ダウンの洗濯に柔軟剤を入れる効果と自宅で失敗せずに洗う方法

ダウンの洗濯にも柔軟剤は入れたほうがいいでしょう。ダウンの洗濯に柔軟剤を入れることで、洗濯によって失われがちな油分を補うこともできますし、静電気を予防するなどの効果もあります。

そこで、ここではダウンの洗濯に柔軟剤を入れることについて、ダウンの洗濯のときの柔軟剤の使い方やダウンの洗濯に柔軟剤を入れる効果、ダウンの洗濯でふわふわ感を保つための柔軟剤のススメやダウンを自宅で失敗せずに洗濯する手洗い方法、さらにダウンをふわふわに仕上げるコツなどお伝えしていきましょう

これで、ダウンの洗濯に迷わずに自宅で洗うことができます。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダウンが洗濯でぺちゃんこからふわふわに戻す方法と洗い方のコツ

ダウンを洗濯すると、ぺちゃんこになってしまった経験はありませんか?ダウンをクリーニングに出すと費...

ダウンを洗濯で失敗しないための方法やポイントと注意点

ダウンを洗濯するとき失敗しないためには、洗濯の正しい手順やポイントを守って洗うことです。必ず洗え...

ダウンが洗濯機で浮くのを防ぐ方法、自宅で簡単に洗うコツ

ダウンは洗濯機で浮くのが難点なので、しっかりと洗うためにはそこに気をつけるのがポイントです。では、ど...

ダウンの洗濯は洗剤や素材に注意!失敗しない洗い方と乾かし方

ダウンを自宅で洗濯するときもいつもの洗濯洗剤を使って洗おうと思っていませんか?ダウンを失敗せずに...

ダウンを洗濯して乾燥機で乾かすコツと失敗しないポイント

ダウンを洗濯した後は乾燥機を使って乾かすのがおすすめです。乾燥機を使って乾かすとふわふわに仕上げるこ...

クリーニングの料金!ダウンの相場やお得にするコツと注意点とは

クリーニング料金については、ダウンをクリーニングに出そうか迷っているときに重要なポイントになりますよ...

ダウンは洗濯機の洗い方のコツを掴めば簡単に自宅でも洗える

ダウンの洗濯機での洗い方にはコツがあります。ダウンの洗濯機での洗い方の手順やポイントがわかれば、クリ...

ダウンの洗濯ならドラム式で!方法やフワフワに仕上げるコツ

ダウンの洗濯はドラム式洗濯機だと浮かずに洗うことができるのでオススメです。もちろん、キレイに汚れを落...

ダウンを洗濯機のドラム式で洗う手順、ふわふわに仕上げるコツ

ダウンは洗濯機を使って洗うならドラム式がオススメなんです。では、どうしてドラム式洗濯機ならダウンの洗...

ダウンを洗濯機で失敗!元に戻す方法や失敗しないポイント

ダウンを洗濯機で洗って失敗してしまっても元に戻すことができます。元に戻す方法はあるけど、できれば失敗...

ダウンは洗濯機のドライコースなら簡単綺麗に洗えてオススメ

ダウンは洗濯機にドライコースの機能があれば、簡単に自宅で洗うことができます。ダウンジャケットをクリー...

ダウンの洗濯を自宅で!洗濯表示をチェックしてセルフケア

ダウンのアウターを手頃な価格で購入できるようになりましたよね。軽くて暖かいダウンジャケットは...

ダウンを洗濯機で乾燥、効率良い方法やボリューム復活させるコツ

ダウンを洗濯機で洗った後は乾燥をしっかりさせないといけません。ダウンの洗濯で一番重要なのはふんわりと...

スポンサーリンク

ダウンの洗濯には柔軟剤で油分を補充

寒い季節になると大活躍するダウンジャケットです。軽くて暖かいので愛用している人も多いですよね。しかし毎日のように着ていると汚れが目立ちます。ダウンジャケットはクリーニングに出すしか方法はないと思われがちですが、実は自宅でも洗濯出来るダウンもあります。自宅で洗濯ができると節約にも繋がります。

自宅でダウンの洗濯をする方法を紹介します。

まず洗濯をする前に洗濯表示の確認は必ずしましょう。洗濯機マークや手洗いマークがついている場合は自宅で洗うことができます。洗剤は中性洗剤を使用します。ダウン専用の洗剤もあります。ダウン専用の洗剤を使い場合は、適度な油分が含まれているので柔軟剤を使う必要はありません。しかし中性洗剤を使う場合は、ダウンの油分がかなり落ちてしまうので、柔軟剤を使い油分を補充します。

