか?ダウンをクリーニングに出すと費...

ダウンの洗濯は洗剤や素材に注意!失敗しない洗い方と乾かし方

ダウンを自宅で洗濯するときもいつもの洗濯洗剤を使って洗おうと思っていませんか?ダウンを失敗せずに...

ダウンは洗濯機の洗い方のコツを掴めば簡単に自宅でも洗える

ダウンの洗濯機での洗い方にはコツがあります。ダウンの洗濯機での洗い方の手順やポイントがわかれば、クリ...

ダウンの洗濯ならドラム式で!方法やフワフワに仕上げるコツ

ダウンの洗濯はドラム式洗濯機だと浮かずに洗うことができるのでオススメです。もちろん、キレイに汚れを落...

ダウンの洗濯に柔軟剤を入れる効果と自宅で失敗せずに洗う方法

ダウンの洗濯にも柔軟剤は入れたほうがいいでしょう。ダウンの洗濯に柔軟剤を入れることで、洗濯によって失...

ダウンの洗濯を自宅で!洗濯表示をチェックしてセルフケア

ダウンのアウターを手頃な価格で購入できるようになりましたよね。軽くて暖かいダウンジャケットは...

ダウンを洗濯して乾燥機で乾かすコツと失敗しないポイント

ダウンを洗濯した後は乾燥機を使って乾かすのがおすすめです。乾燥機を使って乾かすとふわふわに仕上げるこ...

ダウンを洗濯で失敗しないための方法やポイントと注意点

ダウンを洗濯するとき失敗しないためには、洗濯の正しい手順やポイントを守って洗うことです。必ず洗え...

ダウンを洗濯機で乾燥、効率良い方法やボリューム復活させるコツ

ダウンを洗濯機で洗った後は乾燥をしっかりさせないといけません。ダウンの洗濯で一番重要なのはふんわりと...

ダウンを洗濯機のドラム式で洗う手順、ふわふわに仕上げるコツ

ダウンは洗濯機を使って洗うならドラム式がオススメなんです。では、どうしてドラム式洗濯機ならダウンの洗...

ダウンは洗濯機のドライコースなら簡単綺麗に洗えてオススメ

ダウンは洗濯機にドライコースの機能があれば、簡単に自宅で洗うことができます。ダウンジャケットをクリー...

ダウンが洗濯機で浮くのを防ぐ方法、自宅で簡単に洗うコツ

ダウンは洗濯機で浮くのが難点なので、しっかりと洗うためにはそこに気をつけるのがポイントです。では、ど...

ダウンを洗濯機で失敗!元に戻す方法や失敗しないポイント

ダウンを洗濯機で洗って失敗してしまっても元に戻すことができます。元に戻す方法はあるけど、できれば失敗...

スポンサーリンク

ダウンのクリーニング料金は事前に確認するべき

ダウンコートやダウンジャケットなど、ダウンを使ったアウターはクリーニングの料金が気になるところです。最近ではダウンの衣類も値段が抑えられ、低価格のものもあります。せっかくお得に購入しても、クリーニングの代金が高いとがっかりしてしまいます。

ダウンの衣類も襟元や袖口が黒ずんできたり、シミなどの汚れもあるので、シーズンが終わった時にはクリーニングに出しておきたいですよね。
クリーニング代金を少しでも抑えたいときは、クリーニング店を比較して選ぶことから始める必要がありあそうです。

ダウンのクリーニングの価格はお店によってピンキリです。
例えばダウンコートで比較してみると、安いお店では2000円を切るところもありますが、高いお店だと7000円位にもなります。2000円代が多いのですが、平均すると3000円前後といったところでしょうか。

あまり安くても心配になるかもしれませんが、高すぎると新しく購入した方が良さそうとも思えてしまいます。
ダウンコートやダウンジャケットをクリーニングに出すときは、価格を調べた上で選ぶようにしないと、購入したときの価格よりもクリーニング代の方が高くなってしまうこともありえます。

ダウンを使った衣類の種類によってもクリーニング代は違ってきます。ロングコートは高くなってしまいますし、逆にダウンベストなら比較的低価格でクリーニングを行ってくれる店も多いです。
持っているダウン製品に合わせて、クリーニング店の価格を調べておくと良いでしょう。

クリーニングに出すならダウンの価格に応じた料金で

ダウンの衣類のクリーニング代はお店によってまちまちです。ダウンを購入した価格よりもクリーニング代の方が高くなってしまうということが無いように、クリーニング店を選ぶ必要があります。

