ダウンは洗濯機の洗い方のコツを掴めば簡単に自宅でも洗える

ダウンの洗濯機での洗い方にはコツがあります。ダウンの洗濯機での洗い方の手順やポイントがわかれば、クリーニングに出さなくても自分で簡単に洗濯することができるので便利ですよね。

そこで、ダウンジャケットの自宅の洗濯機での洗い方のコツや手順とポイント、洗濯機でダウンを洗うときの脱水のコツやダウンの上手な自宅での洗い方、ダウンを洗濯した後の乾かし方のコツと注意点についてお伝えしていきましょう。

これで、迷わずにダウンジャケットを自宅で洗うことができすし、クリーニング代も節約できますよ。洗い方の手順とポイントをしっかりと守って洗濯してくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダウンの洗濯に柔軟剤を入れる効果と自宅で失敗せずに洗う方法

ダウンの洗濯にも柔軟剤は入れたほうがいいでしょう。ダウンの洗濯に柔軟剤を入れることで、洗濯によって失...

ダウンの洗濯ならドラム式で!方法やフワフワに仕上げるコツ

ダウンの洗濯はドラム式洗濯機だと浮かずに洗うことができるのでオススメです。もちろん、キレイに汚れを落...

ダウンを洗濯機で乾燥、効率良い方法やボリューム復活させるコツ

ダウンを洗濯機で洗った後は乾燥をしっかりさせないといけません。ダウンの洗濯で一番重要なのはふんわりと...

ダウンが洗濯機で浮くのを防ぐ方法、自宅で簡単に洗うコツ

ダウンは洗濯機で浮くのが難点なので、しっかりと洗うためにはそこに気をつけるのがポイントです。では、ど...

ダウンが洗濯でぺちゃんこからふわふわに戻す方法と洗い方のコツ

ダウンを洗濯すると、ぺちゃんこになってしまった経験はありませんか?ダウンをクリーニングに出すと費...

ダウンを洗濯機で失敗!元に戻す方法や失敗しないポイント

ダウンを洗濯機で洗って失敗してしまっても元に戻すことができます。元に戻す方法はあるけど、できれば失敗...

クリーニングの料金!ダウンの相場やお得にするコツと注意点とは

クリーニング料金については、ダウンをクリーニングに出そうか迷っているときに重要なポイントになりますよ...

ダウンは洗濯機のドライコースなら簡単綺麗に洗えてオススメ

ダウンは洗濯機にドライコースの機能があれば、簡単に自宅で洗うことができます。ダウンジャケットをクリー...

ダウンを洗濯して乾燥機で乾かすコツと失敗しないポイント

ダウンを洗濯した後は乾燥機を使って乾かすのがおすすめです。乾燥機を使って乾かすとふわふわに仕上げるこ...

ダウンを洗濯で失敗しないための方法やポイントと注意点

ダウンを洗濯するとき失敗しないためには、洗濯の正しい手順やポイントを守って洗うことです。必ず洗え...

ダウンの洗濯を自宅で!洗濯表示をチェックしてセルフケア

ダウンのアウターを手頃な価格で購入できるようになりましたよね。軽くて暖かいダウンジャケットは...

ダウンを洗濯機のドラム式で洗う手順、ふわふわに仕上げるコツ

ダウンは洗濯機を使って洗うならドラム式がオススメなんです。では、どうしてドラム式洗濯機ならダウンの洗...

ダウンの洗濯は洗剤や素材に注意!失敗しない洗い方と乾かし方

ダウンを自宅で洗濯するときもいつもの洗濯洗剤を使って洗おうと思っていませんか?ダウンを失敗せずに...

スポンサーリンク

ダウンジャケットの自宅の洗濯機での洗い方のコツ

寒い季節になると大活躍するのがダウンジャケットです。毎日着ていると汚れが気になりますよね。クリーニングに出すとかなりの費用がかかってしまうダウンジャケットは、クリーニングに出さなくても自分で簡単に洗濯をすることが出来るものもあります。

ダウンジャケットを自宅で洗う前に確認すること3つ

1.洗濯表示

洗濯機マークや手洗いマークがついているものが自宅で洗濯することができます。表示がない場合は水洗いすることができません。しかし洗濯が出来るダウンジャケットでも、フードがついているファーは水洗いすることが出来ないので、前もって取り外しましょう。レザーダウンも自宅では洗うことができません。