ダウンのハリをキープするためにほんの少しだけ使用するようにしましょう。

ダウンの洗濯に柔軟剤を入れると羽毛を保護する効果も

ダウンジャケットをクリーニングに出すとかなりの費用がかかってしまうため自分で洗濯をする人も多いですよね。

ダウンジャケットを洗濯する場合、洗剤はしっかり選ぶようにしましょう。水鳥の羽毛はアルカリに弱いのでおしゃれ着用の洗剤を選びましょう。柔軟剤はお好みの香りを選びます。柔軟剤は記載されている量を入れます。柔軟剤は汗の臭いを消臭、防臭するだけでなくの静電気防止もしてくれるのでおすすめします。

ダウンの洗濯でふわふわ感を保つためには柔軟剤も使いましょう

冬になると毎日着る機会の多いダウンジャケット。季節の変わり目にはクリーニングに出すかしっかり洗濯して綺麗な状態にしてから収納するようにしましょう。

羽毛のふわふわ感を保つためには柔軟剤を使いましょう。

ダウンの洗濯に柔軟剤を使うと着用中、着用後の衣類の汗の臭いを消臭防臭してくれます。

柔軟剤には衣類をふんわり仕上げたり、静電気防止などの効果があります。又消臭効果にこだわった柔軟剤もありますし、香りが苦手な人でも使うことができる無香料のタイプもあるので男性でも香りを気にすることなく使用することが出来ます。

ダウンを自宅で失敗せずに洗濯する手洗い方法

衣替えの時期になると冬の間に活躍したダウンジャケットクリーニングに出すか、自分で洗うか迷ってしまいますよね。クリーニングに出すと費用もかかってしまうので節約のために自分で洗うことにチャレンジする人も多いですよね。洗い方を間違えてしまうと二度と着ることが出来なくなってしまいます。洗い方をしっかり確認してダウンジャケットを洗いましょう。

自宅でダウンジャケット失敗せずに洗濯する方法を紹介します。

  1. 洗濯表示の確認
    ダウンジャケットを自宅で洗濯する場合必ず洗濯表示の確認をしましょう。手洗い可のマークがあると自宅で洗うことが出来ます。水洗い不可の場合はクリーニング店に依頼します。
  2. 汚れの確認
    襟元や袖、ポケットはかなり汚れています。汚れている部分に洗剤をつけて、洗濯ブラシやスポンジなどで軽く叩き汚れを落とします。
  3. ファスナーや留め具は閉める
    ファスナーや留め具は閉め、折りたたみます。
  4. 洗う
    おしゃれ着洗いの洗剤が入ったぬるま湯の中に、軽く折りたたんだ状態のダウンを入れます。ダウンは浮いてくるので手で押し洗いをします。押し洗いすると水に汚れが溶け出します。
  5. すすぎ
    何度が水を替えながらすすぎを行い、水が綺麗になったら柔軟剤を入れてます。
  6. 干す
    1分ほど脱水をして洗濯終了です。脱水したばかりのダウンはシワシワでぺちゃんこの状態になっています。このままの状態で干してしまうと中で羽毛が偏ったまま乾いてしまいふっくら仕上がらないことがあります。上手に乾燥させるためには、ハンガーに掛ける前に肩の部分を持ち軽く振り中の羽毛をほぐしましょう。そして風通しのいい日陰に干しましょう。
  7. 防水スプレー
    完全に乾いたら、ダウンジャケットの中の羽毛が均等になるように形を整え、仕上げに防水スプレーをかけると汚れを防止することが出来ます。ポケット周辺や襟元、袖口などんい防水スプレーをしておくと、皮脂や汗ジミなどの汚れもつきにくくなります。もしついてもお手入れが楽になります。防水スプレーをかける場合は必ず屋外で使用しましょう。

柔軟剤を入れて洗濯したダウンはテニスボールでさらにふわふわに

ダウンジャケットを自宅で洗濯した後、ふわふわに仕上げるコツがあります。

それはテニスボールです。

洗濯が終わった後に乾燥機をかけます。乾燥機に入れる時、テニスボールを3つ入れるとダウンが偏らずにふわふわに仕上がります。テニスボールを一緒に入れると、固まったダウンをボールが叩いてほぐしてくれます。硬すぎず柔らかすぎない素材が程よい力で叩きダウンの隙間に空気を送り込むことができるのでふわふわになります。是非試して見て下さい。