高価なダウンコートなら、高いクリーニング代をかけても仕上がりが良いお店を選ぶべきです。撥水加工などのオプションをつけたりと、できるだけ長く着られるように大切に扱いたいですよね。

逆に低価格で購入したダウンなら、高いクリーニング代をかけるくらいなら新しく購入した方が良い場合も出てきます。
ダウンの衣類の購入価格に応じて、クリーニング代の上限を決めて出すようにしたほうが良いでしょう。

クリーニング店の価格やオプションなどを調べておき、ダウンは購入した時の金額でクリーニングのランクを決めておいて、クリーニング店を上手に使うことがポイントです。

ダウンのパーツ自体にクリーニング料金がかかることも

ダウンのアウターをクリーニングに出す際に注意する点があります。

  • 取り外しができるフードがついている
    取り外しができる部分については、クリーニング店によってはパーツを1点とみるところもあります。例えば、取り外し可能なフードがついているダウンコートなら、コートで1点、フードで1点と合計2点として扱い、それぞれにクリーニング代がかかってしまいます。
  • ファーがついている
    ダウンコートやダウンジャケットにファーがついていたりしませんか?このファーがリアルファーの場合は、皮革製品として扱われてしまいます。
    皮革製品のクリーニング代もまた高価であるため、予算よりもかなり高くなってしまうことがあります。お店によってはダウンの価格よりも皮革製品の方が高い場合もあります。ファーの部分の汚れが気にならない場合は、あらかじめ取り外しておくと良いでしょう。
    取り外しができるパーツがある場合はリアルファーがついているダウンは、クリーニング店で相談した上で、クリーニングに出すかどうかを決めた方が良いでしょう。

ダウンのクリーニング料金をお得にするコツ

ダウンのクリーニング料金を少しでも抑えるためには、クリーニングに出すタイミングなどを考える必要があります。

ダウンの衣類は、3月~4月といった衣替えの時期にクリーニングに出す人が多いと思いますが、この時期はクリーニング店でも割引サービスを行っていることも多いです。
ダウンを始め、冬用のオーバーやジャケットといったアウターを対象にした割引を行いますので、クリーニング料金が高いダウンもこのタイミングを逃さずにクリーニングに出すようにします。

まだ寒いからと言ってダウンをいつまでも着ていたら季節外れにもなります。衣替えの時期の割引セールを逃さないためにも、3月に入ったらクリーニング店の情報をチェックしておきましょう。

お店によっては割引クーポンを出すところもあります。衣類の種類を問わずに使えるクーポンなら、ぜひクリーニング料金が高いものに使うべきです。ダウンや冬用のオーバーなどにクーポンを使うようにしましょう。

ダウンのクリーニングは料金や出し方に注意を

ダウンのクリーニング料金は、お店によってかなり違いがあります。また付属のパーツがある場合でも料金が変わってきます。
ダウンをクリーニングに出す場合は、改めて注意するべき点を見直して、少しでもお得にクリーニングできるようにしましょう。

  • クリーニングのランクを決める
    ダウンを購入した時の価格によって、クリーニングのランクを決めます。クリーニング店によって料金はピンキリなので、ダウンの購入価格よりもクリーニング料金の方が高くなってしまう場合も出てきます。
    高価なダウンはクリーニング料金をそれなりにかけても、低価格で購入したダウンはできるだけクリーニング料金を抑えるようにします。
    お店ごとにダウンのクリーニング料金を調べておき、使い分けるようにしましょう。
  • 付属のパーツに気をつける
    取り外しができるフードやファーなどは、それだけで1点としてクリーニング料金が別にかかってしまう場合があります。
    クリーニング店で相談して、あまりに高額になるようならクリーニングは見送った方が良い場合もあります。
    特にリアルファーの場合は皮革製品として扱われるため、ダウンの料金よりも高額になる場合があります。
  • 割引セールを利用する
    衣替えのタイミングでクリーニングに出すことで、クリーニング店が行っている割引きセールを利用します。3月頃に行っているクリーニング店が多いので、そのタイミングに合わせてクリーニングに出します。

ダウンをクリーニングに出す時は、他の衣類と同じく、シミや汚れを確認して、気になる部分はクリーニング店で相談するようにしましょう。
大切なダウンなら長く着ることができるように、撥水加工や消臭加工などのオプションも利用することもオススメです。