2.洗い方

洗濯機に入れる前にダウンジャケットのファスナーをやボタン、フックなど閉めます。形を整えて折りたたみます。折り畳んだダウンジャケットは洗濯ネットに入れます。洗濯は手洗いモードかドライモードを選択します。通常よりも優しく洗えるモードを洗濯します。洗濯機によっては名前が異なる場合があります。

3.洗剤

ダウンジャケットに使用されている羽毛はアルカリ性に弱く、一般的な洗剤を使用してしまうと羽毛の脂を溶かしてしまいます。おしゃれ着洗剤で洗濯することをおすすめします。

洗濯機を使用したダウンの洗い方の手順とポイントについて

ダウンジャケットは軽くて暖かいので着る機会も多いです。着る機会が多いと汚れも気になりますので、自宅の洗濯機を使用してダウンジャケットを洗いましょう。

洗い方はとても簡単です。

手洗いコースやドライコースのある洗濯機ならダウンジャケットを洗うことが出来る

まずはダウンジャケットの洗濯表示で水洗いが出来るか確認します。

用意する物は洗濯ネット、おしゃれ着用中性洗剤です。

  1. 事前に部分洗いをする
    ダウンジャケットの袖、襟元、ポケットの部分は汚れているので、全体を洗う前に部分洗いをしておきましょう。中性洗剤をスポンジにつけ軽く叩き洗いをします。ファスナーやボタンは閉め畳んで洗濯ネットに入れます。ネットに入れずに洗うと、ダウンジャケットが痛んだり、洗濯機がエラーを起こしてしまう可能性もあります。ダウンジャケットを洗濯機で洗う場合は必ず洗濯ネットに入れましょう。
  2. 洗濯機に水を溜めてダウンジャケットを沈める
    水に浮いてしまうので、洗濯機を使い洗う場合はしっかりと沈めるのあポイントになります。何度も手で押し込みダウンジャケットを沈めましょう。ぬるま湯の方が汚れ落ちがよくなります。
  3. コース選択
    ダウンジャケットを洗う場合は、手洗いコースやドライコースなどを選択しましょう。洗濯機の種類によっては名前が異なります。

洗濯機でダウンを洗うときの脱水のコツは短時間で繰り返し

ダウンジャケットを自宅で洗う場合に注意しなければいけないことがあります。それは脱水です。洗濯機で洗い脱水する場合は脱水時間を短くします。1分以内に設定しましょう。長時間脱水してしまうとダウンジャケットの羽毛が偏ります。脱水は短い時間を繰り返すようにしましょう。

1分の脱水と、ダウンジャケットの中の羽毛をほぐしながらを繰り返すことを3回繰り返します。

ダウンの上手な自宅での洗い方はスピーディーがポイント

自宅でダウンジャケットを上手に洗うためにはスピードがポイントになります。ダウンジャケットはウールやレザーなど水で洗えない生地でなければ、ほとんどの物が自宅で洗う事ができます。

羽毛に完全に水が染み込んでしまうと羽毛が固まってしまうので、ダウンジャケットのふんわり感がなくなってしまいます。洗濯後はふんわり感がなくなっても乾燥のさせ方によっては元通りになります。ダウンジャケットを洗い方はスピードが大切になります。

ダウンを洗濯した後の乾かし方のコツと注意点

自宅でダウンジャケットを洗濯機で洗った後は、乾かし方がとても重要になります。ダウンジャケットを自宅で乾燥させる場合は日数もかかってしまいます。風通しの悪い場所に置いていると、中の羽毛がへたり生乾きの臭いが発生してしまいます。乾かし方のコツを掴んでふんわりしたダウンジャケットにしましょう。

一般的なハンガーに干してしまうと、濡れて重たくなったダウンジャケットを支えることが出来なかったり、肩周りに負担がかかってしまうので、太めのハンガーを使用します。風通しのいい場所で2~3日ダウンジャケットを乾燥させます。

裏表をひっくり返せる場合は乾燥させている途中でひっくり返します。外側の表面が乾いてきたら、中の羽毛をほぐしていきます。干しながら羽毛を整えていかないと、乾燥したときに形が崩れてしまいます。両手でポンポンと軽く叩くようにします。羽毛が一箇所に固まらないように全体に均等になるようにしましょう。

2~3日経っても乾かない場合はコインランドリーの乾燥機を利用しましょう。低温に設定した乾燥機に少しの時間入れるとダウンジャケットのボリュームもふっくらします。