ダウンを洗濯機のドラム式で洗う手順、ふわふわに仕上げるコツ

ダウンは洗濯機を使って洗うならドラム式がオススメなんです。では、どうしてドラム式洗濯機ならダウンの洗濯に向いているのでしょうか?ドラム式洗濯機でダウンを洗うときでもポイントを抑えて洗濯すると失敗しません。

ここでは、ダウンの洗濯について、洗濯機で洗うならドラム式がオススメな理由やダウンをドラム式洗濯機で洗うときの手順とポイント、ダウンジャケットを乾燥機で乾かす時にふわふわに仕上げるコツや注意点などお伝えしていきましょう。

これで、ダウンの洗濯も自宅のドラム式洗濯機で簡単にできますよ。ダウンを自分で洗濯して気持ちよく過ごしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダウンを洗濯して乾燥機で乾かすコツと失敗しないポイント

ダウンを洗濯した後は乾燥機を使って乾かすのがおすすめです。乾燥機を使って乾かすとふわふわに仕上げるこ...

ダウンの洗濯に柔軟剤を入れる効果と自宅で失敗せずに洗う方法

ダウンの洗濯にも柔軟剤は入れたほうがいいでしょう。ダウンの洗濯に柔軟剤を入れることで、洗濯によって失...

ダウンの洗濯は洗剤や素材に注意!失敗しない洗い方と乾かし方

ダウンを自宅で洗濯するときもいつもの洗濯洗剤を使って洗おうと思っていませんか?ダウンを失敗せずに...

ダウンは洗濯機の洗い方のコツを掴めば簡単に自宅でも洗える

ダウンの洗濯機での洗い方にはコツがあります。ダウンの洗濯機での洗い方の手順やポイントがわかれば、クリ...

ダウンを洗濯機で失敗!元に戻す方法や失敗しないポイント

ダウンを洗濯機で洗って失敗してしまっても元に戻すことができます。元に戻す方法はあるけど、できれば失敗...

ダウンが洗濯機で浮くのを防ぐ方法、自宅で簡単に洗うコツ

ダウンは洗濯機で浮くのが難点なので、しっかりと洗うためにはそこに気をつけるのがポイントです。では、ど...

ダウンの洗濯ならドラム式で!方法やフワフワに仕上げるコツ

ダウンの洗濯はドラム式洗濯機だと浮かずに洗うことができるのでオススメです。もちろん、キレイに汚れを落...

ダウンを洗濯機で乾燥、効率良い方法やボリューム復活させるコツ

ダウンを洗濯機で洗った後は乾燥をしっかりさせないといけません。ダウンの洗濯で一番重要なのはふんわりと...

ダウンが洗濯でぺちゃんこからふわふわに戻す方法と洗い方のコツ

ダウンを洗濯すると、ぺちゃんこになってしまった経験はありませんか?ダウンをクリーニングに出すと費...

ダウンの洗濯を自宅で!洗濯表示をチェックしてセルフケア

ダウンのアウターを手頃な価格で購入できるようになりましたよね。軽くて暖かいダウンジャケットは...

ダウンを洗濯で失敗しないための方法やポイントと注意点

ダウンを洗濯するとき失敗しないためには、洗濯の正しい手順やポイントを守って洗うことです。必ず洗え...

クリーニングの料金!ダウンの相場やお得にするコツと注意点とは

クリーニング料金については、ダウンをクリーニングに出そうか迷っているときに重要なポイントになりますよ...

ダウンは洗濯機のドライコースなら簡単綺麗に洗えてオススメ

ダウンは洗濯機にドライコースの機能があれば、簡単に自宅で洗うことができます。ダウンジャケットをクリー...

スポンサーリンク

ダウンを洗濯機で洗うならドラム式がオススメ

ダウンは必ずクリーニングに出しているという方も多かと思いますが、クリーニングの料金が高めでもあります。家で洗うことができれば、かなり助かりますよね。

ダウンジャケットやダウンコートが家庭で洗濯できるかどうかは、洗濯表示を見て確かめます。
衣類についているタグに洗濯についての表示があります。

桶の形のマークや洗濯機のマークがあるものは、家庭で洗濯をすることができる

洗濯のマークにバツ印がある場合は、洗濯には不向きということになります。

ダウンジャケットなどに使われているダウンやフェザーは水鳥の毛

水に弱いというわけではありませんので、ダウン自体は水洗いをすることができます。
ただ、自宅で洗濯ができるかどうかは、表地の素材によります。表の生地がナイロンやポリエステルのように自宅でも洗濯ができるものであれば、ダウンも自宅で洗うことが可能になります。
表地がウール素材の場合は、自宅で洗濯をすることで縮む可能性がありますので、クリーニングに出すようにしてください。

洗濯表示の洗濯の仕方が手洗いになっていると、大きくてボリュームのあるジャケットやコートを手洗いするのはとても大変なことだと思います。
この場合でも洗濯機を使って洗うことも出来ます。

ダウンの衣類にはドラム式の洗濯機が向いています。縦型洗濯機だと、水をためてからダウンを入れると、上に浮いてしまって洗うことが難しくなります。
その点、ドラム式洗濯機なら水に浮いてしまうことがないため、洗い安くなります。

ダウンをドラム式洗濯機で洗うときの手順とポイント

ドラム式洗濯機でダウンを洗う方法です。

  1. 洗濯用の中性洗剤を使います。中性洗剤は、ニットのようなデリケートな素材のものを洗濯するときに使うおしゃれ着洗い用の洗剤になります。代表的な洗剤にエマールやアクロンがあります。スーパーやドラッグストア、ホームセンターなどで買うことができます。
  2. ダウンジャケットやコートのファスナーやボタンをしめておきます。取り外せる金具などがついている場合は、外しておきます。ポケットの中身もチェックしてください。
  3. 襟や袖口に目立つ汚れがある場合は、先に洗剤を直接つけておきます。軽くたたいて洗剤を生地に染み込ませておきます。
  4. たたんでから、洗濯ネットに入れます。ダウンが入るくらいの大きめの洗濯ネットを用意しておきましょう。
  5. 洗濯機に入れて洗剤をセットしたら、ドライコースまたは手洗いコースを選びます。通常の洗濯で使う標準コースでは洗い方が強すぎますので、やさしく洗うコースを選んでください。
  6. 洗い終わったら、ハンガーにかけて風通しの良いところに干します。直射日光が当たらないように注意してください。
    中のダウンまで完全に乾くまでは数日かかる場合はありますので、早く乾かしたい場合は。乾燥機で半乾き状態にしてから自然乾燥するようにすると良いでしょう。

ダウンと一緒にボールを乾燥機に入れるとふわふわに

ダウンジャケットやダウンコートを洗濯したとき、中のダウンが固まって片寄ってしまうことが多いです。

干している間に時々振ってみたり、パンパンと叩いてみるとほぐれやすくなります。

乾燥機を使う時に、一緒に乾燥機用のボールを入れておくのもコツです。テニスボールでも大丈夫です。
ボールを入れて乾燥させることで、ダウンがほぐれてフワフワに仕上がります。

ダウンジャケットやダウンコートを乾燥機で乾かす場合は、乾燥機の温度を低温にして使います。高温にしてしまうと表地の生地を痛めてしまうことがあります。

乾燥機にかける時間も短めにして、乾き具合をみながら乾燥させてください。10分を目安にして、乾ききるまで10分ごとに時間を追加して乾燥させてください。
乾き具合を見るときに、ダウンを手で軽くほぐしておくと早くフワフワに仕上げることができます。

ダウンを洗濯する前には汚れのひどい部分の前処理を

ダウンを洗濯機で洗う前に、まずは汚れの状態をチェックしておきましょう。
汚れがひどい部分は先に処理をしておくことで、キレイに落とすことができます。

ダウンは襟元や袖口が汚れやすくなる

表地の色が薄いものだと、黒ずんでいることもあります。

部分的な汚れは先に落としておく

使用する中性洗剤を水で溶かしておき、スポンジに含ませたら、汚れをたたいて落としていきます。生地を痛めないようにして、軽くトントンとたたいてみてください。

汚れが落ちてきたら、洗濯ネットに入れてから洗濯機で洗います。
洗濯ネットに入れる時も、汚れがひどい部分を表面にしてたたんで入れると、汚れを落としやすくできます。

ダウンの洗濯はドラム式洗濯機なら仕上がりも満足

ダウンジャケットやダウンコートは頻繁に洗濯をするものではありませんが、アウターであるために汚れやすくもなります。
クリーニング代も他の衣料に比べて高めなので、そう頻繁に出すこともできないかと思います。

お店などでコートを預けたりするときも、汚れがひどいと恥ずかしくなってしまいますよね。
ダウンも自宅で洗濯ができれば、汚れが気になった時にすぐに洗ってキレイにすることができるので安心です。

ダウンはドラム式洗濯機で洗うことに向いている

洗濯の際のコツさえおさえておけば、失敗なく家で洗濯をすることができます。

また、ダウンを洗濯する上で特に重要なのが乾燥です。中に羽毛が固まってしまわないように、ほぐしてふんわりさせることが大切になってきます。
ドラム式洗濯機の乾燥機を使うことでフワフワに仕上げることができるので、ぜひ、試してみてください。コツは乾燥機は低温に設定して、ボールも一緒に入れることです。時間は短めに設定して、ほぐしながら乾燥させていきます。

コインランドリーの乾燥機を使うのも良い方法

コインランドリーの乾燥機を使う場合も、低温に設定してください。乾燥させたいダウンのサイズよりも少し大きめのものを選び、ゆったりと乾燥させると良いでしょう。

お気に入りのダウンこそキレイな状態で着たいものです。汚れは時間をおくと落としにくくなってしまいますので、早めに洗濯をしてあげましょう。